2017/07/17

スマートフォンフォルダー

ロードバイクのツーリング(今はライドと言うらしいが私は古い人間なのでツーリングで許してほしい)時に、走行記録として二種類のソフトウェアを使い分けている。

結構長く走るときは、キャッツアイのサイクルコンピューターなどをセットしてあるので、「Cateye Cycling」と言うソフトウェアとBluetoothでそれぞれの機器とを接続して記録しながら走っている。

簡易的に走るときは、「Road Bike」と言うruntasticと言うメーカーのソフトウェアを活用している。

どちらを使用する上でも、スマートフォンをポケットなどに入れて走るのはいいけれど、記録確認時や休憩などではいちいち取り出したりしながら操作しなければならず、またツーリングウェア着用時は背中のポケットに入れるわけだが、汗などの湿気も心配になる。

以前からハンドルにスマートフォンを固定したいと思っていたが、種類が多すぎて何がいいのか分からない。
あれこれ考えすぎてもし方がないので、幾つかのブログを参考にさせてもらい、「Finonマルチスマートフォンホルダー」と言うのを選んだ。

届いたので早速取り付けようと思ったが、付属のスペーサーのみだとゆるゆるなので、付属の厚さが2種類あるゴム板をそれぞれそのスペーサーを使用するしないなど複数の組み合わせを試みたが、いずれも適正な具合にとりつかない。
結局、厚いゴムと薄いゴムをそれぞれ半分に切断し、スペーサを使用しないで半分になったゴムを2種類セットにして丁度塩梅よくネジを締め込むことが出来た。

Photo

サイクルコンピューターの右上角とホルダーの左下角が干渉しないようにぎりぎりの常態。
本当はホルダーをもう少し手前に角度を持たせたかったが・・・・・・。

ホルダーは、横置きにもセットできるのでサイクルコンピュータを外すときはホルダーを斜めにすればいい。
ハンドル廻りがざわつく感じになるが、ここは仕方が無いとあきらめよう。

さて、今後は唯一の問題点。

スマートフォンをサイクルコンピューターと連携させるとバッテリーの持ちが悪い。
そのため充電が必要だが、そのためには背中に背負うしかない。
改めて考えよう・・・・・・・・・・

さて、スマホホルダーデビューだが、価格に見合った品質なので、今後はその利便性を確認した後に、次は奮発して選ぼうと考えている。
もちろん、今回の製品が充分に期待に応えてくれればそれに越したことはない。


| | コメント (0)

2017/07/14

プリウスが来た

インサイトが去り、白いプリウスがやってきた。

・・・・とても運転がしやすい。

インサイトより小回りが利きそうなくらいにハンドルが思う位置に切れてくれる。
中々いい。

私は身長の割には座高が低いので、ノーマルな位置ではボンネットが全く見えない。
このプリウスでも一番座面を高くして丁度いい。

もともとステップワゴン派のため、高い位置が好きだと言うこともあるが。
ハンドルは遠目で低い位置が好き。

背面はあまり倒さない方が腰の負担が少なく楽。

フロントガラスにスピードメーターモニターを映し出し、高さ調整を行って取りあえず発進。

ナビのハンズフリーは初めてなので、その便利さに感激。
インサイトのナビは純正ではなかったと言うこともあるが、ナビにはそれらの機能が無かったのでBluetooth外部スピーカーを愛用していたが、車と連動しているわけではなかったからいちいちスイッチ操作が必要だった。

その後、AirPodsを入手したので、それを愛用していたが車の乗り降りの度、取り外すのが面倒だった。
ようやく全自動になった。

ナビにUSBポートをオプションしようかと思ったが、Bluetoothオーディオと言って、無線でiPhoneの音楽を飛ばすことが出来るので不要と考えた。
だが、一台の機器で全てをまかなうのは結構経験上危険なものとも思っていた。

しかし、今時のナビはSDカードで全てが事足りるようだ。
好きな音楽や動画データ、画像などを適当に(もちろんちゃんと整理した方がいい)SDカードに放り込めばちゃんと再生してくれる。
これは凄く楽。

iTunesに貯め込んだ音楽データを適当にそして次から次にSDカードにコピーする。
そして、結構いい音で充分に楽しめる。

本当に楽になった・・・・ナビなどは車を買い換えない限り購入するなんてないからね。
車の買い換えも今や故障しないから8年以上乗るなんて普通なので、ナビもその間の進化があり、新車時に驚くと言うことになる。

いや、進歩です。

車のイグニッションからはじまり、シフト系の違い、パーキング位置選択方法など今までとは全く違う。
その前にドアハンドルを振れた途端ドアロック解除、降りてからそのハンドルに振れるだけでドアロックがかかる。
自動でミラーが倒れてくれるからドアをロックしたことが分かる。

なんやかや至れり尽くせりで少し怖い。

運転中は、片側一車線道路の左側に障害物があり、それを避けてセンターラインをまたがると「注意」される。
信号待ち時に歩行者が横断歩道じゃないところで私の車と前の車の間をすり抜けると私が「注意」される。

2車線走行路で左後ろに他車があるとサイドミラーが光って「注意」を促す。

本当に至れり尽くせり。

まだ試していないが、縦列や車庫入れを半自動運転でこなしてくれるらしい。

これらが今時の車のようだ。

| | コメント (0)

2017/07/12

中古車査定

我が家のセカンドカー買い換えはまだ数ヶ月後。

しかし、家内が買い換え時に下取りに出すと安く叩かれる可能性があるから、ネット査定でもして貰ったらと言う。

まだ先だと思っていたが、いくらぐらいするか知りたいという事で検索に引っかかったサイトをポチッとやってみた・・・・

一応、ディーラーから言われた金額よりは多少高い価格は出たが、もう少し正確な情報が知りたくなるようなサイトの表示につい「詳細」を選択してしまった。

・・・・・・・・・・・・1分も掛からないうちに登録した携帯電話に「0120・・・」の着信。

その日の午後は10本ほどの電話攻めに遭った。

全て、買い換えは数ヶ月後なので、現時点の査定は無意味だから時期が来たら改めて電話頂戴ねと丁重にお断りをさせて戴いた。

みなさん、むやみに「詳細」は選択されませんように。

もちろん、直ぐ必要な方は別ですが・・・・・・・

| | コメント (0)

2017/06/30

プリウス

納車予定日が7月15日頃と言われた。

クラス的には「A」というグレードで、オプションカラーの「白」を選んだ。

このクラスはナビゲーションとバックカメラのオプションを付けるとほぼ他のオプションは要らない。
ただし、今はオプション扱いのスペアタイヤは付けて貰った。
インサイトにはオプションでもスペアタイヤはなく、パンク修理キットのみだったが、やはりスペアタイヤの方が有利と考えた。

さて、ナビゲーションで問題は走行のナビ操作だ。
走行中はテレビやDVDなどは画面が表示されなくなり、行き先入力などは出来なくなる。
インサイトは後付ナビゲーションなので、オートバックスなどがサービスでそこら当たりを旨く設定してくれていた。

しかし、ディーラーオプションの場合は、色々と制約がある。
新規にナビゲーションを取り付けるときに設定を依頼しても断るディーラーもある。
本来は、走行中にナビなどの操作は危険ので、安全面から走行中に制限が設けてあるのを解除する行為は出来ないと言う理屈だ。
だが、テレビやDVDは助手席や後部座席の同乗者が見る場合の方が多く、ナビも助手席同乗者に操作して貰うなどのケースもある。

それぞれに理屈があるので、どれが正しくどれが間違っているかという議論はここでは行わないが、制限は場合によって危険に近い問題もはらむ。
要は、使用する人間の考え、モラルに依存する。

と言う理屈で、試しにディーラーに相談したら。「いいですよ」と簡単な返事に拍子抜けした。
だが、関連会社の部品が3万円を越える。
オートバックス等ならばもっと安いが・・・・・

また、余分なボタンがあり、そのボタンスイッチを押すことで走行中のナビが操作できるようになるという。
なぜならば、タイヤ部分にセンサーがあり、タイヤの回転でナビの使用制限を監視しているのだとか。
そのセンサーをオフにするのだが、GPSと走行距離なども含めて自車位置を監視している。
そのため、そのセンサーをオフにするとナビの現在位置が狂うらしい。

再びボタンを押して通常モードに戻しても一定の時間は現在位置が狂ったままで、説明にはなかったがなんとなくナビの寿命を縮めてしまう気がしてならない。
と言うことで、ナビ設定の制限解除はやめにし、テレビ制限の解除のみ依頼した。

この部分は、パーキングブレーキ部とセンサーがつながっているという簡単な構造なのでその部分に迂回ケーブルを挿入するか、ソケットの一部を改造すればナビに特別な影響を与えることなく制限解除できる。
金額も2000円くらいなものなので、お願いした。

プリウスのオプションにバックモニターなどをナビとセットで申し込んでいるが、このオプションにはハンドルスイッチにトークボタンが用意され、ナビを音声でコントロールできる。
その機能の中に行き先セットもある。

この機能は走行中でも行なう事が出来るので、先のナビ制限解除を行わなくてもこれである程度カバー出来ると思うが、ディーラー担当は「はっきりとしたアクセント・・・」と言っているので、、まぁそこそこの機能なのだろう。
いずれにしても一応補助的に使用出来ればいいやくらいに考えている。

プリウス・・・・・・・・もう決めたのだから、早く我が家に来ないかと首を長くしている。

| | コメント (0)

2017/06/29

Diablo3 Patch2.6

ネクロマンサーという新しいキャラクターが、新しいパッチと共に登場した。

もう既に、レベル70・・パラゴンレベルも190近くのキャラがいるので、新しいキャラであるネクロマンサーを最初からスタートしてもレベルは0だが、パラゴンはそのまま振れるので、最初からハードモードでスタートできる。

ストーリーモードみたいなACT1からADT6までのルートモードに新しいステージが追加されたらしい。
ACT2らしいが、取りあえずネクロマンサー(女性キャラを選んだ)を最初からスタートさせた。

オプションから羽を生やし、気持ち悪い付き人(?)キャラも引き連れて・・・・

全く危なげなくレベル20までは一気に行く。
骸骨の群れ7人を引き連れるようになる。
最初の引き連れキャラはドロップしたお金を集める役目らしいことに気がついた。

これは楽・・・・・

さぁ早くACT1終えてACT2に行かなくては。

| | コメント (0)

2017/06/25

買い換え予定

我が家の駐車場は大変狭く・・・・私道の幅も狭いため軽自動車じゃないと厳しい。
そのため、EKワゴンを愛用している。

・・・・私が乗っているインサイトは我が家の庭に隣接する民間駐車場を借りている・・・・

元々買い物や近くの実家に出かけたり、雨の日に駅まで迎えに来て貰うのに使用する程度なので軽自動車で充分なのだが、やはり年数も乗ればそろそろ買い換えも検討しなければならない。

次の車検まではもう少し時間があるが、物事は多少でも時間的にゆとりを持って検討したい。
そこで、早速「スズキ」と「ミツビシ」に出かけた。

スズキは我が家から一番近いのと、知り合いが数世代前のワゴンRをベタ褒めして乗っていたから。
ミツビシは現在乗っているメーカーだから。

スズキは試乗は次回としたがミツビシは載せて貰った。
・・・・・・・エンジン音がこれほどうるさかったっけ・・・これが第一印象。
パワーも今乗っている古車よりは多少いいかな・・・と言う程度。

次週は、「ホンダ」と「ダイハツ」にも出かけて見たいと思っている。
果たして他の車種の試乗印象はいかに。

今回、車に求めるものは
1.ナビゲーション
2.ETC
3.ドライブレコーダー
4.自動ブレーキなどの安全装置・・・もちろんバックカメラも。

それらをセットして全てを比較し、機動性能(スピードではなく発進時の加速性能)が納得できるレベルの車を選びたい。

この項目は次回続きあり。

| | コメント (0)

2017/06/24

インサイト買い換え

走行距離18万キロを突破した。

足回りも結構弱くなり、買い換えを検討した。

やはり、年間25000km以上を走るので最も燃費がよく、安全性の高い車と言うことを中心に考えたら「プリウス」と言うことに落ち着いた。

我が家から一番近いディーラーに出かけ車種選定後価格交渉・・・・事前に値引きのテクニックなるものをあらゆる情報ソースからそれらを頭に入れ、更に現時点での平均値引き金額、最高値引き金額、もチェックして挑んだ・・・

ところが、一発回答。

私が予想していた金額よりも多くの値引きを提示してきた。
もちろん最高値引き金額までは届いていないが、この最高値引き金額とはディーラーオプションを一杯付けて無理矢理値引かせた金額と聞いていて、殆どオプション無しの私の場合は極めて値引率は不利な条件だった事から考えれば、思わず心の中でうなる金額だった。

だが、ここは一旦家に帰ってじっくりと・・・・

さて、次は更に・・・・どのように攻めようか。

なお、前情報通り、インサイトの下取り依頼はしていない。
多くの場合、下取り金額と値引き額を重ねて多く見せるテクニックで提示されるため騙され?やすいのだそうだ。

そのため、下取り無しと言う方法で最大限値引きさせ、契約時点で下取りがあると言うことで査定に入る方が有利らしい。

まぁ走行距離が距離なので、下取りと言っても・・・と思うが、一度は無料の査定を行ってくれるサイトでチェックしてからの方が納得できる金額に落ち着くと言うこともあり、その方法で進めてみようと思っている。

| | コメント (0)

2017/06/17

復元その後2

Windows8.1から試しにWindows10にアップグレードを行ってみた。

結論・・・・一見正常に見えるが、デバイスマネージャーを覗いた途端強制再起動。

管理系のフォルダーを開くと強制再起動・・・・・

だめだわこりゃ・・・と、直ぐにBootCampの仕切り直し。
USBメモリーにWindows8.1のイメージとサポートソフトがセットアップしてあるので、1時間ほどで元の環境に戻った。
なお、ここからWindows8.1のアップデートは長い。

久しぶりにメディアセンターも見ることが出来たが、別段しようする予定はない。

いざという時のWindowsなので、各種のセットアップが完了したらmacOSを標準でしようし、必要があれば切り替えて活用すると言うことになる。

Windows8.1よりもWindows10の方が使いやすい印象はあるが、エラーが出るのであれば仕方が無いし、Windows8.1もまだ数年はサポート対象OSなので、充分に活用させてもらおう。

会社のMacmini2014はWindows10アニバーサリーアップデートまではちゃんとできたが、クリエーターアップデートはインストール途中でエラーが出てロールバックする。

数回試したが結果は変わらないので、ここもここであきらめ。

問題なく、使用出来ているので、まぁいいか。

と言うことで、Macmini2014のWindows化でした。

| | コメント (0)

2017/06/16

Nifty4

昨日の突然のブロードバンドスピードの復活以来、気が向けばスピード計測しているが変わらず好調な状態を維持している。

20170614_233657

このまま、問題なくいってほしいと願っている。

Niftyさん、宜しくね。


| | コメント (0)

2017/06/15

会社のMacmini2014

我が家のMacmini2014は、機種としては一番グレードの高い製品なので、ドライブは最初から標準でFusionDriveとなっている。
デスクで使用しているのは中グレードなのでHDDは普通のものである。

CPUの能力差こそあれ、基本は一緒。

さて、デスクではMacmini2014をWindows10にして使用している。
しかし、ずーっと初期バージョンのままだった。

自動的にアップグレードの通知がないので手動でインストールを試みたのだが、アニバーサリーアップデートの時にディスプレードライバーがサポート外のためアップグレード出来ませんと表示されロールバックしてしまう。

アニバーサリーアップデートされていないとクリエイターアップデートが出来ないので、結局古いままと言うことになる。

本日、たまたま思い立った。

「じゃあ、問題のディスプレードライバーを削除してから実行してみたらどうなんだろう。」

一応ノーマルな方法で手動アップデートを試みたが、やはりだめだったので次はドライバーを削除してみたところ、あっさりとインストールが始まった。

2時間後、無事に「アニバーサリーアップデート」が完了した。
ディスプレードライバーは、一つ古いバージョンがセットアップされていたが、インテルのサイトから最新を落としておいたから速やかにインストール。

さて、気が向いたらクリエーターアップデートにチャレンジしてみようと思っている。
そのまま普通にインストール出来ればいいが、またディスプレー・・・・と出た場合、ドライバー削除して・・・
面倒だねぇ。

たぶん、我が家のMacmini2014も同じようなものなんだろうな。
すんなり行ってくれればいいのだけれどね。

| | コメント (0)

2017/06/14

復元その後1

色々と調べた結果、BootCampの設定の時にWindowsサポートソフトウェアをUSBメモリーにインストールするのだが、その後にDVDメディアを使用してWindowsをセットアップする方法と、Windowsイメージをiso化して、サポートソフトと融合させてUSBメモリーにインストールしてセットアップする方法の二種類がある。

問題は前者である。

DVDメディアからセットアップする場合、USBメモリーを一旦外しておかないと、WindowsインストーラーがどうやらDVDメディアと誤認識するらしい。
そのためにインストール先にドライブが・・・・なにやらと表示されインストール出来ないと言うことが分かった。

そこで、視点を変えWindows7ではなく、あまりにも短命で私も殆ど使用したことが無いWindows8を敢えて選んでインストールしてみようと遊んでみた。

まず、MicrosoftのサイトからWindows8.1のisoイメージをダウンロードする。
そのイメージを使用してインストールUSBメモリーを作成し、BootCampでパーティションを切って再起動・・・・
後はプロダクトキーを放り込んでいつものインストール画面である。

途中、Bluetoothキーボードとマウスが動かなくなったが、少し時間がたつとキーボードは使えるようになったのでそのままインストール続行。
結構長い「あと少しです」の表示の後にWindowsサポートソフトウェア群が自動的にインスト-ルされ、これで全ての機能が使用可能になる。

ここまで、2時間ほど(USBメモリーへのインストール作業が結構長かった・・・Windowsインストールは40分くらいで終了した)

さて、一応稼動を行ってみて問題が無ければ数日間は折角なのでWindows8.1をさわってみて、頃合いを見ながらWindows10にアップグレードしようと思っている。

まぁ、メインはmacOSなのだが、いざという時のWindowsと言う位置づけなので気まぐれにいじってみます。

しかし、アップルのサイトなどに記載されているBootCampの説明は、正直言ってほぼ使い物にならない。
メーカーにしてみれば所詮はWindowsなんておまけくらいなものなのだろう。

でも、利用者にとっては本気度があるのだから、少し正確な(特に問題として気を付けなければならない部分は)情報を提供してほしい。

| | コメント (0)

2017/06/13

復元

新しく購入したMacmini2014にWindows7をBootCampにてインストールしようと考えた。

いつものようにサポートソフトウェアをUSBメモリーにダウンロードし、パーティションを切って再起動した。

そして、ターゲットディスクをフォーマットし・・・・・ところが、指定したドライブにはインストール出来ないと表示され先に進まない。

ドライブ間違ったかなと思っても、パーティション分割するときに指定した容量のドライブは一個しかない。
そのドライブを何度指定してもやっぱりだめ。

容量を間違えたのかと、丁度120Gbのドライブがあるのに気がついた。
でも、確か250Gbだった気がするのだけれどと思いながら120Gbをフォーマットした・・・・のが間違いだった。

Macmini2014はフュージョンドライブなのだ。

つまり、Macではシステム的にSSDとHDDを一個のドライブと見立ててセットアップしているが、Windows側から見れば別ドライブでであり、私はそのSSDをフォーマットしてしまったのだ。

結論・・・・macOSは立ち上がらなくなった。
しかもディスクユーティリティを見てみると、見事にフュージョンが分割され、SSDとHDDに分かれてしまった。

面倒だが、再起動しコマンドキーとRキーを同時に押して復元ドライブからディスクユーティリティを起動し、正規なフォーマットをし直して、ターミナルでディスクチェックを行い、問題なくディスク番号になっていることを確認して、再起動。
今度は、オプションキーとコマンドキーとRキーを押して、インターネットリカバリーモードにしてからの復元ドライブ上でターミナルを起動し、SSDとHDDを結合する作業を行った。
その結果、ディスクユーティリティ上でフュージョンドライブ化した。

そして、タイムマシンからバックアップ復元を行って約1時間後に、(ドロップボックスはサインインの必要があったが)完全に元の状態に戻った。

ハード的な不具合がなければ、いとも簡単に元の常態に戻るのがMacのいいところだ。

いずれにしてもバックアップは重要と言ったところ。

さて、フュージョンドライブを有するMacにWindowsをインストールする方法を少し調べておかないと・・・

| | コメント (0)

2017/06/12

Thunderbolt 3接続の外付けVGAボックス

アップルから新しいiMacなどがリリースされたが、売りの一つにThunderbolt 3と言うI/Oインターフェースがセットされたという事じゃないかと思う。

私のようにMac派の場合、コンシューマで使用しようとすると自ずからiMacに落ち着くが、もともとゲーム主体の製品ではないため、最新のゲームなどは解像度を落としてプレーするか、そもそもプレーをあきらめるか・・・
どうしてもと言うのなら、ゲーム専用Windowsマシン・・・・などとあれこれ悩ましいことばかり。

だが、Thunderbolt 3の登場でそれらの悩みが一気に解決するかもしれない。

外付けPCI-Eがサポートされたのを機に、各メーカーがThunderbolt 3接続の外付けVGAボックスを発表しているからだ。
そのボックスに最新の強力VGAをセットし、iMacに接続した後に外部ディスプレー・・・・

で、ばっちりゲームが出来ればいいと想像している。

ちなみに、最近購入したMacminiは2014年から更新されていないが、次回リリースするとすればたぶんThunderbolt 3が搭載されるだろうから、その場合はかなり期待出来る。

いずれにしても高額な部品ばかりなので、はいはいと購入できるわけではないが、今までのようにVGAは躯体内部にセットアップしなければならないという成約から少しでも開放されればと願っている。

少し、楽しみ。

| | コメント (0)

2017/06/11

外付けHDD

HDDをUSB化する、いわゆるHDD専用ボックスをHDDの台数分だけ用意する必要があると思っていたが、今回考え方を変えて、「ORICO」というメーカーのHDDを裸のまま差し込んで使用する機器を購入した。

この機器はUSB3.0規格であり、3.5インチと2.5インチどちらもそのまま差し込めば外付けHDDになる。

複数に散らばっていたデータをiMacのストレージを中継点に整理したところ350GbHDDと500GbHDDが余った。

そこで、350Gbを最近購入したMacminiのバックアップ(タイムマシン)用に、そのボックスに刺したままにしておいた。
500Gbは引き続きデータのバックアップ用に使用する予定とした。

いずれのバックアップしてあるHDDも裸のまま棚に残した。
必要なときにボックスに差し替えればいい・・・いちいちUSB接続し、電源をプラグに差し込んで・・・と言う手間がなくなった分、楽だ。

さて、この機器はWindows,MAC共に問題なく使用出来るし、WINDOWSの場合は、HDDの抜き差しはホットプラグ対応になっている。
Macの場合は、HDDアイコンをごみ箱に運んであげる儀式は必要だが、手間はそれだけで他のHDDにチェンジできる利便性はグッドだ。

転送速度は充分にUSB3.0だ。
ちなみにHDDなどが対応しているとすれば、UASP高速データ転送モードも使用出来るとある。

いずれにしても、便利な機器である事に違いは無い。


| | コメント (0)

2017/06/10

Nifty 03

今日の朝、何気なくiPhoneでブロードバンドスピードを計測した。

昨年の12月以降、ダウンロード速度0.1〜0.8Mbpsと全くスピードが上がらず、プロバイダーのニフティからも回線設備に問題が無く、ベストエフォート型システムなので仕方がありません、あきらめてくださいと回答され、家族からはネットがつながらないとか動画が途切れるなどと文句を言われ・・・・・2年縛り契約なのでNTTからauにでも回線変更したいと思っても違約金が頭をかすめ・・・・・

ニフティとさよならしたくてもメールアドレス変更処理も大変な作業だし・・・

色々悩んではいたがずるずるとストレスの掛かる月日を重ねてきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・ところが。

今日、回線速度が昨年11月以前の常態で計測数字が出ていた。
時間によって大きなぶれがあるのではと、午前、昼、そして夕方・・・・更に最も通信速度が遅くなるこの時間にも計ってきたが、全く問題が無いのだ。

20170611_000711

土曜日だからなのか?

いや、遅くなってから2ヶ月間毎日計測していても、多少の違いはあれ、日中の速度低下は見事のコンマ一桁以下だったから、今日の数字はビックリだ。

明日は、また明後日はどうか。
もし、低下がなければプロバイダーの改善があったのか、それともベストエフォート型というのであれば、同一回線を利用する大口通信ユーザーが消えたのか・・・

この後を期待したい。

追って、結果を記載したい。


| | コメント (0)

2017/05/30

お疲れさま

Img_0828

首、凝らないかなぁ。


| | コメント (0)

2017/05/27

iMac2011復活

動画などを撮りためたHDDが複数個ある。

その中の一部を購入したばかりのMacmini2014に一旦移動した。
後日、改めてHDDを購入してそちらに移すか、ブルーレイディスクに焼き込んで保存しようと思っている。

そうして、320Gb容量のHDDを一台開けることができた。
そう、死んだiMac2011を復活させるためだ。

ロジックボードや、VGAが壊れているのかどうかのチェックもしたいと考え、念のため再度チェックして確かにHDDは壊れていることを再確認した後、早速iMac2011のディスプレー外しに取りかかった。
もう、手慣れたもので、8番トルクスドライバーで覚えているビスを外し、ケーブルを慎重に抜いて、内部にアクセスする。

320GbHDDを所定の場所に戻し、元の状態にきっちりとディスプレーをはめ込む。

電源ケーブルをはめ込み、起動する。

OSがセットされていないので、自動的にインターネットリカバリーが始まり、購入時のデフォルトOSである「LION]がインストールされた。

なお、この状態ではLIONより新しいOSはインストールできないので、一旦ソフトウェアアップデートを行い、OSバージョンを10.7.5にする。
この頃のOSはソフトウェアアップデートとApp Storeアップデートとは分かれていた。
アップルのページを見ると10.7.5以降は、そのまま最新のmacOS Sierraになってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・結論・・・・・・・・・何ら問題なくiMac2011は復活した。
ただし、FANは爆音だが。

さて有料のFANをコントロールするソフトウェアはあるが、エルキャピタンまではサポートされいるが、シエラはわからない。
体験版は出ているので動作確認は可能だが、他にフリーのソフトウェアはないだろうか・・探した結果、今回は「Macs Fan Cntrol」というのをインストールしてみた。

温度センサーが機能していれば自動制御できるのだが、それがないために爆音になる。
このソフトウェアは、その自動制御と温度を検知しファン回転を制御すること以外に定速回転指定ができる。

今回はHDDの温度センサーがないので、自動制御も温度検知制御回転も使用できないから、回転数を指定して運用しなければならない。

パソコンの処理の方法と外気温などでHDDの温度は大きく異なるだろうから、定速回転は本来はよろしくない。
だが、iMac2011は現実的にメインから外れたパソコンなので、負荷の掛かる作業に今後使用する予定はなく、主な役目はテレビチューナーを接続して・・・・ネットを見て・・・・それほど無さそうだな。

と言うことで、テレビチューナーを見ていたらHDD温度が50度くらいで安定する2400回転を指定した。
なお、室内温度は23℃ほどだからこの位だが、静かな部屋ではしっかり聞き取れる回転数だ。
但し、Windows機に比べれば静かだけれど。

ちなみに、スリープ状態でもHDDファンは回ったまま・・・・これは仕方が無いのかとは思うが少し悲しくなった。
まぁ、今後不具合が出ず、まだ数年がんばってもらえそうなら、2テラバイトくらいのHDDと温度センサー付電源接続ケーブル(6000円ほどでiMac用があると知った)を購入して、本格的に修理するからいいか。

今回は、ひとまずこの位で暫く運用しよう。

| | コメント (0)

iMac2011逝く

数ヶ月前にHDDを認識しなくなり、起動エラーを発生させたことがある。
いよいよ、HDDの交換になるかとアップルに相談したら修理に50000円ほど掛かるという。

この機種は、アップル特注のHDDがセットされているが、温度センサーがHDD内に組み込まれているということから市販のHDDを取り付けると温度管理できずFANが爆音をあげてフル回転するらしい。

どうしようか・・・悩んでいても始まらないので物は試しと「インターネットリカバリー」という方法でiMac2011購入時のOSをセットアップしてみた。
最初はHDDが見えず、マウントできないため初期化もできなかったが、そのうちなぜかできてしまった。
理由はわからないが、それから数ヶ月、なんら問題なく起動してくれていた。

だが、2ヶ月ほど前から画面状にブロックノイズが出るようになり、どんどん出方がひどくなって、再びHDDが死んだ。
そして、今度は前回のようにリカバリーを行っても生き返ることはなかった。

ロジックボードがいかれたのか、VGAがエラーを出しているのか、HDDが死んでいるのか・・・
そこで、吸盤を使用して・・・・・そう、分解作業に入り、HDDを取り出してみた。
そして、そのHDDをチェックしてみたが・・・・死んでいた。

・・・・・・・・・・・現在、HDDを外したままiMac2011は眠っている。

その代わりに、Macmini2014が仲間に加わった。
もともとWindowsMEが起動しているパソコン用に22インチディスプレーがあるので、入力切り替えを利用してWindowsとMac併用すればいい。

キーボードは併用できないが(WindowsME起動のパソコンなので、USBのコントロールが難しい)ま、邪魔だが我慢しよう。
・・・・・・古いゲームをまともに遊ぶのにはWindows98やMEがいるので、秋葉原で安い中古を見つけてきて結構活用している。・・・・

さて、話を戻して・・・・・iMac2011のHDDはアップル純正でないとFANコントロールが難しい。
修理に50000円ほどもかかるので安く済ませるためには、温度センサー付きのHDD電源ケーブルを購入し市販されている普通のHDDにセットする。
シェアウェアでソフトウェア的にFANコントロールする方法もあるという。
また、ターミナルを使用して強制的にFANコントロール(回転数指定制御)する方法もあるという。

というように複数の方法で、アップルの謀略にはまらないようにしながら、iMac2011の復活をどのようにすればいいか思案中。

Macminiで一個問題があった。

アイオーデータのUSB式テレビキャプチャーを使用してきたが、iMacなどの一体型PCならば問題ないが本体とディスプレーが別々なシステムでは再生してくれないのだ。
仕方がないからMacBook2009に取り付けてテレビが見られるようにはしたが、複数のシステムを立ち上げて・・・なんて面倒。
なんとかならないものだろうか。

まぁ、しばらくはあれやこれやが続きそうだ。


| | コメント (0)

2017/05/05

娘とデートライド

Img_0549

愛娘と一緒にツーリングなんて、昔からの夢だったから、幸せですわ。

いつまで一緒に走ってくれるのかなぁ。


| | コメント (0)

2017/04/16

今年初のツーリング

Img_8438

お休みの度に雨・・・・・

ようやくペダルに足を載せた。

気持ちのいい一日だった。


| | コメント (0)

2017/04/07

Creators Update

Windows10のメジャーアップデートが11日より開始とアナウンスされているが、一足先にアップデートアシスタントを利用して適応した。

iMac2014のブートキャンプWindows10は、夜間寝ている内に最終部分を除き、勝手に終了してくれていた。
このブログにも記しておいたように、相変わらず夜間のネットスピードの遅さのため大きなデータの送受は早朝に自動で行うようにしないとストレスが貯まる。

勝手に実行してくれていたので、実際どの程度時間が掛かったのかは解らない。

MacBookPro2009ブートキャンプWindows10は仕事の合間に行ったので時間計測が出来た。
アップデートアシスタント実行から2時間30分。
こちらも何ら問題なく終了した。

Think iPadタブレットはWindows10Pro 32bit。
こちらはメモリーが2Gbしか搭載されていないので結構時間が掛かり、4時間ほど。
なお、いずれもすんなりと終了した。

どのパソコンも挙動的に問題は見受けられない。
なお、周辺機器との相性までは確認はしていないので、完璧・・・とは今のところ言えない。

さて、事務所で使用しているMacmini2012だが、こちらはブートキャンプWindows10home 64bitだが、VGAドライバーが対応していないと言うことでアニバーサリーアップデートもしていない・・・と言うよりもPCチェック時点でアップデート拒否されている。
なお、コルタナなどはなぜかインストールは出来ている。

今回、バージョンが変わったアップデートアススタントなので、ものは試しとアップデートを実行してみた。
何度か再起動して最終・・・・・と言うところで「パソコンに不具合が発生したためロールバックします」と表示され、結局元の環境に戻されてしまった。

念のため、グラフィックドライバーをインテルサイトから最新版ダウンロードし強制的にインストールしておいたのだけれど、再びVGAで拒否られたかたちだ。
前回も同じだったような記憶が蘇った。

まぁ、今のバージョンで困っているわけではないが、ディフェンダーのバージョンがアップしているのでその部分はほしかったな。

と言うことで、今回もMacmini以外は特別なトラブル無くアップデートが完了した。

ちなみにペイントソフトで3D遊びしてみたが、マニュアル読まないと要領が得ない。
でも、結構遊べる気がする。

| | コメント (0)

2017/04/06

スイスに行く計画

8年ほど前に知り合ったスイスの友達から遊びに来ないかとオファーがあった。
家内が色々と調べてくれている。
計画では9月頃に10日間ほど・・・・・

当初は、南にイタリア、北にドイツ、西にフランスと国境を跨いで2カ国くらいと思っていたが、10日間ほどではスイス国内だけで一杯のようだ。

山もいいが、出来れば歴史のある街の散策を中心にゆっくりと過ごしたいと思っている。

スイスの友人は夫婦とものどかなハイジ育ちなので、スイス北方の素晴らしい風景の中をドライブしてくれるらしい。
楽しみ楽しみ・・・!!

画像は墨田の桜で、本文とは関係ありません。


Img_8278


| | コメント (0)

2017/03/13

Nifty 02

昨日の続き。

キャリアもしくはプロバイダーとのやり取りは改めてまとめようと思っている。

日曜日の朝、少し早めに起きたのでスピード計測したスクリーンショットと、同じ日に夕方もスピードが落ちる頃を見計らって計測したスクリーンショットをアップロードした。

一ヶ月ほど、ほぼ毎日計測してエクセルに記録してみると、ほぼ同じ結果が得られそれを参考に計測した画像だ。

20170312_055717

20170312_064319

20170312_073044

20170312_191037


20170312_192301

いずれも、連続で5回ほど計測して、その時点の最高速だったものを記録している。
つまり、もっと遅い場合があるが、計測誤差があると思うので、あえて一番速かったものを選んでいる。

平日は午前7時過ぎから一気にスピードが落ちるが日曜日は8時頃から始まる傾向にある。
12日は出かける予定があったため、午前8時頃の記録が取れず、ここでは省略しているが過去の記録は夕方と変わらない。

アマゾンのプライムビデオはダウンロードしてオフライン化すればいいが、ストリーミングは現実夜間は厳しい。

いくらベストエフォート型と言ってもこれでは、「光通信!!!」という宣伝など誇大広告と言われても仕方が無いというのは私の勝手な言い分になるのだろうか。
契約の最初からスピードが遅いというのならまだしも、12月13日頃、突然に・・・・・では。

あぁ、どうにかならないものだろうか。


| | コメント (0)

2017/03/12

千葉のモノレール

所用があって出かけたのだが、初めて乗った。

羽田-浜松町のモノレールと違い、軌道の上を走行するのではなく、天井からぶら下がる格好で走行するので、乗っているときは地上がよく見える。

遊園地のアトラクション的でいいかも。

20170311_150243


20170311_145850


| | コメント (0)

2017/03/11

アイテム

ポケモンGOのスポットを相当回ってゲット出来る「道具」と呼ばれるアイテムを、なんと続けて入手出来た。
但し・・・・それに対応するポケモンのアメが全くない。

取りあえず、ペットにして早く育てよう!

20170311_203226


| | コメント (0)

2017/03/09

Nifty

昨年の12月13日から14日頃から、ネットの通信速度が急激に遅くなった。

突然のことなので最初、数年使用しているルーターが不具合でも出しているのだろうかと、一旦初期化し再設定してみたが改善されない。
そこで新しく同タイプのアップル製ルーターを購入してみたが、やはり全く改善されない。

考えてきたら、NTT東日本フレッツ光からドコモ光に契約変更したけれどモデムなどのレンタル機器は更新されていないから、今度は終端装置を疑った。

NTTに電話を掛けてオペレーターとやり取りをする。
更に、指定されたテストを電話を交えながら行う。

結果、我が家とNTT間での問題点はなく、有線で100Mbpsを越える通信速度が出ていることが解った。
最後に、「NIftyさんに問題があるからプロバイダーを変更するのがいいかもしれません」と言われた。

当初は、NTTさんの勝手な言い草と思っていたが・・・・・・

次にNiftyに連絡を行う。

こちらでは、幾つかの通信方法によるチェックをメールにて指示された。
そしてその結果を同様メールで返した。

返答は、通信設備に何ら問題が無いが、ベストエフォート型の回線契約のため通信速度が遅くても仕方がないという。
また、改善する予定もないのであしからず・・・・

12月12日までの無線LAN通信速度・・・iPhone計測(IGNIS AMERICA 回線速度チェッカー)と言うソフトウェアで30~50Mbpsがコンスタントに出ていたが、現在は夕方19時頃から翌朝3時頃まで画像くらいの速度になる。
それ以外でも10Mbps前後ほど。

さて、次回はどのような計測をNifty等に指示を受けて実行したか記したい。

20170311_233352


| | コメント (0)

2017/02/20

ラスベガス

忘れないために記録を残そう。

結構写真を撮ってきたけれど、どれをここに載せていいか解らないので、2点だけ。

20170131_174430

20170201_112827

アメリカの冷暖房展視察が目的だったというわけではないが、まさかシャネルのお店でダクトがあるなんて・・・

あとは、ハーシーズチョコレートの直営店を目指して・・・ニューヨークニューヨークの街並み。


| | コメント (0)

2017/01/28

ラスベガス

いよいよ、ラスベガスに向かって日曜日の夕方に成田を出発する。

時差が17時間あるため事務所との連絡が可能な時間は限られているように見えるが、これが案外ある。

ちなみに日本時間9時の場合、ラスベガスは16時。
事務所でこれから仕事にがんばるぞ!と言う時間はラスベガスではそろそろお仕事終わるよ・・・という時間だ。

ラスベガスで、さぁ寝るぞ!と言う時間22時頃は、まだ事務所では忙しいさなかの15時。
この時間って、ユーザーからのお問い合わせの件数が増える時間帯なんだなぁ。

きっと、連絡メール・・・ドヒャーって来るのだろうな。

ラスベガス時間10時にはコンベンションセンター-で展示会が始まる。
寝るのは事務所と平行するから、きっとラスベガス時間24時頃・・・日本時間17時頃まで仕事を引っ張ることになるのだろう。

オーストラリアの時は、時差が1時間から2時間の差しかなかったから時間的影響はなかったが、今回は時間を重ねてみると結構気苦労になるかもしれないなと思っている。

展示会視察団(NPO)として数十人(2グループで60人くらいか)のパーティで関係会社の担当も複数人含まれるので、夕食は軽く飲みながらの接待仕事だろうから、その間はメールチェック難しいと事務所にはよろしくと言ってあるけれどね・・・どうだろう。

観光ではないので、あまり気分は乗らないが多少は風景写真納めてくるつもりなので、これは!と言う写真があれば改めてアップロードしますね。

では、行ってきまぁす。

| | コメント (0)

2017/01/22

幾つかの出来事

会社の基本通信ソフトウェアに「LINE」を使用すると言うことになった。
個人的には「無料ほど高いものはない」という原則は生きていると考えていて少し戸惑ってはいるが、決まったことならば大いに利用させて貰おうと思う・・・・という矢先にアカウントを乗っ取られた。

異常ログインが多発しているというメールが「LINE」から送られてきた。
そこからアクセスすると専用ページそっくりのサイトに飛ぶ。
そこからログインすると一発で乗っ取られる。

幸い数名の「友達」が登録されているだけなので、速やかに電話で連絡。
実害が無かったからいいが、セキュリティにうるさい私が「うっかり」である。

「LINE」には二重認証はないのだろうか。

----------------------------------------------------------

次の週半ばに名古屋出張があり、帰ってきてから数日後にはラスベガスに飛ぶ。
一週間ほど家を空けることになるが、今度は帰宅早々数日後にはオーストラリアから知り合いの子供たちが3人ほどやってくる。
既に日本には来ているが、国内各地を旅行してきて滞在最終に我が家に来るらしい。
子供たちの中には女の子が含まれているので、淺草で着物でも着せてちょっとおしゃれな散歩でもどうかと計画を企てている。

----------------------------------------------------------

AirPodsが我が家に届いた。

色々と試して見た結果、事務所と車内では大変便利であると結論付けたい。
なお、装着したまま外出するのには抵抗がある。

例えば、公衆トイレに入ったとき、ぽとりと落としたらどうしようとか、道路横断中にぽとりとやったら車にひかれて一巻の終わり・・・とか想像する。

もちろん満員電車なんて問題外。
製品のままでは、相当気を遣って仕舞う。

脱落防止グッズが幾つか販売されているが、本来のワイヤレスと言う趣旨が損なわれる。
かといって、ヘッド部分に補助部品を取り付けて耳たぶに固定するものもあるが、セットしたままでは充電ケースに収まらないから不便。

結局、外出するときは鞄の中に従来の愛用しているイヤホンを忍ばせることになる。
何とかならないものかね。

----------------------------------------------------------

ネットの回線が夕方から急激なスピードダウンになる。
ドコモに文句を言うとプロバイダーのニフティの問題だと主張する。
しまいにはプロバイダーをチェンジすればいいとまで言い出した。

午前中は無線で30Mbpsは出ている。
しかし、夕方では0.8位まで平気で落ちる。

従ってストリーミング映画はきつい。

多くの情報を集めた結果、どうやら光回線料金を値下げし、かなりの集客をした割りにはインフラ整備を怠っているため回線がパンク状態に陥っているらしい。

2年縛りでまだ1年以上契約がある。
その間にドコモ側が改善努力をしてくれればいいが、変わらない場合はドコモさん、さようならと言うことになるだろう。

----------------------------------------------------------

ポケモンGOが30レベルになった。

家内が毎朝ウォーキングに連れ出してくれている結果だ。
現在図鑑は135種類が表示されている。
見つけた数は146種類。

よく集めたものだ・・・・家内の努力に感謝。

| | コメント (0)

2017/01/09

AirPods

ようやく届いた。

早速使用してみたので、感想を少し。

私の耳は、このイヤホンの形は左はぴったりだが右耳は緩い。
Bozeのインイヤーイヤホンも右耳用のゴムパッドは左用よりワンサイズ大きいのを使用している。

iPhone付属のワイヤードイヤホンは、簡単に右耳がぽろりとなるため実際使用していない。

と言うことで、AirPodsもぽろりだったら嫌だな・・・と思っていたが、多少緩い感覚はあるが、問題ないレベルで使用出来る感じ。

ワイヤードでは、ケーブルがイヤホンを引っ張るため耳から簡単にぽろりだが、ワイヤレスはそのような干渉がないから抜け落ちにくいのだろう。

ただ、いくら落ちにくいと言っても、落ちたときのことを考えると、屋外で歩きながらとか電車に乗ってというのは少し心配になる。
かといって、折角ワイヤレスなのに落下防止ケーブル何チャラで接続したくないし・・・・

AirPodsを購入した理由は、まずハンズフリーで電話(事務所内仕事中)が出来ること・・・・ワイヤードだとケーブル長さの制約があるし両耳用は片方が不要だからぶらぶらさせなければならない。
車の運転でも利用できる(現在はサンバイザーにハンズフリースピーカーをセットしてあるが、乗る度に一々スイッチをオンオフしなければならない)。

ずいぶん便利になるだろう。

さて、使用してみて・・・・・・・

音楽を聴いている場合、AirPods本体を2回タップするとSiriが立ち上がるので、彼女に音楽の停止再生音量調整を依頼すると言う方法しかないようだ。
耳からAirPodsを外すと自動的に一時停止し、再度耳にセットすると再生してくれるが、そこまでの機能しか無い。
動画視聴時も、AirPodsを耳から外すと一時停止してくれる。
同様セットし直すと再生開始する。

着信時は、2回タップで通話開始。

いずれにしても、2回タップという動作以外に機能は無いようだ。
従って、本体を摩るようにして音量をコントロールするなどの機能があればと思うが、Siriにお願いしか手がない。

iCloudに紐付いているiMacなどのブルートゥース設定では簡単にAirPodsと接続出来る。

つまり、iPhoneで聞いていても、iMacでYoutubeと言うときにさっと切り替えできると言うところが気に入った。
但し、再びiPhoneでと言うときは、iPhoneの設定からBluetooth設定に移り、AirPodsに接続をタップしないといけないので、一手間めんどくさい。

少し試しにAirPodsでDiablo3をプレーしてみた。
ちゃんと普通に音は出る。

AirPodsを耳から外したが、ゲームは一時停止することはなかった・・・あたりまえか(笑


| | コメント (0)

«Diablo3 Patch2.4.3