« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/20

DVD

妹が「これ、面白いよ」とDVDを持ってきた。

我が家は大の映画好きで、レンタルしてきたDVDは片っ端から※コピーして、好きなときにいつでも楽しめるようにしている。

家内は英語が堪能なため、映画も必然的に外国映画が多い。
というよりも、日本の映画は好きではないようなので、借りないしあまり観ない。

私は映像研究会なるものに関わっていた時期があり、今でも観るよりも作る方の方が楽しいと言った口だから、どのような映画も機会があれば勉強のためにも観るようにしている。

そんなわけで、貸してくれたDVDを観てみた。

もともと、音楽は大好きで特にクラッシックは鑑賞会に何度か出掛けたことがある。
学生時代にトランペット(正確にはコルネット)を吹いたことがあり、今でもドレミファくらいは吹けるかな・・・笑

映画の中で女性音楽教師が言う。
「クラシック専攻だからジャズはよく分からないしテンポが取りにくい・・・ジャズもいいねぇ」

映画の中のジャズはビッグバンドジャズだから、ソロシンガーと一緒の静かなジャズでは無いけれど、これほどのれるんだと感じたね。

久しぶりに、数回続けて観てしまった。

映画の題名?・・・・「スウィングガールズ」という、面白くなさそうなタイトルだけど、本編は結構楽しいと思うよ。

※DVDのコピー防止には、複数種類が適応されているが、厳密にはコピーコントロールと、コピープロテクトに分類される。
マクロビジョンはコピープロテクトに分類され、これを解除してコピーすると無条件に犯罪となる。
リージョンコードはコピーコントロールに分類され、私的利用のためのコピーは違法ではないという判例もある。
ネット上には多くのコピーソフトが流布されているが、モラルを持って利用したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/19

会社で強制的にパソコンを触らなくてはならないことになったのはかれこれ13年ほど前のこと。

ワープロは長年触っているからキーボードアレルギーは無いけれど、MAC以外のGUIを知らない自分としては、NT3.0あたりのWindowsはなじめず、必然的に敬遠していた。

いずれにせよ、営業管理にパソコンは触らなくてはならないし、避けては通れないのであれば、一台我が家にも導入し、いじりまくってやれと思ってショップに出かけた時に販売されたのがWindows95。

そんな中で、彼女と出会った。

知り合いから「これ面白いよ」と言って渡されたパソコンゲーム。

シューティングゲーム以外遊んだことがない(しかもほんの少し)私にとって、ジャンプ・アクション・謎解き、時には戦いなどというゲームの操作性も分からず、ましてやゲームそのものを遊んだことが無いと言ってもいいくらい、パソコンを別の目的で使っていた自分としては別世界に入っていくようなものだった。

新しいゲームではないから、攻略本もすでに出ていたので、少し覗いてみた。
そして・・・・毎日寝不足になってしまった自分がそこにいた。

今年の暮れにVer7が販売されるらしい。
約2年ぶりに帰ってくるというわけだ。

早くララ(自分としてはVer1で紹介されたレイラの方が好きだけれど)と旅がしたいなと楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/18

初めて彼女の唄に出会ったのはどこでだっただろう。

行きつけの喫茶店だったっけ。
たまに立ち寄るCDショップだったろうか。

透きとおるような、都会的な若さの歌声にのって聞こえる他の歌手とは一線を引く、大人の詩。

アルバムを2枚手に入れた。
といってもアルバムはこの2枚しかリリースしていない。

初めて見る彼女の素顔。
好きなメロディに歌い手のプロフィールは関係がないと思っているので、今でも知らない。
唄の中だけで想像する。

新しいアルバムでも出ているのだろうかと、初めて彼女のオフィシャルサイトを訪れてみた。
そして、今は充電中だと言うことを知った。

彼女の曲はいつ聴いてもいい。
だから、手元のアルバムだけでも満足している。
そのうちにまた、私に感動をもたらしてくれる時がきてくれるだろうから、今はこれでいい。

そうだ、思い出した、彼女・・・Minamiに出会ったのは、西新宿の真っ黒なドアのこぎれいな喫茶店だった。
クラッシックばかりなのに珍しく、違うジャンルの曲を鳴らしていた。
それが彼女の曲だった。

「たばこのけむり」の向こう側で、彼女の曲にのって、愛が流れる。

・・・・・そろそろお茶の時間かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

受験

娘が中学受験をしたいと言ってきたのは小学校5年生の初夏になるかならないかの頃だった。

親戚の同級生が進学塾に通っていて、多少感化された影響もあるけれど、幼い中に普通のセーラー服ではない、制服に対するあこがれと、高度な勉強にもチャレンジしてみたい積極性もあったようだ。

決して私は賛成しなかったのを覚えている。

クラスでは、結構トップの成績で満足していたようだが、ところが実際彼女が進学塾に通うようになって最初に相当のダメージを受けた。

見たことのない公式と、計算速度の歴然としたスピード差に毎日泣いている姿に、こんなことなら進学塾に行くことをもっと反対すればよかったと思わずにはいられなかった。

普通、所謂「お受験」というのは小学校4年生、正確には3年生の終わりから通い始めるものらしい。
娘の場合、5年生になってしばらくしてからということであり相当遅いわけだから、出てくる問題が分からなくて当たり前だが、分からなければ次に進めない。

ところが一番下のクラスからたったの2ヶ月ほどで、トップクラスに塾としても異例の昇進となって評判になった。
相当の努力がそこにあったと思う。

当然同クラスの保護者の間でも注目を受け、家内などは他の保護者からどのように勉強を教えているのか、カリキュラムを組んでいるのかなどと質問を受けたようだ。

しかし、実際は、私も家内も教えていないし手伝ってもいない。
送りは家内が、迎えは私が行ったことは行ったが、その程度しかお手伝いせず、その点は彼女に申し訳なかったと今でも反省している。

つまり、トップクラスになったのは彼女の努力のみだった。

今、作成したDVDを観ている。
彼女の記録のDVD。

学校説明会、学校下調べ、振り返ってみると多くの中学校を見学させてもらった。
そして、合格者説明会から、塾のお友達との合格パーティと彼女の小学校の卒業式。
ラストに勝ち取った中学校の入学式。

緊張と不安の最初の顔と、最後に見せる笑顔。
私たちにとって最高の宝物がそこにあった。

娘が戦い、そして勝ち取った大きな目標。
素直に言いたい。

本当におめでとう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

虹の架け橋

狭山市の大日本印刷の近くにそれはあった。

平成8年3月に竣工と表示のある、かなり大きな歩道橋である。
片側一車線双方向2車線の交通量の非常に少ない道路の上に掛かっている
歩道橋の片方は住宅地内の狭い道路に接していて、表通りに繋がっていない。
片方は、広い空き地に接している。

何のためにここにこの様な大きな施設があるのだろう。
風化と落書き。

歩道橋に接するようにマンション風の建物が建っているが、一階は整備工場を行っている個人宅であるが、歩道橋は2周くらいオーバル型に螺旋しながら上り下りする形式のため、上り下り途中でマンションの2階部分の窓やベランダに手が届くような箇所があり、防犯上また、プライバシィー状、問題があると感じた。

施設が先か、マンションが先かで話は大きく変わるが、権利問題があったのではないかと推測する。

住宅側とは反対側のちょうど、楽にホームランになりそうなソフトボールグラウンドといえば広さの想像が出来ると思うが、その程度の空き地は本来公園になる予定だったらしい。

しかし、その程度の公園に対し、歩道橋の大きさはやはり大げさではないだろうか。

竣工した平成8年はバブル崩壊後リストラ嵐真っ盛りの頃である。
自治行政の典型的な失敗例と言える施設なのだろう。


「虹の歩遊橋」
SANY0013

これがその橋の名前である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

変な木

SANY0003
出張した名古屋市郊外の新幹線高架下のコンクリートの壁から木が生えていた。

コンクリート製高架の水抜き用の穴から生えているのだ。

生命力の飽くなき強さを感じずにはいられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

天気がとてもいいなぁ。

タイトルと本文はつながっていません・・・


iPod shuffleのスポーツケースがようやく届きました。
首にぶら下げてみたが、思った通り重量が倍加したので、首に掛かる負担が大きくなったのが気になったが、お気に入りのiPod shuffleが傷つくよりはよっぽどいい。

スーツ姿の時に鞄に入れたりすることが多いし、車のオーディオにつなぐこともある。
だから、保護ケースがほしかった。

でも、このケースがまたピカピカなクリアなんです。
このケースも傷つけたくないなぁ。
ケースのケースなんてあったらいいなと思いながら、きりがないねぇと感じています。

-----------------------------------
義父は事務所に本人専用のパソコンが置いてあります。
Win98が活躍する数年前のパソコンですが、昨日プレゼントしたシステムにデータを移そうと思っていたようなんです。

ファイルの数が相当あるのですが、本人はFDで行おうと思っておいて、大変だなと感じていたようなんです。
ですから、USBメモリースティックをプレゼントしました。

「俺はパソコンを結構こなしていると思ったが、1%も使い切っていない、凄い!!」といっていました。

私が普通と思っていることもまだまだ知らない方が多いようです。

デジカメも専用ユーティリティを高額に購入するのならば、数千円の6in+1くらいのカードリーダーを購入すれば済むし、新しいパソコンなどは最初からセットされているから、場合によっては不要ですし・・・。

しばらく先生になって面白い活用方法を一杯教えなくっちゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »