« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/29

ウィルス

会社の上司の個人所有パソコンが、ウィルスに感染し、起動しなくなったため、やむなくフォーマットする羽目になったという。

ところが、何を行っても200GbのHDDが、160Gbと認識されるらしい。
ウィルスのせいでといっているが、MBR部分を破壊するウィルスがあると聞いたことがあるが、どうなんだろう。

ということで、相談があった。

シリアルATAのHDDだから、いつも使う検証用PCでは出来ないから、メインのデスクトップに逝かれたHDDのみセットアップしてFDISKを実行してみた。

・・・・・・・ちゃんと200Gbあるじゃないか。
・・・・・・・ついでだからWin2003サーバーインストールしちゃえ。
・・・・・・・Windows上からもしっかりと200Gbあるよ。

つまらない時間を過ごしただけだった。

我が家では、娘と家内が感染したことがある。

双方とも、メールからではなく、ホームページ上かららしいが、娘の場合は、起動不能となってしまった。
でも、その場合に備えてCDで動くWinXPを作ってあるので、大事なデータは簡単に救えた。

家内は本人が気持ち悪いからと頼まれて全フォーマットを行った。


私は、かれこれネット生活は10年になるが、一度も感染経験が無い。
結構渡り歩いているけれど、きっと運がいいのだろう。


しかし、本当に迷惑なことをする人間が多くいて困る。
嫌らしいメールや、不愉快なメール・・・・

完全にブロック出来ないから始末に悪い。
最近はなにやら日本名ウィルスが目に付く。

「きんたまウィルス」
「山田ウィルス」

個人情報保護法に反するウィルスが増えるのも時代なのだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/28

VHS

10年以上前に購入したVHSデッキが急に動かなくなったということだった。
毎月出かける親戚の美容院でのこと。

家内の両親も利用していて、義父が「彼に一度見て貰ってだめだという烙印が押されたら処分しよう」
と、アドバイスをしていたらしい。

私が来るのを待ってましたとばかりの話に答えるごとく、頭髪をセットする前に早速バラすことにする。

初歩的に電源コードの断線などのチェック。
次に電源スイッチあたりを見てみるが、異常なし。

ふたを開けモーター部分も異常なし。

最後は電源そのものだが、手際よく基盤を外し、取りにくいところに鎮座する電源ボックスのふたを外すと、
真っ黒に焼けたヒューズがあった。
コンデンサー4個、臨終状態。

実験的にアルミホイルをヒューズ代わりにして取り付け、家人を呼び見ていて貰う。
通電する。

ボン!

コンデンサーが死んでいて変圧しないので、過電流でヒューズが飛んだことを説明実験したのだが、どうしてもこれを修理したいのなら出来るけれど、どうする?

新しいのを購入する事にするという。
電源ユニットだけ交換すれば使えるけれど、メーカー保有期間を過ぎているし仕方ないか・・・

一瞬、貰ってこようかなと思ったがやっぱりやめることにした。
ただし、この時代のデッキはマクロビジョン対応していないんだよね。
直せば、VHSコピー万歳だけれど、今時VHSでもないからねぇ。

とりとめのない話でした。


---------------------------------------------

昨日のプリンターの問題ではないけれど、検証用兼サブで使っている、デスクトップにWin2000をインストールしてみた。

家の近くにあるパソコンの修理販売するお店にたまに顔を出しているのだけれど、1050円でほぼ新品の6GbHDDを購入したので、早速使ってみたわけだ。

815チップのマザーにSCSIや、USB2.0などのPCIカードが幾つかインストールしてある。
その状態で、セットすると、USB2.0が認識しない。

それで必要最小限の状態ではどうか。
不明なPCIデバイスが一個、黄色い?マークがある。
AGP以外、何も挿入していないこの状態で、いったい何だろう。

そこで、チップセットドライバーを放り込んでみたところ、一発で解消。
・・・・・・・・・・・・・・というよりも自作パソコンの基本でした。

最終的にSCSI接続Win3.1時代のスキャナーだけは、ちゃんと動作するけれど、PC起動するたびにドライバーを求めてくる。
キャンセルしてもプロパティ上では、しっかりイメージングデバイスに認識されている。
WinXPでは、不明なデバイスとなっていたっけ。

別のPCでは、プリンターで認識されたこともあった。
OSごとに、またリカバリーの度に認識状態が違うので、今回はどうなるのかと楽しみの一つになっている。
違うって!!

ま、最近とほほが少なくって少しつまらないなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/25

会社の出来事 1編

会社でお荷物になった、CD-ROM無しラップトップは結局処分すると言うことなので、ちょこっと遊ぶことにした。

私の年代くらいなら、DOSやWin95を知っている輩は多くいるが、今の若手スタッフはWin98SEあたりからPCをさわり始めた世代が多い。

というわけではないが、もともとこのCD-ROM無しPCはWin95だったらしいので、ネットでドライバーだけはゲットして、Win95(私のはWin95 OSR2.5だ。)をインストールすることにした。
ドライバーといっても、VGAとサウンドとPCMCIAカードスロット分だけ。
Win95初期(きっとOSはFDだったろう)世代だからUSBやモデムさえも無い。
2Gbのドライブの外周あたりに数クラスタのエラーが出ているので、それを修復し使用禁止にする。
ノート上でWin95の起動ディスク(思い出の品・・・この私の気持ちに当時自作していた人はきっと共鳴してくれることだろう)を使ってパーティションを1.5Gbと500Mbに分割しフォーマット。

PCからHDDを取り出して、外付けHDDケースに入れ、デスクトップを利用し、Win95のCDの中身をコピー(システムフォルダーも全て見えるようにしておこう。)

再度ノートPCに取り付け直したら、起動ディスクを使用し、DドライブからSETUPすれば、Win95インストール済みノートPCのできあがり。

後はドライバーを組み込んであげればいい。
ネットワークに入れれば、後はネットワークに繋がっているPCのドライブを使ってアプリケーションをインストールすればいいし、ま、飾っておいてもいいか・・・要らない。

Win95未体験世代に現行Windowsの原点であるWin95(Win3Xは別物)を触ってもらい反応を見たいものだ。
・・・・・・使いづらいったら無いけれど、ま、ホーバー(懐かしいでしょ)くらいなら遊べるから・・・いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/23

会社での出来事 2編

会社の一歳年上の同僚(先輩)が、余ったラップトップがあるので仕事に使うんだと、別セクションよりもらってきた。
一応PCMCIAカードでネットに繋がるWin98だが、エクセルがエラーを出して使えない。
CD-ROMドライブがオプションとなっている(今は付いていない)ため、Officeの再インストールが出来ない。
LAN経由で別のパソコンのドライブを使ってもエラーが出て、インストールが出来ないのでデーモンを利用し、Officeをイメージ化しLANで転送して、仮想ディスク上でインストールを試みたけれど、だめ。

これでは営業に使えないし、OSも相当ダメージを受けているようなので、リカバリーしようにもCD-ROMドライブが無ければねぇ。

先輩、ようやくパソコン触る気になっていいるのに、今ここでやめたら次いつやる気に・・・・
そこで、昨日もらった、ノートを特別に進呈することにした(一応貸したことにしている)。にこにこしながら、触っているが隣のスタッフには気の毒なことをしたとも思っている。

エクセルなどの説明を相当求められている様子。
ま、私の席からは先輩の席は離れているので、知らないっと。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
佐川急便を利用する出荷業務にはアシストというシステムを利用しているが、パソコン管理に移行することになったと言うことで、そのセクションよりSOSがあった。
プリンターの設定が出来ないとのこと。

出荷管理に使用するPCのOSはWin98。
直接プリンターに接続する訳ではく、LAN経由で行うのだが経由するPCのOSはWin2000。
設定していないと言うけれど、現にパスワードを求めてくる。
思い当たる複数のパスを入力してみたけれど、だめ。

仕方がないので、別の方法(一つはネットワークプリンターをターゲットにする。もう一つは共有プリンターを利用する。今回は後者にした。)営業のPCのパスを教え、それ経由で印刷できるようにしてあげたが、印刷データは確かに流れ、プリンターも稼働するけれど、白紙・・・

同じ、パソコンに繋がっている別のプリンターに設定を換えたら、ちゃんと印刷された。
取りあえず、印刷は可能となった・・・・・・・が。
従って、業務はその日の最終出荷業務が終わる度に、出荷明細をプリントし離れた場所にある営業のプリンターまで走る仕事が増えたのである。

業務の事務所には、営業と同タイプのプリンターがあるが、LANで繋がっていない。
3m程のパラレルプリンターコードを購入すれば簡単に済むことだが、きっと稟議書書いても許可出ないだろうな。

果たして、走る労力とケーブル代と天秤に掛けてどちらが徳か・・・・おつかれさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

デジカメ

Botoru
デジタルカメラ・・・・・・所謂デジカメは今や一般普及品として、携帯電話の一部機能製品も含めれば、今や3人に一人位は持っている、あって当たり前な商品になっている。
私が初めてデジカメと遭遇したのはかれこれ10年前になるが、それは、それは衝撃的な出会いだった。

会社のOA化に伴い、全社員がパソコンに触れなければならない状況になったのをきっかけに家庭に導入したのがWindows。
Macの経験はわずかにあったが、Windowsは初めての経験。
果たしてMacに比べれば使い勝手の悪い能力の低いこのシステムで何が出来るのだろうかと最初は思案した。

特にゲームをしようとか、それほど便利を感じないインターネットには興味がなかったし、レタッチなどの低価格画像ソフトでまともなものがWindowsにはまず無かった。

従って、思いっきり出費しプロが使用するレタッチソフト、PhotoShopをスキャナーと同時に購入した。
フィルムスキャナーも欲しかったが、今でも高額な商品で当時など、とても簡単に購入できるものではなかった。

スキャナーを購入したのは銀塩カメラ(普通のフィルムカメラ)で撮影した写真をせっせと読み込んで、レタッチをするためだ。
当時HDDも高額で、容量も少なかったから、画像データもすぐに一杯になってしまうので、CD-R(これもドライブが10万円位したし、メディアも一枚500円位したと思う。しかもCD-RWなど無かった。)ドライブ(MbあたりHDDより安かったから)を購入し、写真をため込んだものだ。

そうして結構手間を掛けながら、写真の記録をしたり、加工したりしていたが、そこにデジカメが飛び込んできた。

フィルム代も現像代も、プリント代も要らない。
しかも、好き勝手に撮影できるし、スキャナーも読み込む手間も要らない。

すぐに飛びついたのがカシオの画素数27万の背面液晶付き。
液晶部分と撮影レンズ部分が反転するもので、自分の姿を自分自身で確認しながら撮影できる当時としては画期的なものだった。

その後、85万画素に移行し、現在はなぜか、150万画素で止まっている。

結局、撮影を目的とした場合は、メインは銀塩カメラであって、それを背負っていくから、撮影の具合をリアルタイムにチェックするのに、使い慣れた古いデジカメを使用する位のためなので、150万画素あたりで十分なわけ。

ただ、800万画素のデジカメが各社から販売されて、少し考えている。
1000万画素までもう少しだと。

銀塩カメラに比べ、800万画素では同じ色が出ない。
最低1000万画素は要るからだが、そろそろ購入検討を本気でしようとカタログに目を通し始めたところ。

しかし、デジタル化の進化波は凄いの一言。
そして、それらを処理するパソコンの能力も大きく向上しストレスが無くなった。
アウトドア大好きの私にとって撮影大好きの私にとって、素晴らしい時代になった。

色がまともに出てくれて、現像代もフィルム代も掛からず、手持ちのレンズ郡が有効に使える時期がもう少しでやってくる。

いい時代になったものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/20

自己満足二編

昨日、貰ってきたデスクトップパソコン、富士通のFMVだが、CPUはペンティアム3 450MHz、それもSlot1のが付いていた。
持つべきものはPC仲間で、現在はペンティアム4を使っているけれど、確か以前はSlot1のペン3 700MHzだったっけ・・・ということで、貰ってきた。

果たしてメーカー製PCに使えるかどうか試してみたら、見事に認識してくれたし、正確に動作している。

HDDは、壊れていたけれど転がっているのに交換してOKだったし、メモリーもがらくた箱を漁って見つけたものを増設したらちゃんと無事にお役目に入ってくれたし。

LANカードのスペアが無かったので、出入りしているお店にあった動作未確認カードをちゃっかりただで貰ってきてそれも無事に動いている。

寄せ集めでも、下手なPCより、会社の業務に使っているデルよりかなり高速に動いてくれる。

本当に得したな・・・・と自己満足。

----------------------------------------------

ジャズがいいなぁと感じていて、どんな曲があるのだろうと思っていたら、家内が阿川泰子のCDを何枚かレンタルしてきてくれた。

自分なりの彼女に対するイメージとCDから流れる彼女の声にちょっとギャップを感じたけれど、それはいい方に思った方。

好きなディズニーの曲もかなりあることも満足。

ついでに1992年にリリースしていたレンタルにもないアルバムを沖縄のショップで見つけ、送料込みで1400円で手に入れた家内の執念にも脱帽しながら、愛用のiPod shuffleで楽しみながら自己満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

花壇

我が家には猫の額ほどの坪庭がある。
家内が世話をしている花や樹が目を和ませてくれる。

ボトルブラッシュが、主役だが、季節の花がそれらを取り囲み小さいながらも豪勢だ。

会社の近くに環境センターがあり、低い塀の周りは花壇になっていて、季節を楽しませてくれる。
花はいい。

艶やかなものから質素なものまで、集団で咲くことによりその存在をアピールするものから、一輪だけできらびやかなものまで。

初夏だなぁ。tsubomi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/18

サイクリング

無口で、友達を作るのが苦手な少年が出会ったのが、自転車。

今でこそ、マウンテンバイク全盛の時代だが、当時はランドナーといってドロップハンドルよりやや横広がりのハンドルに比較的太いタイヤ(マウンテンバイクに比べれば細いが・・)を履いている、長距離旅行をする専用の自転車だ。

今のようにサイクリング専用のウェアなどはなく登山用ニッカズボンが丁度走りやすい服装で、思い出すたびに古を感じる。

東京を中心に、房総半島一周したり、日本海を見に新潟県までも走った。
生まれた名古屋まで国道1号線をひたすら駆け抜け、熱田神宮に参拝した。

冬の長野善光寺にも行った。
そして、信州の100種類の峠を制覇したのち、しばらくして引退した。
吹雪の中の軽井沢強行軍が災いし、膝を壊してしまったからだ。

CRCC(CityRoad Cycling Club)を結成し、当時の主要メンバー6人とは今でも楽しい仲間だ。
みんなオジンオバンだが、自転車の話になると朝までの時間でも足りない。

彼ら彼女らのおかげで、引っ込み思案だった少年が青年になり、そして結婚式の司会などを含めた人前での演説も堂々と出来るようになった。

人と人の出会いは楽しい。

昨日の信州での短い時間が、あのころを走馬燈のように思い出させてくれた。
一時、少年にそして青年になっていた。

写真の右が私だ。cycling

女の子が乗っている赤い自転車は「夏子」といって20インチの軽快車で、私のデザインした愛車だった。
どうしてもとせがまれて、写真の彼女の友達に奪われた。
あれから20年以上にもなるのに、今でも現役で北海道を走っているそうだ。

実にうれしいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/17

万治の石仏

とりあえず、アップbabbjinoisibutu

異様な形。

ひょうきんなモアイみたいな顔。

不思議な造形はそのままだった。

懐かしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

その昔

uma
私の先祖は、武田の家系であるらしい。
それも諏訪方という。

生まれた名古屋から本家のある東京に引っ越してきて、初めての自転車の長距離ツーリングが、なぜか奇遇にも信州諏訪湖だった。(諏訪方という話は、その後に聞いた)

そのときに訪れた諏訪大社の春宮と秋宮。
特に秋宮の近くにある万治の石仏は、おもしろい造形で、すごいインパクトがある。
(写真は次の日にアップでもしようか・・・)

ここを28年ぶりで訪れた。
そのときと同じ、ぶるっとする感触は、きっと先祖の血を感じるからなのだろうか。

当時、近くでそばを食べたことがあったが、今はどうやら店が違うようだが、今回も食した。
信州は、そばの名産であったが、本物の信州産そばはなかなか見つけられないし今回も残念だった。

でも天気もよく、アルプスの雪の白さがいやに輝いているひとときだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・幸せな気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

ブルー中

suwa_29
知り合いのお友達のご主人が亡くなった。
遺書のない自殺である。

まだ、40代半ばの働き盛り真っ最中の年齢だ。

間接的な話しなので、詳細は分からないが、家内曰く
「きっと命日の度に奥さんは悩みにうちひしがれることだろう」と言っている。

遺書どころか、悩みなどの相談も、それらしいサインも無かったという。

昨日まで、いやその日の朝まで今まで通り普通に会話していた愛する夫が突然何の前触れもなく自らの手で、命を絶ってしまった。
残された者は悲しみだけではなく、苦悩までも置いて逝かれてしまったのだ。

本当に寂しい話しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/12

壁紙

ある程度パソコンを使いこなしていくと、自然初期設定のまま使用していることが多いようだ。
特にゲーマーにはその傾向があるようだし、いろいろな試しをしている方などは、リカバリー回数も多いので、カスタマイズも機能的にスピード向上ならと多少いじることがあっても、ほぼ初期設定状態みたい。

私の家内は結構使い込んでいるけれど、みるたびにどこかカスタマイズされていて楽しい。

そんなわけで、会社のみんなが使うパソコンだけは、季節感を出そうと、気が向いたときに張り替えてみることにした。

近くの公園で撮影した画像を使うようにしている。

少しでも身近な場所であれば違和感も少ないかなと思って・・・

ま、壁絵代わりにもなるのがパソコンのいいところでもあるわけで、それはそれで楽しい。
tutuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

不具合

shiroihana
もらったLetsNoteにピュアなWin2000をインストールして順調に動いているように見えたが、USB2.0のPCカードを差し込んでみたところ、オーディオとビデオカードの二カ所に認識されたアイコンと黄色いびっくりマーク。

リソース不足で、不安定になった。

もちろん取り外すと元通りだが、無線LANのPCカードでも同様の症状が出た。

ネットで検索しても、Win2000用PCスロットのドライバーが見つからないのと、やはりメモリー64Mbでは思いのとで、WinMeあたりにしようと考え直した。

ところが、FDDが無いので起動ディスクから立ち上げられない。
手元にGateWayのノート用WinMeがあったのでそれを使ってみたけれど、やはり機種が違うと受け付けてくれない。
仕方がないから、本来のリカバリーディスクでWin98にセットアップした後にWinMeにアップデートしておしまい・・
のはずだった。

会社には、Office2.0のアクセスじゃなければ起動しないオリジナルアプリがある。
このアクセスはWin2000までは起動するので、当然このアプリもWin2000止まりの宿命を背負っている。
しかし、ワードやエクセルが2.0じゃ困るので、この部分だけOfficeXP(2003はWinXPじゃなければ対応していないので)をカスタムインストールしたところ、古いアクセスが起動しなくなった。

Office2000は何ら問題なかったが、どうやらこの組み合わせはだめなようだ。
修復も一切受け付けてもらえず、結局再度リカバリーをすることになった。

とほほである。

一応、Office2000はこれからインストールする予定だが、今のところ快適に動いている。

めでたしめでたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

サーバー

将来的な会社の検証用にと、知り合いからWinサーバー2003を預かってきた。

メインデスクトップをリカバリーして新規にインストールを行い順調にセットアップは終了したが、VGAドライバーがだめだった。
S3デルタクロームS8のD3Dあたりが機能しないため、CADや3Dあたりに影響が出そう。

Canonのスキャナーも調子がイマイチ。
なお、他は問題なかったが、上記エラーでメインマシンはXPに戻し、検証用デスクトップに変更しセットアップした。

Radionのドライバーは問題なく、XPと同様の認識の高さにほっとした。
設定も今のところ、クライアントの制限あたりをいじり始めたところ。
だいたいサーバーて触ったことがないから、本屋で立ち読んだ情報でとりあえず一歩一歩進んでいる。

内容はXPみたいなもので、ファイルサーバーやDHCPサーバーなどの設定は難しそう・・・


ま、ある程度勉強したら返さなくっちゃ。

ところで本当に会社はOSチェンジするのかなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・現在WinNTサーバーだけれど、Winサーバー2003と全く別物で、Winサーバー2003を使うとなればスペック的にPCも買い換えなければならなさそう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/07

PTA

娘が中学校に入学して一ヶ月。
楽しそうに学校に行く姿にほほえましく思います。

長男の高校でPTAの役員をしていますので、義父から上をやっているのだから公平に下もやるんだよなと言われ娘にも私の時もやるんでしょ・・・

結局役員になりました。
今年一年は掛け持ちですが、何とかなるでしょう。
いずれにせよ学校の先生とお近づきになると、結構いいですよ。

能力の高い学校ですから、勉強成績に対する肩入れは論外ですし不要ですが、学園生活に関しては私たちも外部から見えないので、内部に入った方が断然保護者としては有利なのです。

まして、先生も人間ですから、一般生徒より役員の子供と言うことで気にしてくださる度合いが多少は高いようで・・・

また、役員になると、学校に出かける事が多くなりますから、一般保護者より情報が多くなることが有利。
チャンスがあれば積極的になられるといいと思いますよ。

役員は確かに大変ですが、それに見合うメリットは十分に還元してくるとおもいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/06

集まるところに・・・

今、手元にデスクトップPCとラップトップPCが一台ずつあります。
知り合いが、調子が悪くなったということからPCを新調したため、今まで使用していたPCをもらい受けてきたのです。

FMVはPen3 450MHz Win98ですが、HDDを交換し、メモリーを増設してWinXPとして生まれ変わりました。
LetsNoteは、セレロン333MHz、やはりWin98でしたが、Win2000になりました。

現在、我が家には家族全員、専用PCを持っています。
息子のは以前私が愛用していたものを、娘には仕事で使っていたノートを、いずれもお下がりになりますが、十分なスペックのものです。

家内はキューブ型に買い換え、以前のものは義父宅に嫁いでいきました。
私はメインのデスクトップと、動作検証用のサブデスクトップを持っていますし、会社支給(そのおかげで娘は待望のノート所有者になったのです。)のノートを使ってもいます。

従って、5台のPCでネットワークを構築し、NASがファイルサーバーとして起動しています。

今度はそこにデスクトップとノートが加わるわけですが、あればいいってものじゃ無いですよね。
結局ノートはいつでも起動できる状態で箱の中に・・・

デスクトップはどうしようかな・・・
一階で娘が勉強するときのために活用できるようにしようか・・それとも里子に出そうか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この二台、元の所有者は、家電メーカーに引き取ってもらおうとしたようです。
ほぼ間違いなく、後2年位は現役で活躍できる、貴重な資源だからよかったけれど、同時に自分の手が数本余分にほしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »