« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

もる太

moruta

我が家のアイドルは、巻き毛のモルモット。

生家では、男の子ということで我が家にやってきたから「もる太」と名付けたが、ある日生理が始まって女の子と判明。

名前はそのままで行こうと言うことになって本名は「もる太」だが通常は「モルタ」でとうしている。


かわいくて仕方がない。
寝っ転がっていると、お尻や足をかじるし、靴下を脱がそうと引っ張る。

部屋の中を走り回っている、我が家で一番元気な子だ。

首をなでるといつまでも猫なで声の、近所の子供から「かわいい犬だ」と言われているモルちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/26

勉強

娘の学校の定期考査が近い。
従って、普段以上に勉強に費やす時間が長くなっている。

妻が娘の勉強部屋で勉強を見る時間も必然的に長くなる傾向にある。
疑問が発生すればその場で解決するためだ。

妻曰く決して質問攻めになるわけではないから、退屈ついでに本を読んでいたらしい。

そのうちに、娘の呼ぶ声に、はっとして開口一番「質問はなあに・・」

眠りを起こされてなお、一番最初に「質問・・・」とは、それでも笑えたが更に

娘がすかさず「質問じゃないの、お母さんのいびきがうるさくて勉強に集中できないわ」
「それに、メールする時のケータイの音も気になる・・・・」

この話を聞いたときに、果たして勉強を見ているのか、じゃましているのか・・・・

でも、妻の見ている科目は確実に学力向上しているので、決してじゃまをしているのではないことは本人の名誉のために付け加えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/24

ダンジョンシージ2その後

ds22005
このゲームは、ACT1・ACT2・ACT3という3ステージからなっている。
それぞれにメインクエストとサブクエストがあり、メインクエストはクリアしていかなければ先に進めないが、サブクエストはクリアしなくても良い。
サブクエストは、そのステージで終了するものとACT1で発生してもクリアするのにACT3までかかるものもある。
また、特定のNPCをパーティに入れないと発生しないサブクエストもある。

ゲームスタートは、初級レベルしか選べないが、ゲームクリアすると上位レベルをその時のスキルを引き継いで再スタートすることが出来る。

レベルの選択制限とキャラクターのスキルを維持することが出来るのはDiabloなどと同じで、サブクエストがあるのはTombRaider(シークレット)と似ている。

両ゲームと根本的に違うのは、NPCがいると言うことか。
また、セーブの方法がDiablo2と同じで、セーブし一端終了すると次回はセーブしたスキルの間々だが近くの街からスタートし、クエスト等に出てくるボス以外はほぼ復活しているので、更にスキルを上げやすい。
といっても、倒した敵キャラをこのような形で再度倒して行かないと、最後の戦いに対し十分にスキルを確保できないから復活して貰わないと困るのだが。

ただし、DS1や、DiabloやTR等は、ゲームの起動中は敵キャラを総掃出来るが、DS2は多少復活(新たに現れている)するので、強敵に阻まれて後退しながら戦っていると背後から襲われることもある。
決して強敵ではないが、うっかりすると気絶(場合によっては死亡)する。

ただ、DiabloやDS1と違い、死亡しても所持品を近辺にばらまくことが無いので、一人でも生き残っていれば、復活呪文でそのまま生き返らせばいいので楽だ。

現在、ACT1で発生したサブクエストは全て終わらせて、ACT2で発生したサブクエストをかたづけている。
ACT3の途中まで進んだが、復活敵キャラがとても多く、またレベルも高いので、何度も復活(ゲームの再起動)させて倒しまくっている。
ある程度スキルが高くなると、敵キャラと遊んでいてもつまらなくなるので更に強い敵を求めて奥に進むことになる。

知り合いと同時にゲームをスタートしたが、一時私は相当遅れていたが、スキルは高かったし所持している装備は豪華だった。
性格だと思うが、私の場合、TRの時もそうだが徹底的にそのステージを動き回る。
もちろんシークレットやアイテム探しだ。
私の主人公はいつも潤沢に装備などを持っているので(TRは必要以外全てピストルのみしか使用せず、回復薬も使用しないのでたまる一方)なにも困らないが、知り合いは突貫派だから、アイテムの取得機会が少ないようでいつもぴーぴー言っている。

DS2は動き回れば回るほどスキルがアップする。
現在、結果的に私の方が先行してしまったが、スキルが高い分クエストのキャラの制覇が楽だったからだ。

さて、このゲーム初めて遊ばれる方に進め方のヒントをご提供したが、あなたはじっくり派?それとも突貫派?
いずれにしても楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/21

ダンジョンシージ2

はまってるんです。

家でも色々と用事があるのですが、全て後回しって訳ではないけれど、似たような状況になっています。

おかげで、Act2のドラゴンを、比較的無難に退治し、Act3に入りました。
主人公のレベルは35。

このくらいになればAct2サブクエストの地下の闘技場で、第7試合で楽勝になるだろうか。

あぁ、寝不足が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

SOS再び

立て続けに知り合いのパソコンのトラブルが発生した。

○マウスが動かない、サポートセンターにサポートを依頼し、数多くのアドバイスを貰ったが結局だめだった、リカバリーしてくださいと言われたという。
会社の重要データがCドライブに残っているので、データだけでも助けてほしいと。

早速出かけたが、思った通りにUSBマウスを別のポートに挿し直したら何のことは無い、普通に動いている。
MyDocmentsフォルダーをDドライブに移動し、購入させた外付けHDDにもバックアップを取っておしまい・・・・今日は。

思った通り、数日後OSが起動しなくなったとの連絡があり、そこで初めてリカバリーを進めた。

経験上、USB等のI/Oポートの認識が悪くなった場合、ハードウェアが原因でない場合は、まずOSがクラッシュすることが多い。
そのために外付けHDDも用意させたのだが、結果付属の自動バックアップソフトが十分な働きをしてくれた。

○起動したが、BIOS画面から進まない、なにやらOSどうのと表示されているという。
HDDは認識されているが、容量が0Mbとなっている。
典型的なHDDクラッシュだ。
新品のHDDに交換し、OSをリカバーしておしまい。

一ヶ月ほど使っていないとのことだが、原因は不明だった。
データはバックアップしてあるので問題なく、預かった不具合HDDは自宅でも認識できず(基板焼けでもなさそう)故障の原因の追及は無意味なので、念のためバラバラにし、ディスクは鏡代わりに使っている。

私のパソコンは、最近トラブルが無い。
といっても、具合が悪そうになったら、適当に調整しているからかもしれない。
強制終了もないし、少しつまらないかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/13

リプレイ(小説)

私が結構以前から構想を練っていた脚本がある。
映画ではなく小説を書こうと思って温めていた構想だ。

ところが、それと全く同じストーリーの小説を書店で見つけてしまった。

小説は、43歳で突然死した主人公が18歳の当時に再生するのだ。
そして、全く同じ歴史を繰り返す世界の中で、人生をやり直す物語。

再び43歳のあの時間に亡くなり、何度も何度も18歳に戻る。
記憶は繰り返した人生の事までも残ったままに。

私の構想は全く同じだが、状況が現実であるという証に、ラップトップを持ち込んだ事くらい。
小説は、タイムスリップした主人公と同じ経験をしている(最中)の彼女の登場で、記憶障害ではないと言うことを表現している。

1988年の作品だが、こうも似たものがあるのは不思議と言うよりも不気味すらある。
同時に、もうしばらくしたら書き始めようと準備中だったため、ショックも大きい。

しかし、一読する価値はあると思うので、機会があったら是非、書店に足を運ばれるとよろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/11

忘れられない台詞(きみに読む物語)

tsumanosakuhin
「パパ、家に帰ってきて、ママは認知症なのよ」

「私にとって彼女が家なんだよ、だから離れない」

認知症の妻に、自分たちの歴史を綴った本をきっと数百回も読んで聞かせたのだと思う。
その刺激を受けて、本当に時折、数分間記憶を取り戻す妻。

そのためにその喜びのために何度も何度も物語を語り、気遣う夫の姿。

「また会おうね」

老夫婦は狭いベッドに二人寄り沿いながら、両手をしっかり握りあって天に召されていった。
きっと雲の上で、永遠に愛を語り合うのか、それとも転生し再び巡り会うために、それを約束して召されていったのか。

「だから離れない」

私もこのような夫婦になりたい。
もしリプレイが可能ならば、また妻と巡り会い愛を語りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/08

プリンターのインク

ink
我が家や親戚はなぜかインクジェットプリンターはEPSONである。
特別こだわっているのではないが、なぜかそうなった。

知り合いのショップに言わせると、EPSONは故障した場合、その部分のユニットごと交換するので修理費用が高額であり、その点CANONは、その部品のみの交換が出来るケースが多く、結果修理費用が低く抑えられるのだという。

実際は知らないが、昔、自動車メーカーのHONDAの部品が専用ばかりで、電球一個交換するのも高かったし、ディーラーに行かないと手に入らなかった。
TOYOTA等は汎用品が多く、HONDA好きの私はその点だけ愚痴の対象としていた。

EPSONもその傾向があるのだろうか。
そうだとしたら、路線を変更するようにしないと、省資源化やECOに繋がらないと感じる。

最近のプリンター用のインクは各色分離型になったが、一昔前は、カラーは数色一体型で、どれかの色が無くなると他の残っている色と一緒に交換しなければならなかった。

詰め替えも、裁判で合法と判定されて少しづつ参入するメーカーが現れてきたけれど、これらのインクはどうなんだろう。
使った場合にプリンターに何らかの影響が出ないだろうか心配になるが、最近見かけたインクカートリッジと、パッケージまでそっくりなのがあった。

パッケージの印刷柄に消えるように「本製品は純正品ではありません」等とかかれているが、最初私はEPSON製と間違えて買い物かごに入れていたが、価格が2種類あるので疑問に思いよくよく見てサードパーティ製であると始めて気がついたのである。

これが性能的にいいのか悪いのかは分からないが、少し考えたが消費者が間違えやすいようなパッケージにするのには意地悪な見方で、何か魂胆があるのではと思い、結局純正品を購入した。

純正品に負けない性能がちゃんと保証できるのであれば、堂々と違うデザインで勝負してほしいと思ってね。
些細な私のこだわりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

RAW画像

CanonEosKissDigital-Nを購入してすでに1500枚ほど、シャッターを押した。
カメラに不満はなかったが、処理ソフトに大いに不満を持っていた。

私は常用レタッチソフトがPhotoShopだが、このカメラのRaw画像データを扱えるパッチは、CS2だけである。
CSでは、対応していなかったので、一旦CS2のDNGコンバーターでDNGファイルに変換し、CSに読み込ませていた。

だが、ようやくCS2を手に入れた。
晴れて、常用レタッチソフトからダイレクトにファイルにアクセスし自由に操られるようになった。

うれしい。

これで、カメラ付属の中途半端なソフトとも縁が切れる。
カメラとPCをUSBケーブルで繋いで画像転送するような低速モードは元々行っていないけれど、Raw画像データだけは、どうしてもCanonのソフトを使用しなければならなかった。

決して悪いソフトではないのだけれど、PhotoshopのRaw現像処理の機能に比べれば、月と・・・言い過ぎ?だからね。

とにかく幸せな気分で、また出かけようっと。

CS2の半透明ブラシは、また最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

ダンジョンシージ2とディアブロ続き

Microsoft社からダンジョンシージ2のパッチが出ていた。

早速当ててみたところ、相当問題が改善できた。
更にデュアルディスプレーをシングルディスプレーに変更してみたら、問題が一気に解決した。

どのような理由かは分からないが、きっと、VGAはFANレスを使用しているが、デュアルディスプレーモードの負荷と、ゲームの負荷で、相当VGAのチップに負担が掛かっていて熱暴走気味だったのかもしれない。

現在も大勢の敵との戦いで、クローズアップ目一杯しながらエフェクトバンバンでプレーすると、リフレッシュレート8~6程までダウンし、カックンカックン気味。

このあたりは、システムの限界なのかもしれない。

いずれにせよ、良かった。
さ、目に隈を作りに出かけようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »