« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

Vistaその後

私のメインパソコン「夏子」は、一応今時風にハードウェアの構成に仕上げ、電源管理では、S4に対応させている。

ハードウェア構成は、インテル870チップ、P4 3.0E、メモリーは2Gbを載せている。
NVidia Gforce6600、オーディオはオンキヨー製 PC80を使い、結構いい音に満足している。
NEC製チップのUSB2.0カードを増設し、SKNET製MonsterTVで録画も楽しんでいる。
NEC製DVDマルチとAOpen製DVD-ROM、外付けでは、もちろんプリンターは必需品だが、Canon製スキャナーとHDDをUSB2.0で繋いでいる。
キーボードはMicrosoft製のオーソドックスにPS2で接続し、マウスは同じMicrosoft製の無線光学式を使っている。
ディスプレーは、Sony製を2台繋げ、デュアル構成で作業の高効率化を図っている。

さて、そこにWindowsVista Beta2をインストールした。
Vistaの標準ドライバーで殆どは問題なく立ち上がったが、オーディオカードだけはドライバーの要求があり、WinXPドライバーで問題なく対応した。
WinSaver2003では、TVキャプチャーカードのドライバーが対応せず、宝の持ち腐れだったが、Vistaでは一応、認識はしているようだ。

2時間ほどあれこれ操作した中で、予期せぬ強制終了が二回ほど発生した。
どのときにと言うことを覚えていないくらい、普通にコントロールパネルを開いた途端だったかなと言う操作の途中だった。
再起動したら、すかさずMicrosoftに結果が送信されていた。

休止モードはまだ行っていないが、スリープに移行すると、画面が横縞状にノイズが入りスタンバイしてくれない。
今のところそこまで確認して初日は終わった。

Beta2だから、まだまだ色々な問題が発生するだろうと思うが、人よりいち早く新しいOSを遊べる気分はやはりいいね。

初期では、ログインするのにパスワードを掛けたが、Vista Beta2を申し込んだ方のためにと、一年間の無料ウィルスソフトまで用意してくれる気の配りように、使わなければ悪いと思い、インストールしたが、Vistaを起動する度に、ソフトを起動させてもいいですか的なダイアログが出る。
パスワードは、PCを複数で共有する使い方をするときに掛けるかどうかと言う指示に従って行った流れがあり、どうやらそれが引っかかってログイン都度にセキュリティ上出るらしいと思い、パスワードを削除したらダイアログが出なくなった。

ログイン方法も数種類あるようで、何らかの設定をすればパスワードを掛けても同じダイアログが出ないという方法もあるのかもしれないが、ま、今回はテストみたいなものだし、私しか使用しないからこれでいい。

VGAはVistaの標準ドライバーだからだろうか、タスクバーを任意のディスプレーに移動しても再起動すると元の位置に戻ってしまう。

ディスプレーは、メインに16インチ液晶を使っているところに余っていた15インチ液晶を用いデュアル構成にしているため、画面の大きさも解像度も違うので、画面の大きい方を左に持ってきている。
タスクバーは今までそちら側でセットしてきたので、逆だと使いづらいし、ガジェットというサイドバーみたいなものが右端にあるので、そのためにも左右広く使いたいと思っているが、どうにかならないものか。

また、シングルディスプレーにセットし、その場合、16インチの方を生かそうとセットしても、なぜか15インチが起動し、16インチは眠ってしまう。
取りあえず、メーカー製ドライバーがアップされていたと思うので、そちらで試してみよう。

Windows フォトギャラリーというものがあったので、覗いてみた。
GoogleのPicasaに似ているが、そのソフトの欠点を洗い出して作られている感がある。
何とも言えないが、結構いい感じのソフトだ。

DドライブにMyDocmentsフォルダーを作り、そちらをMyDocumentsに指定する使い方をしてきたので、Vistaもそのように設定したが、画像フォルダーやオーディオフォルダーなどは各それぞれ個別に指定できることも知った。

ま、今のところその程度、操作してきた位なものだが、今までとは全く違うOSという事は正しいと痛感した。
WinMeからWinXPの時もMicrosoftは同じ事を言っていたと思うが、あれは表面だけのことであって、操作感や方法は何ら変わる部分は無いと言ってもいいくらいだった。
でも、VistaはWin3.1とWin95位の違いがあり、マニュアルが無い現在では、謎解きOSと言っても過言ではないと思う。

私はテストと言うことで、カセット式HDDだから、ワンタッチで直ぐにいつもの環境に戻して作業が出来るけれど、WinXPからいきなりだと、最初は悲惨な状態だろうな。

それだけ、大きな違いであるのだが、私的にはなんかわくわくしてとても嬉しい。
暫く遊べるおもちゃを貰った感じだ。
Microsoftさん、有難う、チャンとモニターしますから宜しく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/29

ファミリーレストラン

薄給の私は、昼の食事に例えファミレスと言えども、決して金銭的贅沢はしない。
ましてや、同じ単価ならかなりおいしいお店を知っているので、もったいないというのが先にきているのかもしれない。

今日は午前の急用のため、予定の仕事が押せ押せになってしまい、お昼も取れないのではと考えていた。
そこで、一件だけ、来週にずらして貰うことで、逆に時間的に相当の余裕が出来たが、午後目的のユーザー近辺には、所謂大衆食堂が無い。
仕方なく、ユーザーとお茶を飲む程度に利用するファミレスに寄った次第。

最近、喫煙が復活してしまい、時間があることから喫煙席をお願いした(普段は大抵禁煙席に直行するが)。
ところが、席が一杯で、なんと個室に通されたのだ。

6人掛けに一人、なんと優雅な。

食事の後に、のんびりと一人の時間を持てるなんていい気分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

WindowsVista

今日、Beta2が届いた。

Customer Preview Program版の申し込みを行っていたので、楽しみにしていた。

早速、別のHDDを夏子にセットし、試してみよう。

何らかのご報告をお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/18

Conan: the Dark Axe

遂に投げ出した。

もともと、コンボのあるゲームは不得意だったが、中古ゲーム売り場でちょっと見かけたこのゲームを遊んでみようと思い、パソコンにインストールしてみた。

当初は、多少の戦いはあってもどちらかと言えば、決して謎解きとは言えないがそれに近いものがあって、この程度なら遊べそうと先に進んでいったが、あるシーンからを境として、戦いに次ぐ戦いに変わってしまった。

キーボードとマウスボタンの連打に次ぐ連打。

家内曰く異様な後ろ姿。

結局、最後の大ボスと思われる男の前に立ちはだかる大蛇に到底勝てぬヘルスしか持たない哀れな主人公は、二度と私のパソコンに現れることはないだろう。

疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

モルタ

突然、我が家からモルモットのモルタが居なくなった。
決して逃げ出したのではなく、生まれた実家に里帰りしたのだ。

数ヶ月前から、家内がぜんそく風の咳をし出したと同時に目がかゆいなどの体調不良を訴えるようになった。

丁度、花粉症が巷ではやる時期と重なっていたため、家内も遂に現代病の仲間入りになったかと思っていたが、症状が相当酷いので、病院に行かせることとなった。

その結果、アレルゲンはなんとモルモットであることが判明し、散々悩んだ結果、里帰りさせることになったのだ。

モルタは元々、中学生である娘の成績が優秀だったご褒美に彼女の希望で我が家で飼うことになり、私と娘で面倒をみる約束だったが、結局飼い主は家内になってしまった。

当初は駕籠の掃除は毎朝私が行っていたが、冬に入り早朝では屋外の水道が凍り付いて掃除が不可能になったのを機に、日中家内が掃除を行うことになった。

大変動物好きの家内は、それこそ至れり尽くせりの可愛がりようだった。
しかし、運命のいたずらか、まさか家内に動物性アレルギーが出てこようとは想像もしていなかった。

結果、家内の容態も改善方向にあるが、逆にモルタの居ない寂しさによる精神的悲しみの方で問題が出てきそう。

もちろん娘も息子も、モルタの居ない空間に涙しているのだが、家内のそれと比べようがない。

まったく、世の中とはうまくいかないものだ。
さて、心に発生した空虚をどの様に補ってあげればいいのだろうか・・・ 困っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

レーベル印刷

たまりにたまったCDレーベル印刷とジャケットのデザインと印刷。
DVDが30枚くらい、CDが同じくらいあった。

プリンターにCDレーベル印刷機能が付いた初期頃のタイプだから、背面からトレーに載せたメディアに印刷する面倒くさい方法をしなければならないので、いつも貯めてから実行するのだが、今回はTRLや結構やり込むゲームが続いたので、自然貯まりすぎたのだ。

レーベルのみ印刷するのに半日、挫折してジャケットは延期にした。
レーベルさえ行っておけば、中身が分かるからと言い訳して、CDボックスにそのまま収納。

貯めないが一番だね。
早いところやっちゃおう・・・と言いながら、何ヶ月放置している事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

Conan

久しぶりに秋葉原に電車で出かけたので、ついでに中古ゲームでもと思い物色していたらConanと言うゲームを2000円で購入した。
LiveDoorが販売元になっている、2004年のゲームだ。

昔のインディに似ている、動きがまったりな、少し苛つくゲームだが、何だかんだと言いながら結構遊び進んだと思う。

セーブは、神聖な石というのを見つけ取得すると一個に一度出来るというシステムだ。
トラップに捕まると、つまり死亡すると前回セーブしたところからやり直しのため、また、神聖な石が見つかりにくいので、ここぞというところでセーブすべきかどうか思案する。
フリーにセーブできなくても、新しいステージに入れば、そこまでは自動的にセーブされると思うけれど、このゲームはだめ。

厳しいと思うけれど、一応一番低い難易度で進めているからか、それほど難しいものじゃない。
気に入ったのは、キャラとの戦いに負けるとゲームオーバーではなく、闘技場みたいな所に飛ばされ、罰ゲームが始まる。
序盤の中ボス戦で、最初に負けると一人と対戦することになる。
無事、相手を倒すと、再度中ボスと続きを戦うことになる。
相手は減ったヘルスから、主人公はフルな状態から再開するので、ここで再度やられることは少ないが、仮に負けると、もう一度罰ゲームが始まり、今度は2人相手になり、更に3人になりと、罰度が増す仕組みだ。

中盤に入ると、罰ゲームも複数から始まる。
現在どのあたりか分からないが、流れからすると終盤までもう少しあると思うが、中盤は超えたと思う。
うっかり倒されたら、罰ベームが始まり、なんとスケルトンが7体位出てきてキーボードの連打連打だ。

もともとコンボの不得意な私としてはこの手の戦いゲームは苦手だが、何だかんだとそれほどダメージを受けずここまで来たが、ゲームの出来は結構頑張って脚色したゲームだと思う。
適当にキャラを配置し、ポイントを散りばめて飽きさせない工夫が見える。
たまにバグが出るが、致命的ではないから許せるかな。

TRLで笑ったのは、バグって事じゃないかもしれないが、バイクで大ジャンプしてコースをそれたところが、チェックポイントだった。
そのまま崖下に落ちて死亡。
ロードし直すと、大ジャンプして崖に落ちるところから始まり、またまた死亡。
これの繰り返しに腹を抱えて大笑い。
過去のTRでも結構そう言ったことがあった。
うっかりクイックセーブキーを押してしまって、Enter。
泣くに泣けない後戻り、ましてやコンボ不得意の私が、やっとの事倒した中ボス含みのセーブ上書きだったら、そのまま今日は寝る!!ってことになる。

Conanは神聖な石が無い限り、セーブできないし、セーブタイミングも真剣になるから、ま、そのようなことはないけれど、ルート上、必要な崖には素直に登ってくれよ。
数時間費やして、結局行くルートが見つからないから、途中で動きをやめてしまうクライミングを今一度させてみたら、今度はそのまま登ってしまった。
50回くらいは既に実行したのに・・・・・ま、結果オーライか。

と、言ったところで、人食い植物林を抜け、神殿に入ったところ、土人のボスにやられたので、本日は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

Windows2003 Server

WinXPがもちろん、普段使用するOSだが、サーバーの勉強用として、2003も運用しているが、本来サーバーだから、サービスもXPに比べると開いていないものが多い分、動作が快適であることは十分に体験しているが、いかんせん機能制限の固まりだから、メインOSとして使う概念は無かった。

ひょんな事で、Win2003 Serverのデスクトップ化なるページを見つけた。
でも、HPを読み進むと、なるほど、サービススイッチを入れるとXPみたいに使用でき
ることが分かってきた。
と言うよりもXPを改良し、サーバー機能を持たせたと言って良いと言うことらしい。
つまり、部分をいじるとXPになってしまうことらしい。

散々探してようやくTweakNTなるソフトを入手しこのHPに記載されている通りの実験を行ったら、2003が起動時になんとXPのロゴを表示し、ようこそ画面が現れたのだ。
ま、私の環境ではこの後、パスワードを入力すると、エラーとなって再起動をする、パスワードエラーで再起動・・・・と言った状態だったので、それ以上の探求はせず、2003は2003として使っているが、OS本来の機能のスイッチを設定して、XPみたいに使用することが出来るようになった。

最新のTombRiderLも問題なく遊べる。
各種ソフトも何ら気になることが一切無く動く。

でも、SKNETのMonsterTVは、DX9.0がインストールされていませんというダイアログが出て、起動しない。
2種類のTVキャプチャーPCIカードをセットしてみたが、最終的には2種類ともメモリーリードでエラーという表示でおしまい。

たぶん、32ビットベースのドライバーあたりに2003に対応しないものが含まれているのだと妙に納得して諦めた。
もし、2003で起動するTVキャプチャーPCIカードがあったら教えてほしいな。
予算は15000円位までだけれど・・・・。

なお、まだ試していないのが、TMpegEnc。
これはライセンスがあり、XPで使っているので、2003にはインストールしていない。
ただ、新バージョンがリリースされ、それの体験版が出たので、近日中に2003で試用してみようと思っている。
これでうまくいけば、XPをお休みして2003をメインに持ってこようかな。

あ、ついでだけれど、TweakNTというソフトは、WinXP HeをPro化することが出来る。
我が家はProとHeと共にあるので、余っているHDDにHeを新規にインストールし全てアップデートした後に、TweakNTを使ってみたところ、Proでしか使えない機能がチャンとこなせたのだ。

ま、Heは今は使っていないOSなので、特別Pro化したからってなにすることは無いけれど、世の中には恐ろしいソフトが出回っているのだと感心した。

同時に、XP Heの中身はProであり、機能スイッチOff状態であると言うことも改めて知った次第。
でも、MicrosoftからHeからProへアップする有償ソフトが出ていたよね。
TweakNTなるソフトを知ってしまった今となっては、メーカー保証があると言っても、ちょっと金額がお高いような気が・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »