« NASとUSBHDD | トップページ | ダンジョンシージ2 クリア »

2007/10/12

授業料格差

この時期になると、私立学校の何らかの集まり、つまり何とか私学連合会などの全国大会が開催される。

私は、息子が高校在学中、3年間父母会の会長を務め、現在は中学校・高校のPTA副会長を仰せつかっている関係上、この手の大会に参加する機会が多い。

今年も11月に開催される旨、中学校ではPTAの責任者となっているため各PTA役員並びに委員に対し参加要請を行うよう依頼がきた。

その数50名を希望するとなっている。
教職員にも多数参加していただくとして実質的に、中高6学年、各学年7名でようやく42名となり、何とか形になるだろうと思うが、これが結構きつい数字であることには違いない。

ま、仮に集まらなかったとしてもそれはそれでいいと思ってはいるが・・・

この全国大会というものは、公立学校と私立学校の教育費格差を少なくしようという表向き看板がある。
しかし、国から降りてくる助成金は、その殆どが教職員の賃金が対象なのだ。
しかるに私たちPTAに対しては、授業料減免というお題目を前面に出し、いかに多くの保護者をかり出し、大々的に国会議員などにアピールし、予算審議に乗せるかが鍵となってくる。

と、書くと何だ、自分たちが操られているのじゃないかと勘ぐる向きもあると思うが、有名進学校のように高い授業料と、しっかりした後援会や各家庭からの寄付などで潤沢に資金のある学校はいいが、現実的には逆の私立学校がいかに多いかと言うことが問題なのだ。
そのような学校には教育費補助というのがどれほど重要問題かは、現場に入った経験者じゃなければなかなか理解が難しいかもしれない。
しかるに授業料減免を前面に出し、協力を得たいという気持ちが十分にわかるのだ。

かたや、現在社会問題となっている、公立学校の教育度の低下や、学校の体質(質)低下などにより、多くの保護者はよりよい教育が受けられる私立学校を望む傾向が強い。

昔のように、決してお金持ちの優遇特権的な事柄で私立学校が存在しなくなってきているのも現実。
少子化に伴い、一人の子供にかけられるお金の割合が大きくなってきていることなどと、地域の公立学校の評判と掛け合わせれば、自ずとその傾向に加速度が増すのは当然といえるのかもしれない。

しかし、そうは言っても今でも私立学校の授業料など年間に掛かる教育費は公立学校に比べれば数倍に及ぶ。

子供に残す財産の中で税金が一切かからず、もっとも有益なものは教育だという話を聞いたことがある。
子供の求めに応じ、目指すものに親の都合で制限を設けてしまうのが如何に悲しいことかを私は実体験を通し、今でも悔いを心に持っている(決して親を恨んではいないが)。

だから、娘が自ら塾に進み、公立中学校には行かないと宣言し、子供ながらに有名な大学を出て好きな道でばりばり稼ぐと言い放ったときには、内心びっくりし、驚異を覚えたものだ。

巷のニュースで、勉強を強要し殺されるか未遂にあった親とは正反対で、目標を自ら持つと言うことは大変喜ばしいことではあるが、実際我が家庭の収入で私立学校なんていかせられるのだろうか、などと何度電卓をたたいたことか。

しかし、自分たちの我が儘や都合で、行きたいという子供の気持ちを踏みにじるのは親として決して行ってはならないことだと思う。
その結果、お小遣いが半分に減額されても、外食禁止になっても、パソコンの部品が買えなくなってもそれは仕方がないことなのだ。

子供が社会人になれば、手から離れてくれた暁には、きっと外食も自由になり、お金も多少余裕が出来、ソフトもほしいときに購入できるときがくるのだ。

だが、子供の教育は今しかないのだ。
だから、子供が自ら宣言したことを親として最大限バックアップしなければならない。

しかしそうは言っても、出るお金は少ないに超したことはない。
だから、公立学校と私立学校の教育費負担割合の是正を求める私学振興大会の参加は避けて通れない課題なのだと結論づけたい。

これらの運動は、今私たちに数字として帰ってこなくてもいいと思っている。
確かにリアルタイムに反応が出てくれればいいが、ここは長い目を見ていきたい。

私たちの子供が、結婚し子供をもうけ、そしてその子供たちが機会があって私立学校を選ぶことがあったとき、今よりその金銭的敷居が低くなっていてくれていたならば、私たちの運動が無駄ではなかったと言うことになるのだ。

これらの問題は、現在公立学校に子供を通わせている保護者にも、私たちと一緒になって将来のための運動を是非協力していただきたいと切に願っている。

|

« NASとUSBHDD | トップページ | ダンジョンシージ2 クリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業料格差:

« NASとUSBHDD | トップページ | ダンジョンシージ2 クリア »