« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/23

iLife08のiMovie

Windowsでは、ぺガシスのソフトを使って、映像の制作や映像DVDを作っている。

常にイメージを頭に浮かべ、それらに乗って作業の流れを途切れさせないようにするのは、使い慣れたソフトを使うのが一番なのだが、Macを購入しそちらをメインに使用するうえでは、Macのソフトに慣れなければならないのは当然のこと。

と、言いつつもなかなかそうはいかない。

年齢を重ねると柔軟性が低下し、Macのソフトを使うつもりが、結局面倒になりWindowsに切り替えて作業をしてしまうのだ。

しかし、それではいけないと思い、来年に開催される工業会の展示会の参加に向け、プレゼンをMacで作ることにした。

と言っても、自社製品の画像にコメントを付けて画面の切り替えを行う、30分程のスライドショー的なものだが。

ぺガシスのソフトは豊富にトラジション効果の項目はあるのだが、エフェクトの項目がなく設定できない。
しかし、iMovieには一種類だけだがエフェクトがある。

もっともポピュラーなケンバーンエフェクトだ。

本来静止画なのだが、大きくなったり左右上下にゆっくり画面が移動し、動画っぽく見せてくれるエフェクトだ。
それと、トラジションを組み合わせれば、相当の映像効果を期待できるのだ。
しかも字幕風トラジションまである小憎らしいソフトだ。

それらを使い早速、デモを作ってみた。

更には、iDVDでDVDにエンコードしてみたのだが、通常の観方というのだろうか、メニューからチャプターを選ぶ風な方法、更には一回しか観ないというのならばiDVDでいいのだが、本編のみをループさせる方法がいまいち分からない。

つまり、展示会の中で映像を流しっぱなしにするためのものなので、本編のみループ仕様に作りたいのだ。

iLife08の入門活用ガイドという本が昨日発刊されたので、さっそくそれを購入して読んでみたが、結局表面的な操作などの事柄しか説明がなく、ようやくソフトのヘルプからループさせるための操作は分かった。

しかし、出来上がったDVDは、複数あるうちの最初のチャプターのみ繰り返すだけで、つまり失敗作となってしまった。
結局最初のデモは、Macでチャプター用の映像ファイルを作り、Windowsでぺガシスのオーサリングソフトを使って目的のDVDに仕上げるという方法が今のところベターなようだ。

だが、Macの名誉のために付け加えておくが、iDVDの標準メニューの出来は大変よく、手を加えないでそのまま使っても十分にプロチックでいい。

だから、メニューなしループ再生などという例外的な設定を求めなければ、Windowsに切り替えて映像DVDを作ろうとは思わない。

少し使ってみて、そのような印象を持った。
もう少し慣れたら、それこそ本当にWindowsにはいかなくなるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

私学連合大会

私立学校の助成金というのは、その働きかけは陳情という形から始まる。

私立学校と公立学校の授業料格差の解消という名目の署名活動に協力をされた方は多いと思うが、それらの署名をまとめた連合会などが都道府県知事に持参し、名目達成の陳情を行うことにより、初めて予算審議に入るかどうかの議論が始まる。

活動がなければ、審議に入らないので助成金は無いことになる。
審議に入ったからと言って予算が計上されるものではない。

そこで、連合会などが主催する何とか大会に、議員などを呼び、各学校のPTA役員や保護者に参加を呼びかけ盛大に審議入りの要求を行うのである。

規模が多ければ多いほど、議員の活動が活発になるのは、やはり私たちが有力な有権者であるからだ。

上記内容は相当端折っているので、正確な情報を提供できていないが、大筋はその通りなのだ。


・・・・・・国の助成金はそのほとんどが教職員の給料に賄われると聞いている。
従って、本音で言えばもっと先生方にもこれらの大会に参加してもらえればいいが、法的に何らかの制約があるという話を聞いたことがあるので、無理も言えない。・・・・・・

大会に参加される方はもちろん現役生の保護者である。

昨日埼玉県大会が開催され約2000人が集まり、県知事(代理だったが)大会決議書を渡し、大会参加者の熱意を確かに伝えた。

埼玉県は、私学に対する補助金額は全国最下位を数年継続している。
現在の県知事になってからのことだ。

助成金の額が多いから少ないからという問題よりも教育にどれほど大きな比重を認識しているかという尺度でものを見たほうが正しいかもしれない。

平成18年12月に教育基本法がなんと60年ぶりに改正され、基本法8条にて私学の重要性を改めて認識し、私学助成によって私立学校教育の振興に努めることとなった。

はたして、それの理念に則り埼玉県知事がどれほど改心し、努力を実践されるかお手並みを見届けていきたいと思っているところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/16

MO

知り合いから久しぶりにSOS。

MOメディアに記録されたデータを読み出そうにもドライブがなくて、困っているのだという。

自宅に急きょ戻り、倉庫を漁ったが、確か私のMOメディアのデータは全てCD-Rに移したのを機にドライブを捨ててしまった覚えがあった。

結局見つからず、会社の別のセクションで使っているのを無断拝借して、知人宅に向かった。

しかし、FDDが全盛の時代、5インチ磁気ディスクの取りざたでバタバタしたのを覚えている。
そして、MOに移行し、しばらくすれば価格が下がったCD-Rなどに取って代わり、いつの間にかDVD-Rだ。

その光学ディスクでさえ、BDやらHDにとって代わりそうな状況である。

その昔、オープンリールで音楽録音をしていた頃にカセットテープが出現し、時代の音を全て移したことがある。
この時代は結構長く続いた。

CD-Rが出て来ても、安価なカセットテープからはなかなか時代は変わらなかった。
アナログの難しさなのだろうか。

デジタルなCDから数年もしないうちに新しい規格と商品の乱立。

折角、バックアップしたものもすぐに使えなくなるというような、少し忙しすぎる時代になってしまった。

最近、それでいいのかなと、階段の踊り場で頬杖を突いている私である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

東北行脚02

空一面、雪雲に覆われていた。

市場に入った時は晴れていたのに、出たとたん暗い空に不安が広がった。
借りたレンタカーはすでにスタッドレスだが、遊びではない、仕事ということで時間的制約もある。

雪が降れば予定の工程は不可能になる。

八戸は雪がほとんど降らないという。
しかし、ここから盛岡を抜けて仙台に至る途中は山間部を抜ける工程だ。

高速に入った途端、大雨になった。
これが雪になったら・・・・・・。

しかし、雨となれぬ道、アクセルを踏む足も都内のようにはいかない。

しかし、幸いにも仙台近くになって小ぶりから晴れ間も覗く天気に回復した。

そのころ、青森では雪模様になったそうだ。

昨年は帰宅して一週間後に青森や秋田では2mを超す大雪となっていた。

これからの季節、東北は過酷な日々の中に入っていく。
関東に住んでいて本当によかったと思う。

・・・・・雪は嫌いだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

東北行脚

昨年から行っている、東北行脚を今年も実行した。
仙台から始まり仙台に戻るレンタカーを利用した1000kmの旅だ。

宮城と山形は良かったが、秋田に入る頃から明るいのに雨が降り、そのうち結構すごい雨になった。
青森あたりは、雨がないがどんよりとした暗い一日で、昼過ぎにはライトを点灯し、車の存在を示さないと少し不安になるくらい暗かった。

昨年も雨だった。
同じように暗い一日を過ごしたのを覚えている。
ひょっとして、東北地方というのはいつもこうなのか・・・
しかし、暗い。

会社の会長命令で、卸市場に寄って海産物を見繕い、送るようにと言う指示が出た。
リンゴを工場に送り、社員に配布する指示も添付されている。

弘前で高速を降り、ユーザーに向かう国道7号線の途中にリンゴセンターがあったが、反対車線でもあり、帰路に購入するつもりだった。
ところが、次のユーザーの電話番号をナビに入力し何も考えず指示通り走っていく。
来た道によく似ているが何となく違う・・・・
そう、別のインターチェンジに向かっていたのだ。
しかも国道7号線よりも広いバイパスなのにリンゴの直売所が一件もない。
そのまま高速に乗って青森市に入ってしまった。

リンゴは青森と言うが、青森市にリンゴ畑は無い。あるのは全て郊外だから当然、市内にセンターはない。

靑森港は、工業港であって漁港ではないから、当然鮮魚市場もない。
つまり、靑森市内では指示された海産物もリンゴも買えないのだ。

靑森市内の用件を終わらせ、本来ならば靑森から盛岡に直接向かうところ、方向を変え八戸に向かう。

ここには大きな卸売市場があるから、命令を遂行出来るはず。
ただ、それによって予定の行程は消化できなくなるだろうと思うが、ま、それもいいか。

八戸市内で調べたのだが、朝市は無いようなのでのんびりと市場の開く時間をねらってさっさと用件を終わらせ、予定の行程に着こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

マニュアル

ある日突然、NECの箱の中から現れたPowerMac。
義弟が、以前話したMacがほしいと言うことを覚えていて、見つけてきてくれたものだったが、それがMacを本格的に遊ぶきっかけだった。

付属のOS9でOSのインストールが出来ず、知り合いにSOSを発したら、不要になったOS9とMacOS10.3と10.4が手元に届いた。

それを使ってしばらくPowerMacでMacの練習を行って、いよいよモデルチェンジしたiMacを購入して4ヶ月ほどたった。
経験一年未満の超Mac初心者だが、一応Windowsで言うレジストリィいじりをするのと同じような、不可視ファイルを操作する上級者には及ばないが一通りの機能と設定方法は習得した。

ネットからフリーのソフトウェアをいただいてそれらを駆使し、自分なりに使いやすくカスタマイズする術も自分のものにした。

ところが、付属のiLife08と言うソフトを使おうと思っていたが、結局今まで、iPhoto以外使っていない。

たとえば、映像ファイルを加工し、エンコードして映像DVDを作成しようと思う。
滅多に時間が自由にならない身であれば、ビデオカメラから引っ張ってきた映像を出来るだけ早く編集したいこともあり、ついつい使い慣れたWindows用のオーサリングソフトを頼ってしまう。
つまり、iDVDなどを使わないのだ。

同じPhotoShopながら、Windowsではメニューバーの一番左はまず「ファイル」から始まる。
そしてその次に編集やら表示やら使い慣れたメニューがあるので何も考えず直感的に目指すコマンドを見つけて操作できる。

ところが、Macではリンゴマークがあって、PhotoShopについてと言うメニューがあり、その右にようやく「ファイル」メニューがある。

レタッチ中は、加工画像に対し、相当の感性を傾注しスムーズに処理を行っているわけで、メニューの位置が違うだけで、そこで集中力が途切れてしまうこともしばしばあった。

慣れればいいわけだが、やはりWindowsで長年使ってきたものをは中々融通が利かない。
ましてや仕事でレタッチする時は、Windowsだから、更に慣れない。

さて、本題に戻ろう。
上記のこともあり、またマニュアルがヘルプになっているため、使用する上でよく分からないというのが使わない最大の理由でもある。

違うメーカーのソフトであるが、オーサリングは年中行っているから、直感的に操作できるとは思うが、決してゲームではなく、今手元のある材料を確実に自分の思い通りに加工しようと思っていても、さすがにヘルプを見ながら行おうとは思わない。

しかしながら、ようやくiLife08のマニュアル本が発行されたのでこれで本格的にさわることが出来るとほっとしている次第。
とにかく操作系を頭に入れないと、加工作業は集中力が命だから絶対にだめ。

だが、つくずく思うのだが、最近の製品は付属CDやDVDメディアの中に、マニュアルを記録させているものが多い。

VGAやマザー(BIOSの設定は紙にしておいた方が親切な気がするが・・)などはそれでもいいと思うが、複雑な操作を要求するソフトウェアに関しては、やはり同梱してほしいと思うのは私だけじゃないと思う。

第三者からマニュアル本が出たからいいようなものだが、何もなかったらきっとずーっと使わなかったかもしれない。

音楽編集などを行ったことのない私だが、Macが勝手に作曲するマジックバンドなるものはおもしろそうと思い、少しいじってみたがやめた。

でも、マニュアル本には克明に解説されていることもあり、使い込んでやろうと言う気になっているところである。

マニュアルはいらないという方もいるかもしれない。
ならば、購入時なうし購入後にマニュアルの有無を問うてほしい。
そして
必要な方には配布するなどの方法を是非とも検討してほしいものだ。

第三者からマニュアル本が出るからいいって言う問題ではないのだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

RAWデータ

デジイチ、所謂デジタル一眼レフカメラに付属しているRAW現像ソフトは正直言ってあまり使い勝手の良いものではない。

私の所有するアドビスイートはCS2なので、付属するPhotpShopにプラグインを突っ込めば所有するデジイチのRAW現像が出来るようになる。
しかし、英語版なので、結構使いにくいし、Windows版だから現在Macをメインに使用している自分としては、あえて使う気になれない。
そこで、通常はPhotoShop7.0を使って現像の時のみCS2を立ち上げていたが面倒なこともあり最近はずっとRAW撮影を行っていなかった。

久しぶりにRAWで撮影したもので遊んでみたいなと思い立ったが、Mac用に所有しているのはCSのためプラグインが対応していないため、MacではRAW現像が出来ないので、仕方なくキャノンのホームページから最新版RAW現像ソフトをダウンロードして使用することにした。

PhotoShopと比べると、調整項目が多少少ないが、よくよく見ると使用に耐えうる機能は十分にある。

紅葉の時期、試し撮りした画像をいじくり回してみた。
一通り調整した画像をPhotoShopに転送という気前のいいボタンも有って、なかなかやるじゃないという感じ。

加工前と加工後の画像を見比べて、このくらいに使えるなら今後も活用しようと、自分の考えを変えた次第。
キャノンさんごめんなさい。
ただし、お金が貯まった暁には、ライトルーム購入する予定なので、それまで十分に使わせていただきます。

と、久しくRAW撮影から遠ざかっていた私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

これもバグかな?

会社にあった夏子2号を自宅に戻して暫くたった。

結局、サマーレディ(MAC)では、キーボードの関係でうまくゲームが出来ないので、夏子2号で遊び始めた。

TRレジェンドの日本語版が出たこともあり、最初から初めてみたが平行してTRアニバーサリーも遊んでいる。

会社の同僚が、現在これをプレーしているのだが、どうやら途中で行き詰まっているらしい。
暫く前に遊んでいたので、ゲームの内容を忘れかけていることもあり、アドバイスが出来ないので、取りあえず、彼のシーンまで進んでみようと考えたのだが、どうやらバグのような現象に遭遇した。

ガス炎が吹き出す、結構めんどくさいシーンだが、画像の通り一切炎がない。
従って、のんびりとクリアしてしまった。

途中、わざと死んでみてゲームを再起動してみたりしたが、やはり炎が出ない。
少し、つまらないと思いながらさっさと通過した。

このゲーム、書き込みを覗いてみると、それなりのバグらしいことが結構書かれているが、私は遭遇したことがなかった。
今回のバグは、進行上全く支障のないものだが、このゲーム上初めてのことでもあり、書き込んでみた。

でも、このゲームは何時遊んでも面白い。


01
02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »