« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/24

サーバーと販売管理ソフト

社内の1台のハード(クライアント)の調子が低下し始めている兆候が見受けられたので、クラッシュする前に入れ替えようということになった。

社内でたった一台のWin98なのだが、私の使うWinVisatとは真っ向から相性が悪く、Win98の先にある共有ドットプリンター(こちらも相性が悪い)を使用するために、バーチャルPC上のWin2000を放り込んでなんとかしのいできた。

他の標準になっているWinXPや、一部で使っているWin2000とは何ら問題はないが、いかんせんサポートの切れているWin98をようやく厄介払いできるチャンスと積極的に動いたわけだ。

ところが、新規に購入したWinXPとサーバーはすんなりつながったのだが、販売管理ソフトと通信が取れない。
販売管理ソフトとは、Win98・Win2000・WinXPと3OSと既に繋がってる。

しかし、どうやってもデータを読み出すことができない。

業者曰く、現行稼働しているWinXPはSP1時に販売管理ソフトの使用開始を行い、その後のSP2にアップデートしたからじゃないかと言おう。

しかも、そもそも今のサーバーはWinNT4.0だし販売管理ソフトは2000年に導入し、WinXPをサポートしていないという。
つまり、WinXPでは使えないという。
だが、現実的にWinXPで動いているのだからということで、WinXPの初期販売OSとWin2000を家から持ってきて試してみたが結局同じ結果だった。

販売管理ソフトはリースであり、基本的に私たちはタッチしていない部分だ。
そもそも、そのソフトはWinXPに対応していないと言いながら、現行稼働しているWinXPはその業者が持ってきたリースパソコンであり、そのOSがWinXPだったのだ。

その業者の言い方が面白い。
サーバーのOSがWinNT4.0でサポートが終わっている、販売管理ソフトも同様、今のOSは対応していないのが問題だと言う。

パソコンのリースと同時にソフトのリースとメンテまでサポートをお願いしている関係もあるのだから、もっと早く対応状況などを含めた情報を提案し、今回のような状況が発生する前に手を打ちやすくしてほしいところだ。

社内のトップの一部では、今後は全て社内で購入と設置並びに運営を行おうという話も出ている。
それも困る。

なぜなら、私の仕事が増えるばかりだからである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

ブートキャンプのWinVista

MacのOSをTigerからLeopardにアップし、更にクリーンインストールし直して、しばらく経った。
相変わらず、スペーシスを使うと画面1で固まり、結局ストレスにつながるからその使用を止めた。

システムが悪いわけではないと思うから、自分が使っているフリーのソフトのどれかがOSと関係しているのかもしれないと思うが、どのフリーソフトも使い勝手の良いものばかりで手放すつもりがないので、スペーシスをあきらめることにした。

全体的に調子がよく、よくフリーズすると聞いていたMacだが、私には無縁のようだ。
ま、固まるのはクラッシックと言われるMacOSのことらしいので、現行MacOSXには当てはまらないのかな。

しかし、その一方で、ブートキャンプでデュアルブートさせているWinVistaの調子が良くなかった。
ところが、Leopardをクリーンインストールしたあたりから様子が変わり、何度も失敗してそのままになっていた自動更新のアップデートがすんなり終わったことを発端に、いくら設定しても初期に戻ってしまう、マウスカーソルや、お気に入りのC-Launchもちゃんと使えるようになったし、初期に戻らなくなった。

つまり、好調になったということだ。

一つだけ不満を言えば、ATOKが未だに日本語と英語の切り替えがうまくいかない。
IE時にURLを入力しようとすると、半角カタカナ入力になり、半角英字はわざわざタスクバーのアイコンをクリックし入力切り替えを行ってから、URL入力をしなければならない。

キーボードが、Mac用なのでそのような問題が発生しているのかどうか分たないが、現在はオフィス2007に付属のIMEを使っている。
でも、ATOKの変換に慣れている(古くからワードソフトの標準は一太郎を使っている)私としてはこちらもストレスなのだ。
ま、Macではことりえで我慢しているのだから、それも我慢の範疇だが。

どちらにしても、調子がいい今の状態が続いてくれるといいなと思っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

私立学校のPTA

公立学校のPTAの経験がないのでどのようなものか対比できないが、経験上私立学校のPTAなどというものは軽い立場のように見受けられる。

ほとんど学校側で決められた筋書き通りに線上で操られてるピエロみたいなところがあり、大いに不満もあるが、真剣度が低い御仁から見れば実に楽な役目でもある。

卒業式、謝恩会、入学式などの行事が続くのだが、式の最中壇上に座り、順番が来たら「ご入学(ご卒業)おめでとうございます」と言っておけば、その時はお役目終了みたいなものだ。

謝恩会では、手短な祝辞を適当にこなせばいい。


振り返ってみればここ数年、PTAの役員として、また会の運営上常にトップクラスで多くの役員を引っ張ってきたが、学校内の問題は学校側にあり、私たちPTAには隠ぺいとまではいかないが閉ざされた扉の向こう側に終われてきたことが多い。

その反面、保護者からは問題に対する要求も幾度かあり、狭間にうごめくジレンマをその度に感じてきたものだ。

だが、この役目の終わりも近い。
入学式が実質最後の仕事であり、それらの区切りが5月のPTA総会である。

学校は何校も抱える学校法人だから、全体のPTA会が存在し、私はそちらの監事も担っているので現実的には夏まで役目を降りすことができないが、それ以降は数年ぶりにフリーになる。

一旦、全てを終え、改めて自分を見つめなおしたい。

会社でもいよいよ、管理から経営陣に加わる準備を始めた。
平成20年は、私にとって大きな転機の年になるかもしれない、そのような予感がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/21

時間がほしいかな

月の半ばに展示会があり、まるまる一週間が消えた。

一日中立っているようなものなので、初日は足がだるくて寝られなかった。
慣れた三日目は、ユーザーと飲み会で、最終日は二日酔いの一歩手前。

展示会の週の翌週は、いまいち調子が出ない。
仕事は山積みだし、緊急に実験試験用の申込書面と、依頼があったMSDSの作成に追われ、気がつくと既に今日という日付けだ。

来週は、広島に出張が控えているので、その前に多くのことを手配しておかなければならない。
出張後には、いよいよPTAの仕事、卒業式謝恩会、・・・。

ちょこっと、走りすぎか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

Img_6003
今年二度目の雪が関東地方に降った。
前回、銚子方面に出かけようとしていた朝から降っていたので、取りやめて翌月にした。
ところが、予定していた前日に大雪となった。

関東地方の大雪は北国の方からすれば他愛ない量だが、雪の対策がされていない都心は、翌日の朝は凍結ずくめで、主要高速道路などは通行止めが相次ぐ。

私は、常磐自動車道を使ってまずは鹿島に向かう。
鹿島のユーザーに顔を出し、その後に銚子に寄って、八街から東金自動車道を使い、千葉市内へと言うルートで、帰社した。

東北自動車道は、岩槻から北が通行止めと言うことだろう、国道122号の下りが異常な渋滞だったが、無事外環に入り、三郷から常磐道に乗る。

雪は、柏あたりから無くなる。
石岡あたりは全くなくなり、鹿島に抜ける霞ヶ浦の一部が白くなっている程度で、鹿島から銚子は雪とは全く縁がないようだった。

千葉市街に近づくにつれ雪が多くなり、都心も同じように昨日の名残の汚い側道雪となって、歩く人を悩ませている。

昨日は、午前中早く出かける用事があり、雪の量を見て一瞬のうちに車を工場に運んだ。
新雪の中をノーマルタイヤで時速20km以下で走る。

倉庫から、スタッドレスタイヤを運び、小一時間で装着して自宅に戻る。

用事先に向かう途中、3件の追突事故と、バイクの転倒を目撃したが、それより後続の4ナンバーのキャラバンが気になって仕方がなかった。

ノーマルタイヤで後ろを車間距離を取らず、ぴたっとついてくるのだ。
信号で止まる、私はスタッドレスタイヤだから普通に発進する。
後ろでは明らかにタイヤが滑るみたいで、スタートはもたついているが、暫くするとまたぴたっと、ルームミラーにキャラバンしか写らないほどの車間距離になる。

私は時折、車をわざと雪たまりの中を走ったりして、後続車にシャーベットを差し上げたりしたが、意に返さず変わらぬ車間距離だ。

何かがあって、追突されたらかなわない。
片側一車線だから、先に行かすことも出来ない。

相当神経質になった頃、あっちの方に行ってしまったが、どの様な神経をしているのだろう。
途中の事故も、その車の運転手は見ているはずだ。
晴天時の追突は、ノーブレーキではない限り、スピードが落ちる分衝突ダメージも低くなるが、雪道の追突はノーブレーキと同じ。

仮に時速40kmでも、車は大破する。
キャラバンの運転手、分かっているのかな?

雪道の運転、慎重に!!

雪の無かった銚子でも、雨は降ったようだ。
結構降ったようで、やはりスリップ事故が多発したらしい。
その中の一つの画像をアップして、注意を喚起しようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

Macリカバリーその後

Macのリカバリーを終え、リカバリー前に使っていた幾つかのフリーウェアをインストールしてみた。

カーソルが花火を散らしながら、カーソル位置が常に分かるソフト、起動時にボーンという音の音量をコントロールしてくれるソフト。

MacFaceという、CPUの使用状況を顔の表情で教えてくれるソフト、Mitakaと言う天文ソフトなど。
いずれも問題なく、動作してくれた。

MacOS10.4に10.5を上書きインストールして不具合のあったスぺーシス(画面1を選択し、プログラムを起動するとフリーズするため、画面2以降しか使えなかった)も、問題なくなった。
ボーンという音の音量ソフトは、音が出なくなり、夜間時に起動する時には気になる音量でも、鳴らないとブートキャンプ時にOS切り替えのタイミングを忘れてしまうため、鳴って貰わないとそれはそれで不便だったが、気にならない程度の音量にすることが出来て助かった。
後は、解凍ソフトではなく圧縮ソフトでいいのがあったら使ってみたい。

10.4時にインストールした幾つかのソフトはその使用をやめたものがある。
FireFoxもその一つ。

サファリでは使いづらい部分があり、IEと同じ動作をしてくれるかと期待したが、サファリと変わらず、単にカスタマイズの自由度が高いと言うだけだった。
高度な使い方をする場合は、相当有用なソフトなのだろうが、インターネットで捜し物をする程度しか使わない私的には、IEで表示されること以外にも、多くのURLが確実に表示してくれればそれでいいから、それらがだめならばサファリで十分と思っている。

現在仕方がないので、場合によってはWindowsに切り替えてIEを使っている。
少々面倒くさいかな・・・。

ま、少しづつ私流のMacになりつつあることは確かなことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/02

経験

現役の学生と、競って計算を行っても、ほとんどの大人は負けることだろう。
それは、至極当然なことではないかと思う。
しかし、時間がかかってもそれらの問題を解くことができるのは、過去に勉強を行っているからに他ならない。

出きるか出来ないかという問題は、最終的には能力のレベルに落ち着くとは思うが、スタートはそれらを勉強したかしなかったかに遡ることになるのではないか。

つまり、勉強言い換えれば経験したことがないということはどんなことにおいても出来ないということだ。


社会に出てからは、学生時代に勉強した内容のほとんどは使わない。
決して役に立たないというのではない。

実生活において、直接的に役立つのは方程式でも公式でもなく教養なのだから。
同時に発想力と、想像力、そして、経験なのだ。

私は、常に仕事に追われている親のために、いやおかげでと言いなおそうか、あらゆることを幼少時代から自分で行わなければならなかった。

古い考えの親で、食事の作法と行儀見習いに近いものは嫌というほどに叩き込まれたが、お勝手に入ることはご法度で、卓袱台から食器を運ぶのさえ叩かれた。

現在、料理が皆目下手なのはそのためと、今は亡き親のせいにするのは私の身勝手ではあるが、やはり経験がものをいうのではないかと思っている。

小さなころから、穴のあいた靴下や擦り切れたズボンのほころびを、人の見よう見まねで体で覚えてきたので、縫製事は苦にならず、たとえば出張先でYシャツのボタンが取れても、利き腕じゃないほうの手に針を持って、カフス部のボタンをかがうことができるし、出来るからこそ常に裁縫セットは持ち歩いている。

かつて、登山仲間から、私のザックは打出の小槌と言われていた。
パーティの誰かが、アクシデントがあると見事にそれらに対処できる小道具が、私のザックの中から現れるのだ。

しかしながら、何でもかんでも入っているのではなく、単純に必要最小限のものが入っているだけなのだ。
それなのになんでも出てくると言われているのは、全て過去の経験から学んだことを凝縮しそれらを装備の中に取り入れているだけなのだ。
従って一般的に、あれば便利といわれているものは、私のザックの中には無い。

子供たちにお勝手仕事を、洗濯物を手伝いなさいと言うが、面倒臭がってやろうとしない。
同時に親が楽したいからだろうと能書きを垂れて、どこかに消える。
最近は、自分の部屋に追い立てる理由に逆手に使ってやることもあるが、本音は手伝ってほしい。

単純に洗濯物を洗い、干すという簡単な仕事であるが、洗濯対象物によって洗い方を変え、洗濯ハンガーに干す方法や、物干しざおに干す順番なども哲学的にまた物理学的にとらえて、いかに効率よく処理していくかを考えながら進めると結構奥が深いことに気がつく。

単純であればある程物事は難しく奥が相当に深いものなのだ。
そして、そこで学んだものが必ず将来役に立つものなのだ。

だからこそ、家庭の中も含めて多くのことに手を染めてほしいと思うのだが…

ま、母親から見れば単純に子供たちに手伝ってもらい楽をしたいというその一点に気持ちがあるのかどうかは知らないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/01

行き止まり

Img_5947_2
一方通行の矢印の先は行き止まり。

どこに行けばいいのやら…・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »