« キューブ型パソコンその後 | トップページ | 異業種交流セミナー »

2008/07/28

元夏子01号のその後

パソコンの話が続く。

ABIT製 IC7GマザーボードとPen4 3.0Eが結局残ったことになるので、これを新規に組み直してデスクトップを作ろうと言う話は何日か前にしたと思うが、取りあえず組むだけ組んでみた。

新規に購入したメモリーやVGA等の動作検証も行って、デュアルチャンネル(メーカーが異なるのでどうかと思ったが)で動作してくれている。

なお、箱にセットしてあったフロントファンは、電源から伸びるコネクターと接続するタイプだったので家に残っていた3ピンのファンと交換し、マザーに接続した。
リアのファンは無かったので、Core2Duoに交換し発熱が低くなって不要になった夏子1号のサイドから外したこれも3ピンのファンをセットしマザーに接続した。

これで全てマザーのBIOSで管理出来るようになった。

箱のサイドに空気取り入れ口がデッカくメタルパンチしていあるので、庫内通風は問題ないと判断しCPUファンスピードをBIOS上で60%に落としてみた。
マザー用CDの中にPC監視ソフトが付属されているので、今後はそれらを利用し監視しながら運用すればいい。
問題なければ、静かなマシンが組めることになる。

さて、義弟から届いたディスプレーだが、外見は大変綺麗だが、文字は十分に読めるしちゃんと発色もしているが、縦の走査線が少しずれている。

そのために画面全体に縦線が薄ら出ている状況。

会社のスタッフに渡すことになっているが、一応インターネットなどをする程度ならばいいが、いずれは買い替えてもらおう。

と言うことで、取りあえずは組めた。
後は新規にOSをインストールし、問題なく運用出来るまでのセットアップが待っている。

今週中には終わらせたい。

・・・・壊れたけれども直ったキューブに付属の、ついに認識しなかったカードリーダーは会社の夏子1号にセットアップした。
つまりこれは壊れていなかったのだ。
結果的に壊れたけれど直ったキューブのマザー上にあるUSB端子の電力供給が何らかの理由で不足していると言うことだ。

やはり、何ともないように見えてどこかに何らかの障害があるのかもしれない。
背面のUSBは問題ないようなので、増設用カードリーダーを購入してセットしようかと考えている。
穴があいた状態では格好がつかないからね。

想定しない不具合に予想以上の出費に繋がらなければいいがとちょっと心配になってきた。

とほほはご勘弁のほど・・・と願いたい。


|

« キューブ型パソコンその後 | トップページ | 異業種交流セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元夏子01号のその後:

« キューブ型パソコンその後 | トップページ | 異業種交流セミナー »