« Mac1年 | トップページ | キューブ型パソコン検証 »

2008/07/25

キューブ型パソコン

会社のスタッフの自宅で使用していたキューブ型パソコンが壊れたと言う。
電源を入れると、ビープ音が鳴る。
その音には一定のルールがあり、そのため故障の特定がしやすい。
それらのことから、CPUに異常がでたらしい。

私の家の近くには、PC故障対象としたお店を構えている知り合いがいるので、そこに持ち込んでみてもらおうかと話していたが、彼はさっさと新しいパソコンを購入した。

今まで使っていたのは865チップとPen4 2,4Ghzの組み合わせ。
新しいのはAMDのようだが、デュアルコアCPUらしく、劇的に早くなったエンコード作業に相当感激していたようだ。

ところで、壊れたパソコンなのだが、会社の別のスタッフは家庭でまともなパソコンを持っていないと言うことから、それを修理して使う前提で、会社に持ってきてもらった。

しかし、昨日私は夏子1号をAsRock製マザーに交換したこともあり、875チップとPen4 3.0Ghzの組み合わせのフルマザーが残っているので、キューブの部品と不足の部品の買い足しで、新規にデスクトップを構築する道を選ぶよう進め、なんと1万円少しで全てを揃えた。

と言うよりも、私の家に未使用の電源があったのと、VGAは知り合いの修理屋が少しだけ使ったのを格安で分けてもらったのと、メモリーと電源なしの箱を購入したのみなのだが。

ディスプレーは、義弟がまたしてもどこからか見つけてくれたのがあるので、会社のいらないマウスとキーボードをブッさせば、出来上がりだ。

これを使う予定の彼は、特別な重い作業に使う目的は無いらしいが、小さな子どもがいれば動画や画像をかなり扱うようになるのは眼に見えている。

メモリーの増設と、HDDの増量にゆくゆくはお金をかけることとして、当面パソコンの操作を覚えるまでの間、旧夏子1号の心臓部にがんばってもらおう。

さて、壊れたキューブ型パソコンのその後がどうなったかは、後ほど報告しよう。

|

« Mac1年 | トップページ | キューブ型パソコン検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューブ型パソコン:

« Mac1年 | トップページ | キューブ型パソコン検証 »