« キューブ型パソコン | トップページ | キューブ型パソコンその後 »

2008/07/26

キューブ型パソコン検証

会社のスタッフが、壊れたと言うことでその所有権を放棄したキューブ型パソコンから、HDDとメモリー、DVD-RWドライブを外し、本体を知り合いの修理屋に持参した。
外した、各部品は別のスタッフが使用することになっている。

このキューブ型パソコンはEPoXというメーカーのもので、メモリーはDDR PC3200まで対応する、結構能力の高いものだ。
オンボード系は、価格を抑えるため一般的に使用されている汎用的な部品が多いが、特別な使い方をするわけではない限り、汎用品で十分だ。

なお、セットアップされているカードリーダーは、残念ながら認識せず、故障しているみたい。
CPUが飛んでいるはずなのに、なぜここまで検証できたかと言うことを説明しよう。

知り合いの店に持ち込み、HDDも光学ドライブも無い状態で起動してみる。
もちろんメモリーはお店にあるものをセットした。

ポストビープ音が一回鳴り、起動する。
BIOS画面を立ち上げると、全て問題なく動作しているのが分かる。
実は会社から一旦家に持ち帰り、CPUクーラーを外し、CPUとその周辺のチップやコンデンサーなどを目視チェックしてみた。
簡単に外せるあたりの部品も撤去し、同じように確認してみたが、異常は見あたらない。
結構、コンデンサーがやられていることが多いが、それらもなさそうだ。

このCPUクーラーはクーラーのフィンの両サイドにファンが取り付けてあり、アウト側のファンはちゃんとねじで止まっていたが、イン側のファンはねじではなくガムテープで固定してあった。
外したときにねじ山がだめになったのかと思って見てみたがそうでもなさそうなので、単にねじで留めずテーピングしたのだと判断。
きっとCPUクーラーをセットアップしたときにファンの取り付けを忘れ、やり直しが面倒と言うこともあり、テープ止めしたんだろうと勝手な想像をする。

どうも起動しなくなった時に動作確認のために一回外したらしく、CPUとクーラーともにシリコングリスはきれいに除去されていた。
とりあえずお店では動作確認のみと言うことと短時間なので、グリスは引かず起動したが、素人さんにはお勧めしないので気をつけよう。

結局異常は見あたらず、お店で動作検証の時に取り付けたメモリー、PC3200 512Mbをもらって帰ってきた。

家にあるCD-Romと8Gb(たまに使う動作検証用)のHDDをセットし、OSのインストール。
無事にWinXPが起動し、何事もないように動いている。
しばらくそのまま放置しておいたがトラブルらしいものは発生しない。

各オンボードの機能をチェックし、カードリーダーだけは何をしてもだめだった。
パワーランプは光っているし、メディアを挿入するとアクセスランプは点灯する。
だが、マイコンピュータのペインには遂にドライブなどのアイコンは現れなかったので外した。

さて、何故元の持ち主の時にCPUエラーらしき症状で起動しなかったのか、あれこれ考えてみた。
原因は熱暴走と思う。
クーラーのフィンに相当のほこりがたまり、空気の流れが遮断状態に近かった。
それから、テーピングしてあったファンなのだが、一旦外してしまったため定かではないが、裏表を逆に取り付けていた形跡がある。
テープの粘着の跡と、ファンの汚れ面からそう推測できる。
フィンの両サイドにセットするファンは、当然庫内から背面に向けて風を送るのだが、庫内側のファンが逆になっているということは・・・・
結果、CPUがダウンし、冷却してCPUのエラーリセットが働くまで、仮死状態だったのではないかと勝手な想像をしている。
なお、一回熱焼けしたCPUの寿命は短い。

話は変わり、近日中にタイムカプセルを購入する予定だ。
その時に普段Mac内の不要のデータをMac本体から移動しているデータの保管用として使用している外付けHDDがある(タイムマシン用HDDの容量節約のため)
これは200Gbあるが、タイムマシン用に使用している外付けHDD(350Gb)があり、タイムカプセルと連動させれば、相当量のバックアップシステムを組めるので、それらのデータはそちらに移動すると、200GbHDDは不要になる。

リビングにある夏子2号には、DVD-RWとDVD-RAMがセットアップしてある。
以前WinVistaが標準OSだった頃の名残だが、今では使っていないどちらかのドライブを外そうか。
そして、このキューブにセットし、更にメモリーも安くなった1Gbを2枚指せば、WinVistaマシンが出来上がる(我が家にはなぜかWinVistaが1ライセンス余っているから・・・)

それとも家内が使っているキューブと交換して家内に使ってもらおうか。
というのは家内のキューブは同じPen4 2.4Ghzだが、チップがSISのため865チップより能力が低いのだ。
それと以前、WinVistaをインストールしたら挙動が不安定になりWinXPに戻したこともある。
電源の音も比較的大きいので、ちょうどいいかもしれない。
リカバリーは面倒だが・・・

ま、どちらにしてしばらくは遊べそうだ。

|

« キューブ型パソコン | トップページ | キューブ型パソコンその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューブ型パソコン検証:

« キューブ型パソコン | トップページ | キューブ型パソコンその後 »