« VHSのDVD化(実家編)その後 | トップページ | エンコード »

2008/07/19

変態マザーボード

以前に購入した、ASRock製Conroe865PEというマザーボードが眠っていた。

現在の夏子2号の基盤になるはずだったものである。
というよりも、予算の関係で夏子1号の部品を流用し、CPUのみアップグレードしようと考えたのだ。

Conroe865PEというマザーボードは、Core2Duoを使用しながら、チップセットが865PEなのだ。
つまり、AGP使用で、メモリーもDDRだ。

要はPen4の資産をそのまま使えるという代物だったので、お金のない身分にはうってつけだったのだが、難点は電源との相性が難しい。

スタンバイや休止モードではエラーが出て、起動しなくなったり、再起動を勝手に行ったりする。
TVの録画予約が出来ないので、速やかに眠らせ新規に投資して現在の夏子2号を組んだのだ。

だが、眠らせておくにはもったいないと常ずね思っており、対応CPUが中古でしか手に入らなくなった昨今、その中古価格も下がってきた状況と、夏子1号の使用環境からスタンバイや休止モードの必要性が無くなったということを考え合わせ、遂に夏子1号をいじる決心をしたのだ。

Core2Duo E6300リテールクーラーがついた状態で、8600円ほどで手に入れてきた。
L2キャッシュの改良があったタイプなので、マザーのBIOSファームウェアを15以上にしなければならないようだが、以前そこまでアップにした記憶がある。

ま、FDDは夏子1号にセットしてあるので、場合によってはFDからBIOSアップすればいいから心配はない。

このマザーのチップは865PEだ。
現行夏子1号のチップセットは875だが、これは865のサーバー向け使用部分が一部あるだけで、実質同じものだ。

前回、OSの再インストールなしでそのまま使えてしまったので、今回もマザーを組み込んでしまえば、あっという間に終わると思う。

早速この3連休のうちの終わらせてしまおうと思っている。

|

« VHSのDVD化(実家編)その後 | トップページ | エンコード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変態マザーボード:

« VHSのDVD化(実家編)その後 | トップページ | エンコード »