« キューブ型パソコン検証 | トップページ | 元夏子01号のその後 »

2008/07/27

キューブ型パソコンその後

家内のキューブ型パソコンは、MSI製のSiSチップを使用した、DDR2700までまた、Pen4 2.4まで対応したしばらく前のものだ。

購入当初は静かだったのだが、1年ほど前から電源ファンの音がうるさくなった。
CPUクーラーのファンも、起動時にキュイーンと言う嫌な音を立て始めたのでそれは交換した。
電源は、メーカーでは電源のみの販売はせず、本体を送り交換してもらう修理扱いになるのだという。
CPUクーラーファンを交換したことで不快感は半減したので、お金がもったいないと言うことと、メーカーに送っている間、代替えがないと不便と言うこともあってそのままになっていた。

そこに、別のキューブ型パソコンが手に入った。
CPUが壊れていると言うことだが、動作確認したところそれらしい状況は見えず、普通に動作している。
ドライブ類が無いが、家の予備品などを組み合わせれば、一台完成する。
とりあえず、動作検証に使用している諸々をセットアップし、OSをインストールしてみたが、何の問題もなかった。
と言うよりも家内のパソコンより能力があり、音が静かと言うことで、私の行動を見ていた家内は乗り換えを希望してきた。

現在我が家には、200Gbの外付けHDDが余る予定となっている。
それをこのキューブにセットし、夏子2号に贅沢にもDVD-RW(RAM)が2台も付いているからそれの1台をキューブにインストールすれば、あとはOSの正式セットアップとデータの転送のみ。
家内のキューブには250GbのHDDが付いているが、使用率が低いから200Gbでも大丈夫だろう。

なお、家内のキューブにはPC3200 512Mbが2枚刺さっている。
本来PC2700までの対応だが、問題なく動いているからそのままにしてあるが、そのメモリーを移植すれば、メモリー本来の性能が発揮できるし、現在より20%は能力がアップすると思う。

WinVistaのライセンスが1つ残っているので、それを使うとすればメモリーは1Gbを二枚用意すればいいか、それとも当面1Gbで行くか。

さて、それよりも引っ越しはどのような段取りで行おうかな・・・


・・・・そうなると、今度は今家内が使っているキューブ型パソコンをどうしようか。
そうだ、義父は昔家内が使っていたミニタワーで、CPUはセレロンだった気がする。

しかも家内のキューブより音が大きい。
それと交換しようかな。

よくよく考えてみると、仕事上は別として、私の場合パソコンで何かの作業を行っているよりも、なんだかんだと理由を付けてパソコンの修理、再組み立てなどに割いている時間の方が多いような気がする。

ま、いいか。

|

« キューブ型パソコン検証 | トップページ | 元夏子01号のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューブ型パソコンその後:

« キューブ型パソコン検証 | トップページ | 元夏子01号のその後 »