« 異業種交流セミナー | トップページ | ここのところ »

2008/08/10

キューブ型パソコンのその後02

結論から言おう。

結局、使用を中止した。

インテル865チップと言うことで、1Gb×2=2Gbのメモリーに増設し、WinVistaをインストールし、色々な操作を行ったが、何のトラブルも発生しないので、家内に引き継いだのだが、その二日後にエラーが出た。

パソコンの起動スイッチを押すと、ピーポーピーポーと連続音が出る。
これは、典型的なCPUエラーだ。

元の所有者が、ピーピーとなると言っていたので、メモリーあたりのエラーだろうと思っていたが、原因は大体つかめた。
ペンティアム4 2.4GhzのCPUエラーなので、どこか中古店で購入するしかない。

現在家内のキューブには同じCPUがインストールされてるが、これはこれで使用するため、転用は考えていないので、後ほど気が向いたときに秋葉原に出かけて、ジャンパラあたりをウロツイてみようと思っている。

と言うことで、家内のもとのPCは全く手つかずで残しておいたため、セットし直して元通りにしておいた。
ここ何日か何をしていたのだろうとちょっぴり不満だが仕方が無い。
さらには、壊れたはずのキューブを予備ディスプレーなどを接続して、試しに起動してみたが何も無かったように立ち上がる。
人を小馬鹿にしているみたいで、少々むくれてしまう。
これぞ、とほほの世界なのだろう。

このキューブは、ファンから異音が出ていたので、交換したら結構音がうるさくなったので、もう少し低速ファンに交換しようかなと思い、購入してきたばかりだし、低速(オンボードよりはいい)で十分だけど発熱は非常に低いVGAも見つけてきたりして、多少は投資もしたが、現時点では無駄なことになってしまった。
とりあえず、WinVistaをインストールしセットアップ完了状態のまま一時保存し、そのうちCPUを交換したら再度家内のとチェンジして様子を見ようと言うことにした。

そして、何も無かったらいよいよ、義父のセレロンのPCと交換すると言う予定計画を実行しよう。

・・・・いつになることやら。

|

« 異業種交流セミナー | トップページ | ここのところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューブ型パソコンのその後02:

« 異業種交流セミナー | トップページ | ここのところ »