« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

VortexA3Dのデモ、その後

A3D 8820というAudio Cardが手元にあると言う話は以前にした事があると思う。
Driver CDを紛失してしまったため、ネットからダウンロードしようと試みたが、いくつか落としたDriverは尽く認識してくれなく、古いTomb Raider専用に組み上げたWindows MEにセットアップする事をあきらめ、そのままお蔵入りしていた。

つい最近になって、Windows XPではOSが標準でDriverをサポートしてると言う話を小耳にはさみ、調べてみたら、Aureal Vortex 8810・8820・8830とちゃんとWDM Driverを持っておる事が分かった。

早速、我が家のXPマシンにインストールしようと思ったところ、リビングの夏子02号には ONKYO製カードがセットしてある。
新しく組んだ、865GVマシンはWindows Vistaをインストールしたため、これはAurealをサポートしていないようなので対象から外し、家内のキューブには増設スロットの空きがない等、折角の動作検証が出来ない。

そこで、会社の夏子01号をターゲットにした。
彼女はWindows XPであり、オンボードオーディオなので問題が無い。

セットアップ後、BIOS上でオンボードオーディオを使用不可にし、起動する。
Driverを求めてくるので、Windowsの標準欄からカードにあったDriverを選定すると、無事に音が出た。

なお、Microsoftのホームページでは、標準の8820Driverでは、場合によって不具合が出るケースがあるという。
その場合、Driverのアップデートをインターネットから入手するにて実行すると、新しいDriverにアップデートされるのでそれらを実行した方がいいようだし、私の場合何事も無かったが取りあえず、アップデートした。

Aureal社は、数年前に倒産しクリエイティブに吸収されてしまい、素晴らしい技術であったA3Dはクリエイティブに葬られてしまったので、現在残っているカード等はWindows XPとともに終わる運命だが、現在はそれらを上回る音響技術が乱立していることもあり、取りざたされる事も無く霧の中に消えてしまっているが、A3Dに初めてであったとこの事は今でも昨日のように覚えている。

その時に出会ったA3Dデモを何とかネットで探し当てたので、夏子01号にて確認の意味も含め楽しんでみようと思う。

ま、苦労してパソコンを制御していた頃の懐かしい遺物ではあるが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/28

865チップ

このチップセットにこだわるわけではないが、BX440以来結次に構気に入っているチップセットだ。

Pen4になって最初に選んだのが865の上位版である875だったが、その後購入したConroe865PEという変態マザーも865チップ。

昨日の壊れたキューブも865チップだった。

そこで、壊れたキューブの続きだが、CPUやメモリーからドライブまで全て手元にある状態だったので、何となく悶々としていた。

そこで、中古のマザーとジャンクのケースを調達し、結局もう一台パソコンを組み立ててしまった。
なお、箱はマイクロATXとATXの両方で使えるとなっているが、電源が底部分にセットするタイプのためフルATXでは干渉するおそれがあるので、マイクロATX用と区切り割り切った方がいいようだ。

さて、865チップは2004年頃にリリースされた古いチップのためマザーも中古以外探すのは難しい。
いくつかのお店を覗いてきたら、マイクロATX仕様は865GV(AGPの無いタイプ)ばかりだったが、家にはまともに使えるAGPのVGAはもう無いし、PCIのならあるから場合によってはそれを使えばいいと思い取りあえず決めてそろえてきた。

その後、マザーと箱を調達してはっと気がついた。
CPUにはクーラーが要るが、我が家にはソケット478用が無いので、あわてて購入。
これは新規に購入せざる終えなかった。
中古で固めようと思っていたのに・・・と、妙なこだわりもあったが、将来システムを更新するときに使える位いいものをわざと選んで、気持ちを打ち消しておいた。

早速、組み立ててOSをインストール。

今回は、ひょっとすると家内が使うかもと思い、OSにはWindowsVistaを放り込んでみたのだが、ここからが本題。

箱は、NewSky製NS-300TNといい、2005年7月頃7000円弱で販売されたものを2900円で手に入れた。
これは新品である。

前面にパソコン内のファンなどの動きが見えるような液晶表示版がついていて、簡単なファンコンみたいな役目をする。
幅が狭いが縦に3.5インチ光学ドライブが2列セットできるようになっていて、それ以外にFDDか、カードリーダーのベイがある。

HDDは箱のトップ部分の前後にセットされるタイプになっているが、IDEでの接続は距離的に一本のコードでは難しいので、SATAなどのドライブで乖離するしかなさそう。
取りあえずは1台のHDDを積んだ。

マザーは、GIGABYTE製GA-81865GVMKというマイクロATXだ。

AGPは無く、PCIが3本、SATAポートが2個オンボードされている。
今回は全てIDEでドライブを接続、FDDは要らないのでベイにはカードリーダーをセットした。

手元にRadeon7000のPCI用VGAが転がっていたので、ちょっとセットしてやれと、インストールしてみた。

メモリースロットは4本だが、512Mbを2枚差し込んだが、WinVistaには少ない。

これが、スタートしたときの姿だった。

順調に、OSもインストールし、SP1を適用したところでVGAに当てられている標準VGAドライバーを正規のものに入れ直そうとAMDのホームページに入ってみて????ここで初めてRadesn7000にはWinVista用のドライバーがリリースされていないことに気がついた。

そこで、無理矢理WinXP用のドライバーだけを適応させたところ、起動終了を繰り返すようになり、時折メモリーエラーチェックのブルー画面になったり、本来あわてなければならないところをしばらく様子を見てじっとしていた。
見飽きた頃強制終了させ、R7000を外して再起動すると何もなかったように穏やかなWinVistaがそこにあった。

結局オンボードの81865VGAで我慢しなさいと言うことのようだ。
ま、PCI用に今風のVGAは結構販売されているが、このマシンにゲーム向けのグラフィック機能を求めていないので、これで良しとしたが、この動作以外問題がないようで、ちょっとおもしろくないな・・・ともある部分思っている。

だが、適度に古いシステムに新しいOSを適応するとドライバー周りが楽だ。
ちなみに81865VGAのWinVista用ドライバーはインテルでリリースされていないが、WinVistaが持っているので、セットアップするときに自動的に組み込まれるから楽。

ということで、しばらくこのハードとおつきあいをしていこうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/25

SATA接続 光学ドライブその後

家の夏子2号は、インテルマザーDG965RYを使用している。

4個オンボードされているSATAコネクターには既に3台のHDDを接続し、光学ドライブはIDEに1台セットアップしてある。
その、光学ドライブを外し、SATAのドライブを取り付けた。
結果的に、日立サムスン製SATA接続であるTS-H665Aは、どうも相性が悪いらしく、取り外して元の環境に戻した。

TS-H665Aを今度は会社にある、夏子1号にセットアップしてみた。

この夏子1号には現在、ASUSUTEK製Conroe865PEと言うマザーを使っている。
そこにはSATAコネクターは2個オンボードされているので、そこにTS-H665Aを取り付けてみた。

IDE1にはHDDが2台、IDE2に光学ドライブを1台取り付けている環境に追加という形でST-H665Aをセットアップして様子を確認してみた。

今日の朝からの使用だが、パソコンの具合は何ら問題はなさそう。
数日間様子を見て、何も問題の発生がなければ、IDE光学ドライブは外す予定だ。

余分な部品はつけていても、電力と発熱の問題の方が大きいから外しておいた方がいい。
WinXPでは、メディアに同時書き込みはできないし、オンザフライは基本的に行わない主義なのでドライブは一台でいい。

ま、2940円OEMソフト付でこの価格でちゃんと動いてくれればお買い得かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/22

SATA接続 光学ドライブ

バルクで購入した3000円ほどの日立サムスン製、マルチドライブであるDVD-RW(RAMも対応)は、SATA接続と言うことで、私的には初めてSATA接続の光学ドライブの購入だった。
それを家のリビングにある、夏子2号(HDDはSATA)の空いているSATAに接続し、既存のIDEドライブと交換してみた。

セットアップし、BIOSの設定では無事に認識し、順調のように見えていた。
WinXPを立ち上げ、動作確認では問題ないように見えたのだが急にマウスがおかしくなり、しばらくして普通に使えるようになったと思ったら、マイコンピューターから該当ドライブが見えなくなっていた。

再起動すると元に戻ったし、その後は問題が無いようでもあり、DVDのリッピング速度も悪くないので、完了と思っていた。

ところが、家内から起動が遅くなったし、たまにマウスが固まるし、何かしたの?と言うクレームがあった。
そこで、確認してみると確かに初期起動に数分間かかる。
試しにSATAケーブルを外して起動してみるといつものように1分もかからず起動する。
このドライブがエラーの原因になっているようだ。
結局元に戻すことにした。

SATAのDVDのドライブを今度は、会社の夏子1号のSATAに接続して様子を見てみよう。
このドライブ、決して不評な風聞のたっているものではないのだが、とりあえず我が家とは相性がよくなかったようだ。

残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/21

キューブ型パソコンのその後03

結果的に分解した。

コンデンサーの一個が破損と言うことでその部分を交換し、起動時のエラーは改善したと思っていたのだが、故障はここだけではなかった。

この機種は、液晶画面にパソコンの動作状況を表示する仕組みになっている。
それらを制御する部分はマザーボードから分離し、50本ほどの端子コードで接続されている。
その元部分に半田付けされている極小の抵抗が、一つは焼けていて、一つは燃え尽きて無くなっていた。
仮にこの部分を付け替えてもほかの部分でも同様の基盤やけがあるかもしれないし、抵抗が燃えると言うことは、ここを直しても別の箇所に負荷がかかりその部分が燃えるという可能性もある。

この機種は、液晶表示部分のサブ基盤以外にUSBやオーディオ端子と、PS/2用の端子が全面に配置されている珍しい構造となっており、それらもメインボードとは分離するサブ基盤式になっている。

従ってそれらの配置にあわせた独特な箱の設計になっているため、市販品のマザーボードをセットすることが出来ない。

つまり、汎用部品であるドライブ類やメモリーとCPU以外は、どこが故障しても全く使い道のないものになってしまう。

従って、分解し小さくしてくずに紛れ込ませ処分した。

このマシンにかけたお金は、
1.DVDドライブ(3000円 バルクでSATA DVD-RAMまで焼き込める)
2.VGA(3000円 Radeon 9000 128Mb)
3.メモリー(PC3200を1Gb×2枚購入し、それは現在家内のキューブにセット結局
  512Mb×2枚が残ったのでこちらで計算すると6000円)
4.CPU(壊れていると判断し中古で買った、2000円のPen4 2.4GHz)
5.ボックスFAN(ファンが壊れていたので、中速のものを2個購入、3000円)
6.シリコンシート(チップとCPUがヒートシンクを兼用していたがチップセットの方は厚手
  のシリコンシートを使用しているためグリスではだめだったので新たに購入、300
  円)

と言うように、17000円ほどの出費となった。
まあ、ドライブは別に使えるからいいが、ほかは使い道がない。
中古で、865チップのパソコンを手に入れれば、それでいいかもしれないが、今更Pen4もね。

と言うことで、仕事で忙しい最中に趣味の分解組み立てにいそしめて、まそれはそれでおもしろかったので、かかった費用は勉強代としよう・・・とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

不透明

我が社はF社よりその材料を貰い、二次加工を施して販売を行っている。
そして、使用する目的に合わせ、国土交通省より認定を取得している。

その材料だが、本来F社では実際は違う目的で開発され、ほかの材料と複合で、国土交通省の認定を取得しているのだ。

また、その材料はほかのメーカーの製品と競合しているが、大変施行性がいいと言うことから、F社では年々シェアを確実に伸ばしてきた実績もある。

我が社では、二次加工を協力工場に100%依頼し、その会社は我が社の競合メーカーにも販売を行っているが、それはある理由から我が社が積極的に進めた戦略でもあるが、功を奏して全国的にも相当量を流通させることに成功している。

ニチアスから始まった国土交通省の認定違反だが、あまりにも認定違反もしくはその疑いがある材料や構造が多いため、現在国土交通省において、認定を取得している会社に対し、抜き打ちで且つランダムに材料もしくは構造の認定を取得しているものを選び、その材料ないし構造の性能確認試験を実施している。

もちろん、我が社にもその依頼があり、公平な方法でまた出荷証明付きで第三者から指定機関に試験体は出荷されている。
試験に際しなんら不正を働いてもいないので、何の問題も無くそのまま終わってしまうと思うが、本題はここから先にあった。

F社はその材料を用い、真っ当な方法で耐火構造認定を取得していることは事実だ。
しかし、あくまでも他部材と複合で試験を行っており、なおかつその複合材は国土交通省で決められた構造ないしスペックがあるので、それらの仕様通りの施行であるならば、規定の耐火性能を保持していると言うことになる。

ところが、それらの耐火構造に不正が無いかと国土交通省がチェックを入れたところ、複合材の方で違反が発覚した。
これらは、施行会社の問題であり、つまりF社の問題ではないし、建築確認時に記載されているスペックと違うもので施行されていることを見逃した国土交通省の問題でもある。

そこで、国土交通省が取った手は、全国的に施行されているそれらの不正箇所と同等の構造で確認試験を行い、要求性能を満たした場合は、責を問わないと言うことだったと聞く。
ところが、最も多く使用されているF社の製品を使用した構造体は見事に不合格であり、他社の材料は合格ラインにあったと言う。

材料の性能差が、不正構造のときに如実に現れる結果となり、現在関係諸団体、国土交通省は頭を抱えていると言うことらしい。
この件が正式に公になれば第二の姉葉になりかねない大きな問題を抱えていることになるとも言われているため、国土交通省もなんとか事を納めたいと躍起になっている事だろう。

もう一度、再三言うが、F社は不正を働いていない。
国で定められた構造であれば何ら問題が無かったのだが、施行側が不正を働いたため、外部から確認出来るそれら不正を見落としたずさんな検査体制が問題を大きくしたと言っても言い過ぎではない。

それはさておき、全く不正を働いていないF社ではあるが、他社との性能差が歴然としてしまった現在、結果的に施行会社は他社の材料を採用すると言う、F社にとって最悪の流れになっていることは事実だ。

そのため、新設したラインを含む工場は操業停止し、旧来工場のラインも縮小していると聞く。
増産を見越した担当部署の責任者は販売減少の責任を取らされ、どこかに飛ばされたらしい。

我が社に取って最も心配なのは、その材料が入手出来なくなる恐れと、価格がアップする心配である。
自社には結果的に、所謂社内競合になってしまっている本件と同等の別の材料も販売しているので、仮に製品の販売停止になったとしても、そちらに移行するだけのため、大きな問題は発生しないと思うが、協力工場はそうはいかない。
その材料での加工が大半を占めているため、それらの供給に問題が発生すれば、場合によってはその会社の経営、存亡にも確実に影響する。

大変なことになりそうだ・・・頭が痛い。
協力工場を保護する事も、私たちの仕事であるが故、それらのことも考え合わせると、眠れない夜が続く。

再び胃が壊れなければいいが・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/11

ここのところ

筆が非常に重くなっている。

キューブ型パソコンのその後も、書き始めた途端、腕が動かなくなっていた。
そんな具合で、何日か近すぎてきたが、やはり筆が重い。

そう、最近仕事がきついのだ。

先週は大阪と名古屋の出張で始まり、帰社後直ぐに地震対策の会議と至急の見積もり。
製品の材料が再び秋口に値上がるため、それらが関連する内作製品全てと、協力工場に依頼しているOEM引き取り価格の影響、自社製品のみならず、ユーザーOEM製品の価格改定作業の諸準備の前準備を始めた。
法律の運用を絡めた社内の勉強会の資料作りと勉強会そのものも先週行い、同時に秋口に販売開始する予定の新製品のデータ作成。
裏付け試作と、耐久性試験の実行内容の検討会とそのまとめ並びに手配各種。

8月中には全て終わらせ、9月より各営業に展開させることが出来るようにしておかなければならない。

昨今の、工事量減による関係業界全般の倒産率の上昇と、会社関係各社の連結情報を、裏からチェックし結果を多角的に分析して、それらの直接的ならびに間接的影響を考察し、スタッフに伝授していく作業も手を抜けない。

それらを出張日を除き、たった3日間でこなす。

よくもまあ、こなしたと自分自身をほめてあげたいくらい、金曜日の夕方はガタガタだった。
精神的疲労より肉体的疲労の方が楽だ。
体の疲れは寝れば取れるが、精神的疲労は頭の中を空っぽにしない限り、取れることは無い。

娘はただいま高校1年生だが、すでにいくつかの大学のオープンキャンパスに出かけ、大学選びに余念がない。
家内に言われ私もある大学に出かけたのだが、さすがに土曜日は精神的に堪えた。

なんとか、保護者説明会の内容は聞き漏らさないように努めたが、それ以外は今現在思い出せないくらい精神はあっちに行ってしまっていたようだ。
そして、日曜日はまた別件でお出かけ・・・・。

結局、頭はさっぱり休みが無く、新しい月曜日になった。

・・・・・・・・・・・・・・・もう少しで、夏休みだ。
過労死症候群に足を突っ込む前に、今回はなんとかオアシスに間に合いそうで助かった・・ふう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

キューブ型パソコンのその後02

結論から言おう。

結局、使用を中止した。

インテル865チップと言うことで、1Gb×2=2Gbのメモリーに増設し、WinVistaをインストールし、色々な操作を行ったが、何のトラブルも発生しないので、家内に引き継いだのだが、その二日後にエラーが出た。

パソコンの起動スイッチを押すと、ピーポーピーポーと連続音が出る。
これは、典型的なCPUエラーだ。

元の所有者が、ピーピーとなると言っていたので、メモリーあたりのエラーだろうと思っていたが、原因は大体つかめた。
ペンティアム4 2.4GhzのCPUエラーなので、どこか中古店で購入するしかない。

現在家内のキューブには同じCPUがインストールされてるが、これはこれで使用するため、転用は考えていないので、後ほど気が向いたときに秋葉原に出かけて、ジャンパラあたりをウロツイてみようと思っている。

と言うことで、家内のもとのPCは全く手つかずで残しておいたため、セットし直して元通りにしておいた。
ここ何日か何をしていたのだろうとちょっぴり不満だが仕方が無い。
さらには、壊れたはずのキューブを予備ディスプレーなどを接続して、試しに起動してみたが何も無かったように立ち上がる。
人を小馬鹿にしているみたいで、少々むくれてしまう。
これぞ、とほほの世界なのだろう。

このキューブは、ファンから異音が出ていたので、交換したら結構音がうるさくなったので、もう少し低速ファンに交換しようかなと思い、購入してきたばかりだし、低速(オンボードよりはいい)で十分だけど発熱は非常に低いVGAも見つけてきたりして、多少は投資もしたが、現時点では無駄なことになってしまった。
とりあえず、WinVistaをインストールしセットアップ完了状態のまま一時保存し、そのうちCPUを交換したら再度家内のとチェンジして様子を見ようと言うことにした。

そして、何も無かったらいよいよ、義父のセレロンのPCと交換すると言う予定計画を実行しよう。

・・・・いつになることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »