« iPod Touchを使う001 | トップページ | 散々な一日だった。 »

2008/10/07

iPod Touchを使う002

今日は久しぶりの電車営業だったので、使い始めたiPod Touchがどのくらい活用出来るか、またどれほどバッテリーが持ってくれるかを検証しようと、あれこれ試してみた。

音楽を聴きながら、歩きの最中は無線LANのアクセスポイントを探すと言った、常にディスプレーが表示されていると言う状態。

アクセスポイントに引っかかると、メールの送受チェックとマップ登録、それらを繰り返しながら結構エネルギーを消費する状態で様子をみてみた。

午前10時頃より使い始め、昼を過ぎてユーザーに登録した画像を見せてプレゼンテーションまで行い、夕方4時頃に、バッテリーが切れるぞと言う警告が出た。

賞味、4時間から5時間くらいか。
思ったよりも持ってくれたと言う印象だ。

どちらにしても、もっと厳しい使い方をするならば、常に電源は持ち歩いて、鞄の中のラップトップのUSBか、もしくはユーザーの事務所で、ちょいと失礼・・・・などと電源コンセントを借用する等しないと一日は持たない。
もともと、オーディオで最長10時間くらいなので、当然の事電源は必須と思う。

ま、短時間で結構充電出来るので、ローカルな出張ならば駅の待ち合い時間が1時間以上なんてざらだからさりげなくホームの電源コンセントを拝借・・・・・なんてね。

その昔、東北巡業の時に、レンタカーでユーザー訪問をしたのだが、車載用コンセントを忘れて、携帯電話のバッテリーが切れ掛かった事がある。

昼に立ち寄ったファミレスのトイレの電源コンセントを拝借し、トイレ利用者に携帯電話を持っていかれてはこまるのでテッシュで包み、手ふき紙タオルボックスの上にちょこんと載せて、食事中充電させてもらった事がある。

文明の利器に浸かりすぎるといざと言うときにこまる事が多い。
そのためにも、有事の際に何も無い状態でも対応出来るよう心構えが必要と改めて思い知らされたシーンだった。

iPod Touchも主はオーディオプレーヤーであり、決して電子手帳ではない。
進化し、多機能になったがその機能にどっぷり浸からず、バッテリーが切れてもまた、故障してもいいように紙のアドレス帳や予定表を用意しておいた方がいいと、今日一日の使用で感じたと言う事を話しておきたい。

ついでだが、東京駅から京橋まで歩いた。
日本橋三越近くに行くためだったが、途中高島屋の裏手、三越近く、それと少し離れて秋葉原と本郷界隈に、セキュリティの掛かっていないアクセスポイントがあった。
別に本郷ではFree Spotもありそれらを利用して、無線LANが出来た。

思う以上にパスなし無線LANが多く、結構屋外でも使えるかもしれない。

|

« iPod Touchを使う001 | トップページ | 散々な一日だった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod Touchを使う002:

« iPod Touchを使う001 | トップページ | 散々な一日だった。 »