« 壁を走る車その後 | トップページ | A Winter Symphony届く »

2008/11/18

iPod Touchのフリーズ

今や、私の生活からiPod Touchを外せなくなりつつある。

昔から、アウトルックのスケジュール管理と、アドレス管理を使ってきているため、ビジネスでも個人部分でもパソコンを立ち上げた状態を前提とした管理状況を構築してきた。

つまり、ビジネスは常に車で移動をすることを前提とするならば、バッテリーの問題は車載100V電源で解決できるので、ラップトップは常にスタンバイモードを多用し、ディスプレーを開ければほぼ瞬時にアプリケーションが使える状態だ。

だが、これが一度電車と徒歩となると実に不便で仕方がない。
朝、社を出て夕方事務所に戻る頃までバッテリーが持つかどうか、常に気を遣いながらモバイルするわけで、更に目的地に向かう途中でちょっと、と言っても鞄からラップトップを引っ張り出す面倒さは、いくら小さいと行ってもそれなりの大きさがあるので、取り回しは楽ではない。

従って、必然的にちょっとしたスケジュール管理は携帯電話を頼ることになるが、パソコンとのリンク手順も面倒につきていた。

さて、iPod Touchは小さなパソコンと言えるほどの機能をもっている。
確かに電子手帳というほどの機能まではないと思うし、アウトルックのようなプロジェクトの進行具合をリアルタイムに表示するビジネス管理機能はない。

しかし、このiPod Touchが電子手帳と決定的に違うのは、たとえ有償であっても管理するソフトが後から手に入る可能性が高いと言うことだ。
そすて、それらは常に改良され洗練されたものがアップされていく。

このマシンが、これほど小さな躯体でありながら、機能が無尽蔵であるというのは数年前には考えられなかったことだ。
そして、その利便性にはまってしまった昨今、よほどのことがない限り、レポートをまとめようなどと思わない限り、ラップトップの蓋を開けることが無くなり、無線LANの使えるところではメールのチェックと返信送信。
ちょっとしてブラウザネットサーフィン。
そして、仕事をさぼる・・・いや、休憩するときにはミュージック。
出張時の退屈な電車内では、簡単なゲームや動画。

それらを、サッと上着の胸ポケットから取り出し、ほぼ瞬時に起動させることが出来るのだからたまらない。

最近は、文字入力も速くなった。
かなり使い込んでいる証拠と思っていただきたい。

後は「近日中発売」となったまま、一ヶ月以上になるマイク付きイヤホンの販売を待つばかりだ。
会議や講演会の議事を録音したいのだが、その機能がありながら対応マイクが無いため、首を長くして待っている。

それが、手に入れば更に手放せなくなってしまうほど、良いやつなのだ。

・・・・・・そうだ、今日の話はiPod Touchの良い点を述べるのではなく困ったことを記そうと思っていた。

メールの機能なのだが、我が家は光回線のため、また仕事の関係も含め10Mb位のデータは頻繁に送受しているしそれらが出来る環境を構築している。
もちろんそれ以上の場合はインターネットディスクみたいなものを利用するのだが、お気軽にメールを多用する。

自宅から、会社に会社から自宅にと言う風に大容量の画像などを添付し送ったのをiPod Touchで受信した日にはたまらない。

確実にフリーズする。

そして、強制終了後からの再起動に数分間要する場合がある。
たとえば受信できません・・・とあれば親切だが、延々受信中になりそのまま固まるので、リセットさせるとリンゴマークが最長5分ほど出たままうんともすんとも言わないが、我慢して放っておくといつの間にかパスワード画面になっている。


添付ファイルは容量的にどれほどならば、OKなのだろう。
一応、最近の例では、1MbのPDFで固まった。

限界を知りたいものだ、そうしなければうっかり受信でそのたびにフリーズばっかりでは困るからね。


続きなるスペースがあると言うことに気がついたがこれは何だろう。

|

« 壁を走る車その後 | トップページ | A Winter Symphony届く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod Touchのフリーズ:

« 壁を走る車その後 | トップページ | A Winter Symphony届く »