« マウス | トップページ | 名古屋出張で思うこと »

2008/11/29

キーボード

キーボードも興味のあるデバイスで、打鍵感を確認しこれはいい感触だ、これ少しストロークが浅いかなとか、自分なりの評論を心に浮かべている。

ただ、私は未だにシャドウタイピングが出来ない。
きっと、ワープロからパソコンに入った時にひらがな入力をしばらく続ける中で、会社内でパソコンが当たり前になりつつあり、整合性を取るために現在のローマ字入力に移行する上でうまくなじめなかったためだろうと思う。
今ではひらがな入力のキー位置も忘れてしまっているが、当時はひらがな入力であればシャドウタイピングらしきことが出来た。

だが、現代はマウスとの併用であるため、たとえシャドウタイピングが出来なくても文章入力の速度が遅いわけではないので、特に困ることはない。

だが、マウスと同様に常に接触するデバイスであるキーボードの打鍵感触は譲れないものがある。
現在、リビングにある夏子2号のキーボードは堅牢なIBM製一般ビジネスで使用するタイプを使っている。
娘や息子もそのパソコンを使うため、将来事務所勤めになった場合、オフィスで使われるビジネスキーボードとの違和感を持たせない配慮である。

家内のキーボードは、家内自身がIBMのキーボード検定のライセンス所持者であることからキーボードに対するこだわりが強い。
しかし、比較的気に入っていたロジクールの無線キーボードが壊れてしまった。
お店に出向き、いろいろ選ばせても気に入ったキーボードが見つからない。
結局Microsoftの3000円位のマルチメディアキーボードに落ち着いた。
彼女曰く20000円クラスも変わらないという。
絶対的に気に入っているのではないが、未だに彼女の指感覚を満足させるものと出会えず、取りあえず妥協しているということだ。

私は、iMacのため、最初から付属のキーボードを使っているが、MacとWindowsのキー配列が根本的に違うため、苦慮している。
Mac的デザインも重要な部分が強く、あえて他のキーボードを使おうとは思わない。
これはMacだからだと思う。

会社の夏子1号は富士通の幅が狭いキーボードを使っている。
これはパンタグラフ式で打鍵感、反発力が丁度よく、ストロークも比較的深く大変に気に入っている。
しかし、NumLockキーがテンキーの一角に位置するため、数字入力中に突然数字入力が出来なくなることがあり、キートップを外してしまおうかと真剣に考えることもあるが、実行しないで我慢している。

その昔、展示会でアルミニウム削り出し、キートップもアルミニウム製のそれこそ、輝くばかりに美しいキーボードの展示があった。
出展ブースの担当に聞いてみると、製品化する製品のデモだという。
しかし、製品化までは1年ほど要し、ようやく販売という通知をいただいたが実際製品化されたキーボードは、キートップが白い樹脂製だった。
しかもストロークが浅くなり、ラップトップ風に変わってしまった。
一目見て美しくなく、購買意欲は一気にしぼんでしまった。
展示会と同じ仕様をオーダーでいいから作ってくれないかとお願いしたが、叶わぬ夢と帰した。
今でも心残りである。

キーストロークは深い方が好きだったが、今風のキーボードは浅くなっているのだろうか、デザイン的にいいなと思うものは、ラップトップみたいなものばかりだ。
少し、打鍵感を浮気して、ギアドライブ式キーボードというものを購入したことがある。
キートップの端を間違えて押したとしても均一にストロークすると言うふれこみだが、確かにその通りで、キーストロークは浅くても納得できる仕上がりだなと思っていた。
現在は、書斎においてある辞書専用パソコンの専用としてセットアップしてあるが、れっきとしたお気に入りの現役である。

これ以外に、Microsoftの相当古いマルチメディアキーボードが眠っているが、これは接続がPS/2である。
古いシステムの場合、BIOSでUSBキーボードをサポートしていない場合に使うために処分しないで残してあるのだ。
時折、システム不具合の調整依頼が来るので、場合によって必要となり捨てられない。
これも結構長く使っていたものだが、今ではMicrosoftもリバイバル生産したようで何と1200円くらいで販売されている。
ただ、少し、ストローク感覚が軽く浅くなったみたいで、好きになれないので、別物と思っている。
色々とキーボードも使ってきたが、今ほしいのはMac用でいいのがないかと探しているが、残念ながらMac用は種類が少なく、価格の割にいらないと思うものばかりだ。
Windowsキーボードを使えばいいが、MacにWindowsマークはいらないという私なりのこだわりがある。
お奨めキーボードがあったら、是非教えてほしい。

Tomb Raider Under Worldがようやく届いた。
なかなか、手元に届かずふてくされ気味だったが、これで安心。

しかし、時期的に年末の慌ただしさに突入し、時間的に細切れしか取れないので、ちまちまと進めていこうと思っている。
今後、時折だがゲーム全体の情報は大変参考になるサイトがあるので、ここでは私的な印象を綴るようにしたい。

|

« マウス | トップページ | 名古屋出張で思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボード:

« マウス | トップページ | 名古屋出張で思うこと »