« 成長 | トップページ | ホームステイ03 »

2008/12/14

PCI接続VGAカード

昨日、秋葉原でGF9600GTを譲ってもらった方から、私が頼んであった掘り出し物が出てきたという連絡があった。

以前に会社のスタッフのキューブが壊れ、いらなくなったのでもらったという話をしたことがあるが、それは結局一部の部品を流用したが新しく購入するか、また手持ちの部品と合わせ小型のデスクトップを組み上げ、WinVistaをインストールしそのままになっていた。

実際は私の書斎で辞典代わりに使っていることは使っていたが、実質的には眠ったままだった。
一方、家内のキューブはOSが少し挙動不審気味で、リカバリーをしようかどうか迷っている最中だった。

そこで、書斎にあるWinVistaマシンを家内に渡せばいいが、一点だけ問題があり踏ん切りがつかない理由があった。
マザーボードにAGPポートがないのだ。

つまりオンボードのVGAを使うわけだが、WinVistaのエアロが動かない。
家内は決して3Dゲームをすることはないので、これはこれでいいとは思うが、時折3Dスクリーンセーバーを使うときがあり、それらの時にどのくらいの動きをするのかわからないし、仮に動きがぎこちなかったら必ずクレームが出る。

と言うことで、秋葉原の彼にPCI接続用のVGAカードをお願いしておいたというわけだ。
どのお店を覗いても、PCI接続用カードは12000~15000円ほどする高級品である。

今時のゲームを動かそう等と思ってはいないが、それでも高いと思うし、バルク品なども見つからない。
また、気に入ったカードの中古品も見つからないので、実際そのままになっていた。

さて、秋葉原の彼に譲ってもらったVGAカードは、GF8500GTだ。
勿論HDCP対応とあるので、今後ブルーレイなどの必要が生じたときも再生に対し問題がない。

そのカードは玄人志向のものだが、開封したが未使用と言うことであり、実際端子部分にスロットにセットした痕はなく新品のようだ。
それを7000円で分けてもらったのだ。

早速、マイクロATXデスクトップにセットアップしてみた。

現在、我が家のディスプレーは夏子2号に22インチワイドがセットしてあり、家内用に24インチワイドを用意してあった。
しかし、キューブには128MbのVRAMしか搭載されておらず、きっとメモリー不足からうまく表示してくれない可能性があり、箱に入ったままにしてあった。

さて、結果は十分に満足のいくものだった。
画面の動きは軽快、動画や3D関連もスムーズな動きであり、VGAカードでこれほどパソコンが快適になるかという典型的な例になった。

現在我が家にはオーストラリアの女の子が在宅しているので、作業はここまでとし、データの移行や諸々の設定は冬休みに入ってお正月になってからと言うことで、再び封印したが、今回は家内も満足の様子。

今後の予定は、17インチ(ノーマルな液晶)と16インチ(これもノーマルな液晶)が余るが、17インチは家内の実家の義父が15インチ(ノーマルな液晶)なので、現在家内が使っているキューブのメンテナンスが終わった暁にそれとセットで、義父のパソコンをそっくり入れ替えようかと思っている。

さて、その結果は、ディスプレーは16インチ1台と15インチが2台が手元に残ることになるから、会社の夏子1号でサブディスプレーで使っている15インチと交換しよう。

しかし、人というのは贅沢なもので2年くらい前ならば15インチ液晶などは、あったら頂戴!!なんてよく言われていたが今時は15インチなのか・・・なんて言われ欲しがる方が少なくなった。

今回の流れで15インチが3台残ると思うが、どうしたものかなぁ・・・。

|

« 成長 | トップページ | ホームステイ03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCI接続VGAカード:

« 成長 | トップページ | ホームステイ03 »