« エラーの波 | トップページ | 周辺機器の設定 »

2009/01/06

MSI社より連絡あり

MSIからメールが届いた。

対象製品のBIOSファイルがアップされているサイトのURLだ。
アクセスしてみると、2種類のファイルがある。
そのうち新しいファイルをダウンロードして、早速壊れたBIOSの修復に入った。
しかし、症状は改善せずBIOS設定画面に入ることが出来ない。

そこで、もう一つの日付が古い方のもの、このパソコンを購入した時点と同じものをダウンロードし、同じように書き換えを実行したところ、見事にBIOS設定画面にログインできるようになった。

そして、ファーストブートをCD-ROMに変更し、二番目にHDD、更に三番目にFDDを設定する。
ついでに、USBキーボードとUSBマウスのサポートを有効にし、レガシーポートであるシリアルポートとパラレルポートを使わない設定に変更する。

念のため、HDDとDVD-RWを正確に認識させ、メモリーを正しく読み取っているかまでを確認し、セーブし再起動しBIOS上の動作確認をする。

あとは、WindowsXPのCDメディアをセットして再起動しCDブートさせ、無事にCDを読み取ることが出来れば、とほほとさよならできる。

FAT32でフォーマットしたHDDをNTFSでフォーマットしてさっぱりした状態から、途中の入力画面まで、ゆっくりとお風呂につかり、出たところで続き。

このキューブ型パソコンはチップセットにSISを使っているので、マザーボードのユーティリティソフトには、AGPドライバーとネットワークドライバーなど数点のドライバーのみ収録されている。

別途、インストールしたのは、VGAカードのRadeon9550と、USB2.0の増設のみ。
最近のRadeonVGAカードのドライバーとユーティリティは、.Net Framework2.0がインストールされていないとインストールできない。
つまりSP2以降じゃないとドライバー以外はセットアップできないし、ドライバーの動きも不自然なところがある。

そこで、一気にSP3までアップし、他の全てのアップデートをインストールし終わってからVGAドライバーの更新を行った。

なお、途中一瞬だがヒヤッとしたところがある。
チップセットのFANがあまりにも静かなので、回っているのかどうか心配になったが、二枚装着しているメモリーの影になって様子が見えないので、メモリーを一旦外しじゃまにならない方のメモリーだけ戻して、起動させFANが確かに回っていることを確認後元に戻した後の話。

起動させる、BIOS画面からWindowsにバトンタッチする瞬間に再起動をし、それが延々と続く。
しかし、これは過去に経験があるのですかさずメモリーを外し、手前と奥を交換して再装着し起動すると何事もなく立ち上がる。
これは、理屈不要に相性というものだ。
パソコンなんてこんなもの。

取りあえず、パソコンとして使える状態に仕上げたが、このキューブ型パソコンは、本来Windowsを起動しなくても、AM・FMラジオとCD音楽を聞くことが出来る仕様になっていて、全面にはそれらを表示する液晶が取り付けられている。
しかし、その液晶が終ぞ表示されることはなかった。
BIOSのエラーの影響だろうと考え、修復の後はここも使えるようになると期待したが甘かった。
ま、それが使えなくてもパソコンとして機能してくれれば何ら問題がないからいいが。

いずれにしても、投資金額が小さいとはいえ、分解掃除と電源FANの交換、チップセットFANの購入と交換など手間暇が相当かかった分の元は取れそうだ。
良かった良かった・・・・・安心するのはまだ早いかな・・・・

そうだ、MSI社にちゃんとお礼を言わなければ。
改めてありがとうございました。

|

« エラーの波 | トップページ | 周辺機器の設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MSI社より連絡あり:

« エラーの波 | トップページ | 周辺機器の設定 »