« iPod Touch用マイク | トップページ | 思いこみ »

2009/04/04

DVDのリッピング

DVDムービーを、バックアップのためリッピングすることが違法かどうかと言う議論はあるが、今回の話は視点が違うので、ここでは触れない。

DVDムービーをiPod Touchで視聴できるようにするためには、取りあえずパソコンにデータを取り込まなければならない。
現在、フリーソフトでリッピングできるのは、DVD Decrypterと言うソフトが有名だが、最近はこのソフトではコントロールできない新たなコピーコントロール技術が導入されたDVDムービーも販売され、それらに対応したDVDFab HD Decrypterと言うソフトもインターネット上で流布されている。

通常は、DVD Decrypterで事は足りてしまうのだが、最近リリースされた妖精を主人公としたアニメは、このソフトではリッピングが出来なかった。

そこで、DVDFab HD Decrypterを試してみた。
その結果、リッピングが出来たことは出来たが、なんと5時間も掛かったのだ。
通常、Core2DuoE6600クラスで10分から15分ほどの作業だが、データ転送速度が2Mb/秒ほどで、作業は延々と進まない。
そのままパソコンを放っておいて昼寝と決め込んでおいたがまだ、リッピング中だった。

取りあえず終了たのでリッピング後のデータ容量を確認してみたら、18.2Gb ファイル数98とある。
???と思い、「VIDEO_TS」フォルダーを開けてみたら、ずらっと並ぶファイルに唖然とした。
リッピング後に容量を市販されているDVD-Rなどは4.7Gbなので容量調整(エンコードないしトランスコード)
を行うのだが、これもフリーソフトで有名なDVD Shrinkと言うソフトを使ってみたが、メインデータが10数個出来ている。

ちなみに、右ペインのメインデータの一つを選択し、再生してみるとちゃんと最初から最後まで普通に見られるのだが、圧縮するため右から左のペインにドラッグアンドドロップしてから再生すると、動画のクリップの順番がばらばらになっていて、どのファイルも全て同じ状態だった。

そこで、DVD Shrinkはあきらめ、動画編集で使用しているTMPGEnc 4.0 XPressを使ってみることにした。
認識した動画ファイルは全てで62個。

そのうち32個ほどが本編に該当する再生時間の表示があるものだったので、片っ端から編集画面で読み込み状態をチェックしてみたところ、1つを除き全て使いものにならないファイルだった。
だが、事は一つあればいいのでまともな一つを選択して、何とかiPod Touch用に変換することが出来た。

同じファイルを用い、今度はTMPGEnc DVD Author 3 with DivX Authoringを使ってDVDムービーもチェレンジしてみたが、こちらは調整が悪かったのか、画像が荒くまるでVHSを観ているような状態になってしまった。
そこで、一旦TMPGEnc 4.0 XPressで、DVD向けMpegファイルに書き出して、TMPGEnc DVD Author 3 with DivX AuthoringにバトンタッチしDVDムービーを作ってみようかと思っている。

ま、どちらにせよ最初の目的通り、iPod Touch用に動画変換できたのだからそれで良いが。
全く一日がかりの作業だった。

Video_ts_2


Ds01


Ds02


Ds03

|

« iPod Touch用マイク | トップページ | 思いこみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDのリッピング:

« iPod Touch用マイク | トップページ | 思いこみ »