« 学校の役員 | トップページ | 定年 »

2009/05/27

ユニホーム

私は、どろんこ遊びが幼少から好きで、この年になっても恥ずかしながらその傾向は今でも変わらない。

一応さわりだが、ラリーらしきものもかじって、ひっくり返った車の窓から、嫌っと言うほどに泥をかぶったことがある。
関節の故障から長距離が走れなくなった自転車にこだわり、マウンテンバイクではダウンヒル専門に参加していたこともある。
転べば、もちろん泥だらけである・・・と言うよりも、ダウンヒルで転ぶ行為はちと危ないかもしれないが・・・。

もちろん、モーターバイクはモトクロスのツーリングチームに入会し、すってんころりんの日々を過ごしたこともある。
おかげで、あちらこちら骨にひびが入ったり折れたり・・・・どれほど母親を困らせたり悲しませたりしたか分からないが、好きなものはやめられなかった。

しかし、加齢と体力の衰えには勝てず、アウトドアからインドアに少しずつ移行する中で、カメラの趣味だけは今でも自分のものである。

さて、今日はその中で、自転車の仲間の話。
と言っても、今の話であって現役時代のことではない。

私の自転車仲間は、特許事務所の所長、技工士、経師屋、電子ブック屋、HPデザイナー兼ヨガ教室先生、ショップブランド自転車屋、ユニホームの企画販売屋と、サラリーマンは私だけで他は全員小さいながら独立したオーナーたちである。

特許事務所の所長以外は、彼らが学生時代からの仲間で社会に出てから立志した連中ばかりだ。
どいつもこいつも頑固者ばかりで、自分の持論を絶対に引くことが無くいつまでも議論がつづく楽しい連中である。

その中で、ユニホーム店に久しぶりに顔を出した。

私が所属する建設業界は、流通不況による予定建築物の建設凍結、延期、縮小や中止などが相次ぎ工事量が激減し、結果的に売り上げが大幅に落ち込んでいる。

私の会社のもう一つの課である防災部は、製造工場に勤務する従業員のカットなどで、安全装備を使用する対象が大幅に減少したことが大きな理由となって、年度末というかき入れ時にも関わらず、過去にない売り上げ低迷を味わった。

ユニホーム店の仲間は、ファミリーレストランや飲食関連の売り上げ低迷に伴う、人員のカットにる余波でその系統に強い業者は大打撃を受けたという。

この業界で30年ほど生きているが、ある一定規模以上の会社が倒産するという経験は無いにも関わらず、今回の不況では2社ほどが消えて無くなった言っていた。

そう言った中でも、しっかりと生きていく事が出来る理由は。

そう、確固たる頑固である。
そう言ったお店は、妥協しないいいものを生み出す。
所謂職人魂だ。

このお店のリンクを貼った。
ネット販売しているなどと思っていなかったが、彼に教えてもらったので、いいものは多くのかたに知ってもらいたいと思い、掲載した。

ご興味のある方は一度、覗いてみてほしい。

http://www.uni-style.jp/

|

« 学校の役員 | トップページ | 定年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニホーム:

« 学校の役員 | トップページ | 定年 »