« iPod Touch | トップページ | スイスの彼女からのメール »

2009/06/13

Scope Node

ELECOM製のレーザーマウスの事である。

以前にも記した事があるが、私は決してマウスフェチではないが、新しいマウスが販売されると必ず一度は触りに出かける。

最近は、Microsoft製の安価なゲーマーマウスがリリースされ、早速触れてみた。
一瞬、財布のひもを開けてしまいそうになったが、デモ機を触っていた若い方が、普段使いで7つもボタンがいるかな・・・と言うつぶやきが聞こえてきたことで、購入を止めた。

ゲーマーマウスは、わずかな動きで反応する。
日常の使用では、動きが過剰なので、家内や娘はまずストレスになる。
私は、昔からマウスは高速に移動するのを好むので、家庭でも会社でも、私のパソコンを触った方はなかなかカーソルをアイコンに重ねられず、いらつくようだ。

つまり、ゲーマーマウスは更に速く動くという事ならば・・・・と単純にゲームのためではなく個人的趣味で使ってみようかなと思ったのだが、べたべたとボタンがついているマウスは、私の趣味ではないので止めた次第。

その隣に、今回購入したマウスが置いてあった。

どこかの新製品紹介のページにて紹介されているのを見た事があり、その独特な形状と製品化する上でのコンセプトが気になって、記憶していた。
最近になり、無線化した製品も販売されたが、今回はあえて有線式を選んだ。

WindowsVistaには、Microsoftのインテルポイントソフトウェアがインストールしたままで、Scope Nodeをセットアップした。
うん、良いかも。
普通のマウスのレーザー照射部分は、マウスの中心から少し前方に位置する本体の真ん中あたりにあるが、Scope Nodeは、親指位置と人差し指位置の中間、画像で言えば親指付近の出っ張り位置に、レーザー照射部分がある。
丁度筆を持つ時の、ペン先の位置というのが、このマウスのコンセプトだ。

最初は、手首の振りでわずかだが自分の感覚とずれがあったが、直ぐに落ち着く付いた。
しかし、Macでは違った。
どうしても、数センチのずれが生じる。

そのため、少し移動スピードを遅くして、手首の振れと、移動距離感覚を慣らしながらスピードを上げて行けばと思いながら、お試し中である。

このマウスは、少し小振りのため手のひらを載せて使うのではなく、持って手首で返すような使い方になる。
好き嫌いがはっきり出るタイプと思うが、私は好きになりそうだ。

さて、暫く使った後、改めて感想を記したい。


Scope_node


|

« iPod Touch | トップページ | スイスの彼女からのメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Scope Node:

« iPod Touch | トップページ | スイスの彼女からのメール »