« 蛇 | トップページ | Sun VirtualBox3.0beta2 »

2009/06/27

Windows7を予約した。

当初、どうしようか迷った。
というのは、Windows7RC版が来年まで無償で使用出来るという事と、現在我が家ではWindowsVistaが余っている状態で、無理矢理バーチャルPCでライセンスを消費している状態だから、敢えて早急に新OSを購入する必要がないと判断していた。

購入するとすれば、サービスパックがリリースされてからで良いかなとも考えていたし、どちらかと言えば、MacOSX の新しいOSスノーレパードが9月に販売開始となっているので、そちらの方に興味が大きかったのだ。
ところが、アップグレード版が二種類、Home PremiumとProfessionalが10日間ほどとはいえ、格安でキャンペーンに打って出てきて、その金額が通常アップグレード版の半分ほどとなれば、いつの間にか財布の口が開いてしまった。

予約したのは、Professional版を2個。

インストールする先は、現在使用中の私のiMacと今年の暮れに購入する予定の・・・・あくまで予定のMacBook Pro。

特にMacBookProは、会社内にてWindowsPCと混在して使用する予定のため、Mac上で仮想OS(予定はWindowsXP)を使って融合させようか、ブートキャンプで完全にWindows7で動作させて、場合によってはXPモードで運用しようか迷っている。

仮に、MacBookProでWindows7を使用しなければ、そのまま家内のパソコンにインストールする事も考慮し、2個の予約オーダーを行ったという訳だ。

決して安い買い物ではないが、WindowsVistaの時に比べれば遥かに低価格で販売され、Microsoftさん、ようやく消費者の気持ちを理解してくれたのかと、少しはほめてあげたい。

しかし、国内一般には3種類のエディッションが販売されるようだが、いい加減Macのようにシンプルにしたらと思う。
数が多ければ良いって物じゃない、そろそろその方面も気がついてほしいと思っている。


追記・・・・・

7777円と言う、格安Home Premiumアップグレード版は、26日予約受付初日に予定数量完売になったと言う。
私が選んだProfessionalアップグレード版も、27日には完売するだろうとの事。
当然と思う。
Windowsは高い。
いや、異常に高価だと思う。
ぼったくりとは言わないが、とにかく今時、数台(家族分に近いくらい)のパソコン台数は各家庭にあるだろうが、OSをアップグレードしようと思っても、予算が組めないくらい高価だ。
Macのように、少し高くしてクライアント数を増やすパッケージみたいな製品を、Microsoftも一般ユーザー相手に、そろそろ取り組んでほしい。

それにしても、売れ行きがすごかったようだ。
そのような状況になるならば、迷ってないでHome Premiumも1個くらい余分に買っておけば良かった。
ここでも、秋葉原の鉄則が生きていた・・・・しゅん。

|

« 蛇 | トップページ | Sun VirtualBox3.0beta2 »

コメント

私も・・・買ってしまいました。
と言いましても優待アップグレード版は、まごまごしてる
うちに完売 !!

素早い ご決断で Professinal版を2本Getとはさすがですね
でもよく考えてみますと小生にはアップグレードするものが
ないことに気づきました。
一台だけ買ってみたVistaノートは、ハードディスクが一杯で、SSDに換装しようと販売店に持ち込んではみたものの、
あいにくこの機種は換装ができません・・とのつれない返事

そこで、Windows7に無料アップグレードキャンペーンという
機種を買ってしまいました。
恐るべしWindows7の魔力・・・RC版のお試し配布は大成功のようです。

投稿: shonan | 2009/06/30 21:35

shonanさん、こんばんは。

秋葉原の鉄則というのがあります。
それは何かと言いますと、見つけたときに買え!と言うことです。
目的のものを、価格比較と言いながら最初のお店に戻っていくと完売と言うことはよくある話です。
現代は、よほどのことがない限り、ネットショップの方が安いことが多いのですが、レアな製品はやはりお店に出かけないと入手は難しく、この手の製品は見つけたら即効性で購入します。

Windows7は今回、コンビニ決済で手配をしました。
振り込まなければ、予約がキャンセルされるところがポイントです。
不要なら振り込まなければいいと言うことです。
と言っても、後一本購入予約すれば良かったと思っているくらいですから、最初から邪心はありませんでしたけれど(笑
一応念のための処置です。

さて、WindowsVistaのアップグレード版の場合、PCに既に旧OSがインストールされていないとアップグレードが出来ないと言う注意がありました。

WindowsXPやそれ以前のOSは、旧OSのインストールディスクがあれば、それのチェックでアップグレード出来たのですが、WindowsVistaは出来ない仕様になっていました・・・・表向きは。

裏技があって、旧OSが無くてもまたインストールされていなくても出来てしまったのですが、果たしてWindows7はどうでしょうか。

私は基本的にリカバリーは手間でも、クリーンインストール派ですので、旧OSがあっても綺麗にフォーマットをかけて、新規インストールします。

だから、WindowsVistaの時と同じ技が使えるといいなと思っています。

投稿: aike4 | 2009/06/30 22:15

裏技があるのですか・・・当方は裏技を使えないというか
使わない主義なので、週刊アスキー「ビスタの超技100」を参照して、
現有ノートVistaの80GB-HD内の不要ファイルを取り除き、

Windows7がインストールできる空きを作ることにしましょう。
専用ソフトで作成したデータも、新しく購入する64BitWindowsVistaUltimateマシンに
移してスリム化したいと考えております。
それにしても12年前に開発された専用ソフトが、Windows7RC64bit版で風のように動作したのは感動しました。もしも使い込んでみて不都合があれば、VirtualWindowsXPで作業すればよいので安心です。

投稿: shonan | 2009/07/01 11:21

Windows7優待アップグレードキャンペーン付の
i7-vistaUltimate64版のパソコンが届きました。

BTO完成日が七夕ということで、PC「織姫」と命名。
Vistaをセットアップしましたが、わくわく感は皆無。

現有ノートVistaのオフィスデータを移行しようかとも
考えましたが、気が重いので止めました。

とりあえず、仕事のソフトをインストールし、データを
織姫にコピーし、64bitパワーを体験しましょう。

無料アップグレード期間は9月ごろからと記載されており
一日も早くVistaの痕跡を取り除き、Vistak記憶は、
無かったことにしたいと思っています。

投稿: shonan | 2009/07/08 18:01

shonanさん、こんばんは。

ご無沙汰しております。
パソコンに名前をつけるというのは、なかなか粋な行為と思います。

私のパソコンは、夏子1号、夏子2号がWindowsPCです。iMacはサマーレディと言う名前があります。

その昔、自転車レースに興じていた時、愛車の名前は全てaike◯世と言う名前をつけていましたが、オールメッキにクリアレッドのかわいい自転車を自作してのですが、その愛車に名前が「夏子」だったのです。

その夏子は、女の友達がどうしても譲ってくれと言う事に根負けして、泣きながら養女に出したのを覚えています。
現在でも北海道で活躍していると言う噂は耳にします。

その名残から、パソコンには夏子という名前をつけています。

さて、我が家はWindowsVistaは2+1台稼働しています。
秋には、MacNoteProを購入予定なので、予約したWindows7はMacNoteにブートキャンプさせようかどうか迷っています。
MacNoteにはWindowsXPにし、Macと家内のWindowsPCにWindows7を当てようかとも考えています。

まだ、暫く時間がありますので、ゆっくりと考えようと思っています。

投稿: aike4 | 2009/07/08 23:16

aikeさん こんにちは shonanでございます。

最新のブログまで、楽しく拝見させていただいております。
爽やかな青春の回想やハンドルネームの由来など・・

自転車に乗りはじめますとと、自宅中心の生活から一気に
行動半径が広がり、自身の足による実態世界が開けますね。

「夏子」さんという愛称も、夏の日の風をきって走る姿に
ぴたりと当てはまります。

パソコンにも愛称を引き継がれているようですが、小生は
PCに愛称をつけたのは実は初めてです。
PC98に始まり、クリーム色のパソコンを使い続けてきたので
色白が好みなのですが、あわてて購入したPCは黒になって
しまうのが常です。

今回のPC「織姫」も、夏目雅子さんというよりもカルピスの
昔の「初恋の味」お嬢さんキャラのように真っ黒で・・・

Windows7RC版以来、初体験64bitパワーの虜になった
自分に気づかされます。

MacOSXもネット用として愛用しております。
また娘がレパートで絵を描いており、中学校で習得してきた
パワーポイントも小生が教わる立場にあります。

MacOSにWindows7を同居させるようになりましたら、また
ご教示を賜れば幸いでございます。

投稿: shonan | 2009/07/09 13:46

shonanさん、こんばんは。

昔から、我が家のパソコン達は、その日の気分で調子がいい時と悪い時があり、思わず「機嫌直してよ・・・」など優しく語りかけると不思議にエラーが出なくなったりします。
このようなことですから、機械ではなく友達・・・いや相棒という事になり、名前で呼ぶようになるのです。
現在はWindowsVistaにしろ、MacOSXにしろフリーズ等が発生した事がほとんど無いので、助かっていますが・・・

64ビットOSですが、実は私は本格的に試した事がありません。
仮想OSとしては動かした事がありますが、ネイティブなOSとしては無いのです。
WindowsVistaの64ビットをしっかりと所有しているにも関わらず。
なお、MacOSX10.5は基本部分は64ビットですが、100%では無いのでその意味で、64ビットの経験が無いと解釈してください。

今年は、MacにしろWindowsにしろいやでも64ビットに移行しますから、起動しないソフトがあった場合、いよいよ諦めるか多少レスポンスの悪いXPMで使用を続けるかでしょう。

いずれにしても、楽しみはもうすぐですね。

投稿: aike4 | 2009/07/09 22:30

aikeさん こんばんは

Windows7では、Virtual-XPがサポートされているので安心ですね。

レスポンスが多少悪くなるのを、お気にされているようですが、
コア2Q-9550のCPUならば快適に使用できることが実証済みです。

64bitVistaは快調で、仕事がはかどります。

パソコンが増えたので、デジタルとアナログ出力用のディスプレイ
分割器を購入して、ディスプレイのつなぎ換えのない環境を整えました。
Windows98 XP Vista 7RC MacOSX が適宜使用できて便利です。

Macは1600×1200dotの高精細ディスプレイにより
「ひらぎのゴシック」がより綺麗に見えることを確認しました。
このコメントも初めてMacからの投稿となります。
文字化けがでないか ちょっと心配ですが・・

インターネットは、IE8が Safari よりも快適です。
マシンパワーも二世代ほど前のもので、かなりの差がありますから
当然のことですが。

投稿: shonan | 2009/07/13 00:20

shonanさん、こんばんは。

レスポンスが・・・と言うのは、ネイティブにアプリケーションを動作させた時との体感的なものです。
また、3Dアプリケーションは特にと付け加えておきます。

もともと、仮想OSの使用する目的が、WindowsVistaなどで動かないアプリの動作なのですから、ゲーム等の3Dアプリケーションまで求めるのは酷かもしれませんね。

ずいぶんとバラエティにOSを使いこなしていらっしゃるのですね。
ま、私も仕事上WindowsXPマシンで仮想的にWindows95を使用していますが、これはメモリー量が少なくて済むのと動作が軽いという理由です。
たった一つのアプリケーションを動かすためですので、これで十分。

IE8はWindowsLiveとの連携がいいので、重宝していますが、個人的にはサファリの方が好きです。
どちらも甲乙付けがたいブラウザですね。

今、興味があるのはグーグルOSです。
どうやらWindowsアプリが動作するらしい。
今一仕様が分からないのですが、楽しみにしています。

投稿: aike4 | 2009/07/13 20:17

Google Chrome OS は噂が噂をよび、明確な実像が判らない
のですが、聞いた話ではカーネルはLinuxらしいという記事が
最新の週刊アスキーに載っていました。

WindowsはVer3.1-PC9821から使用しています。
動作評価が目的で古いマシンも残していますが、WinMeぐらいから
動作保証確認を行っております。

今回のWindows7RCように、直前に動作評価ができると安心です。

Safariはフォントが見易く、おしゃれなのですが・・・
当方のMacは二世代ほど前のマシンで、ちょっと待たされるのが難です。
当初は、美しい画面に感動したものですが、最新CPUのIE8ではネットを
意識さないスピードにびっくりさせられております。

Viertual WindowsXPで、小生がテストしたのはMSオフィス系の
ソフトで、確かに3Dゲームでは厳しいでしょうね。

「織姫」の標準搭載のグラフィックボードは、3D描画に優れた
GeForceGTS250でしたが、追加料金を支払って2Dの精細表示で
 定評のあるクアトロに交換しました。

最新のグラフィックボードが、モンスターハンターのような
3Dゲーム用として開発され、それに高価な対価を支払って購入する
ヘビーユーザーの心境は、小生には理解の外です。

世の中には小室さんやマイケルジャクソンのように3Dに興じる方が
多いんですね。
我が家の妻子は、昼夜を問わずドラゴンクエストに興じており、
これも理解できませんな・・・それでも いいのかなぁ~
DQの発売は、テレビニュースでも取り上げられているし

P.S. MacOSX10.28の環境でIE5でアクセスしますと文字入力で
  文字化けとなります。SaFariでは正常なようですが・・・
  ディスプレイ分配機をディスプレイ分割器と誤入力して
  しまいました。たびたびの事ですが恥じ入るばかりです。

投稿: shonan | 2009/07/14 16:16

shonanさん、こんばんは。

現在の行きすぎたグラフィックカードの能力には疑問を持つというのには理解が出来ます。

私は、Tomb Raiderと言うゲームを遊んでいますが、シリーズが重なる度にグラフィックが美しくなり、それに連れて能力の向上したVGAが必要になります。
高価なVGAを望む気持ちは一応理解できますが・・・

因みに、私は興味のないシューテイングゲームの世界ですが、対戦する場合コンマ何秒という世界と聞いています。
少しでも壁画速度が速く、かつリアルに表示することが勝敗を分けるのだそうです。
同じ理由で、ゲーム専用マウスもあるくらいです。
なお、そのようなマウスは普通では使いづらいそうです。
私の世界ではありませんけれどね。

私は、ゲーム用のパソコンとグラフィック用のパソコンにはそれぞれ異なる性格のVGAをセットしていました。
3Dではなく、2D用には以前はマトロックス製ミレニアムなどを愛用していました。

ゲーム用のNVidia、発色のATIとも言われていた時代もありましたが、現在はそれほど変わらないようです。
選べるVGAメーカーが昔から比べると少なくなり、寂しく感じることがあります。

いつ頃の頃でしょうか、VGAにはそれほどかまわなくなったのは。
きっとiMacのせいでしょうね。
VGAの交換が出来ないと言うことは、それで我慢すると言うことでそのうち慣れてしまったのでしょう。

と、同時にシステムに対する見方が変わったのかもしれません。
Windowsは部品の交換が容易なので、手を常に加えるため、愛着や所有感が希薄になりますが、Macはそれしかないので使い込みます。
より快適に使うため、その中で努力する内、かわいくなってしまうのです。

どうやら、スティーブ・ジョブスの罠にはまってしまったようです(笑


投稿: aike4 | 2009/07/14 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7を予約した。:

« 蛇 | トップページ | Sun VirtualBox3.0beta2 »