« 北海道 | トップページ | 40肩 »

2009/07/29

待っていたCPU

TDPがやたらと高い、Core i7はどうしても興味を持てない部類だった。
私がパソコンに求めるのは、現在使用しているアプリケーションが快適+な動きをしてくれること。
時折のゲーム・・・・好きなものが適度に表示されて遊べること。
そして、静かな事と、熱くないこと。
更には、メンテが楽な事。

と、多くの方が望んでいる事を集約しているように見えるが、それでいて、これらをかなえるパソコンはそう多くはない。

しかし、能力が高いから発熱が大きいとはどうしても私的に=にはならない。
そのような意味で、Core i7の発熱量は納得のいくレベルのものではなかった。

そのようなときにようやく噂のベールが開き、欲しかったレベルのCPUがアナウンスされた。
Core i5とCore i3である。

私はCore i5を時期我が家のWindowsマシンに採用したいと考えている。
それをどのパソコンに使うか?
家内の「ジャスミン」である。
現行、家内のパソコンはPen4 3.0GHzを使用しているが、家内のパソコン使用状態を鑑みれば、Atomクラスでも足りるかもしれないと思った時もあるが、今後5年以上使用するパソコンを組むとなると、現状で出来うる限り最上のシステムを組んだ方が良いと考える。

しかも、秋にはWindowsVistaからWindows7にOSを変更する事にしているので、それに見合ったパソコンを用意してあげたい。

因にPen4 3.0GHzのTDPは82Wほど、Core i5は65Wと言う。
発熱性の低さも、採用基準に一致する。

さて、時期だがやはり来年まで引っ張るだろう。
マザーボード(X57)が展示会で姿を見せた。
CPUは今年後半・・・・とアナウンスされている状態では、製品(マザーボード)の数とUSB3.0などの次世代インターフェースの標準搭載と価格のこなれを重ねると、今年購入は人柱扱いになりかねないからね。

いずれにせよ、今はしっかりと情報集めと行きたい。

|

« 北海道 | トップページ | 40肩 »

コメント

aike4さん
こんばんは shonanでございます。

Windows7無料アップグレードのキャッチに のせられて
短慮にもcore i7-織姫を購入してしまいました。

織姫には、鶴の恩返しの「おつう」さんのように
「けっして覗いてはいけませんよ !」と 釘をさされていないので
 開けてみました。
なんと デカイ冷却ファンで、頭を冷やしていることか !!!
グラフィックボードは三連装を搭載可能で・・
本来これはゲーマー御用達PCだったかも知れません。

重い Vista も力任せにブン回しているようで、Windows7に
バージョンアップする必要もないかと・・思うこの頃。

ここ数日は、WindowsXP 32bit7 64bit7 と使い回しの良い
core2Q-シリウスが稼働しています。

PC-◎子は、すっかりベンチウォーマーとなってしまいました。
スピードに慣れてしまいますと、なかなか元には戻れません。

P.S. ノートパソコンを使って長時間印刷作業をするときは、
  液晶画面を90°に開き、排気口をが上に来るように立てて
  います。
  ノートPCが倒れないようにと気を使いますが自然換気で
  効率よく冷えます。
  このセレロンノートVistaが遅いってなんの・・

投稿: shonan | 2009/07/30 22:03

shonanさん、こんばんは。
バリバリにゲームの画質を求めていた時代は、とにかくがむしゃらにマシンパワーを追い求めていたことがあります。
ある日、ほとんどメールしか行なわない方が当時最高のVGAをセットして自慢しているのを見たとき、何故か「無駄使い」という言葉が頭を駆けめぐったのです。
それは、自分に対して・・・・・・
それ以来、必要な部分以外そぎ落としたパソコンを求めるようになったのです。
その結果、風林火山的なパソコンが私に合っていると言うことに気がつきました。
武田信玄は、私のご先祖様の関係者ですからその教えはきっと私のDNAの中に流れているのでしょう(笑

スイッチを押しても動かざる事・・・・では困りますが・・・・。

現在、iMacがメインマシンとして私と毎日顔つき合わせていますが、これこそ「静かなること・・・・」です。
決して、最強なパワーはありませんが、安定した底力は「火のごとし・・・」です。

処理も、十分な速度を保持し「風のごとく・・・」変換してくれます。

しかし、時代はWindows7。
騎馬隊から鉄砲に変わる如く、来年はCore i5にチャレンジしたいと思っています。
でも、基本は静かなことが前提ですので、各パーツも厳選しなければなりませんので、秋葉通いが始まりそうです。

ところで、Windows7のホームプレミアムの3ライセンス版が発表されました。
XPモードなどに興味のない方は、結構お得なのでは?と興味を持っています。

投稿: aike4 | 2009/08/01 17:47

aike4さん こんばんは

今日は、さわやかな土曜日で海辺は、ビーチバレーなどで
賑わいました。
大音量のバンド生演奏もあり、あまりにも大音量にボーカルの歌詞が
伝わってこないのに、演奏の合間の「うるさくて、ビーチの皆様
すみません。俺らには、生き方がこれしかないもので・・」が妙に
心に滲みました。

さて、WindowsXPのヒットの理由に、インターネットとの融合が
スムーズに行えた事。Vistaでは家電並みの簡単な取り扱いが可能
とのふれ込みでしたが、企業ユーザーは次のOSを待っていた
ようです。

Windows7では、Vistaでは切り捨てたXPの親和性で企業ユーザーを
ハイビジョン放送との融合で個人ユーザーの支持が得られればいいな
と思っております。

iMacは、ネット接続でウィルスの心配が少なく、表示フォントの
ひらぎのゴシックが綺麗なので、小生も愛用しております。
今年4月に購入した、娘のiBookでは外部ディスプレイの縦置きの
指定が簡単にできて、ホームページの閲覧が最適です。

WindowsVistaを快適に使用するには、強力なマシンパワーが必要
であると、織姫によって再認識させられました。

Window7では体感的に Core2Qシリウスで、満足する動作が得られ
特に64bit版が書き込みスピード早く快適に感じられます。
i5とi3では、Windows7との最適化が図られるでしょうから、さらに
快適な環境が得られるでしょうね。

コストはi7よりも抑えられるのは必定ですのでユーザーにとっては
ありがたいことですが、インテルのハイエンドCPUの開発はVistaの
終焉と共に黄色信号となり、一縷の望みを託すのはゲームヘビー
ユーザーのあくなきスピード願望ということになるのでしようか。

投稿: shonan | 2009/08/02 00:48

shonanさん、こんばんは。

クロック数によるパワーアップからアーキテクチャーの進化で、CPUの世界は変わってきたと思います。
設計の方法で、多方面かた多目的に種々のCPUが開発され、我々にとっては非常に贅沢な環境になったと喜ぶべきと思います。

AtomからCorei7まで、これほどラインナップが広い状態は昔では考えられませんでした。

私的どのようなOSが出てきても、更にパワーのアップしたCPUはがむしゃらに製造されると思います。
高速化は、形が違えども人類の飽くなき探求ですから。

投稿: aike4 | 2009/08/04 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待っていたCPU:

« 北海道 | トップページ | 40肩 »