« カメキチ | トップページ | 両神山 »

2009/08/11

AppleCare Protection Plan for iPod touch/iPod classic

アップルからメールで、iPod Touchの保証期限が近づいていますよと連絡が来た。

もともと、この世にiPod Touchが誕生したとき、実機を触ってみたが、アプリケーションの内容から全く魅力を感じない製品で当時iPod Touch nano を購入したが、その後アップデートがあり、その結果メールが出来たりと大いに魅力のある製品に変化したのを見て、私の触手が動いたのを覚えている。

しかし、更にアップグレードした次バージョン(現行品)が噂され始めた頃だったので、ひたすら堪え忍んで、それが販売開始となると同時に直ぐにアップルストアにオーダーした。

そして、あれから一年が過ぎようとしている。
しかし購入したはいいが、どこかに不安があった。
この製品に対して過大に期待をしていないか、期待に反して満足できず途中で使わなくなるのじゃないか・・・など。
だから、今までアップル製品では必ず手続きしてきたAppleCare Protection PlanをiPod Touchに対しては行なっていなかった。
しかし、今や片時も私の側を離れることなく、重要なデータを内包したこのアイテムが壊れるという恐怖を抱えながら大切に使ってきている。

そうこうしているうちに、次期iPod Touchの噂が流れてきた。
どうやらいよいよカメラが内蔵され動画も撮れるらしい。
また、9月に発表があるとも聞いている。

新型が出たら下取り買い換えしようか・・・・と迷っているときにアップルからのメールが届いたというわけだ。
結局、サポートの更新を選択し、AppleCare Protection Plan for iPod touch/iPod classicのオーダーを行なった。

新しく、iPod Touchがリリースされたら、たぶん購入すると思う。
そして、容量が足りず苦労をしている娘のiPod nanoを家内が使うようになり、その代わりに私のiPod Touchが娘に行くことになるだろう。

現在家内が使っている、更に世代が古いiPod nanoは、インサイトの常備用として活用することになりそうだ。

家族でiPodを使っているので、周辺機器や接続アイテムが共通で使用できて便利だし、iTunesの共有も可能。
ほかのメーカー製製品では型式が変わるとこのようには行かないので、アップルのiPodに対する考え方はとても好きだし、一台一台は決して安くはないが、共有すると結果的にリーズナブルな傾向になる。

我が家は一家そろって、iPodと切り離せなくなりつつある。

・・・・・・いや、既にそうなってしまっているかもしれない。

|

« カメキチ | トップページ | 両神山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AppleCare Protection Plan for iPod touch/iPod classic:

« カメキチ | トップページ | 両神山 »