« Biohazard4 iPod プロフェッショナルモード | トップページ | 使える状態になったMacOSX10.6 »

2009/08/29

フォーマットしてインストール

Mac OS X 10.6 Snow Leopardのインストールを試みた。
ところが、ディスクエラーが出て、インストールが中断してしまう。
よく見ると、Cドライブの空き容量が0Gbと表示されている。
実際は200Gb以上空きがあるのに・・・・・

しばらく前に、ディスクにエラーがあるというダイアログが出て、ディスクユーティリティで修復を試みたとき、よくわからないがなにやら修復できませんでしたという説明書きが出たことがある。
だが、特別挙動が不審な動きをすることもなく、何ら問題なくiMacは動作してくれているのでそのまま忘れてしまっていた。

結局それらの何らかが影響して、空き容量が正しく認識せずインストールが出来ないということになってしまったようだ。
そこで、インストールDVDから立ち上げ、ディスクユーティリティでもう一度修復をかけてみたのだが、赤文字のエラーが出るのでもなく問題点がみられないので、仕切り直しのインストールを行ったが、結果的に同じことだった。

さて、データはタイムマシンに読み込ませているので、そこから復元すればいいし、アプリケーションはいろいろと試して、結局残骸と化しているものも結構ほったらかしになっているものもあり、ここは一度さっぱりきれいにしたしまおうと、ディスクをフォーマットして新規にインストールした。

一度、エラーが出て再起動してインストールし直してくださいと出たのだが、再起動後インストールが始まってそのまま放置しておいたら、無事にMac OS X 10.6 Snow Leopardが起動してくれた。

全くの初期状態である。

iLife09をインストールしないと、iPhoto09のバックアップデータは戻せないので、とりあえずiTunesのデータをタイムカプセルから戻す・・・・・38分ほどかかった。

メールなどの設定は、iPod Touchがあるのでことは足りるから、後回しにして、iPod Touch関連を元通りにしてから次のステップに移ることにした。
無事に、iPod Touchからカレンダーデータとアドレスデータやなど、またメモも同期が完了し復元した。

さて、iLife09をインストールし終えたところで、画像データのバックアップだがピクチャーフォルダーに書き戻した画像データをiPhoto09がうまく読み込んでくれないので、書き戻したデータの中のiPhotoライブラリーを直接ドラッグ&ドロップする。
画像は20000枚近くあるので、読み込むのにたっぷり2時間はかかった。

インストールを開始して4時間30分ほどたったが、なんとか無事に設定の80%ほどが出来た。
普段使うアプリケーションは、また日を改めて行うことにする。

??iPhoto09の最終処理がまだ終わっていなかった。
今しばらく続きそうだ。

・・・・・・疲れた。

|

« Biohazard4 iPod プロフェッショナルモード | トップページ | 使える状態になったMacOSX10.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーマットしてインストール:

« Biohazard4 iPod プロフェッショナルモード | トップページ | 使える状態になったMacOSX10.6 »