« MacBookProとiPod Touchの同期 | トップページ | 通信回線 »

2009/09/19

MacBookProとマウス

インテルマウスが好きで、PS2ポートタイプのマウスが2個あるが、現在は使っていない。
同じ型でUSBタイプも何故か2個あるが、一個はリビングの夏子2号にセットしてあるが、手の平が小さな娘に合わせてあるためだ。

元々私の手も男性としては小さい方なので、大ぶりのマウスは使えない。
そのため、モバイル用よりは大きく、普通のマウスよりは小さめの初期のインテルマウスが一番扱いやすい。

2階にある、パソコンの一台には、ワイヤレスインテルマウスエクスプローラーという大ぶりのマウスがセットされているが、レザー張りと言うことで購入したが、やはり大ぶりと言うこともあり真剣に使い込んでいない。
もう一台には初期のインテルマウストラックボールをセットしてある。

その昔、狭い机の上には2台のパソコンが並び、切り替え器は高価なためキーボードとマウスを両方とも用意したが、スペースが狭くまともにマウスの操作ができないので、トラックボールを選んだのだ。
結構長く使用したが、ボールの回転がそのうちに悪くなり、その後に販売された、トラックボールエクスプローラーは使い勝手が良くなくて、ほんのわずかの期間使用して倉庫に直行した。
だが、初代のトラックボールの味が忘れられず、回転部分を研磨し調整して以前の使い勝手を再現してからは、今でも現役で活躍している。

さて、iMacはどうか・・・・現在、Arcマウスを使っている。
これは、電池の消耗が激しいのだが、エネロープに変えてからは充電が苦にならなくなったので、常用するようになった。

私は、マウスに多機能ボタンなどの特殊機能を求めていないので、きわめてシンプルに且つレーザーポインターのような切れのある動きをしてくれるのであれば、それで十分である。

今日、なぜマウスの話をするかと言えば、MacBookProにいくつかのマウスをセットして試した結果、一番最適な動きをするのが、Scope Nodeであると分かったのだ。
これは、しばらく前にiMacにセットしていた。
しかし、MacBookProとArcマウスでは動きのフィーリングが微妙に合わない。
スピードコントロールの区切りがあと0.5刻み調整できればいいが、残念ながらそのような微調整が出来ないので微妙に速いか遅いか・・・

その点、Scope Nodeは絶妙な箇所でフィーリングが一致した。
Macのマイティマウスは握ったときの感覚は悪くはないが、右ボタンを利用したドラッグがとても苦痛で仕舞いっぱなしだが、もちろんMacBookProにも試してみたが、こんなにももったりとしていたのだろうかと思うくらいスローな動きだったので、再び倉庫に入った。
マイティマウスはブルートゥースなので、USBなどのポートを塞がないので、仕様面の使い勝手はいいのだが・・・

と言うことで、iMacで常用していたScope NodeをこれからMacBookProのお供として持ち歩くことになる。
実際、事務所で長時間MacBookProを使用しない限り、トラックパッドの絶妙な操作感があるので、それほどマウスは使わないと思うが、やはりいざという時に使いづらいとストレスになるのでここはこだわりたい。

私が所有する、ワイヤレスノートブックというマウスは、私の事務所ではどうやら卓上電話機か何かと電波が干渉するようで、極度にワイヤレス性能が落ちる。
そのためにデスクの中に入れたままになっている。
2個持っていたが、どちらも挙動は変わらないし、ワイヤレス性能もそれほど良くはない。
使い勝手はそこそこいいが、レシーバーの巨大さには嫌気がさす。

iMacはキーボードの裏面に2カ所のUSBポートがあるが、ArcマウスにしろScope Nodeにしろ、レシーバーが小さいので裏面のUSBポートにセットしても表から見た場合出っ張らないためセットしてあることすら忘れてしまう。
やはり、このような類のものは間違えて引っかけてポートを壊すなどと言ったトラブルを防ぐためにも出来うる限り小型の方がいい。

さて、しばらくこの布陣で使用を継続してみよう。
・・・・もう、一個Scope Nodeが欲しいな・・・・


|

« MacBookProとiPod Touchの同期 | トップページ | 通信回線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBookProとマウス:

« MacBookProとiPod Touchの同期 | トップページ | 通信回線 »