« iMac飛ぶ | トップページ | 内視鏡 »

2009/10/15

iMacリカバリー終了

MacOSX10.6クラッシュのため、リカバリーを行なった。

データはタイムマシンがタイムカプセルにバックアップしてくれているので、OSの再インストール後に書き戻せばいい。
なお、タイムカプセルにはデータのみバックアップするように設定しているのでアプリケーションはOS同様セットアップをし直さなければならない。

ただし、Windowsと比べて手持ちのMac用アプリケーションが少ないので、そんなに時間は掛からないので、のんびりと仕上げていけばいい。

特別、とほほもなく復元が完了した。
現在データは、iMacで画像と音楽データを管理している。
そして、MacBookProで動画と、諸々のデータの管理を行なうなど分業をさせていて、それぞれバックアップ先のHDDを分けている。
MacBookPro側でiPod Touchを管理するようになった事によって、それぞれ分けて管理するようになった。

さて、一番面倒なのはメールデータの復元だった。
このメールデータは、両Macとも全く同じフォルダー管理を行なっているため、どちらのMacを立ち上げ確認しても同じ位置に同じメールが保存されている。

iMacのリカバリー後、元のメールフォルダーを書き戻してそれを読み出させようとしたが、表題が出てもメールの中身が表示されない。
幾度トライしても結果は同じ。

仕方がないので、フォルダーを削除し、MacBookProのメールフォルダーをコピーして所定の場所にセットし、メールを立ち上げると見事に復元できた。
どうしてかは分からないが、結果オーライである。

さて、リカバリーが終わりデータの復元も無事に終了したので、最初のバックアップを手動でタイムカプセルに対し行なおうと思ったら、タイムカプセルが変な動きをし始めた。
接続したと思ったら直ぐに切断したり、つながったり・・・

仕方がないので、一旦タイムカプセルをフォーマットしてから最初のバックアップを行なってみたところ問題なく一定時間で作動するようになった。

たぶん、バックアップする範囲が、OSがクラッシュする前とした後で違った配置になっていた為だろうと勝手な解釈をして、こちらも結果オーライとした。
なお、今回はMacドライブ内は全てバックアップするようにしたが、これはクラッシュしたときに出来るだけ短時間で復元する為の便宜である。

どちらにしても、Macでは初めてのことだったので、分からないことだらけだが、こういったこともあるという前提で常にバックアップを行なっておかなければならないということを改めて再認識した次第。


|

« iMac飛ぶ | トップページ | 内視鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMacリカバリー終了:

« iMac飛ぶ | トップページ | 内視鏡 »