« WindowsXPモード | トップページ | Windows7のインストール方法 »

2009/10/30

WindowsXPモードを操作する

WindowsVistaではうまく動作しないソフトと、ドライバーは問題なくインストールできているはずなのに誤作動するドットプリンター。
Windows3.1時代のOfficeのアクセスのみ動作する重要なアプリケーション。

今までは、MSバーチャルPCを利用して使用をなんとか継続させてきた。
今回、Windows7はプロフェッショナルなので、WindowsXPモードを標準で利用出来る。
そのため、改めてXPモードを使って、それらのソフトやアプリケーションを動作させようと取りかかった。

ところが、WindowsXPモードを起動して会社のネットワークにログインさせようとしてもグループまでは認識するのだが、つながっている端末が表示されない。

使いたいドットプリンターは古いため、1台の端末にパラレルで接続してネットワークプリンター化させているため、端末が見えないと言う事はプリンターが使えないと言う事だ。
そこで、WindowsVista上ではうまく行かなかったソフトなどだが、Windows7に試しにインストールして印刷も出来る設定をしてみたら、なんとうまく行くではないか。

話には聞いていた。
WindowsVistaで使えなくなったソフトなどがWindows7で動作する場合があると。
まさにその通りの状態が発生し、大変うれしくなった。

なお、Officeの方は現行バージョンと不整合を起こすのは目に見えているので、WindowsXモードで起動したWindowsXPにセットアップし無事に関連ソフトが使えるようになった。
なお、こちらのソフトは印刷作業をする事は無いので、起動さえしてくれればいい。

さて、これらのセットアップによって、業務上全て問題なく使えると思って、ジャストシステムの図形ソフトである花子を使って作成した図面をPDF化しようと、プリンター項目を見てみるとAdobePDFが無い。
もちろんアクロバットはインストール済みだ。
PDFファイル化出来ないのは業務上凄い負担になる。
ワードとか、エクセルをPDF化するのはOfficeが標準で保存形式をサポートしているし、アクロバットで複合する事も出来るが、ジャストシステムのソフト(2007)はサポートしていないし、花子はアクロバットがサポートしていない。

試しにAdobeCS3をアップデートしてみた。
そう、考えてみたらインストールした各ソフトのアップデートを終えていないものもある。
そのため、アクロバット8もアップデートしてみたら、無事にプリンターの項目にAdobePDFプリンターが追加されていた。
これで、印刷コマンドでPDF化する事が出来るので、助かった。

WindowsVistaの時には、ソフト面やハード類において不整合や誤動作があったが、Windows7はトラブル無くセットアップできた(XPモードのドットプリンターは、唯一の不具合)
この状態ならば、早期にWindows7を標準OSとして採用しても問題が無いと思い、近日中に社には正式報告をあげておこうと思っている。

Windows7・・・・・なかなかいいかも。

PS  Microsoftから無料のウィルスソフトがリリースされたが、安全度はどうだろう。
もう少し、人柱の情報が集まるまで傍観させてもらおうと思っているが、仮想OSも基本的にウィルスソフトの導入は必須。
しかし、有料だとそれこそ大変な出費となる。
今回のソフトが好評なら導入も視野に入れて検討をと思っている。

|

« WindowsXPモード | トップページ | Windows7のインストール方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPモードを操作する:

« WindowsXPモード | トップページ | Windows7のインストール方法 »