« 新しい規格 | トップページ | 防耐火構造などの大臣認定に関わる性能評価試験に供する試験体制作の厳格化 »

2009/11/16

新規にパソコンを組むための情報集め001

まだ先と言いながらも、現時点で果たしてどの程度の金額で新しくパソコンが組めるか、一応下調べを行なった。

パソコンをこれから組み立てるとなれば、当然のこと現時点で一番新しい規格を取り込んだ部品で組むのが、これから末永く使用できるポイントだ。

そこで、最近リリースされたUSB3.0などが組み込まれたマザーボードを検討した結果、家内の使用目的と合わせれば「GIGAVITE GA P55A UD3R」クラスがいいと考えている。

CPUはCore i5-750、メモリーはDDR1600 2Gb×2=4Gb。
HDDは、NASを充実させることを考慮すると、500Gbあればいい。
HDDは消耗品なので過去の使用状態から考慮すれば、1Tbなどの広大なデータ容量を埋め尽くす前にHDDの寿命を迎えてしまいそうなので、500Gbで十分と判断している。

さて、我が家のテレビにはブルーレイがビルトインされている。
そこで、それで録画したデータを拝聴するためにはブルーレイドライブは不可欠だが、パソコンで録画したりデータを活用する使い方を家内はしない。
従って、ブルーレイの録画機能はいらないと考え、BR-ROM DVDRWと言うドライブを考えている。

家内はゲームで遊ばない。
しかし、PhotoShopは使いこなしているので、ある程度の画像処理をこなせるVGAは必要だが、それでも10000円クラスのもので十分。

パソコンケースは、現在使用しているものを利用できる。

と言うことで、予算を下記にざっと書き出してみた。

マザーボード  19000円
CPU       19000円
メモリー      9000円
ドライブ      10000円
VGA       10000円
HDD        5000円

合計       72000円

なお、マザーボードなどは販売されたばかりで、来年2月頃には数千円値下がっていると考えられる。
他の部品も多少減価する可能性もあるので、×85掛けとすると62000円ほどで組み上がると考え、 そのあたりで予算だてしていこうと思っている。

本当は50000円位でと希望したいが、仕方なかろう。
でも、家内が喜んでくれるのであれば、それでいい。

とにかく、これからじっくりと選んでいこうっと。

|

« 新しい規格 | トップページ | 防耐火構造などの大臣認定に関わる性能評価試験に供する試験体制作の厳格化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新規にパソコンを組むための情報集め001:

« 新しい規格 | トップページ | 防耐火構造などの大臣認定に関わる性能評価試験に供する試験体制作の厳格化 »