« NASを更新した | トップページ | NASのファームウェア更新 »

2009/11/26

iPod nano 3G不具合

娘のお婿に行き、大変かわいがられてたiPod nano3Gだが、液晶が壊れた。
原因は見た限りでは予測ができるのだが、本人は自覚が無く、どうやら鞄の中に入れた状態で放り出したときに圧迫破損したようだ。

延長保証を行っているので、一縷の望みでアップルに修理依頼(無償修理になれば・・・と)をお願いしたが、やはり見る人が見ればわかる通り有償修理になるという通知があった。

実際、液晶画面修理にどのくらい修理代がかかるのか、ネットで調べてみたところ、20000円ほど(保証期間外)であり、保証期間内ならば12700円と言う。

2000円ほど足せば、現行最新のiPod nanoが購入でき、更に3000円(合計5000円)を上乗せすれば16Gb製品が手に入る。

娘にとって、通学の友(勉強なども含め)であり重要なアイテムだ。
クリスマスも近いので、背面に娘の名前を刻印してもらうサービスを含め、直ぐに手配した。

今は、家内のiPod nano 2Gを代用しているが、容量が4Gbでは英語の教材が入りきらない。
週明けには娘の手元に届く。
勉強に影響が出ないうちに手当ができそうだ。

親として甘いかもしれないが、本人も相当反省をしている姿を見ているので、今回は特別にクリスマスプレゼントとして渡す事にしている。
大事に使ってくれればいい・・・・

しかし、修理代金が高い。
有償延長保証といってもMACなどと違い、規定保証期間+1年間である。
保証規定以内で故障するケースは経験上ほとんどない。
過去にあったケースは、購入直後からフリーズが頻発してすぐに交換という事があったが、それ以外保証がらみの経験はない。
従って、今回購入したiPod nanoは有償延長保証を行う予定はない。

仮に不具合が出たら、新規に購入する予定だ。
それぐらいに修理代金と製品価格に差がなくなってきているという事だ。

さて、壊れたiPod nanoはどうするか・・・。
インサイトのナビにはiPod接続コネクターがあり、それに接続するとナビの液晶上で音楽再生管理ができる。
液晶が映らなくてもデータ再生に問題がなければ接続しっぱなしでいい。
音楽データの録音管理はiTunes上で出来るし・・・

また、液晶画面が2500円(送料込み)で手に入るようだ。
場合によっては自分で交換修理してもいい。
いずれにしてもまだまだ使えるはずなので、アップルから送り返された暁には私が使おう。
というよりも・・・・私の手元に戻ってきたというのが正しいか・・・


|

« NASを更新した | トップページ | NASのファームウェア更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod nano 3G不具合:

« NASを更新した | トップページ | NASのファームウェア更新 »