« Boze on –ear HeadPhonesで聴く | トップページ | Bozeのスピーカー »

2009/12/29

NAS飛ぶ

大掃除が終わり、お昼には毎年恒例のお寿司が出て、一年の締めくくりとするのがわが社の仕事納めだ。
車通勤のスタッフは、お茶を飲んで帰り仕度。
年末の挨拶を交わし、新年を迎える準備に帰宅する。
電車通勤のスタッフは、多少アルコールを飲みながら談笑する。

慌ただしくも年末を迎えたが、ユーザーとのトラブルもなく、無事にお飾りを飾り終えた。
私も車なので、そろそろ帰宅しようかと思い、最後の仕上げに一枚のファイルをNASにバックアップしようとクリックした。
ところが、ネットワークHDDであるNASが開いてくれない。
担当部署に行くと、NASがエラーを出して再起動してもネットワークで認識してくれないのだという。

このNASを購入してからそれほど経過していない頃、やはりエラーが出て接続出来なくなったことがあるが、ファームウェアをアップデートすることで修復したことがあり、今回もその方法でどうだろうと試みた。
だが、今回はずーっと再起動状態なったまま電源ランプが点滅したままだ。
リセットボタンを押してもなんの反応もなし、リセットボタンと電源ボタンの同時押しならば、起動したような状態だが、しばらく放置すると赤いエラーランプが点滅すると同時にエラー音が鳴り響く。

このNASに接続してあるUSB接続のHDDはバックアップ用である。
タイムマシンなどのように一時間起きというわけには行かないが、毎週日曜日に全面バックアップ、毎日差分増分という項目で自動バックアップが行われるように設定してある。

NAS本体が故障ということになれば修理に出すわけだが、業務は待ってくれない。
データは常に必要だ。

そこで、新しくNASを購入することとし、そのためにはバックアップ用USBHDDが開いてくれるかが問題。
というのは、バッファローの仕様でバックアップするためにはNAS専用のフォーマットを行う必要があり、例えばパソコンのUSBに直接接続してもドライブとして認識されない。
つまり、バッファロー製のNASに接続すればそのNASを通してデータが見える可能性があるというわけだ。

我が家のNASは、しばらく前の購入したばかりのバッファロー製なので、そのUSBHDDを早速持ち帰り、実行してみた。
しかし、認識はしていてもアクセス権限が無いということでアクセスが出来ない。
これは、このUSBHDDをバックアップ用として設定してあるためで、セキュリティを施してあるため盗難を予測している仕様のためだ。
安全のためであるが、本体のNASが故障した場合、他のNASに接続してもアクセス出来ないというのは、困ったものだ。

だが、要はセキュリティのためにバックアップ信号を植えつけてあるだけのことだから、それを解除すれば、通常の増設HDDとして認識してくれれば、NASを通してアクセスすることが可能になると踏んだ。

行った方法は、HDDのメンテナンス項目にHDDのチェックというタブがある。
そこにはバックアップ用に設定されたHDDのチェックを行わないようにと表示されている。
また、USBHDDのデータは、特別に暗号化されているわけではない。

つまり、ディスクをチェックするとバックアップ設定が消えてしまうということなのだ。
500Gbのチェックディスクの所要時間30分ほど待つ。
その後、無事に増設HDDとして認識され、データにアクセスすることができた。

我が家のパソコンに会社の重要なデータをコピーするのは気が引けるが、明日になったらまた見えなくなった等というのはごめんだから、しっかりバックアップを行った。
念のため二箇所に。

あとは、新たにNASを購入しデータを戻して、さらにUSBHDDを再びバックアップ用に設定して事務所に設置しなおせばいい。
新年は、仕事始めの前日のお昼に新年会があるので、その前の午前中にセットアップすることになった。

例年、突貫工事のユーザーがさぁ帰るぞという頃にあの材料が欲しいなどと慌てて電話をよこすことが多かったが、近年は不況のためだろう、めっきり少なくなったを通り越して皆無になった。
そのため、お昼にしゃんしゃんでさよなら〜となんら問題なく来たが、今年はまさか社内システムが、私たちを悩ませるとは露程も思っていなかった。

とんだ年末となったが、解決方法も取れるので安堵して年を越せそうだ。
部署の当者に、安心して年を越すよう連絡をしたのはもちろんだ。

|

« Boze on –ear HeadPhonesで聴く | トップページ | Bozeのスピーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NAS飛ぶ:

« Boze on –ear HeadPhonesで聴く | トップページ | Bozeのスピーカー »