« S・M・A・R・T | トップページ | ファイナルファンタジーその後02 »

2010/03/15

キーボード

息子のMacに付属されてきたキーボードとマウスはともにワイヤレスである。

ワイヤレスと言えば、私の使っているシステムのマウスは全て無線である。
コードの微妙な重さを、私は大変気になって、グラフィック作業の時の多少レスポンスの悪さを考慮してもワイヤレスを選んでしまっている。

しかし、キーボードは未だにワイヤードを使用している。
よく考えたら、私のシステムでは一度もワイヤレスを使用したことがない。
家内も、リビングの夏子二号もワイヤレスだが、二階の夏子一号や会社のパソコンも全てワイヤードだ。

息子のMacの小さなテンキーレスのアルミ製キーボードを見て、いいなぁとため息が出た。

だが、実際私のMacのアルミ製ワイヤードキーボードも、使いやすくって気に入ってはいる。
しかし、Mac用キーボードなのでWindowsで使用するときは、結構困る場合がある。

そこで、ものは試しにMacBookProにWindowsキーボードを接続し、Windowsを操作してみたが問題ない。
ちなみにMacでは相当困った。

日本語とローマ字の切り替えがちゃんと出来ないのだ。
もちろんファンクションキーも動きが違うため、戸惑うことばかり。

キーをカスタマイズすることは出来るらしいが、デフォルトのままで使えるのが何よりのことだ。
いろいろと思案した結果、Mac用キーボードとWindows用キーボードを両方使えばいいことだ、と結論に至った。

息子のキーボードに対抗するつもりはないが、しばらく前から気になっていたMicorsoftのアークキーボードの白がとてもデザイン的によく、是非とも使ってみたい気持ちになった。

現在のMac用キーボードはにはUSBポートが二カ所用意されている。
その片方には、Elecom製Scope Nodeと言うマウスのUSBレシーバーをセットしてある。

このキーボードは、Macを乗せてある台とデスクの間の二段になっている箇所に使わないときは潜りこませるように収納してある。
つまり、開いているUSBポートを利用して、アークキーボードのレシーバーをそこに取り付け、Windowsの時はアークキーボード、Macの時はMac用のアルミキーボードを使い分けようと考えている。

アークキーボードは、軽く薄いので場所を取らないから使わない時はそこら辺に投げておけばいい。

・・・・・・・・と言う短絡的計算で、実行しようかどうか思案中である。

|

« S・M・A・R・T | トップページ | ファイナルファンタジーその後02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボード:

« S・M・A・R・T | トップページ | ファイナルファンタジーその後02 »