« 飲み会 | トップページ | LED電球 »

2010/05/17

パソコンの移動

ストリーミングを利用した授業というものは結構あるが、我が家の娘も塾通いに身動きが取れなくなり、ついに一授業のみ講義を受ける手続きをした。

さて、我が家のパソコンは、夏子1号が二階の一番端の部屋にある。
もちろん、無線LAN設定をしているパソコンだ。

一階には、家族全員が使用してもよいように夏子2号がセットされているが、このパソコンは有線LANである。
時折、娘は二階にある夏子1号でインターネット塾の講義を受けていたが、最近になってかくかくしたりフリーズしたりとクレームを言い出した。

我が家の無線ルーターとこの夏子1号の位置関係は、家の端と端の対角線上にあるため、つまりもっとも遠い関係にある。
だが、私が使用する中で全く問題がなく、多くの動画もなんらストレス無く見ることが出来ている。

だが、今度は家内からも娘と共だってクレームの嵐である。
一階の夏子2号では何ら問題がないのに!!!!である。

確かに一階の動きはいいと思う。
VGAの能力は数倍あるし、CPUのパワーも違う。
しかし何より、有線でネットに繋がっている強みは絶対だ。

だが、家族はパソコンの能力のせいと決めつけ、夏子1号と2号を入れ替えるよう要求してきた。
仕方が無いので取りあえず、LANケーブルを3本ジョイントして、1階のルーターと2階の夏子1号を有線化して動作確認を行った。

この時点ではパソコンの処理能力の差は多少はある。
娘も体感的にその違いを感じたらしい。

従って、夏子同士を入れ替える価値はその時点で、あることは分かった。
なお、家族にはそれぞれのパソコンにセットしてある、アプリケーションやメーラーやら・・というソフト関連のことは念頭にない。
パソコンが移動すると言うことは、それらも引っくるめ引っ越すと言うことになる。
NASのデータは別だし、バックアップデータもそれらとは関係ないが、データの半分ほどは今までの環境とは異なることを引っ越し後にようやく分かるというのは、やはりパソコン初心者なのだろう、仕方が無いけれどね。

さて、二階では今までPCI製ドラフトN対応USB式無線の子機を使用していた。
そこで、この際なので、メーカー公称300bps(今までのは150bps)と謳う製品を購入して、それをセットしてみた。

家族には有線で接続していると言ってある。
実際接続したままだが、回線は無効にしてある。
有線と思わせて無線の状態を確認しようというわけだ。

新しい、無線子機が快適で問題なく動作してくれれば、階段と廊下を走るむき出しLANケーブルの撤去となるが、以前と変わらないようならば、いよいよ有線化する段取りとなる。

新しい子機・・・期待しているのだけれどね。

|

« 飲み会 | トップページ | LED電球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの移動:

« 飲み会 | トップページ | LED電球 »