« Geosense for Windows | トップページ | クレーム処理 »

2010/06/02

6月の出張

五月が終わった。
新聞紙面は、V字基調という報道だが、私の所属する建設業界は、たぶんここ20年来最悪な状態に陥っているのではないかと思う。
私の会社のみならず、関係会社も軒並み過去最低を記録し、代理店情報をまとめてみると、地方から確実に建設会社(中小)の廃業情報が入ってくる状況になっている。

6月には多少回復するとの観測情報もあったが、7月でも厳しいのではないかと言う見方が大勢を占める状態に、わが社もそろそろ緊急体制にシフトしなければならないと考え始めている。

今のところ、週休二日制という普通の状態を保持出来ているが、一段と冷え込む場合は三日制の部分導入も考えなければならない。
厳しい状況は、地方から比べればまだましと揶揄する方もいるがやはり死活問題には変わらない。

そのような中で、6月の中下旬に約一週間、地方行脚の計画を立て、社の許可を戴いている。

昨年は、北陸行脚を時間の関係で石川から引き返しているので、今年はその続きである福井と、中京地区を回ろうと考えている。
この中京地区はトヨタ自動車の城下町だが、御存知の通り自動車業界低迷のため、落ち込み度(工事量ではない)は日本全国で最悪ではないかと言われている。
あえて、その東海三県(今回は岐阜と愛知)に出かけ、噂の鵜呑みではなく実情をこの体で確かめてこようと考えたのだ。
と同時に、将来の種植も兼ねている。

現、与党の政策が順調に行けば、高速道路通行料金が非常に安価になるのを当て込んで計画を立てていたのが、あてが外れはしたが出発は夜間割引を適用させてもらい、帰路は土曜日と考えている。
不景気には、交通費も出来るだけ節約しなければならず、それこそ体が資本と奮闘しなければならないが、仕方がない時勢である。

さて、実行までは今しばらく時間があるので、再度計画の見直しをして出かける準備に入りたい。

|

« Geosense for Windows | トップページ | クレーム処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月の出張:

« Geosense for Windows | トップページ | クレーム処理 »