« GoodReader | トップページ | まったく・・・・ »

2010/07/29

タブレット

アップルのメイン製品がアップデートされた。
そのいずれもが、基本形は変わらず、内部構成のアップグレードだが、相当今風の性能にアップした事は確かだ。

だが、私としてはマイナーチェンジではなくモデルチェンジを希望していたので、一気に購買意欲は衰えた。
現在、私のiMacは20インチディスプレーモデルだ。
でも、それが21.5インチでも27インチでも、また現行の20インチでもこだわらない。
確かに大きなディスプレーの方がいいとは思うが、正直今のデスクトップが大変気に入っているので、余程のインパクトが無い限り買い替えは無いと思う。

今回、そのような中でも少し気に入ったのは、Magic Trackpadだ。
このような製品は、既にWacomからBAMBOOシリーズの中にラインナップされている。

だが、ブルートゥース接続というところに大きな魅力を感じる。
Macには標準でブルートゥースがビルトインされ、私もいくつかのデバイスなどを接続して利用している。

内蔵されているので、システムのあるところで、デバイスのスイッチを入れるだけで直ぐに利用できる。
USBのアダプター接続というワンクッションは必要が無い。
それにノートパソコンのようにUSBポート数に限りがあったり、常に鞄から出し入れする機器なので、その度にアダプターの取り付け取り外しは煩わしい。

Wacomのタブレットでは、intuos4シリーズにブルートゥース接続仕様がラインナップしているが、ジェスチャー機能はない。

いずれにしても既存の機器にプラスαで販売する、アップルらしさに、少しにこっとした次第。

でも、果たしてどれほどの使い勝手がいいのか、操作をしてみなければわからない。
そこで、Magic Trackpadを想定してお絵描き以外のまともに使っていないBAMBOOを使用していくつかのビジネスアプリケーションを操作してみた。

機能的には基本的にWindows7に近い動きだが、Wacom的にアレンジされているので、MacともWindowsとも若干操作感が異なる。

なお、Magic TrackpadはMac専用という事なので現在ではWindowsでは使用できないのだろうが、そのうち対応するだろう・・・かな?

BAMBOOの動作感は、Windows7よりMacOSX10.6の方がきびきびしている。
今日は、事務所に持っていってデスクワークで試したので、Windows上だがエクセルの横スクロールに対応している事もあり、ファイルの閲覧には重宝したが入力業務ではマウス操作にかなわないという印象。
なお、ワードなどの文章作成はどっこいどっこい・・・・タブレットの方がいいかな。
でも、インターネット操作はタブレットの方が断然いい印象だった。

とにかく、フリックでページ操作が楽になり、ピンチで画面の大きさを簡単に変更できる。
手首のわずかな返しだけで、いろんな動きをしてくれるので、自分の姿勢がどうであってもちゃんと操作が出来る。

今、手元にはマウスはなく、タブレットがある。
その状態で、このブログを記しているが、大変調子がいい。

という事で、この手の機器は大変便利と判断し、Magic TrackpadがWindows対応となった場合、Windows7と同じように操作できたらぜひ購入してみたいなと思っている。

|

« GoodReader | トップページ | まったく・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレット:

« GoodReader | トップページ | まったく・・・・ »