« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

似た車

過日、家内から何時頃どこどこに居た?と聞かれた。
その日は一日中、事務所にこもっていたので、逆に理由を聞いてみると、インサイトの色とプレートナンバーが同じ車が、走っていたのだという。

正確には、ナンバーの下二桁が私のインサイトとは逆だということを娘は分かっていたらしい。
夜遅く、塾から帰る娘を駅に迎えに行く。
暗い駅周辺で、我が家の車を確実に見つけるにはナンバーが一番だという。

刑事が容疑者を追う時のポイント、履物・・・と似ているかな?少し違うか。
いずれにしても、ナンバーを知っている娘は、そのインサイトが我が家の車ではないと分かっていた。

インサイトが我が家に来てしばらくした頃、色もグレードも全く同じ。
しかもナンバーも地区も一緒という車に遭遇したことがある。
正確には、その所有者から話しかけられたというのが正しい。

地区の次に、区分別番号(2桁もしくは3桁)が違うたのと、平仮名も違ったのだが、偶然とはいかにと思った瞬間だった。

しばらく前に、近くのスーパーで車に乗ろうとワイヤレスキーのボタンを押してもドアロックが解除しない。
まだ新しいのに電池でも切れたのかと思ったら、私のインサイトは更に2台先に駐車してあった。
助手席の座布団も、その色までもよく似ていたが、誰かが見ていたら実に滑稽で恥ずかしい思いをするところだった。

私のインサイトの後部窓の左側にはアップルマークが貼り付けてある。
これは、自分の車だという目印なのだが、昨日静岡に出張の折、パーキングに停車した時、思わずそれも偶然と驚いた。
隣に停車していた同じ色のインサイトの、同じい位置に同じアップルマークが貼りつけてあったのだ。

さすがにナンバープレートは全く違うし、グレードも私の車種より上なので、すぐ見分けがつくが世の中狭いと感心した次第。

なお、今まで多くの車に乗り換えてきたが、このような偶然の多い経験は無い。
インサイト・・不思議なり。

さて、次はどのようなことが起こるのか・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/27

遠州地方出張

北海道から始めた地方行脚。

工業会の名簿に記載されているユーザーを訪問し、我が社の代理店がどの程度がんばってくれているかを確認すると同時に、新製品の宣伝も兼ねてと言う目的で計画を立て実行してきたが、いよいよ佳境に入ってきた。

琵琶湖を西端としている。
関西は大阪のスタッフにユーザーデリバリー権限を与えているため、総括責任者の私でも勝手に計画を立てるわけにはいかない。

今年の暮れに耐震実験「Eディフェンス」計画の実行がある。
実験は2週間ほどに及ぶ大がかりなものだが、その間全てというわけにはいかないが、半分ほどは兵庫に潜り込む予定だ。
その期間、実験現場に朝から晩までと言うのはそれほ無いだろうから、時間をみてその周辺(かなりの広範囲にみているが)のユーザーに、今回と同様のアプローチを行おうかと考えている。

さて、東日本の中の関東近辺は、早朝出立夕方帰還ということを繰り返せば、一ヶ月ほどで全ユーザー訪問が可能なので、実質地方行脚は今回が最終と言うことになる。

火曜日の早朝に都心を出発し8時に沼津ICから30kmほど離れたユーザーに到着していた。
そして、沼津市内、清水市内よ進み、初日は焼津に投宿する。

島田から浜松、浜名湖と進み、岡崎で初めて渋滞に遭遇し、名古屋市内笠寺のホテルに二泊目の宿を取る。
前回の訪問もれを補うため名古屋市内を走り回り、栄近辺に第三日目の宿泊を取るのだが、翌日はそうそう市内を回れない状況になった。

重要な案件が発生し、急遽緊急会議の招集が発生したため、金曜日は午後3時までに戻らなければならなくなった。
道路の渋滞情報とにらめっこでユーザー訪問を行わなければならない。
ま、アクシデントはどのようなケースでも発生するもの。
多少余裕を持って帰路につこう。

今回の出張中に遭遇した等々諸々のいくつかを書き残したい。

沼津インターから東側に少し坂道を1kmほど登ったところにユーザーが一件ある。
そこに向かう途中、道路の両側にはラブホテルが林立するのだが、よく見るとホテルとホテルの間に会社の事務所が存在する。
運送会社であったり、文房具会社であったり、機械工場や資材置き場であったり・・・異様な風景だがそれ以前に、そこで働いている方たちはホテルなどをみてどう感じているのだろうと想像したら、私などはちょっと働きたくないなぁと・・・・・・。

私は基本的に宿泊先はインターネットで申し込みを行う。
今回、ユーザーと飲み会があることから、予定会場の近くの場所にあるホテルを選んだが、結局飲み屋さんはもう少し離れてしまったため、帰路はタクシーを利用した。
運転手にホテル名を告げてもぴんと来ないみたいだ。
そこで、ホテルに併設されているラドンセンターの名前を伝えたら、さっさとそこに直行してくれた。
駐車場が供用で、インサイトをどこに駐車していいのか分からなかったのだが、その時点で初めてホテルにラドンセンターが併設されていて、宿泊客は無料で利用できると知った。
酔っ払いはお風呂は危ないので、利用はしなかったが次回は・・・・。

そのホテルの朝の風景。

エレベーターは家族連れでいっぱいになりそうな勢い。
更にエレベーターを降りたら直ぐに朝食会場。
しかも、長蛇の列だ。

ビジネスホテルの場合、朝食は6時台から始まるが、このホテルは7時から。
その7時に出かけたのに、既に列が出来ていると同時に会場もほぼ満席になっている。
そして、そのほとんどが中国人だった。

そう、中国のツアー客でごった返していたのだ。
何とか相席でテーブルを確保してバイキング料理の確保に向かった。
お盆に皿などを乗せ、料理を選んでいると、そのお盆のしたから手が出て、料理を持って行く・・・・
無理やり人を押しのけるように体を預けて、思わずのけぞるほどに押しやられる。

どれも是も日本人ならばまず行わない行為も彼ら彼女ら、老若男女関係なしの光景に憤慨するよりも唖然とするばかり。
ま、手づかみで料理を持って行かないからまだ、ヨシとしなければならないのだろうか・・・・
それに、中国人たちの割に騒々しい(かれらの会話は想像を絶するからね・・・)事が無く、きっと少なくとも最低の日本滞在のマナーの勉強をされてきたのだろうと勝手な想像をしたりして。

差別をするわけではないが、東南アジア系の方たちはまずそのようなことはしない。
お国柄なのだろう・・・・・私は苦手だ。

と言うことで、取りあえず無事に出張も終わりそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/26

イオン三好

出張中である。
地方行脚については、改めて記したいが、今日の仕事が比較的順調に進み、早目にホテルにチェックインできたので、今日は映画でも観ようかと会員になっているMovixを検索したら一番近い所は三好と云う街にある事が分かった。

名古屋市内から高速道路で40分ほど走る。
名古屋駅前はいい映画館が少なく混雑しているので、わざわざ車でお気楽に行く事ができる場所を選んだのだ。

ここはイオン三好の中に映画館がある。
なお、今日は映画館の事ではなく、イオンの事を記したい。

このイオン内は、全館フリースポットになっているのに驚いた。
Emobileが要らないのだ。

このようなサービスは初めてのことで、このような場所がどんどん増えてくれるといいなと感じたのは言うまでもない。
そこでIpod Touchを使ってブログを記した次第。

結構指が釣りそうになるかと思ったが、ここまで書き上げた。

iPod Touchで長文はやめた方がよさそうだ。

-------------------------------------------------------------------
ここまでは、iPod Touchで書き上げたが、ホテルに戻ってきたので、続きはMacBookProで・・・・。

観た映画は「Solt」

続編がありそうな感じで終わった。
アクション映画の典型だが、最後まではらはらして観てしまった。

スピードがある割にストーリーは丁重で、内容を充分にかみ砕き、理解しながら楽しめた点は、最近の映画と違う印象。
本を読んでから観るか、観てから本を読むか的な映画が多い中で、最初から最後まで歴史が分かる映画と言う点は、監督と脚本の勝ちである。

続編が楽しみだ。

と言うことで、結構大変な出張の合間のささやかな息抜きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/22

iPod TouchとPDF

iOS4にアップデートしてから困った事が発生していた。
GoodReaderなどに保存してあるPDFファイルを開こうとすると、アプリケーションが落ちるのだ。

全てのファイルという訳ではなく、ファイル容量が少ないPDFファイルは問題が無い。
しかし、カタログをスキャンしたデータも多く、それらは画質を保持するため極端に圧縮したファイルにはしたくないので、1Mbや2Mb位に容量が増す。
アップデートする前は問題なく開いてくれたのだが。

この症状は、iBooksでも同じだ。
だが、メールに添付されてくるPDFファイルは開いてくれる。
従って、重要なファイルはメールに添付した状態で保存してあるが、面倒だ。

会社のスタッフの所有するiPod Touchは問題がない。
しかし、彼の機種は3Gであり、私のは2Gだ。
きっと能力の違いから、そのような症状が出るのだと勝手に決めつけ、9月に販売されるだろうと見ている4Gに期待している。

つまり、ここは我慢。

GoodReaderは大変に重宝するアプリケーションで、最近相当のソフトウェアと連携するようになったエバーノートと同じくらい、活用しているソフトだ。

まともに使えるようになってほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

折角、ソフトウェアの話が出たので、小話を。

EMobileを手にしてから、活用するソフトウェアが変わった。
常にネットにつながっていると言う前提で考える。

iPod Touchのみで考えれば、幅が狭くなるが、私は常にMacBookProを持ち歩いている。
そこで、インターネットディスクの活用が出来るようになる。

もともと、SkyDriveがデモ状態の時からモニターとして活用していたこともあり、SDには相当のデータをアップしている。
だが、ネットにつながっていることが基本なので、今まではアップロードダウンロードともに場所の制限があったが、現在は自由に活用できる。

共有すれば、特定の相手に常に大容量のデータを渡す道具としても活用できるので、メールにある制限は気にしなくていい。
SDの使用頻度が急激にアップした。

iPod Touchでは、今までSD同様それほど使っていなかったエバーノートの活用も急速にアップしている。
同時に、愛用の便利グッズも次々にエバーノートなどと連携をとるようになり、活用の場が広がっている。

SpeedTextという手書きテキストソフトもバージョンを重ねるうちにエバーノートに送信できるようになった。
EverPaintはお絵かきソフトだが、簡単なメモ代わりに活用していたが、これは名前の通り、もともとからエバーノートと仲間だ。

それ以外でも関連付けされているものがあるが、今までEMobileが無い時代は、全く活用していなかった。

iPod Touchは電話機能の無いiPhoneと言われるが、ネットに常時接続ではないために便利グッズもずいぶん制限されてしまう。
Emobileのおかげでそれらの壁が無くなり、常にどこでも活用できることは、仕事にプライベートに大きな発展をもらえる。

iPhoneならば、持ち歩くのが一種類でいいじゃないかと思う方もいるが、EMobileはMacBookProや携帯ゲーム機でも使用できる。
9月発売?のiPod TouchにFaceTimeという機能がつくらしいが、iPhone4もWiFi環境じゃなければ使用できないという。
EMobileは大丈夫らしい(通信速度はどうなのだろう)。

ということで、今の環境がベターと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/21

Canon LBP6300

会社にLBP6300を導入したのが、8月に入ってすぐ。
夏休みを挟んで、既に1000枚以上、このプリンタだけで印刷を行っている。

手差しにはA5用紙を用意し、カセット2には普通用紙A4を、カセット1には会社の専用納品書(サイズはA4)をセットしてある。

Windowsのドライバーは、このプリンターの用紙をカセット単位で選択し初期設定化できるので、会社の専用納品書と請求書を印刷する端末の場合、カセット1をデフォルトにしておけば、カセット2の普通紙での誤印刷は無い。
営業部の方向によってはA5の方が使用頻度が高いという事もあり、手差しで用意したが私の部署は官庁絡みが多くA4が基準であるため、A4普通紙の用意は不可欠である。

さて、Windowsでの問題は何も発生しなかったが、問題はMacである。
付属のユーティリティCDにMacのドライバーなどは収録されていない。
ホームページからダウンロードしてセットアップしてくださいとマニュアルに記載されている。
少し、不親切じゃないかなとも思いつつ、HPを覗いてみるとドライバーと同時にセットアップマニュアルもアップされていた。

最初にドライバーをインストールし、次にIPアドレスをセットするないし、IPアドレスを確認するため「ターミナル」を起動して・・・とマニュアル通りに行ったが、「su」とコマンドを送ると、「password:」と出てくるのでrootIDを打ち込むとなっているが、うまくいかない。
打ち込めないのだ。

仕方がないのでWindows側に戻り、プリンターのプロパティから現在のプリンターに振り分けられているIP(固定にしないでDHCPで行っている・・固定にすれば質面倒な事はないが・・)アドレスを確認し、MaC側に切り替えて、プリンターの設定でそのIPアドレスを指定してあげれば以降、勝手に検索してくれる。
仮にルーターの電源が落ちたとしても、常時接続されているデバイスには、過去のIPアドレスが優先的に振り分けられるので、MacのセットしたIPアドレスの再設定という事は余程の事がない限り問題がない。

ま、時間が出来たり、不都合が発生したらIPアドレスの固定を行えばいい。
市販のネットワークプリンターはこのようにラフだからいい。

という事で、MacマシンからでもLBP6300で印刷が出来るようになった。
なお、Windowsのようにカセッtの選択は出来ないので、A4印刷のときはカセット1に普通紙をセットするか、カセット1から用紙を抜き取りなどの儀式はさけられない。
試しにカセット1を外して印刷を試みたが、なぜか紙つまりの原因になるので、やめた。
用紙サイズならば自動認識のため混乱は避けられるが、いずれにしてもMacで印刷コントロールするのは難しい・・・・印刷出来るようになっただけでもいいけれど。

会社でMacを使用する事は少ないが、予定表の出力は定期的に必要で、今まで業務用のプリンター含めことごとくMacを受け付けてくれないため、データをPDF化し、Windowsに送って印刷を行っていた。
少なくともそれらの手間がなくなるという事と、我が家にもモノクロレーザーを導入しようかと検討を行っているのでMacで印刷できるか否かは重要な事柄だった。
そのためには、容易にセットアップできる機種がいいのだが、とりあえずLBP6300は合格である。
・・・・カラーレーザーも魅力だが、写真画質はインクジェットに遠く及ばないので、そこまでは望んでいない。

コンパクトならば、ブラザーも選択技に入るが、これからじっくりと検討しよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/20

印刷コスト

私が在籍する会社の事業所のみで、10台のプリンターが稼働している。

そのうち、3台はリース契約の業務用レーザープリンターである。
この中に二台が、FAXの送受をメインとし、一台がパソコンとリンクしてPCFAX、スキャナーやカラー印刷が対応となっている。

FAXとして活用していないプリンターは、業務課が所有し自社製納品書と請求書の発行に使用していて、それ以外の印刷には使用していない。
このプリンターはすでにリースも切れ、その後の延長保守契約期間も過ぎ、印刷費以外は一切かからないため所謂最後のお勤めをしてもらっている状態だった。

そんなとき、残りの2台のうち、1台が数ヶ月後にリース契約が満了するに伴い、メーカー側から新しい提案で、最新のカラーレーザーを導入すれば、モノクロ印刷費を1枚あたり2円にするという。
現行、4円から5円ほどだから、半分以下の金額になる。

我が社は、PCFAX機能、スキャナー機能を搭載するプリンターの導入は比較的早く、当初から出来うる限り紙代節約としてFAX送信はパソコンから行うように心がけていた。
希望としては受発注などを含めすべてメールでこなしたいが、私の業界は相当奥手でIT化するのは、私が定年になっても・・・・という状況でまだまだであるから、FAXプリンターがオフィスの中心位置にある状態は致し方ないことなのかもしれないし、紙離れは容易なことではない。

従って、この営業所だけで月に5000枚ほども印刷する状況から印刷費が半減するのは大きな魅力でもある。
だが・・・・気をつけなければならないのはそれ以外にリース代がかかるのである。

さて、この話がメーカーから来たときに業務課で使用してた、定年間際のレーザープリンターがついに息絶えた。
何というタイミングだろう。

そこで、会社側からもっとも安価に効率よく済ませる方法を提案せよと言う指令が出た。
一晩寝て翌日2時間ほど時間をかけ、数種類の試算をはじき出した。

結論・・・・・・・リース契約は変更せず、息絶えたプリンターは処分。
そして、業務課には市販されているレーザープリンターを新規に購入するとなった。

納品書と請求書のみであるならばA4サイズの2種給紙式(一般的なカセット給紙と手差し給紙)にオプションのカセットを増設し、納品請求書専用カセットと、一般用紙専用カセットに使い分けることで、ことが足りる。

業務用カラーレーザーはFAX送受信専用であり、A3のみコピーを活用するとルールを決めれば、営業もその市販レーザーを活用し、有料印刷は極力控えることで、たとえ印刷費5円であっても、使わなければ極論0円という理屈で、Canon LBP6300をアマゾンにオーダーした。
なんと、30000円(オプションは更に10000円プラス)を切る価格である。
これは、業務用カラーレーザープリンターの一ヶ月分のリース代を下回る。
この時点ですでに節約状態となっている。

このプリンターは、付属のスタンダードインクトナーで、印刷可能ページ数 2,100ページ(ISO / IEC 19752に基づき、A4普通紙に片面連続印刷した場合の平均値)と謳っている。
大型のトナーであれば更に3倍も印刷が可能だ。

最初の2100枚は別として、その後は大型のトナーを購入することになる。
アマゾンならば定価よりも数割安価に購入が可能なので、一枚あたりの印刷費は2円を切ることになる。
この時点で、印刷費は新規リース契約内容と同等になる。
しかし、この時点からリース代はかからないし、初期リース代はプリンター代と相殺して考えれば一年間で数十万円の倹約になるという理屈だ。

一年間はCanonの保証があるし、酷使して致命的な故障になれば新規に買い直しても負担は低い。

そこで、興味があるのが、メーカー公称2100枚という印刷枚数はどうかと言うことだ。
プリンターにカウンターはついていないから、給紙する紙を管理してトナー切れになった時点の紙の残りをチェックしようと言うことになった。

ISO / IEC 19752では、印字率5%(像密度5%)はワードで言えば、40字×20行ほどらしい。
これは、一般文書では普通だが、業務連絡ないし、納品請求書ではそれの半分ほどしか印刷を行わない。

ということは・・・・いやはや何枚印刷できるか楽しみである。


Photo

これがISO / IEC 19752のモデルテスト印刷だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/19

MyMio

Windows7のリカバリーを行った際、最近のOS同様ご多分にもれず、なんらトラブルもなくインストールなどが終了した。
だが、これらは普通に使う分においてのことであり、高度な使い方をした場合、細かなところで不整合な点が散見されるようである。

私の家では、現在FAX兼固定電話はブラザー製を使用している。
このMyMioシリーズは、価格の割にはその性能はなかなかのもので、家内事業事務所などではこれ一台で事務仕事ができてしまうのではと思われる位だ。

小規模事務所では、処理能力の点でどうかと思うが、そのような意味で一般家庭で使用するには十分すぎる能力であることは否定出来ない。

MyMioはパソコン側からFAXの送信ができ、もちろん受信も可能だ。
電話番号等の管理はもちろんパソコン側からも出来る。

私は定期的に登録された電話番号の管理を行っているが、MyMioで登録した名前などの訂正はパソコン側からの方が本体で行うより遥かに楽にできる。
さて、今回OSのリカバリー後初めてMyMioにアクセスしたのだが、アクセス拒否をされてしまった。
FAXの送受、コピーや印刷、スキャナー等は何ら問題なく機能しているのだが、内部アクセスのみキャンセルされてしまう。

ブラザーのHPにて情報を得るためにアクセスすると、2点のポイントがあった。
一つは、MyMio本体のファームウェアがアップされていた。
Windows7に対する問題点を修正するために行うファームウェアのようだ。
だが、このファームウェアのアップだけでは問題は解決しなかった。
内部アクセスが出来ないが、ファームウェアはアップできたのでこの点は良かったが・・・・。

もうひとつは、MyMioの管理ソフトであるコントロールセンターというソフトウェアのアップデートがアップされていた。
私は、付属のCDではなく、HPにアップされている最新のドライバーやアプリケーションでセットアップするように心がけている。
今回もそのように新規にダウンロードして行なったのだが、同じページの一番下側にスクロールすると、ようやくアップデータがあることがわかる。

出来うることなら、最新のソフトウェアよりも最新のアップデータの方を一番最初に眼につくようにして欲しいと思う。

さて、2点のアップ作業を終えたことで、その後は問題がなくMyMio内部にアクセスすることが出来るようになり、電話帳の修正調整が完了した。

さて、まだまだ何かありそうだが、これはと思う事柄は改めてアップしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/18

インサイトのトノカバー自作

以前乗っていたナディアには、ハードトノカバーがついていて、ゲートと一緒に持ち上がるようになっていた。
ゲートを下げれば、後ろ席の乗員がそのトノカバーの上にものが置けるようになっていた。

インサイトになって、購入するときにトノカバーを一緒に頼むのを忘れてしまったため、リヤウィンドーからラゲッジの荷物が丸見えだし、今年のように日差しが強いと、カタログなどの印刷物は三日と持たず変色する。

ましてや、買い物した食料品の傷みも早くなる。

ディーラーに純正品を頼めばいいが、ここは少し凝ってみようと考え会社に転がっている製品の端材を活用することにした。

自分で作ろうと考えたのは、インサイトの純正はナディアと違いゲートを開けることによって連動して持ち上がるというものではなく、後部のノッチからトノカバーの端部を手動で外して自動巻上げするという旧来の形式だと言うこともある。

荷物を載せたり下ろしたりの度に結局外すという行為があるのであれば、純正でなくてもかまわない。

ラゲッジを覗くと、後部シートの後ろに純正トノカバーの前部バーを引っかける凹みがある。
そこは、丸棒でいい。
両端に、スポンジを貼り合わせ、車がでこぼこ道を走っても、堅い棒と凹みが直接ぶつかって音を出さないようにする。

後部のバー取り付け部分は、左右壁面に逆コの字型の凹みがあり、バーをスライドさせながら差し込み引っ張って凹みを走らせ、コの字のストッパーになっているエンドに引っかけるという、どこにでもある普通の仕掛けだ。
前部の丸棒が通る袋状にした自作トノカバーの後部分には、面ファスナーを縫製取り付けした。

後部の丸棒には、同じ面ファスナーを巻き付けた。

前部は固定になるが、カバーの後部はフリーなのでそのまま引っ張って丸棒の面ファスナーにカバーの面ファスナーを巻き込めば簡単に取り付けることが出来るし、取り外しも出来る。
丸棒は木製でしなりがあるから、カバーがついた状態でも左右の凹みから簡単に外せるため、その場合は面ファスナーのベリベリは必要がない。

使った生地は、車の幌などで使用する摩耗性の高いエステル繊維入り。
引っ張り伸度が少なく、大変しっかりしている。

これで、ラゲッジの荷物の目隠しとなり、劣化の防止に役立つ便利なグッズがセットされた。
よかったよかった。

Image_160

ちなみに面ファスナーとは、一般的に言われているマジックテープとかベルクロといわれる雄雌でくっつくテープのことだ。
どちらも商標なので、業界では面ファスナーと呼んでいる。
今回使用した面ファスナーは特殊構造で雄雌の区別がないタイプ。
車の後部右側にある巻物がそれだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/17

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

20100816144


毎年、夏休みは成田空港近くのラディソンホテルに一泊か二泊で出かけるのが恒例となっていた。
このホテルは、航空会社のクルーが宿泊する事が多く、夜のラウンジはそのクルーが繰り出してきてカラオケなどを楽しんでいる。
英語が堪能な家内などは、日本国内に居ながら外国に行った気分になると結構楽しんでいた。

しかし、大学受験を控える娘のために今年は宿泊するイベントは遠慮して、毎年クリスマスの行事である東京ディズニー近辺のホテルでの食事会を行った。
昨年暮れのクリスマスは、東京ディズニーランドホテルでディナーを行ったので、今回はホテルミラコスタでバイキングとしゃれ込んだ。

このホテルは、ディズニーシーそのものに隣接するホテルで、もちろんチケットを持っている方は、シー内部から直接ホテルに入る事が出来るし、ホテル側からこられた方達はテラス越しにシーを見渡す事が出来る(窓ガラスを通してだが)。

しかし、ここで食事をする方の特典として、テラスに出る事が許され、パレードや湖のショーを見学する事が出来る。
今回そのイベントがある夕方のバイキングを予約し、そして出かけてきた。

テラスからみるとシーの湖全景を見渡す事が出来て、更に地上ではなく数階上の位置から見下ろすようになるので、湖上を優雅に進む多くの船の中段で踊る、ミニーやドナルドと同じ高さの目線になり、手を振るともちろん答えてくれる。

見学するのに邪魔な頭も目のお前には無く、更に湖中心にあった移動する島の操船者たちの姿も見えて、普段では出来ない貴重な体験をする事が出来た。

料理の味付けも十分に吟味されているようだし、種類もボリュームも十分に堪能するほどにある。
すてきなスタッフが細やかにラウンジ内を移動し、使った食器などを手際よく片付けてくれる。

家族四人、それこそ幸せな時間をたっぷりと堪能する事が出来た。
ここ数ヶ月、息子は音楽活動で自宅にほとんど居ないし、娘は勉強の連続でろくに時間もない状態が続いている。
夏休みどころではなかったが、本当に久しぶりに家族みんなで出かける事が出来た。

この勢いで、暮れも・・と考えているが、追い込みの真っ最中が容易に想像できる娘は、私は無理かも・・・などと言っているが、家内は既に予約を入れるため今度はどのホテルがいいかな・・・と物色を始めたようだ。

東京ディズニー近辺のホテルで利用した事が無いホテルはどこだっけ・・・サンルートと・・・あそこ以外はみんな出かけたっけ・・・なら、再び東京ディズニーランドホテルでもいいんじゃない?
・・・・一番ニコニコしているのは、どうやら家内のようだ。

でも、そのおかげで、私たちは夏休みの楽しい思い出を作る事が出来た。

本当に、ありがとう。


20100816200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/16

今夏のボトルブラッシュ

暑い日が連日続く。

30度を超える日がこのように続くのは近年まれに無い。
だが、これが地球温暖化の影響かどうかという事には疑問もある。
過去にやはり同じような猛暑を我々は経験しているからだ。

だが、個人的には温暖化の影響と思う気持ちがはなはだ大きいが。

そのような中、我が家の庭に植えてあるボトルブラッシュの花が開花しだした。
本来は、5月頃に花が咲くものらしいのだが、条件が揃うと初夏に咲く事もあるらしい。
つまり、このように暑い日に咲くのは狂い咲きになるのだろう。

いずれにしても、しばらくの間私たちの目を楽しませてくれることになる。


Image_157


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/15

Windows7 リカバリー

ついに、TV録画したものが、録画機器が接続されていないので再生できません・・・というエラーが出てここ数日録画した番組が一切観られなくなった。
必要な番組は地デジのブルーレイでも録画してあるからいいが、朝の連ドラも観られないとなるといろいろ不都合が生じる。

あらゆる手を使って、なんとかPCの地デジの修復を試みたが手立てが尽きた。
いつから、どのようにと言う原因がつかめない。
予想すれば、地デジユーティリティのアップデートしかない。

そのような意味から、アイオーデータにメールで問い合わせを行ったのだが、夏休みと言うこともあり回答はいつになるかわからない。

ま、夏休みと言うこともあるので、ここは一気にOSを更新しようと、昨日一日かけて実行した。

Windows7のDVDメディアを挿入して、現OS上からセットアップするのだが、初期ファイルのコピー時にエラーが出る。
ブートキャンプのおかげで、Windows側からMacドライブが見えて、読み込みだけはできるようになっているのだが、それが仇となり一部のファイルをMacドライブに書き込もうとすることによるエラーだ。

乖離方法は二種類。
Windows側でMacドライブをアンマウントする。
もう一つはMac側に再起動し、Macのブートキャンプユーティリティを利用してDVDメディアを起動させ(Windowsマシンで言うCDブートと同じ)セットアップする方法。

私は後者を選びセットアップした。
面倒なので一旦Windowsパーティションをフォーマットし、すべてのデータをクリアにした方が、WindowsOLDが生成されず、後々楽。

後は、順調に終了。

この後は、とほほは何もなく、必要な設定はすべて問題がなく認証もすんなりといき現在順調に稼働してるシステムでこの文章をしたためている。

なお、肝心の地デジだが、起動直後にmAgicマネージャ Digitalが自動起動するのだが、時折TCPポートが開いていないというダイアログが出るが、その場合、一旦mAgicマネージャ Digitalを終了し、再度起動すると問題は解決する。
もちろん、録画した番組も問題なく再生するし、iPod Touchにダビングも出来る。

このような調子でずーっといってくれればいいのだが、新規にアプリケーションをインストールしたりゲームをセットしたり、新しい機器を組み込んだりを繰り返すと、再びどこで問題が出るか・・・これらがパソコン管理の難しさだ。

ま、とりあえず無事に行いたいことが行えるようになり、めでたしということにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/13

変わったこと 2編

以前、ここで家の前の駐車場で、草が絡まっている車の話をしたことがある(6月11日)。

その車はその後、やはり動いた形跡はないが、そんなに汚れていないところを見ると拭き掃除くらいはしているようだ。

だが、草は容赦なく育ち、画像のように相当育っている。
果たしてこの車の所有者はいかに・・・少し気になる。

いかんせん、窓を開けると正面にあることなので・・・・・

Image_156


-------------------------------------------------------------------------------

しばらく前のことだが、数日雨がないある朝、工場に行ってみるとシャッターの前に水たまりがあった。
その場所は軒下で、雨漏りをするような場所ではなく水たまりの上も見ても漏水したような後もない。

工場の近辺は、飼っているのかどうか分からないが猫が結構うろついていて、時折倉庫のシャッターを開けると飛び出してくる輩もいる。
表においてある積み重ねたパレットなどは格好の縄張りになっていて、脅かしてもちょっとやそっとではあっちに行かない。

と言うことで、猫のおしっこではないかと睨んでいる。
乾いた後もうっすらと跡が残っているからなおさらだ。

困ったものだ。

ちなみに画像はなにやらネズミに似ているような・・・・

Image_153


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/08/12

地デジのダビング

私は、アイオーデータ製「GV-MVP/HZ3と言う地デジチューナーをiMacに接続している。
もちろん使用するのはWindows7だが。

この地デジチューナーは、パソコン上で録画ができて、もちろんブルーレイやDVDにコピーする事ができる。
だが、それ以外にiPhoneやiPod Touchにダビングすることも可能だ。
しかも、USBケーブルで接続するのではなく、WiFi経由でダビングができる点が買いだった。

だが、ここしばらく前から時折iPod Touchからテレビサーバーが見えなくなり、録画できないことが発生した。
当初、パソコンを再起動すれば改善できたのだが、日を追って再起動回数を複数回にしないと接続出来ない状態になった。
そして、ついに全く接続ができないような状態に陥った。

ソフトウェアの設定は「mAgicマネージャ Digital」を使用するのだが、これはパソコンが起動すると自動的にログオンするようになっている。
同時にiPod Touchなどと接続出来るようにTCPポートの設定を行うのだが、ポップアップで「ポートを開けませんでした」と表示される。
これが出ると、もちろん接続はできない。

そこで、セキュリティソフトやWindowsファイヤーウォールなどを無効にしたり、同時にTCPポート8278がちゃんと例外指定されているかなどチェックを行ったが、接続ができない。

スタートアップ項目を「msconfig」を利用してこれはと思うパソコン起動時に自動ログオンするソフトのチェックを外しての再起動でも、全く接続出来ない。

古いバージョンのソフトウェアやドライバーに戻しても改善は見られない。

数時間掛けてあれこれ試したが、ついにあきらめメーカーにSOSを出した次第。

それ以外の機能は何ら問題がなく、大変に快適だ。
だが、毎日欠かせない朝の連ドラなどはその時間に見ることができないので、まとめてダビングして好きな時間に好きな場所で見るというふうに日課となっていたが、当面解決するまではパソコン上で見ることにしよう。
まぁ見られるからいいが、地デジの売りの機能なので何とか元の状態になってほしいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/10

E mobileは大変に便利

夏休み連休前なので、道路も混むかもしれないと思い、いつもより一時間ほど早めに家を出た。
それでも、通常日より一割ほど交通量は多い気がする。

東北縦貫道を北へ。

ポケットWiFiの受信感度を時折チェックしながら、交通量が多いといえども、走行スピードは逆に少しハイペースみたいだ。
途中一度トイレ休憩を行ったが、矢板まで一気に走ってきた。
E mobaileの受信状況は、途中栃木インター手前で5~10kmほど、山間部にさしかかったあたりで「圏外」表示があったが、十分な受信状況だった。

矢板でUターンし、宇都宮で下車後、再度高速度道路を利用して今度は水戸方面に向かう。
石岡手前あたりで「圏外」表示が出たが、それもほんのわずかな区間のみ。

常磐自動車道では、何ら問題なく、E mobileのエリアの広さにひとまず安心した。

私の営業エリアのうち、東北方面は何ら問題なくポケットWiFiでがiPod Touchが使用できることが確認できた。
夏休み明けには今度は、千葉方面に出かける。
千葉市周辺なので、問題がないと思うが、過去にNTTの携帯電話ではもっともエリア拡大が遅れた地方でもあるから、場合によって・・・と言うことも考えられる。

更に翌週は、静岡県から愛知県に地方行脚に予定だから、E mobileのエリア確認はいよいよ実践本番と言える。
その状況は改めて報告したい。

現在、WiMAXも相当エリアが広くなったと聞いているが、やはり途切れることが多く、高速移動中での使用は厳しいと聞いている。
本営業開始前の一定期間、モニターとして検証させてもらったことがあるが、利用できるエリアを探すのが大変だった。
一旦接続すると、家庭のWiFi環境と変わらぬ高速通信を体験できるが、屋外での使用は接続機会が優れている方が優先だと思うので、3G回線をWiFi変換するポケットWiFiタイプが現在では、ベターな選択になるだろう。

料金を気にしなければ、NTTが一番いいのだが、ここはやはり実績重視で歴史が一番長い、E mobileを選んで正解だったと思っている。

さて、今このブログは近くのスターバックスで、MacBookProを使用して書き込んでいる。
どこでも利用できるというのは本当にストレスがたまらずいい。

8月一日はお試し月のため、一方的な解約が認められているが、私の頭にはその言葉は無い。
充分に満足している。

唯一不満は、朝家を出て帰宅するまでの間、バッテリーを気にすることのない持ち時間をお願いしたいと言うことくらい。
4時間ほどのバッテリー持ち時間は、ちと厳しいかな・・・改善を望む。
(もちろん充電が出来る予備バッテリーは持っているけれど、面倒だからね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/09

E mobileその後

iPod Touchによる、どこでもインターネット環境がこれほど便利なのかと今更ながらに思う。

スマートフォンである、HT-02Aでも同じように3G回線でインターネットができるわけだが、根本的にブラウザの出来が違う。
画面の大きさも違うといえども、根本的なところは起動中のレスポンスの違いだ。

だが、ブラウザによるネットサーフィンがポケットWiFiの目的ではなく、どこでもEメールが主目的であることは確かだ。
会社からのメール、ユーザーからのメール、家内からのメール。
日に何本のメールが飛び交うだろう。

添付されてくるデータも結構多い。
それらを確実にリアルタイムにどこでもチェックできる状況は非常に助かる。
今までは、添付されてきた画像などは、その表示に相当時間がかかり、またズームアップや次ページなど、そのままフリーズしているのじゃないかと思うほどだった。

データ管理と言う観点からはHT-A02は大変便利だが、最も多く使用する部分でストレスはたまる一方だった。
メールとは別にiPod Touchには多くのソフトウェアがインストールされている。
それに多くの割合で、WiFi環境でなければ使用できない、または利用ができないか、制限がある便利なアイテムがある。

たとえば、乗り換え案内などはその典型的なもので、ポケットWiFiのおかげで運行状況もほぼリアルタイムでチェックできる。
今日も、娘の塾の迎えに駅まで出かけたが、念のためチェックを行ったところ、まさに電車が止まっている最中だった。

立ち往生している駅まで迎えに行くかどうか・・・乗り換え案内はその時、データが切り替わり運転再開を告げている・・・。
ほぼ数分おきに更新されるデータを見て、ポケットWiFi恐るべし・・・。

娘にその話をすると、iPhone買えば済むじゃない・・・確かにそうだが、NTTがキャリアだったらとっくに手元にあると思う。

でも、ポケットWiFiはノートパソコンでも利用できるわけだし、場合によっては仲間通しでその場所で利用しあうこともできる。

また、FaceTimeの補助としても今後に期待ができる。

ひょっとすると、iPhoneを持っていてもこれはやはり持っていた方が便利なアイテムかもしれない気がする。

さて、明日は福島近辺まで出かける。
メール連絡は万全だし、道路情報もリアルタイムに入手が可能。

更にどこまで使用できるか・・・・・?エリアはどうか知らないが、たっぷりと便利を堪能してこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/07

E mobile

私のスマートフォンは、HTC社のHT-02Aと言う、数世代前の機種だ。
これは、小さくて携帯には便利なのだが、その小ささ故電話番号の選択や、文字入力は付属のスタイラスペンがないとまず、指入力では難しい。
そのため、運転中(本来は法的には禁止だが)にメールを開くなどという行為は自殺するに等しい。
メールが速やかにチェックできないというのは、ビジネス的に結構ハンディなことで、この点は相当ストレスの対象だった。

私の場合、HT-02Aを車載する場合、専用のホルダーに固定する。
この携帯電話は、バッテリーの持ちはあまりよくないので、インサイトの中に充電できるように100Vを用意しているが、イヤホンと充電コネクター、データIOが一カ所のコネクター兼用のため、使い勝手が悪い。

つまり、運転中はハンズフリーにするためにイヤホンを用いるが、バッテリーが切れかかった場合は充電のためコネクターがふさがるから、ハンズフリーのためのイヤホーンがつかえないと言うことになる。
この場合は、ブルートゥース通信を利用する小型のイヤホンの出番だが、ブルートゥースを使用するときは機種の機能上3G回線が使えなくなるなるので、今度はメールの送受ができなくなる。

3G回線とブルートゥース機能の切り替えは手動のため、それこそストレスになる。
従って、バッテリーの持ちを考慮し、適時イヤホンか充電か気にしながらと言うのが日課となっていた。

しかし、最近になり、メールの受信が遅れると言うことが頻繁にあり、それこそ仕事にも支障をきたすことが多くなってきた。

3G回線に接続した状態では極度のバッテリーを消耗するようなので、メールの自動受信を60分ほどにしている。
電車移動の時は手が空くので、こまめに受信をするように心がけてはいるが、スタイラスペンを使用しないと難しいため立ったままでは電車の揺れで操作が散漫になり、結果的に面倒になってくる。

さて、私はスマートフォントとは別にiPod Touchを携行している。
これは、WiFi環境がないとメールなどのデータ通信はできない。

街を歩いていると、結構セキュリティがかかっていないフリースポットがあるが、あくまでも偶然のことである。
つまり、任意にメールの送受ができるわけではないから当てにするものではない。

だが、こちらはメールの送受が自由にできればとても操作性がいいので大変楽になる。
iPhoneなどを利用すれば、HTー02Aのストレスからも解放されると思うが、ソフトバンクのサービルエリアの狭さにはビジネス上マイナスに働く。
やはり通信品質はNTTに落ち着いてしまう。
かといって、エクスペリアを会社が購入してくれるとは思えない。

それこそ、普通の携帯(今まで使っていた携帯電話はいつでも使用できるようにimode契約を残してある)に戻せばいいじゃないと言われかねない。
データ管理の観点から、いまさらスマートフォンを手放せないほど、メール機能以外は大変役に立っているからだ。

そのように、ストレスを募らせているとき、かねてから気にしていた、ポケットWiFiを取引関係者が持ってきて見せてくれた。
大変便利で、これがあれば今までの問題点を全て解決してくれることは容易に想像できる。
だが・・・・・・

問題点は、月々の料金だ。
上限5000円もかかるとあれば、会社が容易にOKを出すわけがない。
必要な理由を求められて、それが私のストレス解消のためにとは、決して言えない。

確かにメールの件は仕事で支障をきたすことがあっても、それが絶対の理由にはなり得ない。
元の携帯に・・・で返されてしまう。

新しいiPod Touchが9月にリリースされると言う情報は巷を飛び交っているが、その時にEmobileと抱き合わせに契約すると結構安く手に入れることができても、月々の利用料金は決して安くはない。

そんな時、家電量販店で、2年契約の内最初の1年は3980円というキャンペーンを行っていた。
更に本体料金は1円、8月中は無料。
そして、その8月はお試し期間といい、もし通信品質や希望通りの利便性が得られないと思った場合は一方的に解約OKとある。
一応、事務手数料である2700円ほどは請求を受けるが、これは一ヶ月レンタルしたと思えばいい。

と言うことで早速、契約を済ませ一旦会社に戻ってきた。
会社はもちろんWiFi環境だし、仕事後の我が家もWiFi環境だから実際、その利便性は試していないが、果たしてどれほどの効果があるか。

会社が動いてくれない以上、まずは個人で試し、絶対的な効果が得られれば改めて会社に稟議を入れたいと狙っている。
ここ十数年の景気低迷で、経費削減を実行中の我が社だから、並大抵の事ではないが、営業的にストレスは大敵だし、時間の無駄をできうる限り少なくしたい。

・・・早速今日から検証してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/05

会社のディスプレー

数日前に女性スタッフの端末用ディスプレーが故障した。

これでは業務ができないので、急遽別のパソコンのディスプレーを仮設置した。
このような事態を考慮し、倉庫には15インチの液晶は転がっているが、今時のシステムは全てデジタル出力のため、RGBコネクターのディスプレーは変換コネクターがないと使用できないし、デジタル専用システムの場合、変換コネクターを用いてもだめな場合がある。

案の定、臨時にディスプレーを取り外したパソコンに倉庫に転がっていたディスプレーを接続したが、認識すらしなかった。
アマゾンに頼んだ20インチワイド液晶ディスプレーも届くのに2~3日はかかるだろう。

仕方が無いので、私のナナオを臨時にそこにセットした。

ここ数年、会社ではディスプレー一台という環境で仕事をしたことがなく、MacBookProの画面でエクセルの横スクロールの手間に少しストレスを感じたが仕方が無い。

人間というものは少しでも贅沢していると、このような有事の際につらい思いをするものだ。

幸いに今日ディスプレーが届いたので、早速元の環境に戻した・・・・やれやれ。

しかし、三菱の20インチワイドが、代引き手数料込みで15600円とは、安くなったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

霧ヶ峰

この家を新築したときに設置したエアコンが故障していたがようやくメーカーが来て無事に修理を完了してくれた。

200Vのその霧ヶ峰は、正面に温度表示をするのだが、31度から気温が下がらない。
取扱説明書に、何らかの異常がある場合は正面にあるランプが何らかの点滅などを行うと言う。
しかし、その点滅などは一切表示しない。

室外機はちゃんと回っている。
ほんの少し熱交換は行っているようだ。
室内機の送風口からは確かに少しだけ冷えた空気は出ている。
本来なら生暖かいはずだから。

2時間ほど回すと、ドレンからは少しだけ水が出ているので除湿もしている様子。
それらを修理担当に話をしておいたが、彼らはそれらの情報に基づきアイテムを用意してきた。

最初に熱交換のためのフロンなどの圧力検査だ。
規定値に達するほど充填されていてガス漏れはない。

エアコン修理で一番高額なのはガス漏れという。
場合によっては配管全て交換となる場合があり、その時は新品を購入した方がいいとも言われている。

従って、ガスの充填量が十分と聞いて、まずはほっとした。

残りのほとんどは室外機の電子制御板の劣化だ。
屋外の気温や湿度、埃など野ざらし状態によって、経年劣化が著しい。

今回の故障はまさにそこだった。

無事に元の状態に戻ったエアコンの室外機からは、いつもの熱風が吹き出している。
いつもは熱くてその近辺にはいたいとは思わないのに、今日だけはいつまでもその熱さを・・暑さを味わっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/03

59階の夜景

工業会の寄り合いが、池袋サンシャイン60の59階にある料亭で行われた。

窓から、新宿副都心の高層ビル群が見え、遠く横浜ランドマークも視界に入る。
建設中のスカイツリーは方角が違うので見えないが、東京タワーは辛うじて窓の端にぎりぎりその姿を現している。

宴会が始まったときは、空はまだ青かった。
都心のビル群がなぜか東京大空襲の後に焼け残った原っぱか、阪神淡路大震災の神戸のような色合いと印象で、あまり見栄えのよいものではなかったが、日が沈むと同時に一カ所また一カ所とネオンが増え、いつの間にか香港にも負けない夜景と化していた。

その頃は宴会も終わりに近く、中にはコンパニオンと写真を撮りあう方もいて、盛り上がりがピークになろうとしていた。

私は、建設業界に席を置き、30数年が過ぎた。
まだ駆け出しだったころ、このサンシャイン60の新築工事に携わった。
その頃は、新宿には高層ビルはなく、浜松町の霞ヶ関ビルが日本一の座に君臨している頃だった。

当時の建設現場の安全基準は今とは比べものにならないほど甘く、その結果、この現場では転落事故が多かった。
高層建築の経験が少ない当時の問題点だったが、その後安全ネットや防護壁等の基準が策定され厳しく管理されるようになった。

まだ、鉄骨に簡便な壁とネット、5階位の間隔で設置された転落防止の安全ネット。
ヘルメットなどかぶらなくても、サンダル履きでも、建設部品の搬入ができた時代。

防護ネットから下を覗く。
50階からほぼ吹き抜けの状態で、相当強い風に飛ばされそうになりながらのぞき見る行為は、ディズニーランドの「ビッグサンダーマウンテン」とは比べものにならないくらいの恐怖があった。

今は、どのような現場も担当の許可がない限り現場のゲートをくぐることはできないし、もちろん、安全通路以外の場所に行く場合は、入場者教育を受け、安全防具フル装備となる。

池袋サンシャイン60。
このビルに入るのは10年以上ぶりだが、久しぶりにフト懐かしく感じた次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

まったく・・・・

仕事の道中、昼食に寄った食堂の駐車場でのこと。

ワンボックスの陰から5~6歳の男の子が出てきた。
ポンチョ風の服を着ていた。

私の目の前に来て「どうだ!!」と服をたくし上げた。
もちろん、大人だったら公然わいせつ罪だ。

「こら!!」一括したのは当然だが、まったく・・・・・・

しかし、私の住む地区でも年に一度はそのような輩が通りすがりの女性に迷惑を掛ける事件が発生する。
私は、男・・の子は今回が初めてだが、女性が突然Tシャツをたくし上げ、ノーブラのバストを見せ、度肝を抜かれたことがある。

そんな話をすると、いいものを見たじゃないっと言われるが、正直硬直するとはそういったときのことだと思う。
女性が、金縛りに遭い、動けなくなるというのは分かる気がする。

今でもその胸の形はしっかり覚えているが、見たはずの顔や髪型などは全く思い出せない。
その行為が強烈すぎて、他の記憶を吹き飛ばすほどのショックを受けたというわけだ。

そういったことをする方にはそれ相当の意味があるのだろうが、された方はしばらく悪夢にうなされる後遺症が残る。

やめてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »