« インサイトのトノカバー自作 | トップページ | 印刷コスト »

2010/08/19

MyMio

Windows7のリカバリーを行った際、最近のOS同様ご多分にもれず、なんらトラブルもなくインストールなどが終了した。
だが、これらは普通に使う分においてのことであり、高度な使い方をした場合、細かなところで不整合な点が散見されるようである。

私の家では、現在FAX兼固定電話はブラザー製を使用している。
このMyMioシリーズは、価格の割にはその性能はなかなかのもので、家内事業事務所などではこれ一台で事務仕事ができてしまうのではと思われる位だ。

小規模事務所では、処理能力の点でどうかと思うが、そのような意味で一般家庭で使用するには十分すぎる能力であることは否定出来ない。

MyMioはパソコン側からFAXの送信ができ、もちろん受信も可能だ。
電話番号等の管理はもちろんパソコン側からも出来る。

私は定期的に登録された電話番号の管理を行っているが、MyMioで登録した名前などの訂正はパソコン側からの方が本体で行うより遥かに楽にできる。
さて、今回OSのリカバリー後初めてMyMioにアクセスしたのだが、アクセス拒否をされてしまった。
FAXの送受、コピーや印刷、スキャナー等は何ら問題なく機能しているのだが、内部アクセスのみキャンセルされてしまう。

ブラザーのHPにて情報を得るためにアクセスすると、2点のポイントがあった。
一つは、MyMio本体のファームウェアがアップされていた。
Windows7に対する問題点を修正するために行うファームウェアのようだ。
だが、このファームウェアのアップだけでは問題は解決しなかった。
内部アクセスが出来ないが、ファームウェアはアップできたのでこの点は良かったが・・・・。

もうひとつは、MyMioの管理ソフトであるコントロールセンターというソフトウェアのアップデートがアップされていた。
私は、付属のCDではなく、HPにアップされている最新のドライバーやアプリケーションでセットアップするように心がけている。
今回もそのように新規にダウンロードして行なったのだが、同じページの一番下側にスクロールすると、ようやくアップデータがあることがわかる。

出来うることなら、最新のソフトウェアよりも最新のアップデータの方を一番最初に眼につくようにして欲しいと思う。

さて、2点のアップ作業を終えたことで、その後は問題がなくMyMio内部にアクセスすることが出来るようになり、電話帳の修正調整が完了した。

さて、まだまだ何かありそうだが、これはと思う事柄は改めてアップしていきたい。

|

« インサイトのトノカバー自作 | トップページ | 印刷コスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MyMio:

« インサイトのトノカバー自作 | トップページ | 印刷コスト »