« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/29

Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする

出張のため早起きだったので、その日の早朝よりダウンロードが可能となったLara Croft and the Guardian of Lightだったが、出張が終わる週末にゆっくりとダウンロードしようかと考えていた。

早めの新幹線で小倉まで出かけ、予定を終えた後に大阪まで戻る。
大阪の宿泊先はいつも泊まるなじみのホテルだが、ここはインターネットの設備がない。
しかし、Emobileのおかげで困ることはないが、契約規定でダウンロード容量に一定の制限があり、さすがにLara Croft and the Guardian of Lightはその規定を大幅に超える容量だ。

だが、寝過ごしたのではないかと家内が心配し、早めに起こされてしまったので、それではと朝の準備の間にダウンロードしようと、MacBookProを立ち上げ、出かける前に完了させた。

新幹線の中で、セットアップだけして直ぐにもゲームが出来るようになして、取りあえずは終了。
ホテルに入って、早速起動してみた。

慣れないキーの動き・・・ディアブロは基本的にマウスで操作する。
キーボードは、魔法やアイテムの使用時のみ以外は使わない。

それ以外のゲームもほとんどマウスはカメラアイと同時に方向をコントロールする仕様が多く、Lara Croft and the Guardian of Lightのように、WSADのうち2個のキーの同時押しで斜め方向(実質これが直進風)に進むというのは結構難しい。
マウスは、照準になっていて左クリックで武器使用という仕様だ。

今日は疲れているから、ほんのさわりと思いチェックポイントを終え、炎が吹き出すパズルのところで終えたのだが、セーブが出来ない。
どうやらステージをクリアしない限り、最初からやり直しになるようだ。
なお、途中でゲットした赤い骸骨など(ダイヤモンドは別)は一回取得するとリプレイ時は無くなっている。
これらはアンダーワールドなどと同じ感じだ。

さて、一旦やめたところまでは特別難しくはない。
いつものことで、最低難易度のイージーで進んでいるからだろう。

ここまで、二回(取り忘れがないかのチェックのため)プレーしたが、上手な方は5~10分くらいで進んでしまうだろう。

炎のパズルは、少し頭を使いそうなのと、今日は出張疲れがあるので、パスしてゲームを終了した。

続きは自宅に戻り、大きな画面でのんびりと進みましょうか・・・・いずれにしても結構おもしろそうだね。

・・・・・・・ただ気がかりは、ステージをクリアしないとセーブできないとなると・・・・週末ゲームになるね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/26

Lara Croft and the Guardian of Lightを購入

と言ってもも、ダウンロードできるのは29日の予定なので、それまではひたすらダウンロードロックの解除を待つのみ。

体験版を落とそうと、しばらく前に無料会員に登録したのだが、ユーザー名とパスワードをすっかり忘れてしまって、登録時にもらったメールも全文英文のため、迷惑メールとしてはねられたらしく、跡形もない。

その時のIDが無いと、デモ版のDLは出来ないみたい。
そのため、ここは思い切って製品版のボタンをクリックした。

Steamにアクセスするため専用のソフトウェアをインストールする必要があるようなので、いいのかな?と不安になりながらとりあえず実行。

そして、クレジット契約を行うが、ここでも不安。

とりあえず、全ての手続きを終えDL可能となったので、窓を覗いてみるとLara Croft and the Guardian of Light以外にTRレジェンドも現れてダウンロードを始めたので慌てて、DLをストップさせた。
私はLara Croft and the Guardian of Lightのみを購入したのに、間違えてTRLも頼んでしまったのかと思ったが、クレジット内容はLara Croft and the Guardian of Lightのみ。

よくよくさかのぼってHPを見てみると、どうやらおまけとしてTDLのDLが出来るらしい。
6Gb以上もあるので、夜間ほったらかしにしておいたが。

さて、Lara Croft and the Guardian of LightがDL出来る日は、北九州に出かけている。
従って、来週末までお遊びはお預けだが、このLara Croft and the Guardian of Lightは、今まで経験がないSteamのソフトウェアを通してプレーするようだが、DLしたパソコン以外ではプレーが出来ないのだろうか。

また、オンライン状態も条件のようなので、持ち運びのノート型パソコンでは、いろいろと制約が出てくるのだろうか。

これらは後日、多方向から試してみたい。

ま、Lara Croft and the Guardian of Lightは、視点が今までと違い、ディアブロ風のため大きな画面じゃないとプレーしにくいということがあるので、無理してMacBookProで遊ぼうとは思わないけれど、多様性を考慮すれば出来るのか出来ないかを確認しておきたい。
まぁ、どうしてもというときには15$なので必要があればもう一回DLしてもいいけれどね

TR9の話も、ちらほら出てきているようなので、私としてはこちらが大本命のため大いに期待している。
果たしてパソコンの要求性能がどのくらいかを考慮し、それこそ場合によってはiMacの買い換えも検討している。

ここのところ、パソコンゲームから遠ざかっていたが、久しぶりにわくわくしている次第。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/24

シナリオのとおり

予想した展開に私なりに驚きはあるが、結果的に落ち着くところに落ち着いたと言うべきか・・・・
いや、実際は始まったばかりと言うことになるのかもしれない。

私たちは実にお人好しである。
家の周りは高い塀に囲まれて、他人はなかなか入り込めない構造にはなっているが、大きな門は常に開放されている。

高い塀があるために大きな錯覚をしているようだが、実際それほど防犯能力は高くない。
そろそろ気がつくべきではないか・・・いや今回の件で多くの方がその危険性に気がついたと言うべきかもしれない。

そのような意味から、今回の問題は私たちにとって、よい教訓になったと言えるのではないか。

物事を決して勝ち負けで見極めるものではない。
しかし、今回の件はある意味、隣人は大きな失態を演じた。

私たちは、その本質を本当に知ることが出来たことは大いなる収穫であったと言える。
それらを教訓に今後の家庭構築を推し進めるべきであろう。

私はそう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

EverNoteとATOK Pad

iPod TouchやiPhoneなど用のATOK Pad for iPhoneではなく、Windows用のほうである。
ATOK Pad for iPhoneは、IME機能を取り入れたメモ帳アプリであるが、Windows用は付箋紙的な役目を持っている。
なお、こちらはジャストシステムのユーザー専用(無償)となっていて、一般の方の入手は出来ない(ことはないが)。

タスクバーに常駐し、Ctrtキーを2回押すと起動する。
現在ベータ3版だが、回が重なるごとにその機能はアップしていく。

ベータ3で、EverNoteに書き込んだ内容を転送出来るようになった。
そのため、仕事中に思いついた事柄や、ちょっとした内容、データなどコピペしてEverNoteに送っておけば、いつでもiPod Touchで見ることが出来る。

同様作業はメールを使ったり、ほかのアプリケーションを用いれば済むことなのだが、その場で思いついたことや、送られてきた内容の一部をまたは全部をクリップして、EverNoteに送り込むことが出来るところがいい。

EverNoteは、割り振られたメールアドレスにとりあえずクリップをメールすれば、EverNoteのサーバーに保存され、iPod TouchがWiFi環境になった時点で同期され、内容を閲覧することが出来るようになるし、基本はオンラインだがチェックを入れればオフラインでも閲覧が可能となる。

文章や画像、ボイスメモまで幅広くサポートしていて、それこそ世界的に有名な、多くの方に利用されているソフトウェアだが、私自身は今までそれほど利用をしていなかった。

というのは、このソフトは基本がオンラインのため、WiFi環境がないとオンライン利用できないiPod Touchにとって、使いやすいソフトウェアでは無かったからだ。

しかし、現在の私にはEmobileという強い味方がいるため、いつでもWiFi環境にある状態なので、オンラインソフトの利用が大幅にアップした。

その結果、単にメモ代わりだったWindows用ATOK PadのEverNote転送機能は、大変重宝することになった。

また、iPod Touchのソフトウェアで手書きメモの「SpeedText」、手書きペイントソフトの「EverPaint]情報の「ITmedia」や「ぐるなび」などもEverNoteと連携していて、それらも常に検索結果などを保存することが出来るようになり、後日活用出来るようになった。

もちろん、ATOK Pad for iPhoneもEverNoteとの連携は最初から仕様となっている。

いずれにしても、多くのソフトウェアが連携しあっていると言うことが分かると思うが、逆に入り乱れすぎると言うことにもなるので、これからのソフトウェアは使いやすいと言うことは大前提にしても、他ソフトとの連携機能も選択の条件になるのだろう。

頭を悩める点ではあるが、現時点で私の場合はEverNoteを情報倉庫としてその周りに情報転送ソフトを固めるという方法をとっている。

その延長線上にATOK Pad for iPhoneがあり、そしてWindows用ATOK Padがある。

短時間で、なおかつ操作が簡単、機敏。
これが絶対条件だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/22

ATOK Pad

Atok Padと言うソフトウェアがアップストアにアップされた。
私は、元々一太郎使いの為、Atokは標準IMEだ。
そこで早速ダウンロードして、その使い勝手を体験してみることにした。

iPod Touchなどに搭載されている入力システムは、決して使い勝手がいいものではない。
元々あれほどに小さなデバイスだから入力しにくいのは当たり前だが、そのためにも推測候補の表示が自分の生理にあっているかが大きなカギになると言える。

今、ダウンロードしたばかりのAtok Padを使ってこの文章を書いているのだが、かなりいい。
小さなキーボードだから、なかなかスムーズにはいかないが、今までより遥かに楽だ。

発売したばかりのキャンペーンなので、割引があると言えど900円もする。
だが、それだけの価値があると感じている。
アップルの規約で、iPod Touchの標準IMEの替わりとなるソフトウェアのアップは出来ないため、パッドにIMEが搭載されている形になっている為、メールなどで直接入力が出来ない難点があるが、その点はさすがジャストシステムだなと思える仕掛けが満載だ。
とにかく、メイドインジャパンだからね。

一度、お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/21

FaceTime

iPhone4を身近に持っている方に会ったのは彼が二人目だった。

一人目は、ついこの間までエクスペリアを使っていたはずなのに、私がiPod Touchの楽しさを教えたとたんに買い換えたらしい。
残念ながら、iPod touch 4G購入前の話なので、買い換えたんだね・・・で終わってしまった。

しかし、二人目はそうではなかった。

特に、彼の場合ソフトバンクとの契約で3G回線使用料は最低のコースを選び、ソフトバンクが販売しているポケットWiFiを購入している。

彼も私と同じような考えがあり、iPhone4以外にノート型パソコンなども接続するなど多機能型を求めていて結局、そのような形態になったらしい。

ということで、私と彼はどこでも「FaceTime」が出来る間柄となるのだが、決して変な方の関係ではないのでそちらの趣味の想像はご遠慮願いたい(笑

昨日、工業会の研修旅行の折、それを知ったので早速お昼時間に試してみようとチャレンジしたが、どうも接続できないという話をさせていただいたが、この3日連休中に気が向いたとき試しに「Face Time」してみた。

確かにコールをするようになるまで前進しているのだが、接続が完了しない。
相手が不在状態なのだ。

そして、本日お遊びと思い「Face Time」してみたが、今度はコールが相当長く続き、ちとまずいかなと自分から切断したのだが、ものの数分後私のiPod Touchの呼び出し音が鳴り響いた。

彼から「Face Time」してきたのだ。

いやぁ、実際接続されると気恥ずかしいものだ。
隣のスタッフは、年齢も近く飲み仲間のため、私がiPod Touchを渡すと結構話し込んでいた。

彼は、車内からだが車はもちろん停車している。
ハンズフリーでも顔を合わせているのだから、少なくとも走行中ならば脇見運転どころではないから・・

さて、初「Face Time」も経験したが、とてもおもしろい。

フランスからの情報で、アップルではMacOSXとWindows用に「FaceTime」プログラムを開発中とのことだ。
それが事実なら(そうであってほしいと願っているが)相当いいな。

電話代が掛からず、ポケットWiFiでも動画が乱れたり駒落ち状態になったりせず、実にスムーズな動きだった。
会社で、自宅などなど・・・やりとりが相手の表情を見ながら、意志を伝えることが出来るというのは大変いい。

通信回線に相当負担をかけるという話を聞いたことがあるが、逆に現在のインフラは相当発展したので問題がないという意見もある。

どちらにしても是非発展してほしい。

・・・・・・・・・・・・・・しかし、待てよ。
ずる休みには向かないかも・・・なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

京極夏彦

我が家は図書館で本を借りることが多い。

というよりも、ここ数年ほとんど書店で、文学ないし、小説というたぐいの本を購入していない。
※実際は毎週本屋さんには出かけている位に活字は大好きである。

ほとんどというのは、出張先で読むものがなくなると、立ち寄り先土地の書店に入り、さんざん立ち読みの末数冊文庫を購入し、ホテルで読みふけるが・・・・それがたまにある。

さて、今回京極夏彦の「数えずの井戸」という本を借りることが出来た。

明後日は日帰り出張で兵庫行きが控えている。
新幹線で出かけるのだが片道4時間ほどの行程である。

しかし、この本は持って行かない。

彼の本は、いつ見てもそのボリュームに圧倒されそうになるが、今回も771ページもある。
更に、初版本だからA5クラスの大きさなので重量もある。

すこし、ひるんだので持って行くのをやめることにした。

内容はこれから読むのだが、いつもおどろおどろしい雰囲気を加味しだしている彼の本ではあるが、筋論はちゃんと通っていて、文系の方よりもむしろ理系の方がより楽しまれるのではないかと勝手に思っている。

ご興味のある方は一読されたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/19

5台まで認証

アップルのアップストアのパソコン認証は、5台までとなっている。
そこで、今まで使っていたiPod Touch 2Gは現在家内が所有しているが、家内のMacminiで同期するように設定したが、パソコンの認証は私のIDで登録した。

その結果、私が有料でダウンロードしたアプリケーションは、私のiPod Touch 4G以外に家内のiPod Touch 2Gでも使用することが出来る。

まぁ、見方を変えれば両方の機器の登録はiPod Touchもパソコンも私の名義になっているので、厳密に言えば所有権は私にあり、MacminiとiPod Touch 2Gの使用権は家内にあると言うこととなり、両機器でアプリケーションを使用することは問題ないと勝手に解釈している。

今のところ、既に多くのアプリケーションをダウンロードし活用しているのだが、実際ビジネス系が多いため家内に対しては実用的ではないアプリケーションが多い。

手書きメモなどは、使えそうで活用することが少ない。
ましてやエバーノートなどは、逆に使いづらい部類に入るだろう。

と、言うことで、現在音楽を聴くこと動画を見ることなどiPod Touchの本来の姿で使用しているようだ。

家内は元々落ちゲーは好きらしく、テトリスやぷとぷよなどがiPhoneゲーム化されていないかと探してみたら、お気軽に時間つぶし程度に遊べるものが案外と無いことに気がついた。

Angry Birdsというゲームにはまっているみたい。

このゲームは私も好きで、娘のお迎えで時間つぶしなどで、少しずつ進んでいるが、一度起動しなくなったことがあり、一旦削除して再インストールしたため、最初からやり直しという羽目に劣り、再び苦労をしている最中だ。

さて、話は変わるが昨日の工業会の旅行の折、今までiPod Touchを使用していた方がいつの間にかiPhone 4Gに変わっていた。
しかも、ソフトバンク製のポケットWiFiを持っていたので、早速「FaceTime」ごっこでもしようと誘ってみた。

私のiPod Touch 4Gから相手にTV電話をかける場合、「Face Time」アイコンをタップし、「連絡先」を起動するか、直接「連絡先」アイコンをタップして起動してもいい。
相手を選んで、一番下の項目に(Face Time)(連絡先を送信)(よく使う項目に追加)とあるので(Face Time)をタップすると、選んだ相手の電話番号やメールアドレスが表示されるので、選択すると直ぐにダイアルの音がして接続しようとする。

この場合、選択した相手が「Face Time」のID登録を済ませている場合は、接続しようと試みだめな場合は「接続できません」と表示されアプリケーションが閉じてしまう。
ちなみに、自分の登録してあるアドレスにかけてみたところ「相手が通話中です」と表示され、接続待機に切り替わり状態となる。

関係者のiPhone 4Gの電話番号とメールアドレスを聞き、そこに電話番号もしくはアドレスを登録後に選択して「FaceTime」接続を試みたのだが、どうしても接続が出来なかった。
予想的に、「FaceTime」の初期登録を済ませていないだけではないかと言うことになり、初お遊びはお預けとなった。

Emobileあたりでどのくらいの快適度かを試す絶好の機会だったのだけれど・・・・残念。

ということで、大変楽しめるiPod Touchでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/18

iPod Touchのアプリケーション

Ipod_touch_3
デバイスが新しくなったので、改めて現在iPod Touchにインストールしたアプリケーションを見てみたい。
実際、全てをモバイルの中に入れて持ち歩いているわけではない。

特にゲームは一応遊び終わったものや、投げ出した(笑・・・ものは、iPod Touchから削除状態でMac Book Pro内に残してはある。

NASには、過去と現在の全てのアプリをバックアップとして残してあるが、これは残してあるというだけで、将来どうするかということもないのだが、何となく残そうと思っているうちに200種類以上もあることに気がついた。

これらはいつかは役に立つのだろうか・・・しかし、バーチャルPCでWindows95(今時のハードウェアではドライバーなどの関係でWindows95を構築することは難しい)を使おうとしたとき、IEのバージョンなどをアップしなければ、実用できなかったが、当時のパソコン雑誌におまけで添付されていたCD(当時はインターネット環境が悪いため、新しいドライバーやパッチなどは雑誌のおまけCDで配布されることが多かった)を大方残しておいたため、助かった記憶は新しい。

今でもNASの中にはOLD DRIVERフォルダーの中に、私が手がけた(私のや頼まれて組み立てたパソコンなども含めて)システムのドライバーが眠っている。

いらないと思うけれど・・・捨てられない困った性分だ。

さて、昨日、新しく販売されたiPod Touch 4Gの画質は騒ぐ程でもないけれどとつぶやいてしまったが、この場を借りて撤回する。

無料の産経新聞は電車で移動する時にはかかせない、重要な読み物であるが、小さな画面に全面表示の時はさすがに字が小さくて読めないが、見出しは読める。
中くらいでなんと、ちゃんと文面が読めるのだ。
もちろん、3Gではこうは行かない。

はっきりとしたその違いに、思わず唸ってしまった。

画像や、ワンセグ動画クラスでは違いは分からなかった。
考えて見れば、現在保存されている動画は、3G用に仕上げた動画だからいくら画素数が上がったディスプレーでも、それほど変わるものではない。
4Gに合わせて仕上げた動画になって初めてその違いがわかるようになるのだろう。

アップルさん、ごめんなさい・・・と、素直に謝ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/17

家内の子供になったiPod Touch 2G

家内のMac miniは常にWindowsOSで起動していてMacOSXは一度も使っていない。

今回、私が使っていたiPod Touch 2GはMacフォーマットなので、一旦私のWindowsマシンで初期化したのだが、今時のiPodはフォーマットの違いがあるのか無いのか・・・

家内のパソコンであるが、iTunesの認証は私名義で行う。
これで、私がお金を出して購入したiPodアプリケーションなどがそのまま使える。

モバイルアプリケーションの保存フォルダーは、iTunesフォルダー内にあるので、それをそのままそっくりMacからWindowsマシンにコピーする。
iTunesを立ち上げ、モバイルアプリケーションのファイルをドラッグアンドドロップすれば、アプレケーションの登録終了。

iPod Touch 2Gを接続して同期すれば、元の通りに活用できる状態になる。
認証は5台のパソコンまで可能なので、言い方を変えれば5台のiPod Touchで、アプリケーションを活用できると言うことになる。

なお、WindowsOSなので、アウトルックの住所録に対応させ、カレンダーもアウトルックだが、住所録はWindowsLiveメールでも同期させることも可能のようだ。

さて、メールの設定は後ほどだが、ひとまず設定が終わったので、家内にバトンタッチした。
取扱説明書は実質無い。

そのために本は買ったが、無くても直ぐに使い方は分かると思うので、とにかくボタンを片っ端から押していくうちに覚えるよ・・・これがアドバイスだ。

数日内には、しっかり自分のものにしていることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/16

届いたiPod Touch 4G

仙台に出張している間に事務所に届いていた。

早く開封したかったが、机の上の書類を順番に片付けていく。

キリをつけてようやく儀式に移った。

001

段ボールの中で、うまく固定された小さなパッケージ。

002

同梱物のチェック。

003

お休み時の新旧iPod Touchの顔。

・・・・・・・・・・・・・・・Mac Book Proに接続し、初期登録を済ませる。
バックアップからの復元を行うが、メールアカウントも同期にチェックを入れ、実行する。

終了時に必要なのは、フリーメールのパスワードや、FaceTimeの新規登録などいくつかのパスワード再登録か新規登録位で、ほかは特別設定をする必要もなく、直ぐに使用できるようになった。

自宅に帰る前に、近くの家電量販店に行ったがiPod Touch 4Gのケースは全く販売していない。
少し足を伸ばして、PC Depotsにも顔を出したが無い。

確かに現時点ではアップルの一部の店舗での販売は始まったが、それ以外のお店での販売はもう少し後だからケースのみ先行販売することは少ないだろうなと思い、新旧共通寸法の保護シールのみ購入して、とりあえず貼り付けておいた。

明日は、工業会の日帰り研修旅行があるので、そこでビデオと静止画を新型くんで撮る予定だが、懇親会が終わる時間の後もヨドバシカメラは開いているはずだから、帰り際に寄ってみよう。
早いところ、傷防止処理はしておきたいからね。

さて、iPhone4のようにフル機能というわけではないが、iOS4.1のほとんどの機能が使用できるようになった。
カメラなどの機能は別として、一番うれしいのは壁紙の自由度が高まったことだ。

確かに機動性がよくなったことは体感できるが、リカバリーして出荷初期状態から私のアカウント認証で設定し直したiPod Touch 2Gも機動性が回復して、それよりも少しいいという程度。
画質も、文字がくっきりしたことは確かで、読みやすくなったのはうれしいが、べたほめするほど大げさなものではない。
問題だったGoodReaderのPDFファイル落ちも多少改善し、1.5Mb未満のファイルはちゃんと開いてくれるようになった。
マルチタスクも便利で、必要な作業の時の効率度アップは十分にありがたく思っている。
今のところ遊んでくれる方がいないので、FaceTimeはお預け機能となっている。

明日から本格的に使用するので、気がついた点があったらまた報告したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/14

iPad用部品

仕事柄、付き合いをしている関係者が、思わぬ仕事をしている事に出くわすものである。

私の会社は、消防服を作るメーカーと言う側面もあるのだが、その中で使用する部材を納入してもらっている材料メーカーで、iPadなどに使用する部品(ここではあえてそのように呼ぶ)の材料を供給しいている裏話を聞きかじった。

当初、任天堂DSなどに使用すると思われたその材料の引き合いは、どうしても総量が多すぎて製造工場もそのおいしい仕事話に疑問を持ったのだという。
しかし、その使用する製品がiPadだという事がわかり、後は順調に進んだのだという事らしい。

その中で、なるほどと思った事は、それぞれの部材のカラーにクライアントは非常に厳しい注文を要求してきたらしいのだが、本来裏蓋を外さなければ中を見る事は出来ない。
しかしながら、余程マニアックな方以外は裏蓋を外すなどという行為はしないだろう。

だが、そうであっても、なお且つそうであるからこそなのだろうか、統一性のとれたカラーリングで各部材のオーダーをかけてきたらしい。

コストが上がる行為である事は違いないが、見えないところにも大きなこだわりを持っているという事だが、アップル製品ファンの私としては、それらがわかる気がして一見無駄な行為を素直に受け入れる事が出来る。

なお、その部分の材料供給は二年後まで貰っているといっているが、既に6年先の試作にも入っているそうだ。

製品開発のステップは、私の場合でも10年先を見据えて、想像しそして具現化するためのモックアップ作成の繰り返しだから、そのような話は納得ができる。

さて、秋にはFaceTime対応のiPad2Gが販売されるようだ。
そしてiPadminiもアップルの販売戦略に入っているらしい。

同じ時期、iPhone4のマイナーチェンジもどうかといわれている。
部材の納入サイクルからするとあながち噂で終わりそうではないらしい。

今回、今日お届けというメールをもらっていたiPod Touch4Gだが、どうやら現在まだ成田にあり、配達は16日とヤマト運輸から回答を得ている。
ビデオ機能ないし静止画撮影機能が付いた製品を最初に購入すると決めていたiPod Touchだが、それ以外にiPodminiあたりも・・・・贅沢な話だが大変興味がある事も事実。

続けて購入の余力はないが・・・と言いながら財布とにらめっこの日々に陥りそう。
悩ましきアップルの怒濤の波は果たしていつまで続くのだろう。

はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/12

アップルストアから連絡あり

iPod Touch 4Gの予約受け付け開始後、直ぐにボタンをクリックしたのだが、背面に刻印を打ってもらうお願いをした関係上アップルストアから届いたメールでは、当初10月1日お届けとなっていた。

しかし、本日新たにメールが届き、なんと発送しました・・お届けは9月14日です・・・・・とあるではないか。
15-16日と仙台に車で出かける出張が入っているのと、夜は飲み会なのでそうそう新型くんとおつきあいは出来ないが、その後は3日連休である。

じっくりとお相手が出来そうだし、翌週の兵庫出張は新幹線なので、たっぷりと愛情を注ぎ込めそう。

当初予定より半月も早く、嫁入りなんて素直にうれしい。
あまり好きではないがと思っているのだが、私として初の「開封の議」でも行おうかと密かに思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/11

新しいiPod nano

用事があって、秋葉原に寄ったときにヨドバシカメラの二階にあるMacコーナーに立ち寄った。

私はアップルのHPが切り替わったすぐにiPod Touch 4Gをオーダーしたので、てっきり即日販売されているものと思い、店頭にて早速触ることが出来るものと思っていた。

しかしながら、現時点ではまだ予約のみで販売されているわけでは無いことが分かり、少しがっかりした。
なお、それ以外の製品は展示され、一部の色を除き販売が行われていた。

今回、iPodファミリーが一新され、iPod nanoも大きく変わったが、ネット上で見る画像の限りでは、特別魅力のある製品とは思っていなかった。

しかし、現物を触ってみてそのイメージは大きく変わった。

これは、売れるかもしれない・・・・・いやブレークするかも・・・・という気持ちがわいたことは確かだ。

私はiPod Touchを愛用し使いこなしているし、Mac Book ProやBambooタブレットでフィンガー操作は日々行っているため目新しいと思っていないが、その上でこんなに小さな画面をスムーズに操作できる設計に思わず脱帽した次第。

音楽専用プレイヤーではきっと、これほどの楽しいタッチ操作が出来る機器はまず無いだろうし、タッチ操作が初めてという方も何ら問題なく操作できるだろう。

個人的に前バージョンにあったビデオ機能が無くなったのは残念だが、音楽専用に回帰しタッチ初心者にも素直に受け入れられるだろう、そのiPod nanoもほしいなぁと思ってしまった。

腕時計にどうか・・・という話も出ているようだが、その使い方はすごくいいかもしれない。
アップルさんその場合を考慮して次回バージョンでは、ソーラー機能をよろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/07

続く出張

出かけることが多かったこともあり、今月は社内業務にリソースを振り分けるべく、それなりの配分をしながら日々を送るはずだった。

しかしながら、そのような時にこそ、お呼ばれが多いのも不思議なことなのである。

さて、今週は会社の健康診断があるため貴重な一日は仕事が出来ないので、次週にその分をシフトしておいたが、仙台に宿泊出張が入った。

同業と一緒に彼のレクサスで、更に彼の運転で出かけることになっているので、非常に楽な出張であるが、精神的には眠くなっても自由に寝るというわけにはいかないなど、ストレスはたまるだろうなと思うし、夜は確実に飲み会になる。
帰りは理由をつけて新幹線で帰りたいというのが本音なのだが。

9月は妙に変な形で祝祭日があるため、原則暦通りの我社は飛び石連休となる。
通常、そのような形の場合は無理をして出かけることはせず、社内業務に当てるようにしているのだが、Eディフェンスによる「耐震強度試験」の参加メンバーに対し招集が掛かった。

兵庫県にあるその施設は、Eディフェンスで検索すればすぐにどこにあるか分かる。
以前、NHKで「長周期地震動」について特集があり、その番組の中でそれらの地震を再現しどれほどの被害が生じるかという実験実施中の模様が流れたが、今回まさにその実験場でそのときとは違った角度からの耐震実験を行うプロジェクトが進行中なのであるが、我が社も参加をしている。
そして、私が会社の代表として参加をさせていただいているのだ。

実験は12月10日頃から年末まで、約2週間行うらしいのだが、その間私は関西に行きっぱなしになる。
小耳に挟んだ情報ではテレビ局の取材もあるらしい。
場合によっては・・・・

ということで、いよいよ参加企業の顔合わせとなる会議の開始となり、飛び石連休の中間日に日帰りで・・・会議が長引けば一泊か・・・・出張の予定である。

一週間を挟んで、10月の頭には東北5県の出張行脚を予定しているので、なかなか社内業務に対し腰を落ち着けることが出来ない。
昨年は、その時期新車で私の手元にきたインサイトに乗って、北海道に約2週間出かけたが、今回は3~4日間の旅になるだろう。

のんびりと仕事をこなしたいが、なかなかそうは問屋が卸さないとはよく言ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

スキャナー

私の所有するパーソナルスキャナーはキヤノン製を使用している。
しかし、メーカーではWindows7に対応しないとし、もちろんドライバーのリリースもない。

だが、実際はWindowsVistaのドライバーで何ら問題なく動作している。
でも32ビットのみだ。

会社のも機種は違うが、キャノンのパーソナルスキャナーがある。
こちらはWindows7対応ドライバーはリリースされているがやはり32ビットのみである。

さて、活用している名刺管理ソフトはWindows7 64ビットでも問題なく使用できるが、スキャナーが使えないとなれば新規に名刺をパソコンに取り込めない。

だが、容易に解決する方法があった。

私のWindows7はプロフェッショナルなのでWindowsXPモードが使用できて、もちろんスキャナーも動作する。
更に名刺管理ソフトのデータを共有フォルダーに移動して、名刺管理ソフト側でデータの保存場所をそこに指定すれば完了である。
本体のWindows7に名刺管理ソフトをインストールするのは当然だが、WindowsXPモードにもインストールする必要と手間はあるが、保存データが共有化できれば、WindowsXPモードでスキャンして、すぐに本体側のWindows7でそのまま活用できることになる。

名刺管理のために新たにスキャナーを購入することはないし、32ビットや64ビットの垣根も取り払われたことで、安堵している。

またしてもWindowsXPモードに助けられた思いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/04

新しいiMac

ここのところ「新しい」を続けたので、ついでにiMacも新しいとしたが、決して次の製品のことではない。

現在活躍する私のiMacは購入してから既に3年を経過し、CPUの世代としては3~4世代前となっている。
グラフィック性能も、今時の普通のゲームを処理するためには到底追いつけない状態となっている。

だが、それ以外で大きな不満があるわけではないが、付け加えればもう少しディスプレーも大きい方がいいとは感じている。
なお、現行iMacの27インチはやたら大きすぎて、ここまではほしいとは思わないが、22~24インチはほしい。
ちなみに私のiMacは20インチ(ワイドだが旧比率)だ。
現在のiMacは21.5インチだが、ワイドの比率が今時のため横長となっていて、縦寸法は私の20インチとそれほど変わらないので、今時比率の22~24インチがいいなと思っている。

なお、アップルはブルレイには今のところ興味がないらしく、時期製品にも導入する気持ちを持っていないというので、その点が私としては気に入らない。
決してiMacで映画を見ようとか地デジをどうのとか思ってはいないが、大容量記憶媒体としてのブルレイは是非ともほしいなと思っているので、十分な検討をお願いしたい。

また、「FaceTime」に対応してくれればなぁと言う思いもある。
iPhone4やiPodTouch4のみ対応では、私の場合まず使用する環境がない。
私の周りには、対応機器を持っている方がいないのだ。
実際、iPhone4を使っているところも見たことがない。

だから、来月初旬には手元に届く予定のiPodTouchのその機能は宝の持ち腐れとなるだろうし、そのためにもiMac・・・MacOSXでいいから対応してほしいと密かに期待している。

いずれにしても時期iMacは来春以降にリリースされるだろうから、その時はたぶん買い換えを行うだろう。

---------------------------------------------------------------------------------

購入ボタンが画面に表示された直後に、オーダーをした新型iPodTouchだが、背面刻印をお願いしたことにより納期が一ヶ月ほどかかるという。
10月1日発送となっているので初旬には手元に届くことになるだろう。

iPodTouch3では、カメラないしビデオがビルトインされるという噂があったが結局、噂で終わってしまった。
iPadも同様だったが、結果的に付属されていない。

以前にもこのブログで記したことだが、そのいずれか次期バージョン販売において先にカメラないしビデオカメラがセットされた方を真っ先に購入すると決めていたので、なんのためらいもなくボタンをクリックしたが、またビデオカメラが用意されたとなれば、相当容量を求めると想像して64Gb版を選択した。

使い勝手は現行品と変わらないようで、その点はそれで十分、逆に変えてほしくはない。
画面の大きさも一緒でかまわないし、今でも十分にきれいだと思っているグラフィックもより美しくなるとなればGood!!

更にバッテリーが多少改善されたようで、連続使用時間が延びたことはうれしい。
なお、あまり目立たないことだがWiFiが802.11Nに対応したことは相当にうれしくなると期待している。
カタログにある2.4Ghzのみというのはよくわからないが、我が家の環境は802.11nなのでデータのやりとりが今より高速に改善されるのであれば、それ相当のメリットを感じることが出来るだろう。

現在地デジのダビングや、GoodReaderなどWiFiを使うアプリケーションはいくつかあり、多少でも改善できるのであればうれしい。
なお、屋外で活用しているE mobileはb・g規格なので恩恵は無いが・・・・・

先にも記した「FaceTime」だが、MacOSどうのこうのというのは話は別として、次期iPadでは確実に対応してほしいと思っている。

私的にiPadは、立ったまま使用するデバイスとは思っていない。
どちらかと言えば、屋内で座った状態で使用する製品と考えている。

従って、WiFi環境の整った室内が対象となれば、家庭で職場で、またはお店でということになる。
たとえば職場では、屋外のiPodTouch4(E mobileを活用して)やiPhon4を持つスタッフとテレビ電話風に利用しあうことも可能となり、通信費の大幅削減のみならず確実に相手の現状況を確認し合いながら、連絡しあえるという便利さがある。

もちろん、iPod Touch4同士でもいいのだが、事務所内は小さな画面ではなく大きな方が便利と思うので、iPadのほうが確実にいい。

などなど、想像したらきりがないくらいに便利機能と思うので、是非とも「FaceTime」活用の場を広げてもらいたいと願っている。

さて、新しい・・・と多くを期待しながら、今はひたすらiPod Touchの到着を楽しみに待つのみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/03

新しいMyMio

今回リリースされた、MyMioの新しい機能に興味を持っている。

それは、本体の設置場所が自由になったという部分だ。

従来のMyMioは、電話機能・FAX機能・スキャナー機能とインクジェットプリンターに有線ないし無線LAN機能ともちろんUSB接続も可能という多彩なシステムだった。

これほどの機能を有しながら価格も低く、大変お買い得な製品でとても気に入っていたが、唯一電話機能はコード接続が必要なため、無線LAN機能がありながら、設置場所にある程度制限があった。
まぁ、それらは電話機と考えれば普通のことだったが、どの家庭も電話のモジュラージャック接続ポートは、リビングの出入り口近辺が多いために、プリンター機能も有するMyMioはやはり占有する存在感が大きかった。

今回、その電話コードを接続する部分をフリーボックスと称し、子機の充電器を兼ね備えた小さな箱のみとして、本体と分離したのだ。
その結果、本体は極端に言えば2階に持って行ってもいいと言うことになる。
なぜならば本体とボックスは無線で接続されているからだ。

いいなぁ・・・・・・と思いながら、きっと次はこのボックスが壁掛けタイプになって、新規にリリースされるのではないかと想像している。

そのときは・・・・と食指を感じているところである。
いけないいけない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/02

新しいiPod Touch

もちろん手配した。
動画撮影の機会が多くなると予測し、64Gb版のボタンをクリックした。

予定通りである。
手元に届くのは10月に入ってからと約1ヶ月後となる。

通常ならば2-3週間とあるが、背面に私の名前の刻印をお願いしたからだ。
期待した機能は全て網羅された。

iPod nanoでは動画しか撮影できなかったので、ひょっとすると・・・・という心配を他所に静止画撮影もできるとあれば迷うことはない。
これによって、基本機能はiPhone4の3G機能を除いたほぼ全てを兼ね備えた製品となった。
所有するE mobileと組み合わせることで、場所を選ばずネット接続が可能なので、場合によってスマートフォンをやめて元の携帯電話に戻しても良いかもしれない。
簡単な連絡程度ならば、imodeのほうがお手軽だし、電話の操作も楽でもあるし・・・・スケジュール管理は、googleカレンダーモバイル版を使用すると、Windows・Macの境目がなくなるし・・・

などなどと想像が膨らむ。

いやはや、楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/01

桁が増えた

ニフティでブログを始めさせてもらって、5年になるだろうか。
何気なくカウンターを見たら、10万アクセスを超えていた。

以前にもここで、語らせていただいたことの復唱になるのだが、日々テーマを決めずその時の感覚で感性で駄文を連ねさせてもらっている。
多くの方々に、お付き合いをいただきありがたく思っている。

多くの人々は、決して好きで仕事をされているのではないと、勝手に主観しているところだが、かく言う私もその口で、宝くじでもあたった翌日にはしっかりと辞表を提出したいと適当に思っている輩である。

ただし、今の仕事が嫌かどうかと問われれば、決して嫌ではない。
長年、積み重ねた経験と実績、業界での影響力などから肩にかかる責任度などの負荷は決して不快ではない。
手にした椅子の形状はむしろ、私の身体にフィットしているのかもしれないし、その位置から見える周囲の風景は、日々努力を実践している優秀なスタッフに囲まれて、場合によっては安堵を含む空気に満ち溢れている。

だが、仕事を好きで行っているのではないことは事実だ。
大雑把に言えば、仕事はあくまでも私自身が家族全員が、安住するために必要不可欠の行為であり、永年継続するために自身に有利な環境を築くために努力を続けているだけのものだ。

だから、ストレスは溜まる。

このブログは、日々心に溜まる多くの物事を浄化するための大切な場所なのである。
これからもできうる限り、続けていきたい。

ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »