« 届いたiPod Touch 4G | トップページ | iPod Touchのアプリケーション »

2010/09/17

家内の子供になったiPod Touch 2G

家内のMac miniは常にWindowsOSで起動していてMacOSXは一度も使っていない。

今回、私が使っていたiPod Touch 2GはMacフォーマットなので、一旦私のWindowsマシンで初期化したのだが、今時のiPodはフォーマットの違いがあるのか無いのか・・・

家内のパソコンであるが、iTunesの認証は私名義で行う。
これで、私がお金を出して購入したiPodアプリケーションなどがそのまま使える。

モバイルアプリケーションの保存フォルダーは、iTunesフォルダー内にあるので、それをそのままそっくりMacからWindowsマシンにコピーする。
iTunesを立ち上げ、モバイルアプリケーションのファイルをドラッグアンドドロップすれば、アプレケーションの登録終了。

iPod Touch 2Gを接続して同期すれば、元の通りに活用できる状態になる。
認証は5台のパソコンまで可能なので、言い方を変えれば5台のiPod Touchで、アプリケーションを活用できると言うことになる。

なお、WindowsOSなので、アウトルックの住所録に対応させ、カレンダーもアウトルックだが、住所録はWindowsLiveメールでも同期させることも可能のようだ。

さて、メールの設定は後ほどだが、ひとまず設定が終わったので、家内にバトンタッチした。
取扱説明書は実質無い。

そのために本は買ったが、無くても直ぐに使い方は分かると思うので、とにかくボタンを片っ端から押していくうちに覚えるよ・・・これがアドバイスだ。

数日内には、しっかり自分のものにしていることだろう。

|

« 届いたiPod Touch 4G | トップページ | iPod Touchのアプリケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家内の子供になったiPod Touch 2G:

« 届いたiPod Touch 4G | トップページ | iPod Touchのアプリケーション »