« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

客人

来月後半に、オーストラリアから3人ほど来日がある。
2週間ほど日本に滞在し、東京を中心に旅回りをするらしい。

我が家では、その中の一日ほどを、彼らをアテンドするため、連絡の入っている行き先予定とは異なる場所を探し始めた。

娘は、大学受験を控え、一番ナーバスな時期と重なるのでどうしようかと思ったが、今回も家内共々、お友達の通訳として一緒に出かけることにしている。

家内の関係で外国人のお友達が多く、ここ数年幾人かの外国人来日が続いているが、その中で何とか文章は読める・・・?程度の私はいつもドライバーとして参加している。

スイスのお友達は現在スイスエアラインのフライトアテンドとなっているが、いよいよ来年あたりは日本にもフライトがあるらしく、ようやくスチュワーデスとして会えるかもしれない。
そして更に再来年はオーストラリアでも別の・・・家内が海外の商社に勤務していた頃の同僚が来日すると気が早く連絡が入っている。

このようにEnglishが続くと、私もちゃんと話が出来なければならない気分にはなるが、片言単語と身振り手振りで何とか気持ちが通じるもので、ま、いいかと適当にがんばればいい。

------------------------------------------------------------------

12月の中旬に10日間ほど兵庫に中期出張があるので、来日風が過ぎると直ぐに準備を行わなければならない。

会社では、私の上司だった人物が定年退職となりスタッフに盛大に送別会を受けた翌日に、会社関係先に顔を出して我が社の足を引っ張りだし始める事件があり、一時盛り上がったが、背任行為の追求をちらつかせたらどうやら引っ込み始めたらしい。

恩も義理もない世の中になったものだと嘆いてみても、生きるためにはなりふり構わないと言うことだろうが、結果的にはいなくなって会社は明るくなり、本人の愚行の影響により結束力も一段と高くなった状況は、反っておかげさまでと言う言葉を投げ返してあげたい気分だ。

引き継いだ仕事も順調で、今後の売り上げ増が見えてきてもいる。
付属でついてきた機械管理の仕事も、その方とお付き合いのあった出入り業者は、裏での結託がある節が多いため、全て切った。
新たに見つけてきたメンテナンス会社の、仕事に対する考え方が私の目指すものと一致し、任せられる・・・という一番大切な気持ちにさせてくれたことで、大きな安堵感を得ることが出来た。

2年かけて開発した製品が予想以上にいい性能を出すことが分かり、来月から本格的に販売の宣伝に入る。
他社と共同で開発した材料が国土交通大臣の認定のための試験に合格もした。
これも年末から販売と宣伝に入る。
もちろん、両製品とも来年は我が社のメインになり、業界のトピックになることは間違いない。

法の不備から空白となっている設備機器の規定に対し、国土交通省の一部セクションがようやく前向きに動き出してくれた。
ここ数十年もの長い間、多くの業者が困っていた問題の解決に一歩前進したと思って言る。
何事もあきらめないことだ。
相手が法をかざす役人であろうと、知識には知識でぶつかれば必ず扉は開くというお手本でもある。

-------------------------------------------------------------------
ここ、しばらくの間相当忙しくしていた。

まだまだ、このペースだろうが、その中に客人が来る。
仕事仕事と走り回っている日々の中、一瞬の休憩を与えてくれるかもしれない。

忙しい時期に・・・・と決して思わない。
どうやら、まだ人間らしく仕事をしていることに気づかされた。

実に楽しみだ。
家族共々歓迎したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/30

待ち人

待つ身の重さに涙して つれづれなるままに

後幾日かと 今宵に目をやる我が身の寂しさ

涙さえも消してしまう そぼ降る雨の中

裏参道の奥の院の縁側に座ってみても

日頃見える富士の姿も 今日は見えずに黄昏れていく

待つよりも待たせる苦しさに身を変えて

明日の朝は晴れればいいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/29

たばこのけむり

あの時のたばこのけむりは今

どこを飛んでいるのだろう

僕らの目には消えてしまって見えないけれど 

彼らはまだ飛んでいる

雲になったつもりでいるのかもしれないし 

風になったつもりでいるのかもしれない

今頃 道草なんかして 

人を煙に巻いているのかもしれない

たばこのけむり 

今頃 旅の空だね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

詩集

引き出しの奥から、2冊のノートが出てきた。

20歳前後頃に書きためた詩の本だ。

読み直してみると、多少気恥ずかしい面もあるのだが、結構新鮮な気持ちになる。

当時の自分自身の生き方が色濃く反映する言葉の一つ一つに懐かしさを感じる。

この場を借りて、いくつかを紹介したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/21

FaceTime for Mac

なんと、Macパソコン上でFaceTimeが使えるようになった。
現在はβ版だが、何ら問題なく、iMacとMacBookPro、そしてiPod touch同士でテレビ電話ごっこが出来るのだ。

早速、iPhone4を持っている友人にいたずらFaceTimeを行った。
彼の子供が登場し、更には奥さんまで挨拶に顔を出して、MacパソコンFaceTimeレビューを飾ってくれた。

いやぁ、気恥ずかしいが実に面白い。
これならば、現在眠っている家内のMacminiのMacOSXを起動させ、FaceTimeごっこに引きずり込まない手はない。
近日中にセットアップしよう。

このようになってくると、Windows版も欲しくなる。

Skypを使ってみようかと思ってはいたが、私の場合これはいらなさそうだ。
E-MobileはWiFiなので、FaceTimeが使えるから、3G回線も使用可能となったSkypだが自分自身がやりたいと思っている事が今のところE-Mobile+FaceTimeで足りるので、Skypはやめる事にした。

いやぁ、時期MacOSX10.7でFaceTimeが実装されサポートするとは聞いていたが、はやばやとβ版だがリリースされるとは思っていなかったので、実にうれしい。
これで、眠っていた宝が有効に活用できる。

対応されている方々、思いっきり楽しんでくだされ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

Magic Trackpadが・・・その後

電池を出したり入れたり、スイッチを押したままにしたり、軽く押したり。

特別な細工があるわけでも操作できるスイッチがあるわけでもない。
不機嫌な状態で、何かするとすればそのくらいのことしかできない。

でも、Macで起動し、セットし直して使えるようにした後、Windowsに切り替えると認識しないという症状はしばらく続いていた・・・・と思っていた。

あきらめて、Macのみで使おうと決めた翌日、ちゃんとWindowsで動作しているではないか。
試しにMacに切り替えてもなんら問題なく動作してくれる。

理由は分からない、
と言うよりも、本来の・・普通になってくれただけのことだが、本当にうれしい。

折角高価なデバイスを購入したのにと、落胆していたのでほんとにハッピーになってしまった。

・・・・・・・・TrackPadは決してマウスの替わりにはならないと言う話を聞く。
その意見には同感だ。
マウスが万能ではないようにトラックパッドもそうはいかない。

しかし、双方のいいところを平行して使用できる・・・場所もとらないとなれば、操作系の幅が広がり快適なパソコンライフに入ることが出来る。

よかったよかった・・・である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/19

Magic Trackpadが・・・

とても反応がよく、ワコムのバンブー(タブレット)よりも格段に使いやすい。

だが、一つ問題が持ち上がった。

Macで使用する・・・・・・再起動しWindowsに切り替えると、ブルートゥース認識しない。
機器の登録はしてあるのだが、また電源ボタンを押しても、動作しない。

一旦、登録を削除して、再登録すると起動するが、ブートキャンプアシスタントでは認識していないので、本来の機能は全く働かない。
再起動して初めてスクロールやタップ機能が働く。

ちゃんと使用できる状態になり、今度はMacに起動し直すと、Windows同様で、一旦削除して再登録すると使用できるようになる・・・なお再起動は必要ない。
なお、電池を一旦外して戻し、電源を入れると削除再登録の必要はなくなる。

この状態で、Windowsに切り替えると・・・同じことの繰り返しとなる。

ブルートゥースの機能はたぶん、登録内容を一旦機器が認識し覚え込むのだろう。
それが、MacとWindowsでは微妙な違いがあって、このような問題が発生するのだろう。

いちいち儀式を必要とするか、一部の機能しか使用できないWindows側の登録をやめてMac専用にするか・・・・
思案中だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HRP-4C 未夢

動画を観てびっくりした。

最初、新人タレントと思った。
どこにでもいるタイプの娘だなぁ、とぼんやり観ていた。
まさか、ロボットだとは思わなかった。

実になめらかな動き、多少ゆるい動きだなぁとは思っていたが、機械独特のコマ落ち的な動きが全く無いことに驚嘆した次第。
確かにしっかりと見れば、多少は不自然な動きも無い事は無いが、しかしここまで仕上げてくるとは、立派なものだ。

やはり、なんと言っても二番目では行けないという技術陣の執念を感じるものだった。

ご興味のある方は、YouTubeなどを検索されたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/18

Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする06(少しネタバレ有り)

このゲームは主にiMacにインストールしたWindows7でプレーしている。
ブートキャンプのWindowsと言うことではないと思うが、時折Lara Croft and the Guardian of Lightが落ちる。

このゲームは、最初から高成績を出すのはとても難しく、何度も繰り返し同じステージをプレーすることで、お宝のゲットや出現敵のもっとも手際のよい攻略方法などが分かってきて、更に高成績をたたき出すことが出来る。

と言うことで、途中のステージはゲームが中断して最初からやり直しとなっても、少しは困るけれどそれほどではない。

しかし、ラストステージはかなり精神的にダメージが大きかった。

このステージは、お宝はない、
ただひたすら、敵と戦うのみである。
同時に、敵が繰り出すトラップを避けながら相手にダメージを与える。

敵のステータスがゼロになり、これで終わりかと思うまもなく、再び戦いが続く。
相手のステータスをゼロにする度に、チェックポイントが入るが、セーブではない。

最初の床からとげが次々に出るシーンを3回ほどクリアすると、次はそれこそわんさか出てくる敵に囲まれながら、メインボスに攻撃を繰り返す。

私的にこのようなシーンは不得意のため、得点など気にしている余裕はない。
従って、攻略失敗で死んでも、チェックポイントからもう一度続きなので、減点など気にせず、とにかく撃ちまくるのみと言うことで、勝機をものにするのみだ。

床とげを切り抜け、毒気をまき散らす植物に囲まれ、ワニの軍団におそわれながらボスを攻撃し、ステータスもあとわずかで・・・・と言うところでゲームが落ちた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・その後、このステージの最初からやり直すも、床とげトラップシーンから抜け出せない。
完璧に集中力が切れた。

このようなときはさっさとおやめになるがよろしい。

と言うよりも、あまり早く終わらせると、次に遊ぶゲームがないではないか。
ここはじっくりと楽しむがよろしい。

と言うことで、ラストステージはしばらくお預けとした。
その代わり、得点を・・・・と一つ前のステージを再チャレンジしてみたら、合計得点が2000000点を超えることが出来た。

他のステージで、死ぬ回数を減らせば、2400000点も夢ではないかも・・・・・・と言うことで、最初から精査することにした。
その上で、ラストにチャレンジしようっと。

ちなみに赤い骸骨は、全てゲットしたが、これは時間にとらわれずにこつこつすれば難しくはないか・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

モバイル考02

色々と思案の結果、現在E-Mobile(ポケットWiFi)を活用している。

これは、この通信機器に5台まで同時接続できるということで、手持ちのiPod TouchやMacBookProを一度に接続して活用したりしている。
単一機器契約ではないので、応用が広いという利点は大きい。
欠点は、モバイル機器以外にルーターを持たなくてはならないということだが、これだけの小型製品であるならば少なくとも邪魔にはならない。

さて、手持ちの携帯電話などで、テザリングが出来れば、このE-Mobileも不要となるのだが、現在の携帯電話でテザリングが出来る機種は限られているし、通信料金も高いらしい。
当初はこの複数機器アクセスはあくまでも個人の範囲で考えていたが、新しくiPod touchを買い替え、今まで使用していたiPod Touch2Gは家内の手に渡った時から状況が変わった。

当初は使い慣れないし、今までのナノよりも重い機種のため、なんやかんや言ってはいたが、今や常に家内のカバンに入っている常備品になっている。
娘の塾帰り、駅で待つ間のビデオデッキ替わりにもなっている。

家にいるときや実家に出かけた折は、常にWiFi環境の中なので問題がないが、一度そこから出てしまうとメールやインターネットが出来ない。
しかし、私と共にいるときは常にWiFi環境になるので、一緒に並びながらそれぞれ趣味を覗いているという活用ができるわけだ。

私と家内は仲がいい。

休日はまず別々に行動することは稀だ。
買い物も、図書館も、映画も何時も一緒だ。
だから、私のポケットWiFiの活用範囲は更に広がっているということになる。

という意味で、テザリング機能は必要なまた重要なポイントということで、昨日の話ではないが香港で販売されているiPhone4に興味があるという話に結びつくのということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

モバイル考01

仕入れ取引業者が来られ、久しぶりに一杯引掛けに出かけた。
その業者は、タイのバンコクと中国の大連に工場があるが、タイには日本から直行便以外に香港経由などもあり、時間は少し長く掛かるが料金が安く済むことが出来るという話があった。

決して国際情勢の話ではない。
話の中に香港・・・という地名が出たから。

現在私の興味の対象は、香港で販売されているiPhone4だ。
docomoのSIMが使え、テザリングが可能という。
その部分を含め、大いに関心があるのだ。

電波状況などを踏まえ、ソフトバンクに関心がない私ではあるが、iPhone4という機種はぜひ使ってみたいスマートフォンで有ることは事実。

しかしながら、会社はdocomoのみで統一しているし、家族も全てdocomoだ。
私の携帯電話は会社と兼用であり、料金は会社持ちなので、親子割に対象になっていはいないが、受験を控えている娘と家内は密に連絡を取り合っているから、この間が通話料やメールのパケット料が無料というのは大きなポイントであるし、今更他のキャリアに変更する面倒は全く考えていない。

そのため、ソフトバンクのみという国内販売iPhone関連は、きっと二度と所有することはないということになる。
巷ではauから・・・・という噂もあるが、携帯電話とインターネット(我が家の光回線はKDDI)間で割引があれば考慮しないこともないが、やはり安心優先のdocomoから抜け出せないだろう。

そんな折、香港で販売されているiPhone4はSIMロックがかかっていないということを知り、俄然興味が湧いた次第。
もちろん、現在のdocomo製SIMは標準タイプでマイクロSIMではないから、行ってはいけない加工を施さなければ使用できないのだが、とりあえずdocomoIphone4が出来上がることは間違いない。

現在、輸入iPhoneなどに日本通信のSIMを挿入して使用するという方法でもという話を聞いてはいるが、この日本通信のSIMは、iPadなどがSIMフリーで販売されるのを見込んでNTTが発注したマイクロSIMなのだが、結果的に不要となった在庫を有効活用・・・それ以外にもSIMフリー化の流れを作るという魂胆もあるかも・・・するためのものでもあるのだが、私的に勝手な予想としては、今後販売されるdocomoの携帯電話にもマイクロSIMで販売されるものが現われると見ている。
来年は新規販売携帯電話は順次、(希望があれば)SIMフリー化していくと言う話だが、それが具現化した場合、出来るだけ早めにiPhone4・・・iPhone5?を入手したいなと思っている。

ただし、テザリング機能があると言う前提で・・・・・・。
その理由は、後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

地下鉄のエスカレーターの女

結構長いエスカレーターの左側に立っていた。
右側は関東から名古屋の場合は、急ぎの方のために空けてくださいと注意書きがあるように、急ぎの方が歩きながら先を行くというルール?になっている。

その日、手に下げた鞄に何かがぶつかるショックがあり、振り向くと4歳くらいの女の子がふざけた拍子に頭をぶつけたらしい。
たいしたショックではないので痛い事は無いと思うが、その時その女の子の隣に遅く生まれた子の親なのか、早めに生まれた孫なのか・・・と思われる女性が立っていた。

そして、その後ろには急ぎの方々の列が、長いエスカレーターに延々と並んでいる。
気になったので、後ろの方が詰まっているのでもう少し子供側に寄られた方がいいですよ・・・と声をかけた。

「子供が居るんだから仕方が無いでしょう!!!」結構大きな声がこだまする。

すかさずその女の後ろにつっかえていた男性が咳払いをする。
一旦その男性をパスさせたその女は間髪を入れず今度は右の手すりをしっかりと握り、更にその後ろに居た女性を通れなくして踏ん張っている。

丁度そのとき、その女が通過する壁に「右側をお空けくださいますようご協力をお願いします」というレッテルが貼られていた。

私はそれを見て、「ルールは守らないとね」と女に壁を指差しながら話をしたのだが・・・・・・

「子供が居るんだからそんなの関係がないね!!!」

それでおしまい。
嫌な世の中になったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする05(少しネタバレ有り)

Lcgol_20101010_19414685

わんさか出てくる敵を何とか全滅させ、「Fiery Depths」を脱出したのもつかの間、「Belly of the Beast」では巨大な恐竜と戦うことになる。

ここにも赤い骸骨が10個あるはずなのだが、5個までは見つけた。
散々走り回り、隅々まで探したが見つからない。

溶岩に囲まれたエリアにはどこにもないので、たぶん・・・・・後ほどチャレンジしてみようと思っている。

さて、高得点をたたき出した・・・・私の技量でも無理せずクリアできるのだから、あまり自慢は言えないが・・・取りあえず他のチャレンジは残し、次に進むことにした。

さわりだけ・・・火球をはき出す石像が左右にあるところのパズルを解くことができたところで今日のプレー時間切れ(一応時間を決めているので・・・はぁ)となった。
ここでやめてしまうと、そこの謎解きセットをまた最初からとなるが、それはそれでいいや。

少し、スピードアップしすぎているので一息入れないとね。

と言うよりも、途中で手に入れた武器を使って最初のステージをこなしてみようかなと思っている。
ここに至るまで、ほとんどデフォルトの銃と槍(途中グレネードランチャーが必要だけれど)でくぐり抜けてきた。

ここと言う以外は、それ以外の武器を使用していない。
だから、折角手に入れた武器をめいっぱい使ってその威力を知りたいと思った次第。
その意味で、最初のステージから得点やら、取りこぼしをクリアしたいと狙っている。
時間制限は、私の技量では無理にしてもね・・・・・。

続きを読む "Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする05(少しネタバレ有り)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/13

サラ・ブライトマン 国際フォーラム

早々とチケットは入手していた。
というよりも、家内が手に入れてくれていた。

そして、昨日久しぶりに家内とデートだ。

今回、サラのコンサートは、日本フィルとの共演という触れ込みで、昨年のエンターテインメントショーとは違い、クラシックに特化した舞台だった。

従ってダンサーはいないが、演奏するスタッフを2名ほど連れて(本当はもっと居るのかもしれないが、見た限りでは2名は日本フィルの中に紛れ込んでいた)の単独公演となっている。

聴き慣れた曲のオンパレードだが、生の声は本当に迫力があり、昨年を思い出すほどに感動し震え、終盤はスタンディングして拍手を送った。

あっという間の時間・・・・次回の来日も必ず出かけようと家内と約束を交わし、有楽町を後にした。
余韻を引きずりながら・・・・・・・・・

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする04(少しネタバレ有り)

iPhone用のバイオハザード4の不具合関連はその後改善などの案内はないが、一応プレーをしている。
iPod Touch等のゲームは、一旦削除(パソコンに残っているがiPod Touch上からは消えた状態)するとセーブデータも同時に消えるので(リセットされるのか・・・)最初からプレーすることになる。

12面までは何回かプレーしたので、要領はわきまえているが、アップデート前はステージはもちろん最初から順番じゃないと出来なかったのだが、アップデート後は好きなステージからプレーが出来る???ので、ストーリーモードではなく、マーセナリーモードのキリングロード(ストーリーモードでアシュリーの救出をクリヤするとプレーできるようになる)というステージで簡単に得点を稼ぐ。
そして、最初から強力な武器を用意して既にプレーしたことのあるステージを片っ端から進むことにした。

より強力な武器がゲットできるのは、やはりステージをクリアして先にいかなければ現れないようだ。
ゲットできたら武器強化して、今までプレーした最終面12ステージの最強の刺客と渡り合わなければならない。
この怪物がやたら強い、私の反射神経ではより強力な武器ではないと渡り合えないからだ。

現在、シーンを覗いてみたら確かに2面増えて14面までプレーできるようだ。
そして、15~22面までは1面づつアドオンで購入するようになっている。
なお、これを一括でまとめて購入することが出来たのだが、これら面単位のアドオンも含め、現在はダウンロードできない。
ま、気長に待ちましょう。

さて、お友達のKENさんに紹介を戴いた「Fraps」という、キャプチャーソフトを早速使ってみた。
なかなか、いい!!
KENさん、有り難う!!

Lara Croft and the Guardian of Light では、全てで14ステージが私たちを待ち受けている。
なんだかんだと、10ステージをクリアした・・・と言っても瀕死の状態で脱出したという状態だったが。

私は戦いが下手である。
とにかく銃撃戦が苦手なので、この「Fiery Derths」というステージには苦戦した。
初っぱなから、逃げ場のない広場に大勢のわき出る敵を、倒しても次から次に地面の中から出てくる出てくる。
中には、倒しても直ぐに復活する輩もいて、逃げ回り爆弾仕掛けまくりして、何とか最初の敵を葬った。

パターン的に、直ぐには襲ってこないが、火球攻撃をしてくるのは前転避け後に打ち砕く。
飛び道具はないが、近くに来ると一気に飛び込んでくる復活するやつは爆弾仕掛けて粉々に吹っ飛ばしてようやく消えてくれる。
場合によっては銃よりも槍の方効果があるみたい・・・と見た。

このステージは、赤い骸骨をゲットするため、相当の寄り道をするので、本線は一直線・・・と思いきや、前日に死にまくって遂にその日の攻略はあきらめた二回目の囲まれステージでのバトル。

ここまで来ると下手な私でも、敵の攻撃スタイルが分かるので、飛び道具を持っている輩からたたき、襲ってくるやつから逃れ、爆弾で砕く・・・そのうちに盾を構えた図体の大きいのが現れる。
一対一なら何とかしのげるので、ようやく消えてくれた。

しかし、この時点まで結構ためた得点だったが、その後のトラップで、取り残しの赤い骸骨があることが分かり、とにかく何かはコンプリートしないと悲しいと思っているのでゲットに励んだ結果、何度も死にまくったおかげで、この時点で0点になってしまった。

このステージの得点はその後の残りで稼いだもの。
悲しい・・・・というよりもほっとし感じかな。

次回はある程度いい点が出るかなと言ったところで、次のステージの前の休憩です。

Lcgol_20101010_09532980

なお、ベストタイムは参考になりません。
塾帰りの娘を駅に迎えに行っている間、敵のいないところでララが待ちぼうけを食っていたので(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

Macのキーボード

どうしようかと迷っていたが、ここは一発奮起と、Macワイヤレスキーボードを奮発した。
同時に、マジックトラックパッドも入手した。

iMacに付属していた有線のフルキーボードは、比較的キーが柔らかめだったが、このキーボードはクリック感があり、いいかもしれない、
少し、キーが小さいので若干打ちにくいかな?と思っていたのだが、MacBookProと同じ寸法だった。

家庭では事務所のように本格的にテンキーを使用することがないので、この小型のテンキーレスキーボードは場所をとらない、USBポートをふさがない、離れたところから操作ができるなど、以前からほしかった製品だった。

噂では、次期iMacはタッチパネル式になるとか・・・・それはさておき、キーボードは変わらず現行製品に付属するこのワイヤレスキーボードだろう。
新規にiMacを購入した場合、今使っているiMacはリビングの夏子と入れ替える予定だ。
その場合、キーボードはWindows用フルキーボードをそのまま使うだろうから、今ここで打ち込みに使用している今日購入したばかりのワイヤレスキーボードは、MacBookPro専用にすればいい。

さて、同時に購入したマジックトラックパッドの使い心地は至ってシンプル。
MacBookProのトラックパッドと基本的には変わらない。
ブートキャンプのアップデートを適応することによって、Windowsで使用する場合、一本指タップで左クリック、二本指タップで右クリック、ウィンドウの端で一本指ダブルクリックしたままでそのままドラッグ保持と、二本指縦スクロール(Windows7は本来横スクロールも対応しているらしいが、iMacのWindowsでは機能しなかった)が機能可能となる。

もちろん、Macで使用する場合は全ての機能、拡大縮小回転なども昨日可能となる。

このトラックパッドは小型だが、面積は適度で、場所的にも邪魔にはならない。
もちろん離れたところからも使用できるので、リモコンというわけにはいかないがそれに近い操作ができる。

なお、そうはいっても決してマウスの替わりにはならない。
レタッチなどはやはりマウスに軍配が上がる。
でも、ワードやエクセルなどの事務系アプリケーションには最適かもしれない。

取りあえずしばらく使ってみようと思っている。

・・・・・・・・・家内が、家の中が塗料臭いと言う。
何だろうと調べてみると、原因は購入したばかりのワイヤレスキーボードだった。

マジックトラックパッドは問題がなかったが、キーボードは結構きつい臭いだ。

玄関に放置したが、廊下中に臭いが籠っている。
臭いが落ち着くのにどのくらい掛かるのだろうか。

PC部品は多くを購入しているが、臭いの関連は今回が初めてだ。
アップルさん、シックハウスなど・・・問題ないよね?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/10

キーボードでキャプチャーが出来ない

TRの新しいゲームを始めて、途中のシーンをキャプチャーしようとPrtScnキーを押すのだが、なぜかキャプチャーしてくれない。

少し前のゲームステータス画像は、手持ちのiPod Touchで画面を撮影したものだ。
そこで、iMacに付属のキーボードを持ってlきて取り付けてみた。

しかし、それでもキャプチャーできない。
何をしてもだめなので、ここはあきらめ。

しばらくこのキーボードを使用していなかったが、アークキーボードより打ちやすいことに気がついた。
キーピッチが広いためなのだろう。

でも、幅が広いので元の戻すことにした。

ちなみに、アークキーボードをMacBookProに接続して見たが、問題なくキャプチャーできたので、iMscのWindowsOS側に問題があると判断している。

通常スニッピングツールがあるからいいのだが、ゲームなどはそれが使えないからね。
少し気にする・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/09

バイオハザード4 For iPhone

しばらく前に、リリースされて散々プレーして削除していたゲームだったが、昨日になりバージョンがアップされ、今まで12ステージまで(途中で尻切れトンボのように終わっていた)だったのが14面までプレーできるようになった。
更に後半のステージである15~22面までは、ゲーム内で購入することが出来て、それを入手すれば全編になるという。

また、追加武器も用意され、一旦クリアしていても更に楽しめるということなので、早速復活させバージョンアップを行った。

さて、ゲーム内で後半のシナリオを購入しようとしたが出来ない。
「現在用意されていない」というアナウンスが出る。
さらには、アップストアにおいても本編そのものが削除されされている。

いったいどういうことか?とCAPCONのサイトに行っても、テレビゲーム機やPC用の案内はあるが、iPhone用がない。
直接、本体名で検索してようやく、ゲームの案内ページにたどり着き、今回の問題説明文に行き当たった。

要は、アップデートしたがその一部に不具合があり、一時的に該当ゲームの配信を停止いたとのこと。
更に10月中に修正版のアップをするらしい。

気になるのは、追加シナリオは8~11日間のみ通常の半額と言うことなのだが、それらがどうなるのか・・・・
通常450円の半額なのでたいした金額ではないが、少し気にしている(笑

いずれにしても、既に終わったと思っていたゲームがこのように更に遊べるようになるのはうれしい。
TRのGOLDみたいだ。

ところでTRアンダーワールドの追加シナリオはXBoxなどはリリースされているが、PC版は未だに噂もない。
テレビゲームを持たない、やらない私としては大変残念でならない。

是非ともPC版の販売をお願いしたいと、今でも淡い期待を暖めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

オンイヤーヘッドホン

アップル製品の部品には結構こだわりのある仕様製品が使われているという話は、しばらく前に記したことがあるが、その関連商品で試作した製品がある。

関係者と言うことで、その一台を預かったらしいが彼の耳には合わなかったらしく、私の手元に回ってきた。

私は、どちらかと言えばBozeのような低音重視好みで、最近のイヤホーンなどに見受けられる高音気味は耳にいたくてどうしようもないが、いただいたヘッドホンもその傾向にあるが、ただ切れがある音と言うこともあり、突き刺さると言うことがない素直な音色に、思わずナイス!!「と声を漏らしてしまった。

使われている材料は、Victrex社のAptiv Peekという樹脂材料だ。
調べてみると、現在売り出し中の新しい高機能素材と言うことが分かった。

薄膜フィルムはコーンの振動体に使われ、ボディももちろんその素材で作られている。

愛用のiPod Touchで使用するときは、音質を高音カットにすると私の耳に優しい。
全体的な音の広がりはすばらしく、試作品ながら市販してもいいのではないかと思える出来映えだ(既に市販されているのかな?)。

なお、昨日入手したiPod シャッフルを直づけしてこのヘッドフォンとBozeオンイヤーヘッドフォンとを聞き比べてみた。

音色の柔らかさハBozeに軍配が上がるが、くっきりした音質はPeekの方が上ではないだろうか。
家内も同意見だった。

iPod シャッフル(前バージョン)は、専用のイヤホンでのみ音量調整が出来るし、音質も変更が出来ない。
従って、そのままの音が出るので素直に聞き比べやすい。

ヘッドアームが少し堅めなのだが、手動?で調整すればよろしい。
しかし、いいものを手に入れた。


Img_0552

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする03

99999

お宝の取りこぼしは気になるが、取りあえず、目についたもののみ確実にゲットしながら・・・と思いきや見えているのにどうやったら取れるのかなぁと思う箇所が何カ所かあったが、一先ず先に進むことを優先した。

現在クリアしたステージでは、こうしたらこの扉が開くのだろうと試み、それをセットしてそこに向かうと敵がわんさか出てきて、引く前にすっ飛ばされてしまった。

得点は減るわ、もう一度セットしようとすると、トラップに引っかかってまたまた得点が減るわで、それは後回し!!と、私的には後ろ髪を引かれる思いで、仕方なくこのステージをクリアした。

規定時間内にクリアするイベントもあるのだが、操作系の下手な私は無茶なチャレンジはしない。
一応、赤いドクロ君は全ていただいてきたし、再チャレンジではきっと規定の得点くらいはクリアできると思う。

全てのステージをクリアした暁には、残りのお宝もいただきに上がろう。

さて、Steamにアクセスしてゲームの開始が出来る。
つまり、パソコン本体はオンラインの状態でなければゲームが出来ない仕様なのだが、そのおかげでプレーした結果は、他のパソコンでゲームインした場合、家のデスクトップで終了したステージから、得点ももちろんゲットした状態で始まる。
つまり、セーブデータはSteamのサーバー側にあるわけだ。

だから、ノートパソコンを持って出先でプレーした続きが出来るというわけだ。
出張などで、暇な夜はゲームパッドいじりで退屈がしのげる。

このゲーム、ララの動きが機敏なので、はちゃめちゃな動きで目がついて行かない場合がある。
途中、恐竜に追いかけられて前転逃げであっちこっちに走り回りながら、お宝を探し恐竜を倒すためのあることをこなす。
そして、わいて出てくる敵を銃と爆弾で適当に仕留めていく。

うまくいけば、メディパックを使わずに済むし、このステージならばきっと規定時間クリアも出来るかもしれない。
と、欲目も出るが、階段先から蜘蛛の大群がわんさか出てきて囲まれるとつらい。
抜け出せば引きながら爆弾(実は地雷型手動爆弾)を炸裂させれば、一気に数を減らすことが出来るの大いに活用したい。

とにかく、敵はわんさか出てくる。

雑魚に囲まれたときは、回転しながら銃の乱れうちは結構爽快感がある。
実のおもしろいゲームだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

LED電球

我が家には、クリプトン電球・・つまり口金がE17と言う小さな回しながらねじ込む方式の電球がトイレを含めて7箇所取り付けてある。
通常の電球であるE28タイプは浴室を含め4ヶ所だ。

ほかは蛍光灯となっているのだが、今回LED電球に交換を行なおうと思ったのは、電球の方だ。
トイレ前のダウンライトは以前に既にLED電球にしている。
これは、夜間危険防止のため点灯しっぱなしにするためのもので、光量も少し暗めの4Wにしている。

さて、取引先関係者が本格的にLED電球(業務用)に進出し、現在我社の工場の電球をLED化してはどうかとアプローチを受けていて、その流れで我が家も交換を考えたと言う次第。

LED電球の光量は、確かに測定器にかけると、表示の光量はちゃんとあるのだが、全体的に暗く感じる。
LEDの光が直光であり、今までの電球のように周囲を照らさないため、明暗がくっきりすることで暗く感じるのだが、それ以外に従来型の電球では周囲に散った光が更に反射し、適度に明るさを増幅させることでも明るい印象を受けるのだ。

従って、従来電球の約10分の1ほどのワット数が相当すると言われてはいるが、自分の印象ではそれよりもワンランクアップした光量の電球を選ばれた方がいいと思う。

今回、浴室と廊下の電球はE26口金を使用するタイプ。
なお、軽量型がリリースされたのでそれの5Wを使用することにした。

本当は6W級がほしいのだが、重量が増すので廊下のつり下げタイプに使用すると地震などの揺れで、相当振り回される可能性があり、多少暗くても軽量タイプを選択した(LED電球は回路が発生する熱の発散に冷却フィンが取り付けられてるが、これらが重量をアップさせている)。
浴室は水平に取り付けるので少しでも軽い方がいいし、ここは多少暗くても問題ない。

なお、洗面所は暗いと困るので、今回の交換は見合わせた。
また、今回預かったサンプルのE17タイプは電球の大きさが結構あるため、リビングや廊下にあるダウン式ライト(天井に半円級の傘が埋め込まれているタイプ)に取り付けできない。

トイレもE17タイプだが、ここは垂直に取り付けるため問題なくセットできる。
ただ、今まで100W級の電球を取り付けていた。
本来は60Wが適正規格だったが、電球切れ際に在庫が100Wだったので、それを取り付けたが、それ以来娘がトイレにこもって勉強するなど弊害(笑が出ていたので、いずれ元に戻そうと思っていた。

今回、7W級のLED電球のため少し暗くなるから、トイレ籠りはきっと無くなるだろう・・・かな?

さて、今回は全ての電球の交換は形状の関係で見合わせたが、照明の消し忘れを気にするよりも防犯上や安全面の配慮から一部の照明の常時点灯を優先しLED化しようと考えている。

メーカー製は今でも高価だが今回有名メーカーのOEM元が直販を行うことで、品質も確保していると言うことを信頼し、購入に踏み切った。

果たして・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/03

Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする02

Lc

キーボードの操作では、炎のパズルで、うまく走ることが出来ず、もたもたしているうちに炎に追いつかれ焼け死んでしまう。
そこで、やはりこのゲームはゲームパッドは絶対に必要と思い、倉庫を覗いてみたが、考えてみたらMicrosoft Side Winderはあるが、これでは操作が不十分だろうと思った。

XBOX360用のゲームパッドは、その昔どうしてもという友達がいたので、渡したきりどうなったかは分からない。
そんな時、娘の用事で秋葉原近くまで出かけたので、改めて購入した。

そして・・・・XBOX360コントローラーにしたのは、最近のTRシリーズは真っ先にMicrosoftに対してゲームのリリースをしているようで、きっともっともXBOX360に相性のよいようにプログラムしているのではないかと勝手に解釈したからである。

ということではないかどうか分からないが、思った通りの操作性だった。

キーボードでは死にまくりというほどではないが、敵の攻撃を受けまくりだったが、コントローラーにしてから全くヘルスが減らない。

走り回って打ちまくり、破壊しまくって、2つのステージをクリアした。
KENさんのアドバイスもあったが、こうなってくるとついつい色気が出て、クリアした二つのステージを改めて進めてみると、まだ足を踏み入れていない場所などがあることに気が付き、それぞれをクリアしてポイントを高めることが出来た。

なお、前回一回でもゲットしたお宝はそこにはないし、それを取るために動かしたトラップなどは次には反応しない箇所もあった。

さて、随所にある転がっているダイアモンドは、敵を倒すともらえるポイントと共に加算される特典であり、イベントクリア(ステージクリアではない)の一つの対象なので、これは次に訪れた時もそっくり存在する。

はめ込んだ画像は、バージンにクリアした成績であり、その後取りこぼしも含め、未踏の箇所がないかを確認するためにもう一度同じステージに踏み入れたのだが、その結果、ダイアモンドなどの特典(所謂ステージごとのハイスコアになるようだ)が増しているから、合計得点は多くなっている。

話は戻すが、このゲームはキーボードでプレーしようというのは至難の業だ。
少なくとも私の技量では、クリアは到底できそうもない。

ゲームパッドなどは、これこそ最強のアイテムである。
これ等がなかったら、いくら好きなララであっても離婚をしていたと思う。

おかげで、実に楽しい旅をさせてもらうことが出来て、十分に満足することができる。
ゲームパッド必須!!・・・でも、ゲーマーなら当然持っているか・・・・(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

iPod shuffle

と言っても前モデルを購入した。

新しい製品ではなく、あえて旧モデルを購入した理由は、一番小さかったからである。
新しいiPod shuffleは、前々モデルと同じ四角形で、この形は私はあまり好きではない。
実は前モデルの後継として今のモデルの形状を多少私なりに想像していたのだが、もしこの小型形状の発展型という推測通りならば・・・結果的にまるっきり違い、再び真四角になってしまった。

実は、Bozeのヘッドフォンを持っているのだが、この製品はヘッドフォンコードの根元からコードを取り外すことが出来る。
そして、長いコードと短いコードがあり、その短いコードにiPod touchを接続すると胸ポケットに入れるのにちょうどいい長さになっている。

だが、着る服によってはポケットがなかったり、やはり決して軽くないiPod Touchの重量が気になって多少不満を持っていた。
ということで、適当に音楽を楽しめる専用機が欲しくなった。
初代のiPod shuffleは持っているが、今の時代決して小さくはない。
それに容量も500Mbほどしか無いので、実質今の時代の製品ではない。

しかも、どっちみち購入するのならもっとも小さなiPod shuffleをヘッドフォンに直接貼りつけてしまおうと大着なことを考えた。
つまり、実質的なコードレスプレーヤーもどきを作ってしまおうということだ。

そのためには、今の真四角iPod shuffleでは、どうも具合が悪い。
そこで、前モデルをアマゾンから在庫品を送ってもらったというわけだ。

さて、前々モデルや最新モデルは本体に音量調整や曲順送り操作できるホイールなどがあるが、前モデルは付属のイヤホーンのリモコン部分で操作するようになっていて本体はオンオフスイッチ以外何も無い。
従って、付属以外のイヤホーンなどの時はそれらを接続した状態でコントロール出来ないのではという疑問がわく。

結論から言えば、音量調整はもちろん出来ない。
曲送りも一時停止などももちろん出来ない。

付属のイヤホーンで適当な音量にして、Bozeのヘッドホンに付け替える(適当に音量を合わせなくてもいいのかもしれないが・・・)。
iPod shuffleのスイッチを入れれば、再生はちゃんとするし丁度いいくらいの音量だ。

止めるときは本体のスイッチのオンオフでいい。
特別コントロールしようとは思っていないので、これでよし。

自分のお気に入りの音楽だけをMacBookProのWindows側iTunesにiPod shuffleをセット(MacOSX側はiPod Touchの管理として使用している)し、当初はMac側と音楽データを共有しようかと思ったが、音楽ファイルに組み込んであるカバーフロー用画像のデータが結構大きいので、2Gbしか容量の無いiPod shuffleにはそれのデータは無駄になるだけということから、CDからリッピングしただけのデータをバックアップからWindows側のiTunesフォルダーにコピーしてそれを登録した。

ちなみに、iPod Touchの音楽ファイルをそのまま使うと、音楽データと同じくらいの画像データがファイルに組み込まれているため2Gbがほぼ半分の容量しか使えなくなってしまう。
64GbもあるiPod Touchからすれば、大した容量ではないけれど、2GbのiPod shuffleには多すぎる。

さて、一応目的は達し、コードの呪縛から解放された簡易型コードレスプレーヤーは実に快適だ。
ヘッドフォンと同じ黒色のボデイは、ヘッドホンのヘッドアーチ部分にさりげなく引っ掛けると全く目立たない。

いかがだろう、このような使い方もあるという報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »