« キーボードでキャプチャーが出来ない | トップページ | Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする04(少しネタバレ有り) »

2010/10/11

Macのキーボード

どうしようかと迷っていたが、ここは一発奮起と、Macワイヤレスキーボードを奮発した。
同時に、マジックトラックパッドも入手した。

iMacに付属していた有線のフルキーボードは、比較的キーが柔らかめだったが、このキーボードはクリック感があり、いいかもしれない、
少し、キーが小さいので若干打ちにくいかな?と思っていたのだが、MacBookProと同じ寸法だった。

家庭では事務所のように本格的にテンキーを使用することがないので、この小型のテンキーレスキーボードは場所をとらない、USBポートをふさがない、離れたところから操作ができるなど、以前からほしかった製品だった。

噂では、次期iMacはタッチパネル式になるとか・・・・それはさておき、キーボードは変わらず現行製品に付属するこのワイヤレスキーボードだろう。
新規にiMacを購入した場合、今使っているiMacはリビングの夏子と入れ替える予定だ。
その場合、キーボードはWindows用フルキーボードをそのまま使うだろうから、今ここで打ち込みに使用している今日購入したばかりのワイヤレスキーボードは、MacBookPro専用にすればいい。

さて、同時に購入したマジックトラックパッドの使い心地は至ってシンプル。
MacBookProのトラックパッドと基本的には変わらない。
ブートキャンプのアップデートを適応することによって、Windowsで使用する場合、一本指タップで左クリック、二本指タップで右クリック、ウィンドウの端で一本指ダブルクリックしたままでそのままドラッグ保持と、二本指縦スクロール(Windows7は本来横スクロールも対応しているらしいが、iMacのWindowsでは機能しなかった)が機能可能となる。

もちろん、Macで使用する場合は全ての機能、拡大縮小回転なども昨日可能となる。

このトラックパッドは小型だが、面積は適度で、場所的にも邪魔にはならない。
もちろん離れたところからも使用できるので、リモコンというわけにはいかないがそれに近い操作ができる。

なお、そうはいっても決してマウスの替わりにはならない。
レタッチなどはやはりマウスに軍配が上がる。
でも、ワードやエクセルなどの事務系アプリケーションには最適かもしれない。

取りあえずしばらく使ってみようと思っている。

・・・・・・・・・家内が、家の中が塗料臭いと言う。
何だろうと調べてみると、原因は購入したばかりのワイヤレスキーボードだった。

マジックトラックパッドは問題がなかったが、キーボードは結構きつい臭いだ。

玄関に放置したが、廊下中に臭いが籠っている。
臭いが落ち着くのにどのくらい掛かるのだろうか。

PC部品は多くを購入しているが、臭いの関連は今回が初めてだ。
アップルさん、シックハウスなど・・・問題ないよね?


|

« キーボードでキャプチャーが出来ない | トップページ | Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする04(少しネタバレ有り) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macのキーボード:

« キーボードでキャプチャーが出来ない | トップページ | Lara Croft and the Guardian of Lightをプレーする04(少しネタバレ有り) »