« Dark Quest2 | トップページ | 障害 »

2011/01/19

北新地

昨年、手術をした取引先の社長。
大阪に出かけると、何回かのうちたまには飲みに出かけていたのだが、病み上がりではとしばらく遠慮していた。

予定より早く金沢から大阪に入ることが出来たので、そのままその取引先に行って、早々と商談をまとめた。
ホテルに向かう途中、何度か入った映画館が、昨年暮れに閉館していることを知った。

本当は時間つぶしに映画でも観ようと思ったが、それでくじけて、先ほどの社長に電話を入れた。
手術後だと思うから、軽く食事でもしないか・・・・
ホテルに荷物を置いたら、手間だけれどまた事務所に来てくれないか・・・・

Uターンして、事務所に入ったとたん・・行こうか・・

近くのお店にでも行くのかなと思いきや、通りに出てすかさずタクシーを止めて・・・北新地に向かって・・・

病み上がりと思っていたが、本人はそんなのは関係ないらしい。
行きつけの寿司屋にひさしぶりに顔を出し、寿司を頼まずお作りと揚げ物で軽くアルコールを入れる。

仕事の話は、一分もしない。
それは事務所で十分に行ったからだ。

今回は、彼の家族の問題が話題になった。
と言うよりも、私は延々と愚痴を聞かされたのだが。

長女の婿さんが市会議員に立候補する準備に入っているという。
大阪府内の片隅の市だが、地元では旧家らしく、有力者の家がらと言うことらしい。

彼の会社は、数人の中小企業ゆえ、身分が合わず、かかる経費(お付き合いをするうえで)が相当に上り、大変苦慮しているなどなど・・・・

耐えながら聞き続け、心根をはき出して満足となったと見極めた上で話を終え、店を出た。

本当はここで帰りたかったのだが、彼が最初から北新地にタクシーを向けた意味はこれからにある。

あら、久しぶりじゃない・・・・そう2年ぶりくらいだろうか、ママに逢うのは。

男二人に、女性が6人。
ブラジルのハーフが二人に、韓国のハーフが二人。
他の二人は分からない。
そんなに相手が出来ないので、結局・・乾~杯の時だけ、一言二言会話でお仕舞い。

ママは私がワインが好きなのを覚えてくれていて、早速持ってきてくれた。
でも・・・・・何だ「赤」じゃないか・・・白が好きなのにと思いながらも、顔は笑ってママにお礼を言いながら、はたまた乾杯。

そのお店の女の子を三人連れて、違うお店に三次会目。
そのお店で女の子はホステスの続き・・・よく分からないがまいいか。

ブラジルの女の子たちと陽気にサンバを踊って、相当飲んで、ホテルに引き上げたのは既に朝の3時になっていた。
今日(既に翌日だものね)は7時に起きて、8時過ぎの新幹線に乗って名古屋に向かわなければならない。

ちと、はしゃぎすぎたか・・・・


|

« Dark Quest2 | トップページ | 障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北新地:

« Dark Quest2 | トップページ | 障害 »