« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/25

耐震実験02

昨日、アップさせて戴いた耐震実験動画は、昨年暮れに行なわれたEディフェンス耐震実験のものだ。

本来は、本年度中に関係者が実験によって得られたデータを解析し、その後関係協力会社にフィードバックされ、その時点で、公にしていい記録の一部である。

つまり、現時点では社内データの活用以外、使用してはならないデータなのだが、今回ここにアップしたのは決して営利目的ではなく、多くの方に地震の恐ろしさを知って戴きたいという気持ちからだ。

阪神淡路大震災で、私の知り合いが妹を亡くした。
別の知り合いは、自宅が崩壊し、人生的にも苦境に立たされたなど、決して遠い場所の問題ではない。

地震発生直後に現地入りした私は、空襲の焼け跡のようになった街、倒壊した高速道路、壁が無くなり2階ではなく3階が1階になったビルなどなど、この目に焼き付け、今でもくっきりと思い出す。

もともと、地震国日本にいて、建築関連の仕事を生業としていることから、地震対応製品の製造販売は古くから行なっていたが、それらを切っ掛けに本格的な販売に入って久しい。

少しでも、地震による被害が少なくなるようにと、願いを込めた製品が多くのビルに使用されていく。
Eディフェンス耐震実験に参加したのも、会社の利益以前に人々の安全を願う心からだ。

データをたとえ一部でもアップしたことで関係者がそれを知れば、結構怒られると思うが、それはそれでいい。

この動画を見られ、少しでも地震の怖さを知って戴き、必ず来る大地震に何らかの備えをして戴ければ・・・・

ニュージーランドの大地震によって、多くの方々が犠牲になっておられる。
安否が未だに分からない方が大勢おられる。

一人でも多くの方が無事でおられますよう、こころからお祈りを申し上げたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

耐震実験

ニュージーランドで発生した大地震は1800ガルという、震度7クラスの揺れだという。
建物が単純に揺れるのではなくねじれるようにしなる「偏芯」という揺れ方だ。

耐震実験では、似たような揺れを再現しているので、参考まで。


動画左の下に見える壁がずれる・・・

Photo


よく見ると、おわかりいただけると思う。

いずれにしても、恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/23

円周率

円周率100万桁表と言う本を手に入れた。

表紙には、円周率の記号が白地にドカ!と表示され、その下に表題が記されている。
中を開けば、最初のページから最後のページまで、延々と続く数字の列。

著者は、なぜこのような本を作ったのかという問いに、そのような疑問を持つ方はこの本を購入しないと言い切る。
まさにそうだと思う。

これが普段の生活に何の役に立つのか・・・高度なセキュリティ暗号に使える・・・くらいしかその用途は見いだせない。
だが、この本を初めて知ったときにそのセンスの良さに何か感じるものがあった。

役に立たないかもしれない、だが役に立つかもしれない。
その紙一重な部分、まるではじける寸前のシャボン玉の様な刹那的なクリティカルな、だけれどなぜかインテグラルな感覚。

時として、このような本に投資をしても良いじゃないか。

結構満足していいる。

娘に見せたところ、方向がリーマンゼータ関数の話になった。
そう、素数を同じように並べてもらうとおもしろいと。

そのような本があるのかもしれない。
円周率にしろ、素数にしろ一応それらしいホームページは多いが、本になっているかというとどうだろう。

あったら、それも欲しいな。


微分積などに使用するオイラー定数の本が円周率の本と同じ出版社から販売されていた。
これも割り切れない数値の長い羅列である。

これらの関係の仕事などにその席がない方には、全く意味をなさないものといえるが、そうであってもその本も興味がある。

私は、これらの数字はまさにヒトそのものと思う。
なぜか、割り切れないから・・・・決してしゃれではない。

まるで、黄金比のように完璧な形をなしえない不完全さに人間らしさを感じるのである。

円周率の本・・・・ご興味のある方は書店で見かけたときにでも・・・・残念でした、この本は注文制のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/22

セイクリッド オデッセイをリスタートして・・・その後(もろばれ)

どうしても・・・という方以外は見ない方がいいです・・・(最後のボス戦)


End_2

最後のボス戦を一気に撃破し、エンディングを迎えた。

その後、エンドタイトルがスクロールして、おまけの動画が流れそしてスタートメニューに続く。
メインメニューでコンティニューを選択すると、結局最後のボスと戦うことになる「キビラ城」にワープした時点のセーブポイントになる。

インフォを選択して、実績を見ると、リスタート後の全ての成績が登録されていて、私は「歴史博士」と「リーフチーフ」「ウィッグメーカー」「フラグメントハンター」「ゴールデンハンター」「鳥の空襲」「ヘビ使い」「ボンバーマスター」「ナポレオンボナパルト」「デッドヒーロー」を取得していない。

隠れアイテムを全て集めていないので、いくつかはグレーアウトになっているが、中には例えば「デッドヒーロー」のように10回以上死亡した場合に与えられる称号もあるので、取得すればいいというものではないものもあるので注意。

さて、最後のボス戦で、過去のコメントにお助け依頼があり、それに答えていないので、モロバレでお教えしよう。

最初の攻撃は剣。
ボスが攻撃してくるときは、盾で防御。
切りつけられても地震を起こされても、全て盾で防御が可能だ。

Photo

ボスのヘルスが半分に減ると、二階部分にボスが逃げるので、グラップルを使い羽のリングを利用してボスを追いかける。
ボスは噴石を飛ばしたり、岩に閉じ込めたりして爆発させるが、二階に到達したら素早く剣に切り替えて、盾で噴石を防御、岩に閉じ込められても盾を使用して、爆発するまでそのまま。
確実に防御出来れば、ヘルスはほぼ減らない。

ボスに追いついたら、剣で攻撃を加える。
それを数回(私の場合4回かな)繰り返すと、フェアリーが聖盃の話をするので、速やかに一階に下り、赤く光る玉を、ブーメランで攻撃すると聖盃が現れる。
4個とも聖盃を現わさせると、ボスがステージ中央にうずくまるので、剣に切り替えて頭を攻撃する。

Photo_2

4~5回それを繰り返すと、ボスのヘルスが無くなり、戦いが終了する。

Photo_3

コアゲーマーなら、ヘルスを一個も使用しないでクリアするのだろう・・・私は?・・・内緒。

Qeen_2


と言うことで、いくつかの未取得アイテムを残し、コンプリートしたので、このゲームの話題は終わることにしたい。

いや~楽しいゲームだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/21

セイクリッド オデッセイをリスタートして・・・

Img_1148


ラスボス戦を取りあえず残した状態・・・・私の性格上、いやアクションべたのため一度クリアすると、それがクリアする上でとても困難だったった場合、二度(と)プレーすることはないので、取り合えず残した・・・・で、データを初期化して最初から初めてみた。

気になるのは、最後を迎え、それまでに相当捜索したが、獲得できるアイテムが完全に埋まらず(7種類のうち一つはヘルス関係なので除外すると6種類)2種類「アルテマガスの拳」と「グラディグペグ」のみが開いた穴をふさいでいる。

普通に考えれば、それらは全て埋まらないと・・・と思うので、単純に探しきれないのだろうと思い、今回のリスタートはその点を中心に進めることにした。

初めてプレーしたとき、「シベラの翼」が一個足らなかった。
これは、100000ポイントで購入することが出来るが、そのときにお金が足らなかった。
「カイセントの木の葉」も1枚は20000ポイントで購入可能だ。

取りあえず、面倒なのでゲーム序盤でその二つは獲得しておこう。
なお、最後までこのゲームをがんばっても、普通に進めるとそれほどポイントは貯まらない。
やはり、途中のボス戦でヘルスポーションを使わないで成敗出来るのは余程のコアゲーマーだろうから、それを一個5000ポイントで何個か購入すると一気に貯金が減る。

そこで、次の裏技でお金を一気に貯めた。
上の画像を見ていただこう。

このサブクエストはどこの何かはきっとおわかりいただけるだろう。
ここでは敵が3体出てくるが、倒しても常に3体の状態で次々に光の中から現れる。
馬に乗った状態で、2時間ほどがんばれば一気に100000ポイントは稼ぐことが出来る。

しかも何とかの楯や小ポーションを適当に排出するので、すかさずゲットすれば戦い中に多少失敗して馬から落とされても、元々の手持ちポーションが減らないどころか増すことになる。

さて、ここのクエストをゲーム最後まで残し、適当にここに来てポイントを稼ぎ、最後のボス戦時にたっぷり大ポーションを持って戦いに挑めば、よもや相当アクション苦手な私でも、コンプリート出来ないと言うことはあるまい・・・

これこそ、究極の裏技?

Img_1149

「何とかの楯」が42枚になっていたが、売ればこれだけで42000ポイントになる


Img_1150

100000ポイント貯まったので「シベラの翼」を購入したら、ヘルスゲージの上のレベルが一個から二個に増えた(トップの画像は購入前なので一個となっている)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/20

500色色鉛筆揃う

毎月25色ずつ送られてきた色鉛筆。

先月、ようやく予定全500色が揃った。
そして、今月、それを収納するボックスが届き、私の書斎に鎮座ますことが出来た。

さて、何を描こうか。

家内に話をしたところ、スズランの花でもどう?と言う。
今年の6月頃も昨年同様、甲州のスズランの里に写真撮影に出かけようと思っているが、今度はそのときにキャンパスも持って行こう。

スズランの花だけでは、白と緑で終わってしまう。
白樺をバックに陽の柔らかさを取り入れてみるのもいい。

しかし、水彩にしろペン画にしろ鉛筆画にしろまともに描いた最後から数十年も経っている。
描き方を根本的に忘れている。

でも、ここは奮起してみよう。

まだ日にちがあるので、少し要らない鉛筆で練習して・・・・思い出そう。

うまく描けたら、このブログにアップしてみようかな・・・・・・。

500


25本で1ブロック。
左上から、順番に右回りそのまま下段に降りきって左周回という渦巻き状番号順に並べた。
最後のブロックに金銀が混ざっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/19

MapFan

iPhone用に新しくなってアップデートされた。

と言っても、私は今回初めて購入したが、iPod Touchにインストールした。
オフラインで使えるというところに大きなポイントがある。

私の場合は、E-Mobileで常時WiFi環境になっているので、標準に付属しているMapソフトでも一応使えるのだが、やはりその「一応」以上のものではなく、相当不満を持っていた。

むしろ、カフェマップや牛丼マップの方がきびきびと表示してくれる位と言えばご理解してもらえるだろうか。
ただ、いずれもオンライン用のため、常に・・・・と言うアプリではない。

そのような中にオフラインで使用できるとあったので、2300円と高価ではあるが、早速チャレンジしてみた。

縦仕様で横位置では使用できないが、フィンガージェスチャーで画面を回転させることは出来る。
その際、表示文字は常に水平を維持し、車のナビと同じ動きをする。

拡大縮小は、二本指でも良いし、画面左にあるプラスマイナスボタンでも出来る。
昼画面と夜画面が自動的に時間になると?切り替わる。

さて、車にセットしてナビ代わりに使えるか・・・実用的ではない。
しかし、かなり使えると見た。

確かにメーカーHPの仕様欄では、iPod Touchの場合、自動車ナビは対応していないとあり、徒歩ないし自転車はOKとあるのは、位置情報のセンサーが一個しかないため、何秒単位で情報検索するため、自動車のような速度では表示が飛び飛びになるから、対応していないとしているのだろう。

でも、実際は一応参考の域で使用可能と見た。

今時の紙の地図も全国版となると2000円は超えるし、それと同じものをこの小さなデバイスに入れて常に持って歩いていると言うことを考えると、たぶんお買い得の範囲に入れても良いかなと思っている。

今までは、オフラインで使用できるMAPをMacBookProに入れて活用していたが、パソコンをいちいち立ち上げて居ては手間で仕方がなかった。

このMapFanはWiFi接続環境でしか使用できない部分もあるので、100%オフライン専用というわけではない。
オンラインならば、検索内容が大幅に向上するが、オフラインでもある程度は使える。

購入したばかりなので、大きな評価は避けるが決して損な気分にならないアプリだと思う。

App_icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/18

デビル メイ クライ 4 リフレインのアップデート

このゲームは、死んでもその場で復活する。
しかも、ボス戦で、相手のヘルスを減らしたその状態から・・・

つまり、私のようなアクション苦手でも最後までクリアできる。
逆にコアなゲーマーは簡単すぎてつまらないのではないだろうか。

しかし、一周目をクリアして再びリスタートすると、最初とは少し違うルートになっていたりして、それなりに楽しめるゲームだ。

今回、アップデートして「ダンテ」というキャラクターでもプレイが出来るようになった。
現在最初の主人公である「ネロ」というキャラクターで二週目途中のため、ダンテでのプレイはしばらく先になる。

なお、ここしばらく、セイクリッド オデッセイというゲームにはまっていた。
しかしながら、最後のボスで躓いていて、ここは一旦そちらは休憩して・・・逃げたか?・・・デビル メイ クライにはまろうと思う。

そういえば、ハリーポッターレゴも第3章に入ったところで休憩しているし。
アングリーバードもアップデートして、追加シーンのプレーが可能となったし。

Mzl_vhimrlhk_320x48075


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/17

Alice: Madness Returns

Screen_05

アリス イン ナイトメアの画像


その昔、このゲームをプレーした。

独特の世界観と、おどろおどろしいBGMについつい引き込まれて、包丁をブーメランのように飛ばしたり、切りつけたりした。
出てくるボスなども結構強くて、とにかく弱点をまず素早く見つけて、更に的確に攻撃しないと攻略できなかったのを覚えている。

さて、それの続編が11年ぶりにリリースされるという情報を得た。

操作系は前作よりも優しくなると言うことのようだが、攻略レベルはきっと上がっているのだろうな。
画質も格段によくなっているようで、森の中はたいそう美しい描写らしい。

ワンダーランドの不思議な雰囲気の世界に再び出発しようかどうか、販売されたら決めようと思っている。


003

001_2


新作の画像

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/16

セイクリッド オデッセイその後(ネタバレ有り)04

どうやら、最後のボス戦に入ってしまったようだ。

誘拐されたお姫様を救うために敵の城に侵入したところ、敵に洗脳されたお姫様にだまされて、折角集めた聖盃を摂られてしまう。
その聖盃の力を借りて、大ボスが登場となる・・・・・・・・結構粘ったが死んだ。

取りあえず、後日改めて挑戦したい。

さて、ここまでの成績を一つの画像にまとめてみた。
しかし、それぞれのアイテムは、一つ無いし二つほど集めきれていない。

余程意地悪なゲームではない限り、最後の戦いの前には全てが埋まるなどのご褒美があっても良いのじゃないかと思うのだがいかがであろう。

まさか、大ボスとの戦いの後にいただくことが出来る・・・とすれば、それこそ意地悪になる。
つまり、私が探しきれていないという結論に達し、大ボスとの戦いはそっちのけで、取りあえずもう一度隅々まで探索することにした。

アイテムのうち、葉っぱ「カイセントレオの葉」はお金で買えるが一枚だけ。
もう一つ、購入することが出来るアイテムがあるが、高額すぎて手が出なかった。

なお、二種類ほどは、全て穴にはめ込んだが、何らかの効果があったのかどうか、体感はなかった。
ただし、羽を5枚集めるとヘルスパワーが上がる。
最後のボス戦時には、ヘルスインジケーター?の上にあるパワーが5個になっていた。

ポーションも結構持って大ボスに戦いを挑んでも勝てないほど私は弱い。
もちろん、再度戦いを挑むけれど、またまたクリアできないゲームが増えてしまう危険性がある。

デビルメイインクライのように、死んでもそこから直ぐに生き返って、戦いの継続が出来るシステムにしてほしいなぁ。

はぁ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/15

セイクリッド オデッセイその後(ネタバレ有り)03

Img_1115


階段を移動させた先に、目的の宝箱があり、その中に鍵となる宝石?があるのは分かっている。
しかし、時限式の階段は、スイッチとなるオブジェを剣で切りつけて作動させてから、ダッシュしてもたどり着く頃には元の位置に戻ってしまい、先に進むことが出来ない。

テレポートで移動するのは直ぐに判明するが、同じように時限式なのでアクション下手な私は、何度も繰り返すが、そのうちになれてしまう。

さて、その後にこのステージのボス戦となる。
マイフォトにアップした溶岩の塊みたいな巨人だ。

最初は戸惑って、がけの下に落とされることを繰り返した。
だが、ひょんな弾みで、相手が跪いたのがきっかけで攻略方法が分かった。

相手を溶岩の中にたたき落として決着・・・・でもこの巨人はその溶岩の中から出てきたのだから、まさか落とすとは思ってもいなかったので、余分な考えはなしにしないとだめなのだろうと思った次第。

さて、再びこのステージの出発点にある村に帰ってきて、移動する船まで戻り、物語を進めると・・・・リングに羽が生えている、宙に浮くもののことだが、実はTombRaiderのグラップルと同じもので攻略することが分かった。
と言うよりもその能力をいただいたのだが、従って現在今までのルートでそれの対象となるアイテムをゲットするため、本編そっちのけで走り回ることになる。

ついでにフィールドに居た敵の兵隊を、全て始末するべく、櫓の上にいる兵隊をブーメランで、地上の歩兵は騎乗から、ばっさばっさとなぎ倒し・・・・。

後は一つ残したサブクエストの探し切れていない緑の花を見つけて、依頼してきたあんちゃんに報告すれば、そこで気が済むので、ようやく先に進める。

このゲームは、当初800円のアドオン料金は高いなと思ったが、今は全く思っていない。
結構走り回される楽しいゲームだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/14

特許

2005年に出願した特許申請が、足かけ7年経ちついに特許査定になった。
特許登録料を3年分支払えば、特許台帳に記載され、特許番号が交付される。
そう、実質的な特許取得である。

この特許は、完成品に対する類似防止のみならず、製造プロセスも含めての複合特許で、実際類似品あるという理由による拒絶通知書を二回も特許庁から突きつけられたものだ。

だが、その理由はどう見ても納得の出来るものではなく、反論、つまり不服申請を出し続けた。
特許事務所側からも、今回は特許が降りるのは難しいので、ある部分潔く・・・という取り下げを示唆する意見もいただいた。
社長からも、かかった費用は良いから無理ならば・・・という悲痛な話もいただいた。

だが、私の直感に揺るぎは無い。
似て異なる製品と、製造をまねされることのリスクは計り知れないものがある。

しかし、正直、途中何度か投げだそうとしたのも事実だが、そのときに目標一途に大学受験のためがんばっている娘の小さな後ろ姿を思い浮かべた。

そう、今回の特許取得は「あきらめない!!」という強い信念を、改めて私に思い起こさせてくれた娘がいたからこそ完遂できた偉業と思っている。

今日は心の底から娘に感謝したい。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/13

セイクリッド オデッセイその後(ネタバレ有り)02

氷の大ボスを、反射鏡と光を駆使して、何とか退治したのもつかの間、次は頭に大きな花を咲かせた人面樹が行く手を阻んだ。

最初はやられっぱなしだったが、とにかく耐えて攻撃を繰り返したら、あら?っと言う感じで、渓谷に渡る橋と化してくれて、次の集落に無事たどり着いた。

そして、休憩もつかの間、次のステージで、またまたパズルに遭遇することに・・・・

TombRaiderで鍛え上げられた故、この手のパズルは・・・手間取っている。
でも、必ず一定の法則があるので、それさえつかめればどうってことはないので、じっくりと攻略するつもりで、今日はここでお仕舞い。

前のステージで手に入れた、ブーメランみたいな武器・・・・・・

このゲームを始めた当初から、空中に浮かぶ多くのアイテム、どのような方法を持ってしてもそこに行けないし、つまり取得できなかった。

それらはこのブーメランで取得することが出来る。
従って、戻ることの出来る通過してきたステージに戻り、分かっている分は全てゲットしてきた。

今でも取得できないアイテムがあるが、羽の付いたリングが必ず宙に浮いてることから、ゲームを進めるうちにゲットできる何らかのアイテムや技を覚えるに違いない。

また、フィールドに置いてある木箱には、回復するポーションやヘルスを回復するガスが出たり、アイテムを購入するための得点ガスが出たりするので、そこら辺を探し回ることになる。
更に宝箱も点在し、そこの中にはステータスをアップするアイテムが入っている。

羽のアイテムは一定数集めると、ヘルスがアップする。
他のアイテムはまだ最初の一定数に達していないので、どのような強化がされるのかは分からない。

どちらにせよ、結構TR風に細かく捜索することで、ゲームの進行具合が有利に働くと言うことだ。

画像をマイフォトにいくつかアップしたので、ご興味のある方はご参考まで。

Photo


| | コメント (32) | トラックバック (0)

2011/02/12

The Path アイテム全てゲット

20110210_215003


最後の一個が、どうしても見つからなかったが、なんのことはない、スタート地点にあった。
引っ掛けられたという感じ。

でも、6人の女の子のそれぞれが決められたアイテムのみ取得できるので、最後の一個が誰を操作すればいいか悩んだが、アイテム表示にヒントがあり、それで完了することができた。

なんとも言えないゲームだが、144個と表示のある光る花は148個もゲットしたし、まっすぐ進んでいるのに後戻りしたり、不思議な世界観を一応経験させてもらった。

まぁ、多分再びスタートボタンをクリックすることは・・・・・ないだろうなぁ。


20110210_214620

ここのところ、ゲームの話が続いていたが、デビルメイクライも一周目終わったし・・・(アップデート後になにやら追加されるみたいだけれど)・・・ここらで、違う話題にしていこうかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/11

セイクリッド オデッセイその後(ネタバレ有り)

昨日の書き込み・・・修正。

なんとか寺院に入り、敵を倒していくと、ダンジョンシージ張りの光と反射鏡の大広間に出てくる。
平面の直光のみならず、反射鏡を天井に向けて高所にある反射鏡も調整しながら、目的の扉を開く・・・・これが結構やり出があって面白かった。

簡単なパズル位のゲームだろうとたかを括ったがさにあらず、走りまわらされた。

途中、TRクラスの謎解き・・・大きな木箱を押して移動し、決められた床の文様に設置して行く。
そのたびに敵が出てきて斬り合いになるが、内容は単純なので、戦う面倒を我慢すれば簡単にクリアできる。

しかし、第二の大ボスが出てきて再び戸惑っている。
光と反射鏡の謎をクリアした後の戦いなので、ボスの周囲に設置された反射鏡を全て光で結ぶと・・・・と思っていたが、何度セットしても大ボスに邪魔され攻撃され・・で、うまくいかない。

そして、なんどもリスタートしたところで、反射鏡を何気に大ボスに当てると・・・攻略方法はつかめたがその時点で、私が息切れた。

後日改めて、チャレンジしようと思う。

Photo


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/02/10

合格発表

義妹夫婦の娘・・姪と私の娘は同じ学年だ。

姪が中学受験を目指している頃、我が家の娘は地域の小学校では、常にトッププクラスだったので、受験というものには無関心だったのだが、義妹のすすめと、姪のがんばっている姿を見て娘も多少興味を持ったこともあり、それではと近くの進学学習塾に体験授業を受けさせた。

・・・・そのレベルの高さに、娘どころか私たち夫婦もたいそう驚かされたのを覚えている。
その日以来、娘は変わった。

同時に私たちは、地域の公立中学校のレベルの低さ、教育内容のみならず学校の風紀の問題を一番懸念し、娘の希望通り私立の進学学校に進級させた。

そして、娘の探求心、そして努力、さらにはどん欲精神にかられ、大学受験に突入した。
私たち夫婦は、娘に引っ張られて今日まで来てしまったと思う。

国公立の受験は、これからだが、現時点では私立大学の受験真っ最中である。
娘は3番目に候補に挙げていた大学(私立大学では一番)の入学切符は手に入れた。

中学受験の時は、対策スタートがとにかく遅れて始めたために本人は相当苦しみながらも、一応国公立を目指す進学学校に入学することが出来たが、そこから6年間、ひたすら娘は突き進んできた。

冗談で言った、我が家から電車で一本で通える大学にしなさい・・・・・そこが本命であり、これからが本番である。
その大学から受験票が届いた。

いよいよだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/09

セイクリッド オデッセイそのほか

ここのところゲームの話が続く・・・・

いくつかのゲームをご紹介しよう

最初に・・・・この手のゲームに弱い。

アクションは苦手なはず・・・・その通りで、一番最初に登場した蜂のお化けみたいなボスには手こずった・・・・。
でも、撃退方法さえ見つければ、短時間でけりが付く。

ゲームは最初は、無料だがアドオンで800円。
高いなぁと思ったけれど、ついついタップしてしまった。

馬に乗って疾走するといえども、画面が小さいので迫力はない。
今のところ頭をひねる謎もない。

ひたすら、壺を壊してお金を貯めて、今のところは回復ポーションを買い足していく。
町の中の壺は、違う場所に行って戻ってくると復元しているので、再び破壊して課金するのだけれど、金額が低いのでひたすら・・・というわけには行かない。

やはり出てくる敵を次々倒してお金を貯めないと・・・というゲームだ。
なお、TRUの様にあちらこちらに宝箱が隠れているので、突き進みすぎ無いところもポイントの一つ。

結構短めに自動セーブされるので、ポケットから時間つぶしにちょい出しゲームOK。

500円くらいなら人に勧められるゲームだ。

Img_1078


画像は、蜂ボスを倒して入手した楯と剣を装備し、更に魔法を浴びた愛馬にまたがっているところ。


デビルメイクライという、アラビアの王子みたいな、凄い左腕を持ち、敵を持ち上げて床にたたきつける人物が主人公。
もちろん、剣でばっさばさと行くことが出来るが王子様と違うのはマシンガンも持っていると言うこと。
でも、今のところのシーンはPOPと変わらない風景だ。
BGMはバイオハザードにそっくり。

一つのステージが短く、ボス戦で敵にやられても、その状態・・・つまり敵のヘルスが減ったままから再開できるので、私のようなアクション下手でもクリアが出来ないことはない。
なお、死にすぎるとランキングが落ちるので、C判定ばかりだと・・・・少し悲しい。
お気軽に出来る・・・場合によって迷路みたいなステージもあるので、根負けしない方向きなゲームだ。

でも、350円は安いと思う。

Img_1080


ハリーポッターレゴは、子供も十分に楽しめる。
とにかく死ぬと言うことがない。

一応ハートが減っていくのだが、レゴ分解・・・が死ぬみたい・・・するが、直ぐにその場で復活し、プレー再開となる。
現在3章に入ったところで止まっている。

このゲームは、章の中のシーンをクリアすると自動セーブになる。
短いシーンと長いシーンがあるので、ちょっと時間つぶしに・・・・・と言うわけにはいかない場合がある。

全編英語だが、何となく分かる(音声は意味不明言葉だが、英語の字幕が出るので少しは理解できるだろう。
しばらく前に購入したので金額は忘れたが600~800円くらいだったと思う。
金額に負けないボリュームがあるから、言い換えればお買い得なゲームと思う。

Img_1079


さて、続けてゲームの話ばかりだったので、次回からは違うテーマで行こうかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

The Pathその後

やっぱり、良く分からないゲームだが、独特の雰囲気は十分に味わうことができた。
6人と案内役の合計7人の女の子を操り、それぞれが反応するアイテムを見つけ出し取得していく。

取得したアイテムの内容で、それぞれの女の子単位のエンデイングシーンが変わっていく。
一応、最後にランクなる表示がされるが、特に意味はない。

6人が終わると、道案内役の女の子と共におばあさんに会いにいっって、おしまい。

でも、再び全員が家に帰ってきて、道案内役の女の子が家を出て行くと、再びそこから再スタート。
取得したアイテムはそのままで、未取得アイテム探しの旅となる。

フィールドに散らばる光る花は144個あり、取り敢えず一個のアイテム未取得状態だが、花は何故か148個取得して、二週目に入ったところ。

取得したからどうってことがないし、まさに終の無いゲーム。
掴みどころがないが、妙に印象が残る不思議なゲーム。

・・・・・値段通りのゲームかな?

20110208_215941


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/05

Dark Quest2その後03

レベルが100に達したとたん、いくら敵を倒しても成長しなくなった。

そこで、一応全クリとして区切り、このゲームを卒業することにした。

それなりに楽しめたので、ゲーム代金は安かったと思っている。

さて、Ver3が出たらどうするか・・・きっと購入すると思う。

Img_1076


Img_1077


ところで、ゲームセンターの順位が出ていた。
それもキャプチャーしたので、画像をアップした。

Img_1075


ずいぶんと、がんばっちゃったんだな・・・・と、思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

横浜の展示会

かもめが翔んでいる。
優雅に、そして楽しそうに・・・・・・

小春日和の桜木町駅を降りて、クイーンズスクエア通りを通る。
ランドマークタワーの脇をすり抜けて、パシフィコ横浜へと向かう。

午前中は、千葉にいた。
京成電鉄と、JR総武快速、そしてJR京浜東北線と乗り継いで、ここ横浜まで出かけてきた。

今日は、パシフィコ横浜・・・国際展示場で二つのイベントがある。
その展示会を見学するのが今回の目的だ。

震災対策技術展は、私の会社の製品の中には地震対応製品もあり、関連しているこの展示会でどのような新しい技術があるのか、情報収集が目的である。
横浜テクニカルショーは、神奈川県を中心とした中小企業の技術展だ。
この展示会では、今開発中の小さな部品なのだが、その中に組み込む更に小さな部品を少量でも喜んで製作してくれるのではという会社を見つけるのが目的である。

震災対策技術展では、家具などを壁に固定する製品を展示しているブースで出店者に質問を行った。
「家具などを固定する金具やベルトの耐荷重強度ではなく、壁側に取り付ける金具などの剥離強度を知りたい・・・・」

なぜ、このようなことを質問するか・・・

ちなみに地上100mに位置する部分で、仮に震度6程度の横揺れが発生したとき、どのくらい振られるか・・・。
左右それぞれ4mほど・・・・つまりAからBまで8mの移動があるということだ。
揺れが反転する直前の家具にかかる荷重は、その家具重量の数倍ほどにも達し、それらがテレビであった場合、倒れるのではなく飛んでくる。

浴槽にお湯が満たされていると、場合によっては浴槽ごと宙を飛ぶこともあるのだ。
先のEディフェンス(耐震実験)では、地上4階12mの高さで400mmほど振られている。
その場合の加速度や荷重データは現時点でオープンに出来ないが、10mmのボルトが根元から簡単に切断した。
一般的に販売されている、木造家屋用の固定金具をネジなどで止めるタイプの製品は、そのほとんどが役に立たないと覚悟した方がいい。

今日は、ここでは残念ながら有益な回答は得られなかった。

だが、テクニカルショーでは、ここと言う会社を見つけることが出来た・・・・と思う。
何を根拠にではあるが、展示されていた微細加工品の中に、今回の出店会社の中で唯一遊び心が見受けらた会社だった。

そして・・・・少量でも、いいですよ・・・・・この言葉を待っていたのだ。
早速次週でも出かけてみよう。

ちょっと有益な展示会だった。

Img_1053_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »