« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

Mirror's Edge for iPhone

金額が安くなっていたので、試しにダウンロードしてみた。

このゲームは、スポーツ万能な女性がひたすら走り抜けていくゲームだ。
ジャンプをしたり、スライディングをしたり、壁を駆け上ったり・・・エアーキックで敵を倒したりスライディングで転倒させたり・・・武器は何も持っていないので、ひたすら逃げるごときに走り去るのみ・・・・

各ステージにいくつかの「バッグ」と称するシークレットが存在し、それのゲット数に応じてスクリーンショットのロックが解除となって、おまけとして閲覧できるようになる。

本編以外に、各ステージごとにプレー(本編でクリアしたステージのみ)が出来たり、タイムトライアルにチャレンジすることも出来るようになる。

各ステージの取り忘れバッグは、後で各ステージの再プレー時に取得することが出来るが、本編時に取得したバッグは現れず、後で取得した分が加算されるような仕組み。

基本的にアクションゲームだが、私の技量でも進められる程度に難易度は低い。

ただし、バッグを取得する上で、なかなか凝っている部分もあり、十分に堪能できるゲームだ。

表に見える成績はバッグだが、ステータスに現れる成績は多岐にわたる。
敵を何人倒したか、壁に描かれた特定の壁画を見たか、どのようなアクションを行ったか・・・なお、これらはプレーした結果、成績に表れた的なものであり、その部分はセイクリッドオデッセイ的な成績表なので、私は重要視しない。

やはり、バッグを全てゲットしたいので、各ステージ毎でがんばることになる。

基本的に立ち止まらないゲームのため、ゆっくり探すと言うことは出来ない。
走りながら障害物を避けながら、分岐するルートを瞬時に覚えながら、敵を倒したり避けたりしながらバッグがありそうな場所を探す。

かなり面白いゲームなので、ご興味のある方は是非チャレンジされたし。

Photo


何ステージまであるのだろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/26

Premiere Elements9その後

以前のPhotoShop Erementsなどは、横着にも複数台のパソコンにインストール出来たので、私自身が使用するパソコン・・・デュアルOSなどのために結構な台数にセットアップして使用させてもらっていた。

本来はよろしくないことだが、あくまでも使用するのは結果的に私だけだったので、それもよしか・・と言い訳をしていた。

しかし、今回のバージョン9は、ちゃんと認証機能が働いて2台までのパソコンにインストールが可能だということが判った。
そこで、娘のMacBookProと私のMacBookProにPSE9.0をセットアップし、Premiere Elements 9.0は、私のMacBookProとiMacにセットアップした。

パソコン初心者の娘にはまだ、PE9.0を使うまでは至らないだろうと判断し、それを使うときが来るまで私が借り受けようということにした。

さて、複数台にインストール出来るかな?とMacBookProをWindowsに切り替えてインストールしたのだが、認証が2台までということで、そのWindows分をアイインストールした。
その際、環境何とか・・・という方を残さない方にチェックを入れて削除作業を行ったのだが、その後にMacドライブにエラーが出た。

私は、MacOSX側とWindows側をシームレスに使用する環境を整えるためにMacDrive8というソフトウェアを使用している。
WindowsOS時にMacのドライブの読み書きが出来るようにするソフトなのだが、PSE9.0をアイインストールする際にMacドライブ側の関連データも誤削除したしまったようだ。

MacDrive8がMacドライブにエラーが出ていると警告し始めたので、MacOSXに切り替えてディスクユーティリティを立ち上げ、Cドライブをチェックしたところ、確かに修復をしなさい・・・と表示された。

そこで、OSインストールディスクをセットし、キーボードの「C」キーを押した状態で再起動する。
DVDを使用してOSのインストール画面が出たら、そこからディスクユーティリティを起動してCドライブの修復を試みたが、フォーマットしてOSをインストールし直して・・・という赤文字のご回答をいただく。

そこで、直ぐにフォーマットを実行して、その後OSの再インストール・・・では無くタイムマシン機能を使用し、OSやアプリケーションないし、各所設定の煩わしさを省くため、HDDの中身をそっくり復元することにした。

MacBookProは業務でも使用するため、OSごと全てをバックアップしているので、小一時間でそのままの状態に復元できた。
その後、ディスクユーティリティを用いて、再度ドライブチェックしてみたところ修復が完了し、Windowsに切り替えてMacDrive8上でもエラーが出ないことを確認して終了。

ちなみに、わざとiMacでも同じようにWindowsにPSE9とPE9.0をセットアップし、同様の手順でアイインストールしてみたところ、全く同じ症状が出た。
なお、iMacではDVDでOSを立ち上げる方法でメディアディスクユーティリティを使用して、Cドライブの修復を使用したのみで、修復完了したが。

今回の一連の不具合は、PE9.0とPSE9.0のセットをインストールして両ソフトを連携するソフトウェアがあるのだが、それらを削除する際にそれらの環境設定を残すか、削除するかという問い合わせに削除を選び、なおかつWindowsからMacドライブの読み書きを可能にするMacDrive8をインストールしている環境で発生する問題と思う。

つまり、Windows側のドライブ内の削除のみならいいが、関連ファイルと誤認してMacドライブ内の何らかにファイルも削除してしまったのではないかと見ている。
しかし、それらが原因で、ドライブの修復はないだろうに・・・と思う。
ましてや、そのためにリカバリーしろなんて・・・・・・。

幸いにもそれぞれタイムマシンを用いて完全バックアップを自動で行っているので、1時間ほどで元の状態に復元できたからいいが、これを最初から初期設定を行うとなると丸一日あっても足らない。

・・・・でも、Premiere Elements9はとても良いソフトウェアだと思う。

ひと通り本を読めば、ほぼすべての操作を覚えられるほど、ユーザーの事を考えて作られたソフトウェアだと思う。
基本的にPhotoShopと似たメニュー体系なので心得のある方は直ぐに理解できる。

初心者にはハードルの高い部分は多少あるが、直ぐに使いこなせるようになる。
娘が、このソフトを使い始めるにはもう少し先の話なので、時期が来たらアカデミックで購入したこのバージョンは彼女に返し、私はPro版でも新たに購入しようかと密かに思い始めている。

Photo

復元時間・・・笑ってはいけません(笑


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/23

Premiere Elements9

娘のMacBoocProには標準の画像処理ソフトとしてAdobe社のPhotoShop Erementa9を用意した。同時に抱き合わせ購入したPremiere Elements9もゆくゆく使用するかもと思いセットアップした。

アカデミックパッケージのため、セットで10000円ほど・・・大変リーズナブルだ。
Adobe社のアカデミックはアップルと違い、大学生か学校教員という限定がある(アップルはPTA役員も含まれる)
そして、学生の場合学生証のコピーなどの添付を含めてFAXで申請し認証を得て初めて契約成立となる。

さて、パソコン初心者の娘のパソコンにのみアプリをセットしても、その使い勝手に対する質問があっても私は操作したことがない。
従ってそれらに対する返答ができない場合があるので、私も覚えるべきかと思い、でも・・・私のパソコンにもインストール出来るかどうかと思い実行してみた。

認証窓らしきものが出たが、一応私のAdobeID(娘のパソコンも私のIDで登録した)で登録したが特別問題がなくインストールできて更に使用することが出来た。

本来はシングルユーザー扱いなのだろうからいけないことだと思うが、私も試してみないことには教えられないので、これは助かる・・・・(内緒

セットアップも終えて、Premiere Elements9を起動してみた。
WindowsでもMacでも各種ソフトを使用して動画を作成してきたので、一応は操作できたが細かなところが分からない。
このソフトは初中級者向けと言うが、初めて使用する初心者には難しいと思う。
かなり専門的な作りになっている。

Mac使いならば、標準添付ソフトのiMovieの方が遥かに理解しやすい。
というよりも直感的に操作できないのだ。

仕方が無いので、参考書を購入した。
動画を作成する手順はどのアプリケーションもほぼ同じ。
だが、次の手順に入る場合のボタンがなかなか分からない。

でも、一旦操作方法を習得すれば、エフェクトの数などに制限があるくらいで、プロ顔負けの動画作成が出来るくらいに素晴らしいソフトウェアだと思う。

PhotoShopを初めて触った時を思い出す。
それまで、初中級クラスのレタッチソフトを使用していたので、プロ仕様のソフトは私には無理!!と思わずにはおれなかった。
しかし、今現在は初級者クラスの製品では、親切なボタンや進め方案内が、逆にじゃまになる。
必要なメニューを瞬時に出して、目的の項目をさっと処理する。

・・・・・要はなれだ。

優れたソフトは最初は難しいが、自分のものにしたときには宝となる。

・・・・・・・早く使いこなして、娘に教えられるようにならないと・・・・・偉そうなことを行っている場合ではないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/22

DropBox

私はベータ版の頃からSkyDriveを利用させてもらっている。
初期の頃は、保存領域も少なく、アップするデータ容量も小さく制限されていてそれほど使い勝手のいいものではなかった。

しかし、少しずつ進化して行くにつれ、現在ではフリーで20Gbの保存領域をただで使わせてもらえて、一個のファイルのファイルも50Mb以内ならばアップできるようになった。

外出先でも、会社で行った作業データを閲覧したり、書き換えたりもちろん、共有化して活用することも出来る。
しかし、パソコン間であればWindowsもMacOSXでも関係なく処理ができるが、現在はiPod Touchなどもその活用の仲間に入れたい。

そんな時にDropBoxを試してみた。
娘の大学では、学生間で、また大学と生徒間のコミュニティの道具としてサイバーアイテムを相当活用しているようだ。
メールはG-Mailが標準で、GooGleカレンダーを活用し、データのやり取りはDropBoxなのだという。
もちろん、それらのネットアプリはWindowsでも活用できるが、どちらかと言えばMacの方が親和性が高い。
教授はMacオンリーなので、そのために娘にMacBookProを買い与えた。

さて、私もDropBoxデビューを果たし、iMacとMacBookProのMacOSXとWindowsそれぞれにインストールして全て共有化した。
同時にiPod Touchにもインストールした。

つまり、今までSkyDriveで不満だったiPod Touchとのデータの相互共有がDropBoxでは簡単にできるのでこれはナイス!!だなと思った次第。

更に、iPod Touchのお気に入りデータ管理ソフトである「Good Reader」もDropBoxを標準でサポートしているし、PDFビューワーとして使用している「SideBooks」もDropBoxと連携する。
メールで添付されてきた多くのファイルを、その重要度にあわせ保存先を選定しているのだが、もちろんワードやエクセルデータはGood readerを使用する。
だが、PDFファイルは一時的に見るものと、長期保存などそれぞれのファイルを一元的に一つのアプリで管理しようとすると分類が多くなりすぎて逆に管理しにくくなる。
そのために複数のアプリで、目的に合わせて使い分けしているが、いずれもiPod Touch内の事である。

これからは、このDropBoxを活用することで、更に利便性の幅が広がることは間違いない。
iPod Touchと各パソコンとが全てつながるということだからだ。

なお、DropBoxはフリー会員は2Gbの保存容量域しか充てがわれない。
一見少ないように見えるが、iPod touchなどとの連携を主としているので、私としては十分だ。
iPod Touch相手では容量の大きいデータのやりとりは時間が掛かり過ぎ・・・ということで必然的にそれらはiPod Touch抜きのSkyDriveを利用することになる。

いいかも・・・・そのような感じで、十分に活用してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/20

娘のMacBookPro

昨日、予定より3日早く手元に届いた。

iPod Touchは、データの同期を行うために早めに開梱し、セットアップを終えてから娘に渡したが、MacBookProの場合は、新規のユーザー設定から始まるから、開梱は娘にさせることにした。
というよりも、珍しく初期設定を自分で行いたいという娘の要求もあったのだが。

確かにトラブルがあった場合、私が不在中でもリカバリーが出来るようになってもらえないといけないので、そのような意味からも自分で行いたいという意思は大変嬉しく思う。

さて、ユーザー名、アップルID、パソコンのIDやメールの設定をこなし、お友達のメールデータをアドレス帳に転送して、とりあえずはOK。
後は、Windowsの中にあるiTunesデータを転送してプレイリストを復元すればすべて完了。

タイムマシンは現在OFFにしてあるが、50Gbと容量は小さいがUSBポータブルHDDがあるので、それを成果物データのバックアップ用に設定してあげようと思っている。
根本的にデータをバックアップするというイメージを本人は持っていないので、その点も十分に説明しないと。

Mac用Ofiiceを直ぐに使いたいという要求があったので、Micorsoft Ofiice2011 for Macをインストール。
画像処理は、PhotoShopE9.0、動画はPremiereE9.0をセットアップしたので、しばらくはこのバージョンで十分。
広辞苑もひょっとするとと思い、しのばせておいた。

まだ、トラックパッドの操作に不慣れな点もあり、大学のホームページにある個人のページなどの操作がうまく出来ていないようなので、とりあえずマウスを使いたいと言うことで、普段かばんに入れっぱなしの、元々iMacに付属していたマイティマウス(ブルートゥース接続)を引っ張り出したところ、現在大学のパソコンにセットされているものと一緒だということで、本人は意気揚々と早速使い始めていたが、きっと二度と私のお手元には帰って来ないだろう・・・さらばマイティマウス君。
私のパソコンに接続されると「aike4のマウス」と表示されていたのに、娘のパソコンに接続したら娘の名前のマウスに変わっていた。
心変わりの早いマウス君め(笑

さて、アクティビティモニタを覗いてみると、確かにCPUのスレッドが4個もあり、それぞれが独立して動作している。
動きもキビキビしている。
さすがにSandy Bridgeの能力だ。
Core2Duoとは違う。

内緒に、娘の中身と私のとを入れ替えてしまいたいところだ・・・・(笑
でも、大学在学中、このMacBookProが娘のサポートをする。
長く、大切に愛用して欲しいと思う。

いや、大丈夫だろう、ニコニコしながら自分の部屋に早速持って行ってしまった。
その時の笑顔をみれば、彼女の片腕になって共に歩んでくれそうな気がした。

・・・・・・・これからは下手にテーブルに私のMacBookProを置いておけない。
間違えて娘が大学に持っていったら・・・・そして構内で起動したら・・・・そんなことを想像したらついつい笑ってしまった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/18

娘のiPod Touch

昨日、Microsoft office2011 for Macが届き、3ライセンス版なので、家内のMacminiと私のMacBookProにインストールした。
残りのライセンスは、今週中に届く娘のMacBookProにセットアップする事になっている。

画像処理ソフトは、初中級向けのPhotoShopエレメントを学生割引で購入するための認証を終えているので近日中に届くだろう。

さて、日曜日にMacBookProと抱き合わせで注文したiPod Touchが届いたので、早速セットアップした。
これは娘が使うのだが、もちろん登録は娘のものとして認証を行う。
しかし、未成年のため、一旦クレジットは私のカードで認証し、アップルIDの手続きが完了した後、カード登録を削除しておいた。
これで、ついうっかり有料コンテンツなどをダウンロードする事は無い。

どうしても、有料のアプリが必要のときはiTunes Cardで前払いでもしておけばいいが、とりあえずは娘にはこれらアイテムを十分に使いこなせるようになってもらわないと次のステップには行けない。

私が使っていて、娘にも役に立つだろうというアプリをいくつかダウンロードしてセットしておいた。
いずれも無料か、本来有料なのだが、現在震災関係のため無料にしているソフトもある。

しかし、便利なものは全てWiFi環境が中心か前提となっているものばかりなので、通学途中の電車内では役立たないものが多いが、大学や家庭では十分に使えると思う。

という事で、現在Windowsパソコンに保存してある娘のiTunesデータだが、一応今のところはそのパソコンと同期させ、データをiPod Touchに転送した。

MacBookProがくれば、全てのデータを転送し、ライブラリをコピーすればそのままiPod Touchを引き継げるのでいいが、データ転送は相当時間がかかりそうと今から覚悟をしている次第。

ネットワークで転送すると時間も相当かかるから、ブルーレィドライブを使用しようかなとも思っているが、果たしてどちらが楽か・・・・。

娘にiPod Touchを渡したが、その後1時間ほど各アプリを説明しながら、エバーノートの説明を始めたとき、なんと偶然か次の授業のときにそれらの操作の勉強をするらしい。
どのような授業かは知らないが、このエバーノートはデータの保管庫と言われていて、無料(プレミアム会員は有料)であるが、こんなに便利なアプリケーションは数少ない。

とにかく片っ端から放り込んで保存している。
OSを選ばず、機器を選ばないオールラウンドなソフトウェアはそれほど無いと思う。

なるほど、それらを授業に取り込むなんて、結構気が利くのじゃない?・・・と思いきや先進的な大学は皆普通らしいと知った。

独学で使いこなしている私だが、いずれ娘に超されるかもしれないと思いながら、少しうれしくなり、ほかのソフトの説明も行った。

どちらにしても、MacOSXの操作とWindows・・・と、共に使いこなしていてよかった。
なかなか、娘とどうのこうのと関わりの少ない昨今だから、今日は楽しかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/16

Sucker Punch

邦題「エンジェルウォーズ」を観た。

一言、映画の岡本太郎。

いいとか、悪いとか、そのような事は一切考えないで観たほうがよろしい。

「300」以来の目の玉、ドコーンという映画だ。

決して、デート映画に選ばぬように。

センスを疑われることまちがいなし。

この映画、観るのならば必ずスクリーンでと思う。

じゃないと、目の玉は出ないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/15

MacBookPro

と、言っても私のではない。

娘が大学に進学し、それに伴いパソコンの重要性が増した。
今風の大学は、大学のホームページやGメールなどでコミュニティーを取るのが標準らしく、毎日個人IDを打ち込んで大学のHPを覗き込んでいる。

今までは、我が家の2階にある夏子二号と一階のフロアにある夏子1号を娘は使い分けていたが、やはり自分専用のパソコンがほしいという。
もちろん、大学にも持っていくことが多くなるだろうから、ノート型ということは必然の流れだが、さて、機種をどうするか・・・・。

大学はほとんどMacということなので、娘もMacがいいという。
従って、MacBookAirかMacBookProのどちらかということになり、光学ドライブの煩わしさがない、内蔵されているMacBookProの13インチということに落ち着いた。

同時にMicrosoftOffice for Mac2011とPhotoShopE(エレメント)とプレミアムのセットになっている製品を同時購入した。
私はWindows用のCS3は所有するが、Mac用はCSしか持っていないので、ここは改めて初中級者用のPSEを購入しておいたほうがいいと考えた。

Mac用Officeは2004を所有しているが、いかんせん古すぎる。
最新のファイル形式もアップデートで対応はしているが、変換などの煩わしさがあり、Windows用の2007と連携しづらい。
そこで、3クライアント版を購入した。

当初、娘用のMacBookProと、私のiMac、MacBookProの3台にインストールしようと思っていた。
ところが家内が私も必要だという。
家内のパソコンはMacminiだが、いままでMacOSXは使ったことがなく、Windows専用機風になっていたが、娘がMacの練習と称して家内のパソコンをMacOSXに切り替えて使っている関係上、家内もMacの操作を勉強すると張り切り始めたのだ。
ということで、娘と家内と私はMacBookProにインストールする予定だ。

さて、今後の計画は、いよいよ夏子1号は永遠の眠りについてもらうことにする。
システムが古く、ここのところエラーも多く出るようになった。
更新の予定はないので、ここは潔くお別れをしたい。

二階にある夏子2号を一階に移動し、一旦分解して再整備しサポートの切れたWindowsXPからWindowsVistaにOSを入れなおして再生する。

上記二つの事柄を行うと、液晶ディスプレーが余るので、それは二階のデスクに残し、MacBookProと接続してデュアルディスプレー用に活用する予定だ。
もちろん、これは娘と共有になる。

本来は私の書斎だが、娘にも開放を継続しよう。

夏過ぎに予定されているEディフェンス耐震実験は2ヶ月に及ぶ長期実験となるが、もちろん公費での出張となる。
予定では途中二回ほど事務所に戻るつもりだが、そのほとんどは兵庫に飛ぶことになる。

特別な出張形態になるので、出張手当などがどのような取り扱いになるか分からないが、少なくともパソコンの一台くらい購入可能の分は手元に残る。
出張先で飲み遊べば足は出るが、昨年の耐震実験の経験からすると、ホテルに戻ってグロッキーが関の山。

ということで、今年の秋に予定されている新型iMacをそれで購入しようと密かに企んでいる。
そして、現在使用しているiMacは夏子二号をお眠りさせてその代わりにリビングで活用しようと思っている。
つまり、我が家のパソコンは、息子のiMac含め全てMac化する計画というわけだ。

家庭でWindowsを使う必要はないし、Windowsでなければならない理由もない。
必要になればBootCampでWindowsに切り替えればいい。

娘が大学生活でMacを選んだことで、方向性が定まってよかった。
以前から心根に思っていたことを実行できた・・・・いや実行出来つつある。

・・・・・現在アップルでは学生キャンペーンの一環で、iPod Touchの同時購入を勧めている。
もちろん、娘も数日中にiPod nanoからiPod touchにアップグレードすることになっている。

FaceTimeごっこ出来るな・・・いやその前に「親父臭い」と拒否されるか(悲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/13

Eディフェンス耐震実験再び

放射線防護服に対して、いくつかのコメントを戴き、同時に多くのアクセス数からも今回の原発問題が相当深刻な関心ごとであることが伺えるのが見える。
実際、関心ごとでは収まらない事柄であり、多くの方が危惧するとおり、10年後20年後の方がきっと確実に今よりも深刻な問題として、今回の後遺症ではなくその時の最も大きな事件として発展してしまうだろうと思っている・・・・・そうならなければいいが。

私の会社は、建築物のうち空調資材を製造し販売する部門と、消防服や製鉄所などで使用する炉前作業服を製造販売する部門とに分かれている。
その中に放射線防護服も含まれていて、この製品は大手専門会社の協力工場という形でラインを引いている関係上、私の会社の名前は出てこない。
そのような事柄から、製品の詳細部分においては克明には語れない部分もあり、言葉選びに苦労する。

現行製品の設計は、国の基準によって取り決められたとおりに作成されている。
ただし、肝心な放射線防護部分の鉛入りシートは、基準より含有量の高い材料を使用し、規定よりも防御能力を増した状態で自主設計しているが、それでもコメントで頂いた危惧を打ち消すにはあまりにも貧弱な気がする。

今回の問題を絡め、関係省庁の意向が働いたのか、私の会社のクライアントが独自に動いたのかはわからないが現行製品より、より含鉛量の多いシートを用い、更に防護する身体部分を増やした設計に変更を始め、近日中に新型の生産に入ることになっている。
重量が増すが、結果的に機能性よりも安全性が優先されたわけで、これらは本来際優先される事項と思うことで、大歓迎である。

さて、本来私は防災部の人間ではない。
私の本部署は空調部であり、その部署のエンジニアである。

会社のフロアは、防災部も空調部も一緒くたなので、技術系の話や多くの情報は当然共有することになり、放射線防護服の件をこのブログでは、私の拙い薄学で綴っている次第。
内容は決して間違ったものではないのだが、十分に説明出来ていない点は、先にも記したとおり企業秘密的なものも多々あるため、私の薄学と重なってしまっていることをご容赦願いたい。

昨年12月、兵庫県にある三木防災公園に位置するEディフェス耐震実験設備にて、今年も実験を行うことになったという話を、関係大学教授より頂いた。
今回は、前回よりも規模が大きく、更に期間も長い。

9月4日から10月24日までとなっていて、火災が発生した場合に煙などを排出する設備・・排煙設備の耐震実験が中心となるのだという。
前回が国土交通省絡みだったのとは異なり消防庁が今回の中心になる。

東日本大震災において、東北地方は震災より津波災害のほうがはるかに大きい。
だが、関東に於いては浦安などの埋立地を中心とする液状化被害も多く発生している。
都内などでは、かなり多くのビル空調の機器設備なども被害を受け、それらに関する問い合わせも多くをいただいており、現行建築基準法などもある部分見直しがあるのではないかと想像していたのだが、正に今回そのものズバリの耐震実験を行うことに急遽なったらしい。

地震が発生し、建物が損傷する。
場合によって火災が発生する。
居室内に存命する人間が、火災の中を最低避難する時間として30分以上と定められている。
その間、火災によって発生した煙などは常に排出されなければならないが、今回の震災でその部分が破壊され、幸いにも火災がなかったために、大事にはなっていないが、有事の際は・・・・。

それらを検証するための大掛かりな実験を行うのだが、これらは東日本大震災が発生したからというのが大きな理由ではない。
今回の実験は、これから発生すると予想されている東海・東南海・南海地震に備えてというのが真の理由だ。

国は動いている。

確実にここ数十年の間に、大きな災害を私たちは覚悟をしなければならない。
東京湾沖で今回と同程度の地震が発生した場合、東京都区内のみならず川を逆流した津波は埼玉県川口市を超えたあたりまで破壊をする可能性を否定しない意見も出ている。
第4期に突入した石原都知事がどの程度まで、理解をし行動を起こしてくれるか。

今から動かなければ間に合わない。
そのような意味で、今回の消防庁の動きは大歓迎である。
我社がお手伝いできることは徹底的にやりたい。
最後まで付き合おうじゃないか。

ここのところ、意気消沈していた自分だったが久しぶりに輝いている気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

JRと桜

JRと桜


歯が痛み出したのはしばらく前だった。
しばらく経つと痛みも和らぎ、放っておくと忘れてしまう。
ということで、そのまま放置・・・というわけではなく、大学の授業が本格的に始まる前に娘が、次に家内が治療に専念し、その後に私が出かけることになっていた。

それよりも、胃の具合が決して回復したのではなく、2週間分の薬をもらい、ちゃんと真面目に飲み続けていた間はどうと言うことはなかったが、薬も切れ飲まなくなって数日すると再び具合が悪い。
ということで、再度診療を受けて薬でももらおうかと思っていた矢先、歯の詰め物が取れた。

本来、痛いのは左の上顎の歯なのだが、取れたのは右の上顎の歯だ。
左で噛むと痛みが走る時があるので、右で噛んでばかりいたからだろうか。

その日の朝、タバコを辞めてから癖になったガムを噛みながら会社に向かいハンドルを握っていた。
その時、口の中に異物感が・・・・それが歯の詰め物だった。

時間になったので、通い付けの歯医者さんに電話を入れる。
掛かり付けの歯医者さんは、我が家から1時間30分も離れたところにある。
普段は、予約を土曜日にしてドライブがてら出かけるから特別不便に思ったこともないが、緊急の時は遠路が邪魔をする。
午後ならばキャンセルの空きがあるのでいいですよ・・・という返事に、即効性で早退届を出して会社を後にした。
行き帰りと治療時間を考えれば半日休暇だ・・・・それほど忙しそうな週明けではない様子なので、ここは遠慮はよそう。

何時も車で来るのに、電車を利用したので、思ったほど時間がかからなく読み間違いで、少し早めに着いてしまった。
歯医者さんで治療を受ける前なので喫茶店に入ってコーヒー・・・というわけにはいかず、さてどうしようか・・・
周りを見回してみると、JR駅の線路沿いの桜が美しい。
既に満開を過ぎて散り始めた桜・・・微風でも桜吹雪を演じている。

駅と歯医者さんの中間くらいの場所に線路を渡る歩道橋があり、大勢のカメラマンがシャッターを切っている。
私もその中に紛れ込んでiPod Touchでにわかカメラマンになって、通過する電車と桜を撮影した。

画像をつないで動画にするお遊びをしてみたが、ペガシスのTMpg Enc4.0は残念ながらコマ送りが最短1秒のため、ぎこちない動画になっているがこのようなお遊びも出来る。
今度、MacのiMovieでも遊んでみよう。
そちらのほうが、より細かく楽しめるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

一言

決して、社員に対する苦言ではないことを断っておく。


津波は致し方ない。、

でも、東電は許せない・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

Dink Smallwood

Macのアップストアで無料ゲームとしてアップされていたので、騙されたつもりでダウンロードしてみた。

数世代前の・・・・・・というような画質(ファイナルファンタジー1世代位)のゲームで、正直全く期待などをしていなかった。

だが・・・、これが結構面白い。
全編英語(文章)なのと、文章選択方式のため結構英語力を必要とするが、基本的にRPGなので拙い英語力を駆使してクエストをこなしていくと、不思議とマップが発展するみたい・・・今のところ「みたい」クラスです。

ゲームの進め方は、会話を通じ、クエストを発生させ、戦い、得点を稼ぎ、パワーと魔法を充実させ、お金を貯めて、武器も取り揃え(結局、足蹴りが一番いいかな・・・)という、従来のゲームパターンに終始している。

この、レトロな雰囲気がなかなかいいのだが、BGMもいい。

白鳥の湖から、突然ロックになる。
その切り替わりが絶妙で、ついついそのBGMが奏でるステージにでかけてしまう。

YouTubeにウォークスルー動画がアップされていて、ついつい見てしまったが、タダゲーなのにかなり奥深いことが分かり、当初馬鹿にしていたことは恥じている次第。

面白いゲームなので、このブログにアップしてみたが、ご興味のある方は是非!!

Screenshot_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

娘のパソコン選び

大學からの連絡などは、そのほとんどがインターネットを通じて行われるらしい。
そのため、パソコンは学業を進める上で必須と言うことになる。
しかも、デスクトップではなくノート型が望ましく、それらは常にどこでもネットにアクセスすると言うことが必要とも言える。

私と同じ、E-MobaileなどのWiFi通信環境を用意するかどうかは後日検討するとして、果たしてどのようなパソコンがいいのか迷うところだ。

娘の大學は、ほとんど英語漬けだ。
教授たちもそのほとんどがMac機を使い、Windows機は少数派だという。

大學内でMacを購入することが出来るが、アップルストアで学割を利用して購入するよりも更に安価に買うことが出来るらしい。
ただし、今現在アップルストアではiPod Touchと同時購入すると20600円のキャッシュバックがあり、iPodも狙っているのならそのキャンペーンも見逃せない。

さて、パソコンの大きさ・・・ノート型パソコンの大きさは、イコール画面の大きさと言っていい。
この画面の大きさは、大きい方が作業性が良いが、持ち運ぶ上で、通学というものを視野に入れた場合、重量も考慮しなければならない。

Macの場合、11インチワイド、13インチワイド、15インチワイドとあるが、15インチはMacBookProなどが対象となり、重量も2.54kgになるので、これは女の子では厳しい。

13インチはMacBookやMacBookPro、はたまたMacBookAirもこの中に入る。
重量はMacBookAirが1.35kg、他は2kg少し。

11インチは、MacBookAirのみで重量は1.03kgと13インチMacBookProの半分しかない。

娘を実際秋葉原に連れて行き、画面の大きさを覚えさせた。
果たして、大學ではどの位の大きさを推奨しているのか、学友はどのようなパソコンを使用しているのかをチェックし、それらの情報と絡めて最終的に選択させようと考えている。

しかし、同時に本人の主観も重要なので、実機を見せることにしたのだ。
その結果、取りあえずは、11インチは避けたいようだ。
画面が小さく、解像度性能が高いので、表示文字が小さすぎて疲れるようだ。

なお、家庭で使用する場合は、外部ディスプレーに接続し、もちろん本体のキーボードやトラックパッドは使用せず、フルキーボードとマウスを用意して・・・つまりノート型パソコンはデスクトップの本体の役目になるので、大きさは大きかろうが小さかろうが構わない。
あくまでも、自宅外で使用することを優先して選ぶのが望ましい。

その意味で、15インチは重量でやはり避けたい。
となると、13インチのMacBookPro系かMacBookAirか。

普段使用しない光学ドライブが内蔵か外付けか・・・HDDが大容量の機械式か小容量のSSDか。
プロセッサーが最新型か、Core2か・・・・。

ここからは、先にも期した情報で選ぶことになる。

一定の方向が見えたので、同時購入予定のMac Office2011の3クライアントやほか付属品の価格を調べて、秋葉原を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/02

E-Mobile不具合その後

金曜日の午後に不具合が発生した。
その日の3時頃にカスタマーセンターに連絡(一度で繋がった)を入れ、代替機の必要と、簡単な問診を受け、電話を切る。
30分ほど後、別の方から連絡を受け、代替機を最短翌日着で手配を完了。
約束の時間ジャスト、手元に届いた。

本来、到着した時点で代替機の入っていた箱に、不具合機を入れなおして、同梱された着払い伝票を添付して代替機を持ってきたドライバーに渡せば、第一段階終了のはずだったが、そのドライバーはさっさと行ってしまった。

仕方が無いので、自分の都合で火曜日に会社から出荷した。
そして・・・・不具合内容を電話連絡もらえるはずなのに、木曜日に不具合機が戻ってきた・・・新品になって。

基板に不具合があったので、新品をもって交換ということだった。
ついでにバッテリーの容量が50〜70%性能と落ちていますというコメント付きで・・・・。

しかし、対応が早い。

あっという間に手元に戻ってきた。

私の都合で、不具合機を直ぐに出さなかったので、それを差し引いて考えれば実質、不具合発生日(含め)から4日後には修理完了と言うことになる。
しかも、スペアを貸し出してくれたので、ほとんど困ることはなかった。

いろいろと、E-Mobileは対応がよくないという話を聞いていたが、私の印象は全く逆だ。

本当に助かった。

・・・・・・・・バッテリーが弱っているというコメントがされていた。
5月に大容量バッテリー(連続通話7時間という)が販売されるという。
それまで、このバッテリーを使い続け、新規にそのバッテリーを購入しようっと。

なお、そのバッテリーを取り付けると、おデブサンになるけれど(笑
それも、ありか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »