« DropBox | トップページ | Premiere Elements9その後 »

2011/04/23

Premiere Elements9

娘のMacBoocProには標準の画像処理ソフトとしてAdobe社のPhotoShop Erementa9を用意した。同時に抱き合わせ購入したPremiere Elements9もゆくゆく使用するかもと思いセットアップした。

アカデミックパッケージのため、セットで10000円ほど・・・大変リーズナブルだ。
Adobe社のアカデミックはアップルと違い、大学生か学校教員という限定がある(アップルはPTA役員も含まれる)
そして、学生の場合学生証のコピーなどの添付を含めてFAXで申請し認証を得て初めて契約成立となる。

さて、パソコン初心者の娘のパソコンにのみアプリをセットしても、その使い勝手に対する質問があっても私は操作したことがない。
従ってそれらに対する返答ができない場合があるので、私も覚えるべきかと思い、でも・・・私のパソコンにもインストール出来るかどうかと思い実行してみた。

認証窓らしきものが出たが、一応私のAdobeID(娘のパソコンも私のIDで登録した)で登録したが特別問題がなくインストールできて更に使用することが出来た。

本来はシングルユーザー扱いなのだろうからいけないことだと思うが、私も試してみないことには教えられないので、これは助かる・・・・(内緒

セットアップも終えて、Premiere Elements9を起動してみた。
WindowsでもMacでも各種ソフトを使用して動画を作成してきたので、一応は操作できたが細かなところが分からない。
このソフトは初中級者向けと言うが、初めて使用する初心者には難しいと思う。
かなり専門的な作りになっている。

Mac使いならば、標準添付ソフトのiMovieの方が遥かに理解しやすい。
というよりも直感的に操作できないのだ。

仕方が無いので、参考書を購入した。
動画を作成する手順はどのアプリケーションもほぼ同じ。
だが、次の手順に入る場合のボタンがなかなか分からない。

でも、一旦操作方法を習得すれば、エフェクトの数などに制限があるくらいで、プロ顔負けの動画作成が出来るくらいに素晴らしいソフトウェアだと思う。

PhotoShopを初めて触った時を思い出す。
それまで、初中級クラスのレタッチソフトを使用していたので、プロ仕様のソフトは私には無理!!と思わずにはおれなかった。
しかし、今現在は初級者クラスの製品では、親切なボタンや進め方案内が、逆にじゃまになる。
必要なメニューを瞬時に出して、目的の項目をさっと処理する。

・・・・・要はなれだ。

優れたソフトは最初は難しいが、自分のものにしたときには宝となる。

・・・・・・・早く使いこなして、娘に教えられるようにならないと・・・・・偉そうなことを行っている場合ではないや。

|

« DropBox | トップページ | Premiere Elements9その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Premiere Elements9:

« DropBox | トップページ | Premiere Elements9その後 »