« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/31

出来事

長男の母校である高校の校長が亡くなった。
私は、その高校で3年間PTA会長を務め、更に育成会会長を2年引き受け、その後はPTAのOB会会長であり、昨年までOB会顧問だった。

だが、実際は、現役(つまり、顧問などは名目だけのお飾りだからね)から離れ数年過ぎていることから、校長の本葬儀の連絡は来なかった。

現役のPTA会長の話では、仮に過去にさかのぼって関係者に連絡をしようものなら、葬儀場周辺が大混乱になっただろうという。
確かに、校長関係理事だった方が無くなられた時も、地元警察が出動し周辺交通整理と一時進入禁止区域を広げて大変だったと聞いている。

今回は、現役校長である。

古い人間を呼ばなくて正解だったと思う。

無くなられて一ヶ月後に学園葬が行われた。
600名に及ぶ参列者がひしめく会場のちょうど真ん中あたり、来賓席に私は居た。
2年後輩のPTA元会長と私の元スタッフたちと共に個人を忍んだ。

私の一つ先輩PTA会長は、二年前に亡くなられている。
私の一つ後輩は、現在肺がんにかかり病気療養中のため、今回の葬儀に参列できなかった。

閉式後に近い関係者と共に、軽く飲みに出かけた。
校長の話・・・・そして、先輩後輩の話。

やはり、健康というものがどれほどありがたいものかを痛烈に感じる。

身近な話・・・・・現在がんと闘っている親戚の方が居る。
本当にお世話になっている人だ。

ただ一言・・・・がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/28

テントのデザイン

大学の学園祭で使用するテントなどのデザインをしたいと言うことで、娘からPhotoShopの使い方を教えてほしいと言ってきた。

サークルの合宿で、それらのデザインをどうするかという用件も含めた会合があったらしいが、サークル仲間の全ての方(全員かどうかは怪しいが)がPSとイラストレータを駆使できるのに自分だけは全く分からなかったとしょげて帰ってきた。

娘のデザイン力・・・絵を描く能力は結構高いのだが、彼女曰く絵は手で描くものと思っていたが、いまはパソコンで描けないと全くだめなのだろうか・・・

実際の処、簡単な内容ならばパソコンで全て処理すればいいが、デッサンは基本は紙と鉛筆にあると今でも思っている。

ラフをスケッチし、スキャナーで読み込んで色を落としていけばいい。
タブレットがあればある程度はパソコンで出来るが、やはり人が微妙に鉛筆で描いた線はパソコンでは出ない。

だから、基本的に手書き絵が立派な子はパソコン操作さえ覚えれば、パソコン育ちよりいい絵が描けるようになると、しょげている娘を励ましながら、イラストレータは後回しにしてPSを集中的に教えながらテントデザインの作製のお手伝いを始めた。

娘は、とにかく大学に入ってから本格的にパソコンを操作し始めたと言ってもいい。
それまでは、論文と通信、検索程度しか触っていない。

リビングにある家族用のWindows機だから、必要最低限しか操作していないのだ。
大学に入りMacBookProを買い与えた。

今の大学では、パソコンは必須である。
そして、ネットワークに点在するサービスを活用し、クラウドを利用して多くのデータのやりとりを行っている。
一応のことは出来るようになったが、画像処理までは行き及んでいない。

線と図形と文字と色。
まずそこから教える。

ここ数日、我ながら一度も怒らず?まともに教えることが出来、そしてほかの学生に十分受け入れられる作品が出来るようになるまで鍛えられたと思う。

さて、疲れ切った娘は私の布団を占領してしまった。
寝る場所が無い。

でも・・・・天使の寝顔を今しばらく見つめていようかな。

お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/21

ダンジョンシージ3その後10

あら?と思ったら終わってしまった。

東の森で、散々遊んで、全ての仲間の「信頼度」を100%にしてから森の奥に進むと、金髪の少年が居る。

どうやら、樹木の神が世界をかき回しているようなことを言っているので、てっきりジェイン・カシンダーが、大変身するのかと思ったら、ジェイン・カシンダーは、どうやらそれに操られていたらしい。

「アルコン族」以外に「ビルマもどき」までも次々に出てきて、それらを片っ端から片付けると、川の中から巨木の怪獣が出てきた。

結果的にこの怪物がラスボスだった。

半分川の中に潜っているので、上半身だけで動いている怪物。
従って、攻略はしやすい。

適当に逃げ回る風に移動していると、怪物は手で地面をひっかくように攻撃を行ってくるが、適当に乖離し右手を攻撃する。

パワースフィアを使って強力な火球を繰り出すと、怪物のヘルスが減り始める。
あくまでも地面に手が接触している時に攻撃する。

すると、怪物の手が吹っ飛ぶ。
次に左手から雑魚キャラを次々に繰り出してくる。

「アルコン族」や「ビルマもどき」やら・・・・・
これらに対しては一切攻撃をする必要はなく、ひたすら関わらず逃げる。

怪物の攻撃でパワースフィアなどを消費しても、繰り出される雑魚キャラを連れ合いが攻撃し退治してくれる。
そしてオーブを散らかしてくれるので、それをいただけばいい。
なお、このステージのオーブが現れている時間は短いので、すかさずゲットする必要がある。

雑魚キャラは一定時間が過ぎるとなぜか全て居なくなる。
そうすると、怪物がぶっ倒れるので・・・疲れるのかなぁ?・・・そのときに、パワースフィア火球を頭部に目一杯ぶつけると・・・・終わり。

一瞬の内に消滅し、ジェイン・カシンダーとの会話になる。
巨木の怪物が神らしく、それが消滅してジェイン・カシンダーはただの女性になってしまったようだ。

さて、この会話によってエンディングの紙芝居の内容が異なる。

ジェイン・カシンダーを王女に差し出せば、王女は彼女をとがめず・・・とあり、結果的に何者かに暗殺されるというストーリーになる。
しかし、怪物を成敗したあとにジェイン・カシンダーを殺せば、暗殺部分のストーリーが無い(当然か)。

結局、終わりは一緒なのだが・・・・・・・・

いずれにしてもあっけない。

なお、終わった後に「続きから」を選択すると、怪物との戦いからロードされる。

-------------------------------------------

過去のDSと違い、引き継ぎはない。

今度は、「カタリーナ」を主人公として「アンジャリ」をお供にしてプレーを再開した。
飛び道具は、やっぱり楽だわ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/20

ダンジョンシージ3の信頼度

主人公と、共に旅をする仲間とは、何らかを切っ掛けとして「信頼度」が上昇する。

この「信頼度」がどのような作用をするかは知らないが、無いよりはあった方がいい。

物語もどうやら終盤に入ったようで、「騎士団の集会所」から「東の森」に進むと、もう後戻りは出来ない。
セーブが出来る部屋に入ったら、今通ってきた道は火災で燃えさかる木材が道を塞いでしまう。

このセーブの部屋の扉を開くと「東の森」に進むことが出来るのだが、ここで「アルコン族」と戦う。
何度戦っても復活するので、ステータスを上げるのに役立つが、既にレベル30に達し、それ以上上がらない。

だが、結構いいアイテムを落としてくれるので、それを集め現在の装備と照らし合わせ、全体的にステータスを上げていく。

「東の森」から一旦「騎士団の集会所」に戻りセーブを繰り返すのだが、ここではたと気がついた。

戻ると二重になっている内の外側の扉が閉まっているので開ける。
室内に入るとき、内側の扉は開いているが、開け閉めマークが出るので、閉める行為をすると一旦閉まった直ぐに開く・・・
すると、連れ合いのキャラクターが、なにやらつぶやいて「信頼度」が上がる。

つまり、それを何度も繰り返す・・・「東の森」で戦う。
「騎士団の集会所」に戻り、扉の操作をする。
「信頼度」が上がる。
セーブする。

現在ラインハルトとの「信頼度」を向上中。
他二名との「信頼度」は100%に達した。

先にも記したが、結果的に何が変わるかは知らない。
あくまでも自己満足の世界かもしれないが、満点はいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/19

ダンジョンシージ3のステータス

「東の森」に入った。

相当強い秋風が舞う、怪しげな森の中に入り込む。

隕石が落下するように、「アルコン族」の敵キャラが現れるが、炎の柱をうまく使えば簡単に倒すことが出来る。

崖の近くに寄ったら、ビルマからやってきたような怪人が崖の縁から這い上がり、強烈な攻撃を仕掛けてきた。
急なことでもあり、画像をスキャンし忘れたが、取りあえずは始末した。

もう一度再会したいとチャレンジしてみたが、今のところ二度目の巡り会いはない。

次のセーブポイントは目の前だが、レベルを上げたいと思い、界隈を徘徊すると「アルコン族」が次々と復活してくれるので、悠々と30レベルに達した・・・・・・・そして、それ以上上がらなくなった。

DS3は最高が30レベル・・・・350000ポイントが上限らしい。

後は、装備の組み合わせでステータスが変化する。

Screenshot_20110819_205513


これは、全て手持ちの「金文字」アイテムを装備した場合のステータス。
アンジャリもカタリーナも、「金文字」アイテムだ。

Screenshot_20110819_211426


これが、取りあえず、手持ちのアイテムでライフが最高になる組み合わせの装備。

両名ともライフが2000をオーバーする。
アンジャリより、カタリーナの方が多い。

アンジャリの場合、攻撃力が90ほど落ちるが、体力は逆に90ほどアップする。
全体的に防御系が強化されたような形だ。

どちらに振ればいいか、次の戦いで試してみようかな。

なお、「アルコン族」を倒すと、適当にアイテムを落としてくれる。
中にはナイスなアイテムもある。

レベルはもう上がらないだろうが、今しばらくアイテム収集で「アルコン族」あさりで徘徊ごっこしてみようっと。

Photo


DS3は、ゲームの進行に合わせ、Steamのページで、獲得ステータスみたいなものがある。
全てで44個あるが、私は現在14個獲得した。

なお、到底無理なものと、別キャラでなければ達成できないものもあるので、それほど目くじらたててゲットするものでもないと思う。

100%コンプリートすれば、おまけがあるのならばと思うが、どうもそうではなく自己満足の世界らしいから私は興味の対象外としている。
まぁ、記録は記録として見てはいるけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/18

ダンジョンシージ3その後09

Screenshot_20110818_224457

レベル29になった。


Screenshot_20110818_225241

会話の中で、どうやら最後の戦いに向かうことになったらしい。
そして、サブクエストで助けた泥棒が盗品を販売していて、ここが最後の商店?となるらしい。

商品を覗いてみると、全て「金文字」アイテム!!!

持っている不要なアイテムを全てはたいて、アンジャリとカタリーナのみは全て「金文字」アイテムをそろえた。
カタリーナはステータスが上がったが、アンジェラは逆にライフが減ってしまった。

念のため体力アップアイテムは残してあったので、本番の戦いではうまく組み合わせてみよう。

この画像の後は、一旦騎士団のところに戻るのだが、直ぐに「東の森」に進むことになり、ここで全く後戻りは出来ない。

いよいよ、最後の決着のステージに入ったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/16

ダンジョンシージ3その後08

今日で夏休みは終わり。
明日からまた、職場という戦場に出かけることになる。

今回の夏休みは、妙に短かった気がする。
いつもだと、休みに飽きて早く仕事場に行きたくなるのだが、今回はもう数日ゆっくりしたい気分だった。

娘は、大学の学園祭実行委員に任命され、それらのグループの合宿で週末まで今日から出かけた。
ネットワーク設備の悪い環境の宿泊先らしく、今回はパソコンは置いていったのでネット通信はまず無いだろうし、携帯でも連絡は取れるのだが、たぶん鉄砲玉となるだろうと思っているのでしばらくは家内と二人だけの静かな数日となる。
居ればうるさいが、居ないと家全体が防音装置があるように静まりかえる・・・・ちゃんと合宿出来るだろうかなぁ。

9月の終わりから10月下旬までの約20日間、昨年12月に続くEディフェンス「耐震実験」が兵庫で実施されるのだが、今月はその実験で使用する試験体の作成で忙しくなりそうだ。

来月は、耐震実験で揺れ壊す高さ13mほどの実験棟2棟を建築するらしく、私たちの出番はなく、出張準備は9月中旬から行えばいいので、しばらくは通常業務と値上げの願い行脚に当てることになる。

現在プレーしている、ダンジョンシージ3は、なんだかんだと進んでいる。
現在レベル27。

「ストーンブリッジ」で議会と会話を行うとムービーになり、それが終わると「スパイアの外壁」からその続きが始まる。

そこで、前回戦った後に解放したことがある「ラジャーニ」が、私たちを待っている。

Screenshot_20110816_095706

「地下牢襲撃」というサイドクエストをもらうと同時に、「ジェイン・カシンダー」という女大ボスと戦うことになると警告を受ける。
また、そこにたどり着くためには、ジェイン・カシンダーの子分の二人の女剣士と戦わなければならないと言われる。
その二人は東と西の塔に陣取っている。
その片割れとまず戦う。

Screenshot_20110816_145550

更にもう一人の女剣士と戦うのだが、そこに至る途中二人の少し強めのキャラがいる。
このキャラを含む雑魚キャラは何度も生き返ってくれるので、西と東を行ったり来たりで戦い続ければレベルのアップも期待できる。
でも、レベル27ともなると、なかなか得点が上がらず画像の点数まで(27レベルは地下牢の襲撃というサイドクエストをこなしたご褒美時に獲得点でアップしたので、その時点から)10数回、同じ敵を倒している。

Screenshot_20110816_211316

さて、二人の女剣士を倒したら、このステージの一番奥にある扉が開いていた。
この奥に、宿敵「ジェイン・カシンダー」がいるのだろうか。

そして、最後の戦いになるのだろうか・・・・・と言うところで、セーブした。

Screenshot_20110816_194749

初めて、パワーアタックを使用した。

ゲームパッドで言えば、「右トリガー」を握りながら、攻撃ボタンを押すと通常攻撃よりも数倍の威力で「アンジャリ」の場合、火玉を放出する。
左下のステータス表示の顔の右下に並ぶ丸い部分がパワースフィアといい、このゲージがピンクになっている間はパワーアタックが有効と言うことだ。
そして、通常攻撃を敵に加えると自然に回復する。

このパワーアタックをうまくコントロールして使いこなすと、強敵もそれほど苦労しなくて倒せる・・・と思う。
西に女剣士も、東の女剣士にも、これで楽勝だった。

もっと、早く使用していれば良かった・・・かな?

さぁて、明日から仕事だ。

ゲームをする時間は取れにくくなるが、まぁここはのんびりとしましょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/15

ダンジョンシージ3その後07

私のメインマシンであるiMac2011は、1Fの和室にセットしてあるのだが、ここは寝室でもある。
家内は、朝が早いかわりに夜も早い。
従って、私がゆうゆうとゲームなどをする時間になると家内は寝に入っていることになる。

キーボードだけならまだいいが、マウスのクリック音は確かに結構うるさいものだと思う。

ゲームに夢中になっている方はいいが、意味もなくカチカチ連続音が聞こえてくれば、私でも・・・・・。

と言うことで、キーボード派の私も遂にDS3ではゲームパッドを引っ張り出した。
XBox360コントローラーだが、一旦始めてみるとこれは実に楽だと言うことが分かった。

特に乖離・・正確には逃げるのに、キーボードの場合「スペース」キー(標準は防御)の押しっぱなしと、マウスの「右クリック」でアンジャリの場合、人間形態では前転で乖離、精霊形態ではテレポート風に短距離瞬間移動をするのだがマウスポインターの場所に移動なので、そのコントロールが難しい。
キーボードでは「A」「D」「W」「S」でいいのだが、スペースキーを押しながらは、やはり操作しにくい。

ゲームパッドの場合は、とにかくスティックをクリクリ動かせば、ほぼ間違いなく思ったところに逃げることが出来る。
DS3ではとにかく敵キャラや雑魚キャラが主人公をどこまでも徒党を組んで追いかけてくる。
だから、逃げるためのコントロールが勝負の分かれ道と言っても過言ではない。

時折アップロードする画像を見てもらえな分かるが、ゲームパッドの時とキーボードの時では、左下の主人公の顔部分あたりの絵が違うと思う。
キャラクターメニューでも、ゲームパッドは「Y」などで表示されているが、キーボードの場合は文字のみだ。

さて、ゲームパッドも決して音に関しては万能ではない。
特に「LB」や「RB」ボタンは、小さながら「カチ」と音がする。
勢いが過ぎるとスティックも音がする。

・・・・・・・・・・二階の書斎には、旧タイプのiMacがある。
VGA能力が低いためDS3の解像度は最低にセットして初めて快適レベルで動作する。
このiMacにはアップル純正のマジックマウスをセットしてあるのだが、どうしてアップルのマウスは右クリックがしづらいのだろう。
だから、このマシンでゲームはしなかったが、ゲームパッドを接続すれば、問題は解決する。

セーブデータはSteamが管理してくれるので、ゲーム終了時にSteamからログオフすれば、両Macで続きがプレーできる。
・・・・・・家内が寝たら二階に逃げればいい・・・

と言うことで、クリスタルがいっぱいある鉱山で、「ジェイン・カシンダー」という敵が差し向けた「巨象」を打ち倒し、再び「ストーンブリッジ」の街に帰ってきた。

Screenshot_20110815_205254

クリアしたサイドクエストの進行具合の画像だ。

この時点でレベル26。

再び敵ボスとの戦いのため、次のステージへと向かったところでセーブ。

Screenshot_20110815_213026

さて、今度はどのような戦いになるか・・・・

・・・・・・そうだ、付け加えておこう。

キーボードでは、防具や武具などのアイテムは、その近くに行って「E」キーを押すと回収できる。
ゴールドや、オーブは「Ctrl」を押すと自動的に回収してくれる。
しかしゲームパッドでは、それに該当するボタンが無いのだ。

だから、戦いの途中でオーブをわざわざ取りに行かなければならない。
敵を倒したりして発生するオーブは、一定時間で消えてしまう。

うまく「防御」や「乖離」を使いながら回収しないとつらい。

自動回収出来ればいいのだけれどね。
参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/14

ダンジョンシージ3その後06

Screenshot_20110814_134516


退治しても、直ぐに復活する雑魚キャラや巨獣を何度も倒して、レベルを25まで上げたところで次の目的地に向かった。

何度も行ったり来たりして雑魚キャラを蹴飛ばした道を少し進むと敵の大軍が攻撃してくるが、無視して進むと斜面が崩れ、来た道をふさがれて戻れなくなる。

そのまま進むとクリスタルがちりばめられた洞窟内に入り、空中を浮遊する岩に乗って更に奥に進めば、いやでも女王とお会いすることになる。


Screenshot_20110814_144128


ここでいくつかのサイドクエストをもらい、いらないアイテムを売却する。
途中で、知らないうちにダウンロード済みとか何か分からないアイテムを4種類もらっていたのだが、気がつかないでそのうちの一個を売ってしまった。

売った直後ならば買い戻せるが、一旦ステータスを閉じるとそれが出来なくなる。
「白文字」アイテムだし、1ゴールドだったので、いらないと思ったのだが、レアなアイテムだった。

セーブデータを戻せば、そのアイテムを復元出来るので試しにどのようなものか見てみたら、売却したアイテムはどうしてもたいしたものでは無いような気がするので、ゲームはそのまま続けることにした。


Screenshot_20110814_144310


Steamを見るとゲームの進行具合で、獲得するなになにと言う項目がある。
現在、44個の内10個を獲得している。

これなどは、何を意味するのか分からないが、ポイントが付加されるのであれば、是非パーフェクトで終えたいところだが、自動的に付加されるのではねぇ。

20110812


さて、あまり先を急いでも、せっかくのDS3、ゆっくり進もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/13

自然の素晴らしさ02

仕事が終わった11日の夜、12時頃に家を出発する。

中央高速「調布」インターチェンジより高速道路に入り、思ったより多い交通量ではあったが、平均100km/h以上の速度で、信州に向かう。

トラックと高速バスが多く、途中「談合坂」サービスエリアは込んでいると判断し、そのまま「双葉」サービスエリアまで一気に走った。

飲み物と間食を仕入れ、「小淵沢」インターチェンジで一般道に降りる。
真っ暗な道を進み国道20号に出てからは、大型車の後ろをのんびりと付いていく。

富士見駅の看板を右手に、国道20号を左折。
後はひたすら道なりに入笠山に向けて登るのみ。

時間は午前3時。

いくつかのカーブを曲がったその先に、白い動物が走っていくのが見えた。
野犬か何かか?

次のカーブを曲がって思わずブレーキを踏んだ。

「鹿」である。

結構体の大きな鹿が、道路に座り私たちの車を見るなり慌てて立ち上がり走っていく。
娘は北海道で野生の鹿を見てきたばかりである。

私は登山経験を通して、何度か目撃はしているが、いずれも山の斜面のことである。
こんな間近で、しかも道路で遭遇するのは初めてだ。

何度も訪れている入笠ででもある。

更に、標高を高くして車を進める。
今度は二頭の鹿を見つけた。
一頭はガードレールの下に逃げ込むとき、ゴン!と音を立てた。
一頭はしばらく前に駆けていって少し低くなったガードレールをジャンプしていった。

驚かせてごめんなさい。
人の言葉が理解できるのであれば、捕獲したりしないから逃げなくっていいよと言ってやりたい。

二度あることは三度ある・・・娘にそう言ったとおり、もう一度道路を歩いている鹿を見つけた。

家内曰く、山の食料が乏しくなったのだろうか・・・・それとも夜間は彼らの遊び場なのだろうか。

入笠山の麓で、車から降りて夜空の散策。
流れ星がたまに落ちる。

時間は4時近く。
そのためか、記憶に残っている夜空よりも星の数が少なく見える。
でも、都心の空などは比較の対象外の満点の星空。

やはり、怖い。

・・・・・・・・・・しばらくすると東の空が少し白みだした。

Img_8367_2

久しぶりに太陽の暖かさのありがたみを感じることが出来た。

今回の夜空探険の小旅行では、鹿も日の出も、その計画?(なんて無いようなものだけれど)に入ってはいない。

ささやかどころか、豪華なプレゼントをもらって、昼過ぎに帰宅した。

久しぶりに、家族の大笑い。

途中娘が撮影した写真のおもしろさ、おかしさに旅の楽しかった思い出がぎっしりと詰まっている。

また出かけよう。

今度は、熱いコーヒーを煎れることが出来る用意もしながら。


Img_8397


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/12

自然の素晴らしさ

Img_8263

当時、信州の峠と名の付く道を自転車でひたすら走っていた時期がある。
目標は、100種類走破だった。

長野県、茅野市・・諏訪湖の南に位置する場所から高遠市に至る国道152号線の頂上が「杖突峠」という。
その峠から東に延びる林道に入ると、ゴルフコースを通り過ぎ、「千代田湖」という小さな湖に至るが、ここは小さなキャンプサイトにもなっている。

そこを更に進み、小さな「金沢峠」と「芝平峠」を越えると「入笠山」にたどり着く。
入笠山は標高1955m、2000mに満たない山ではあるが、山頂は360度展望が開け、国道20号線を挟み「八ヶ岳」が全面的に広がり、それは素晴らしいパノラマを満喫できる。

現在は、この山の周辺道路はほぼアスファルト舗装されているようだが、私が自転車で走り回っていた頃は、逆にほとんどが未舗装だった。

山の麓には「入笠小屋」が今でもあるが、私の目的はもう少し離れた場所にあった(過去形の通り今は無い)「鈴蘭小屋」だ。
キャノンに勤めていた方が、退職し山小屋を経営しながら、小屋はユースホステル協会とも契約していた。
自転車旅行当時は、このユースホステルを利用し関東近辺の峠道をひたすら走っていた。

初めてこの小屋を利用し、しばらくは数ヶ月単位で自転車で出かけていた。
だが、じきに月に二回ほど登山客風になり、歩きで訪れるようになる。

目当ては、小屋を経営する夫婦の奥さんが作る「チーズケーキ」・・・そして素の紅茶。
砂糖も何も入れない、ただの紅茶・・・それとチーズケーキのほんのりとした上品な甘さが素晴らしくマッチングする。

八王子市に住んでいたので、それほど早くない朝、JR中央線に乗り込み、「小淵沢駅」で下車する。
駅前にある(あった)肉屋で新鮮な馬刺しを切ってもらい、持参したショウガと醤油を使って、近くの田園に広がる草原に腰を落とし、母親が作ってくれたおにぎりと、ビールで昼食をとる。

夏ならば木陰で、標高が高い場所のすがすがしい風を心地よく受け、至福時間を贅沢にも満喫する。
冬ならば、バーナーで湯を沸かし、その熱で手を暖めながら、ウィスキーのお湯割りを飲む。

場所はいつも一緒。
連なる山尾根の四季をいつも望みながら小一時間を過ごした。

JR中央線「富士見駅」、入笠山の登山口がある駅だ。
午後3時頃から歩き始めると、ちょうど午後5時から6時の間に小屋に着く。

このころは、ユースホステル組では無く、一般登山客として宿泊する。
やはり、料金の違いは食事の違いだからだ。
ユースホステル時は別途料金の「チーズケーキ&紅茶」も込みとなるので、そう考えると決して高い料金では無いと思っていた。

翌日は昼頃まで滞在する。

主人が入れるコーヒーも、少し苦みがきいて好きだった。
さすがにパンは自家製では無いが、小鳥のさえずりと山の微風に体を包んでもらい、少し湿気を含む朝靄風の空気の中、小屋外のベンチで摂るモーニングも幸せな時間だった。

近くには湿原などもあり、入笠山は何度訪れても飽きることの無い私のオアシスだった。


ある日、小屋が空き家になった。
チーズケーキも、紅茶もそしてコーヒーの香りも消えた。

同時に私の足も遠くなった。

現在、富士見パノラマスキー場が整備され、道路も舗装化された。
私の知っている入笠山は消えたが、八ヶ岳が見える入笠山が変わったわけではない。

数年前、娘を連れてきた。
それも早朝二時頃。

初めて見るこぼれ落ちそうな怖いほどの万の星が散らばる、本物の夜空を目の当たりにした娘はもう一度見たいという。

その後に何度かこの入笠山では無いが、標高のある山に連れ出した。
しかし、雲が私たちの邪魔をしてくれて、なかなか星とデートが出来なかった。

中学受験、大学受験を通し、貴重な夏休みを余暇に使う余裕の無かったここ数年。
娘が大学生になり、この夏・・ようやくお出かけの気持ち的な余裕が生まれた。

いくぞ!

出かけてよかった。

素晴らしい、おまけがいくつか付く、ささやかなドライブになった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/10

ダンジョンシージ3その後05

ここのところダンジョンシージ3の話が続く。
まぁ、それだけプレーしているのだが。

Screenshot_20110808_204505

画像は、レベル20でセーブしたときのもの。
その時は、ライフが1340あった。


Screenshot_20110809_215039

これは、レベル23に達したときのステータス。

ライフは1260になぜか減っている。

特に装備を変えたわけではない。

このフロストスパイヤ山から、女王のいる場所に進むわけだが、その道中では一旦退治した蜘蛛や巨獣達がすぐに復活してくれるので、何度も短距離を行ったり来たりすることで再び退治することが出来る。
つまり、レベルを上げやすい。

特に巨獣は一気に1000ポイントほどもらえるので、それらが出てくるのが楽しみになるほどだ。

さて、次のクエスト・・・

Screenshot_20110809_213836


進む前にもう少しレベルを上げようかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/09

ダンジョンシージ3その後04

思った通り、指名手配の悪人は「老紳士」として、サイドクエストに登場した。
しかも、サイドクエストのはずなのに(と、私は思っているのだが、もし違った場合はごめんなさい)それをこなさないと先に進めないときた!!

ストーンブリッジの街に入り、クエストを受ける中で、メインクエストは聖堂の中にある、冥界への道を使って女王の応援に行くはずだった。
しかし、その冥界の入り口を背にサイドクエストを優先したら、ストーンブリッジの街が老紳士などに破壊され、冥界の入り口のある聖堂に行けなくなってしまったのだ。

そこで、破壊者の張本人である「老紳士」と対決することになる。

「老紳士」と戦うのは別の冥界の入り口・・・・ムービーで始まり「しつこいやつらめ・・・」と言われて直ぐに戦闘に入る。

最初は、カタリーナ・・・次にルーカス・・・そしてラインハント・・・・結構粘ったがどうしても全滅してしまう。
だが、その中でラインハントが一番粘ってくれる。

同時に、パワースフィアを初めて使い、自らのヘルスを回復する方法も初めて使った。

ここでの攻略方法は、実に単純だった。

中心にいる「老紳士」は、魔法でドーム状のバリヤーを作っているので、攻撃を行っても意味が無い。
戦場の周囲に、ロボットがわき出るポッドが現れるので、それをとにかくロボットの攻撃を避けるか逃げるなどで、ポッドを破壊する。

「老紳士」から火球が飛んでくるが、それほどのダメージは受けない。
それよりもたまに「老紳士」のステージから機械に向けて、また機械からステージに戻っていく電磁柱の方がダメージが大きいので、移動中にそれらに接触しないように気を付けよう。

機械の左右のポッドを破壊すると、中央の機械のバリヤーが無くなるので、今度はその機械を破壊する。
それらをとにかく繰り返して機械をいくつか破壊すると、仕舞いにポッドからロボットは出なくなる。
同時に「老紳士」のバリヤーが無くなり、ヘルスプログレスバーが現れるので、今度は中央ステージに向けて攻撃を行う。

戦いの途中で、自分が気絶したら連れが回復させてくれるのだが、その連れも相当ダメージを受けて気絶してしまう。
同時に二人とも気絶すれば死亡となり、ゲームオーバーだ。

連れのヘルスバーも気にしながら、また仕舞いには逆に連れを一切無視し、逃げて隙を見て破壊して・・・・・。
「老紳士」のバリヤーが解けたときに、連れが存命ならば、もう勝ったようなもの。
気絶していたら、とにかく最初に回復させることに専念する。

自分のヘルスがぎりぎりエンプティでも、優先して助け起こす。
息を吹き返してくれれば、今度は自分が気絶しても逆に助けてくれる。
それの方がヘルスの回復量が多いので、攻撃の時にうっかりダメージを受けても、今度は気絶に至らない。

二人して、ステージに向けて攻撃すると「老紳士」のヘルスはぐんぐん減り・・・突然ムービーになる。
「老紳士」は死なず、彼の素性とどのような関係かも判明する。

そして、同時にサイドクエストのいくつかも解決する。
また、女王の応援のためのクエスト遂行も可能となる。

ストーンブリッジの街では、何カ所もアイテムの売り買い出来る商店がある。
その中に「金文字」のアイテムも紛れて販売されされているのですかさずゲットしたい。

さて、冥界の道を通り、次のステージである「フロストスパイヤ山」にたどり着いた。
いくつか画面をキャプチャーしたので、マイフォトにアップした。

この時点でレベル20。

どこまで、アップできるか・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/08

キーボード

私が使用しているパソコンは、Core2Duo初期時代のiMacと、現在メインとなっているサンデーブリッジのiMac、そしてCore2Duo後期時代のMacBookProと、いずれもMacマシンである。

リビングには、WindowsXPマシンもあるが、Windows機はそれだけで、家族全員Macマシンである。
娘はMacBookProそのままなので、キーボードは別途使用していない。

家内は、Boot Campを利用しWindows7優先なのでWindowsキーボードを使用している。

私は、書斎にあるiMacには、元から付属のアップルキーボードをセットしてある。
そして、MacBookProは、仕事で事務所にて使用するときは、アップルワイヤレスキーボードを使用している。
また、メインのiMacも同様アップルワイヤレスキーボードを使用している。

さて、ゲームなどをするときはいずれもWindows(Mac用のゲームを所有していない)に切り替えて遊ぶのだが、キーボードのキーの位置がWindows用とは微妙では無く結構違うため、大いに戸惑う。
しかし、それらは逆に慣れもあるし、カスタム設定出来る場合は変更すればいい。

でも、プリントスクリーンが使えないのは痛かった。
大変便利なフリーソフトを紹介してもらって、結構重宝していたがついうっかりそのソフトを立ち上げるのを忘れてゲームを始めることがあり、不便は不便だった。

しかし、あるときアップルキーボードのプロパティにしっかりと「プリントスクリーン」コマンドが記載されていた。
「Shift+Fn+F11」を同時に・・・実際は記載したキー順に多少タイムラグを与えながら押せば、しっかりとゲームをキャプチャーしてくれる。

忙しいゲームの場合、いちいち押しているわけにはいかないが、それでも取りあえずは、ゲームの進行具合や、現在プレーしているダンジョンシージ3のキャラクターの容姿や様子、ステータスをブログに貼り付けたり出来るので、やはり画像として保存できるのと出来ないのでは大きな違いがある。

同じことでお困りの方は是非、お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

ダンジョンシージ3その後03

ストーンブリッジで受けたクエストやサイドクエストをこなすのに結構走り回らせられる。

書類を探して持ってきてとか、街の外の盗賊を退治してとか、壊れたロボットを破壊してくれなど・・・・

仕舞いには、ストライキを起こした工場の従業員を鎮圧してくれときた。

でも、どうやら一連の騒動にはどうも「老紳士」という犯罪者が絡んでいるようだ。
街に入った直ぐの大きな橋の欄干の幾つかに「指名手配書」が貼られていて、懸賞金が出ているらしい。

クエストの随所に騒動の原因が、老人とか、紳士とか言う人物が入れ知恵をして問題を発生させている。
たぶん、この後その老人を捕まえろというクエストが出るのだろうと想像している。

さて、相変わらずうっかり突っ込んでいってしまい、気絶を何度かしてしまった。
逆に初めて「カタリーナ」を気絶から復活させるケースもあった。

精霊形態時に償還させる犬みたいな動物と同じものが徒党を組んでやってきて、そこにのんびりと動く巨人が出てくる。
逃げても逃げても追いかけてくるので、少し逃げて攻撃する・・・を繰り返し、とにかく囲まれたりして逃げ場を失わないこと。
囲まれたら、炎の円陣で一気に焼き殺すという手しかない。

といってもなんだかんだと18レベルに上がった。

ストライキのサイドクエストは、戦いと同時にセーブポイントもアイテムも豊富にある。
一定の戦いが終了しないとセーブが効かない時もあったが、イージーモードのおかげで、アクション下手な私でも何とかこなしている。

さて、アイテムが潤沢に拾えるので、途中相当数処分しないと持ちきれない。

本来アイテムは、街の商人と売り買いするのだが、途中ではボックス内でお金に換えることが出来る。
その場合、商人に売るよりも少額になるらしいが、付加価値の低い「白文字」のアイテムを優先的に処分して、ボックスのスペースを空けている。

お金も40000Gを超えたので、街に戻ったらグッドなアイテムとチェンジしよう。

アイテムは、「白文字」「緑文字」「青文字」「金文字」とあり、耐性やスキルアップなどがバラエティだ。
ボックスは4人共有で、入手できるアイテムもそれを選択すると、対応するキャラクターの顔が表示される。

それぞれのキャラクターのボックスでは、選択できるアイテムのみがそれぞれの武具として表示され、現在装着している武具とチェンジしようかと仮選択している武具と耐性などの差違も含めた表示をするので選びやすい。

毒とか、吸血とかあるが、これらの耐性?は今後必要となるのだろうか。
たとえば、炎とか、雷や氷という耐性?もある。

装着した本人が、繰り出す攻撃にそれらの耐性がつくのか、相手からの攻撃でそれらに対し強くなるのか・・ほかのゲーム同様、武器には相手に対する効果がアップするのだろうし、防具はそれらから守る耐性が増すのだろうと思っているので、今後の敵キャラのパワーを見極めてもし、全滅した場合はいろいろ試してみよう。
戦ってみないと相手の能力は分からないし、戦いの最中は武具の交換が出来るのかどうか分からないし、夢中で戦って勝った場合はわざわざ交換する必要もないから、とにかく死んでしまったらにしようということ。

最初はたいしたアイテムはなかったが、気がつけば結構「金文字」のアイテムが増えた。
もちろん、あまり深く考えず、優先的にそれらを装着させている。
単純に、高額なアイテム(数字が表示されている)ほど、よりパワーがあると勝手に思っているので、そのようにしている。

でも、どのようなアイテムを装着しても、ディアブロなどのように見た目の変化がないので、少しその点が寂しい。
確かにブレードが燃えていたり、槍の先がトーチのようになったりするが、鎧などの見た目が変わらないので、場合によってはど派手に変化してほしいと思っている。

さて、もう少しで20レベル。

がんばろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/06

ダンジョンシージ3その後02

ストーンブリッジの街を散策する。

でも、マップが広いと言っても、いくことが出来るのはわずかで、民家の中に入るなどの寄り道的要素は無い。
すれ違う大勢の住民との会話も全くない。

従って、クエストに関係する住人か、アイテムを売り買いする商人のみとの会話となっている。
・・・・一部、一方的なつぶやきみたいなものはあるが・・・

なお、この街で受けるサイドクエストはとても数がある。
ただし、同じ場所で平行しながらと言うものもあり、どれがどのサイドクエストなのか分からなくなる場合があるので、時折進行表をチェックしながら進めよう。

途中で「あれ?」という間に、仲間の中に「ラインハルト」という魔法使いが現れていた。
このゲームは、DS1やDS2と違い、自分ともう一人しかペアで進められない。
従って、それ以外のキャラクターはボックスに眠ったままになり、ケースに応じてチェンジすると言うことになる。
この「ラインハート」は「ルーカス」や「カタリーナ」そして現在自分の分身である「アンジャリ」同様ゲームスタートで選択できるキャラクターの一人だ。

ボックスをチェックしていて、いつの間にか仲間になっているのに気がついた。
聖堂の地下で、少し遊んでみようと選択して見たら、見事に初の全滅・・・に至ってしまった。

すかさず、リロードして既に彼用にゲットしていたアイテムを与え、パワー強化してその場を切り抜けたが・・・・

現在こなしたクエストと、進行中のクエスト画像をマイフォトにアップしたので、ご参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/04

ダンジョンシージ3その後01

Screenshot_20110804_212531

ストーンブリッジという街にたどり着いた。

途中、沼地に入り込み、二つのサイドクエストと中ボスの戦いに遭遇。
何とかクリアし、レベル14まで引き上げた。

こなしたサイドクエストは

「沼地をさまよって」
「宣教師の頼みごと」

沼の雰囲気はとにかく臭ってきそうなこと。

Screenshot_20110804_203016


ストーンブリッジの街に入ってみると、結構マップが広そう。

Screenshot_20110804_212548


大勢の人とすれ違うけれど、クエストは発生しない。
でも、もっと動き回れば何か、言いつけられるに違いない。

取りあえず、街の端緒に着いたところでセーブ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/02

ダンジョンシージ3その後

幾つかのボス戦をくぐり抜け、再び「騎士団の集会所」に戻って「オード」という戦士をまとめている老騎士に近況報告を行い、再び旅立たった。
そして、壊れていた橋を渡ったところで、「カタリーナ」(ゲームを始めるときに選択できるキャラクターの一人)と出会う。
仲間に入れることになるが、既に同伴の「ルーカス」とどちらかを選ばなければならない。
当初、DS2の様にぞろぞろと大人数で旅が出来るのかと思ったが、どうやらお供は一人しか選べないようだ。
ここからは趣向を変え、新鮮な気持ちで、「カタリーナ」を選択した。

これから、次の村「ストーンブリッジ」に向かうのだが、途中「沼地の野営地」に到着。
この時点で「レベル12」に達していた。
ここまで、こなしたサイドクエストは、

失われた系譜
不運な商人
強情な魂
ガンデリック邸
残った疑問
お気に入りの釣り場
雲隠れ
とっておきの宝物
未亡人の復讐
古の英雄たち


このゲームは「行かなくてもいい場所」というところが幾つか存在し、お宝があるらしい。
といっても、あちらこちらに散らばるアイテムと同じらしいが、多少値打ちのあるものかもしれないので残らずゲットしたいと思っている。

アンジャリは、近接攻撃では槍を振り回し戦うのだが、どうしても大ぶりのため、このゲーム特有の集団で囲もうとすることに任せて、その集団に飛び込もうなら、雑魚クラスでもあっという間にライフが減る。
従って、アンジャリのブロック(前転乖離)ですかさず逃げて一定の間隔か、敵を拡散させて攻撃する。
人間形態と精霊形態にうまく切り替え、精霊形態では遠隔攻撃と、犬と狐の混血みたいな動物を召喚し人間形態では時折槍を投げて、とにかくじっくりと時間をかけて戦うのがいいようだ。

出てくるボスも、雑魚を召喚し繰り出してくるが、ボスを中心に攻撃を加え、同伴するルーカスにある部分任せ、背面からボスをじっくりと攻撃し敵のライフを減らしていく。
なお、「カタリーナ」との同伴攻撃の経験が少ないのでどうか分からないが、彼女は銃撃でアンジャリの後方より攻撃するタイプのようで、「ルーカス」の場合と違う攻撃方法をとらないといけないようだ。

さて話は戻って、最初のころは、攻撃はしゃにむに突っ込んでいったので、幾度か気絶してしまったが、ルーカスの手助けで息を吹き返し、要領が分かってくると、ほとんどヘルスを減らすことなく敵を攻略できると思う。

なお、これからの敵は今まで通り行かないのがぞろぞろ出てくるだろうから、とにかく相手の弱点を見つけて存分に楽しみながら進めたい。

今は、仕事が佳境で週末ゲーマーだが、それはそれで永く楽しめるからいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/01

MacX DVD Ripper Pro

しばらく前に、表題のソフトウェアを無料でダウンロードしているのをすっかり忘れていた。

一定の期間限定で、本来有料ソフトらしいのだが無料でダウンロードできた。
別にライセンスキーも入手していたので、直ぐにも使用できる状態だったが、Windows用に各種動画エンコードソフトは使い分けていることもあり、簡単に言えばそれほど重要とは考えていなかった。

しかし、MacOSXで新しいOSがリリースされたこと、Windows7が不調でWindowsを使う機会が少なかったことを合わせ、思い出したようにMacX DVD Ripper Proを使ってみて、このソフトの優秀さに感激した。

バージョンは3.0。

全て英語だが、多少英文を読めることと、エンコードの理屈を少しでも理解している方なら直ぐに操作できる。
私は、DVD映画などをiPodTouch用に20〜30分ほどでエンコードしてTunesに登録して楽しんでいる。

なお、DVDコピーは、それも簡単に行えるが、オリジナルの容量のみのリッピングで、圧縮状態(4.7Gb)にすることは出来ないみたい(出来るのかどうかは分からなかった)

話は変わるが、MacOSX10.7「Lion」のクイックタイムXなのだが、MacOSX10.6の時と仕様が違っている。
旧クイックタイムXは、MOVファイルをiPhone用などにエンコードする場合、エンコード形式は1種類しか無かったのでそれを選べば、iPodTouch 2GでもiPodTouch4Gでも同一で再生できた。

ところが、新クイックタイムはiPodTouch及びiPhpne3GSとiPhone4及びアップルTVやiPadとに分かれてしまったのだ。
しかもiPodTouchと言いながら、iPodTouch3Gでは再生するがiPodTouch2Gでは再生しないのだ。
データの詳細を覗くと変換後のビットレートが高いため、2Gでは再生できないことが分かる。

仮にiPodTouch2Gで楽しむためには、iTunes上で変換しなければならない。
でも、iTunesでの変換ってすごく時間が掛かるのと一度に1ソフトしか変換出来ないので、出来れば行いたくない・・・・クイックタイムXは複数同時変換が出来る。

まぁ、寝る前に変換する予定ファイルを全てiTunesに登録して、対象ファイルを選択し変換指令を出しておけば勝手に寝ている間に順番にエンコードしてくれるので、そのような方法なら世話は無いのだが・・・・。

Windowsで動画のエンコードを主に行うときは、まずDVD映画のバックアップを対象としてリッピングを行う。
元のDVDは傷を付けたくないので、それっきりで保存。
TV観賞用に、4.7Gbに収まるように圧縮コピー(メニューや不要な字幕、言語は削除)。
リッピングしたオリジナル容量のデータを使用してMP4形式(アップルTV用)に変換。
Windowsでの操作はここまで。

最後は動画を管理しているのはMac側なので、そちらにMP4形式データを移動して、iTunesに登録する前にクイックタイムXでiPodTouch用にM4V形式に変換して、全てのiPodTouch(2G~4G)で視聴が可能にしていた。

話は戻り、MacX DVD Ripper Proを使えば、本当に短時間でDVDからどのiPodTouchでも再生できる形式にエンコードできるし、とにかく高速でエンコードできるので、複数同時変換できなくても気にならない。

後はオリジナル容量(8Gb)クラスのDVDデータを圧縮(4.7Gb)に圧縮してくれる使い勝手のいいソフトウェアを見つければ、今後Windowsで作業することが減る。

さて、探しにググってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »