« iMacと地デジチューナー | トップページ | ダンジョンシージ3 2周目も終了 »

2011/09/26

HP製プリンター届く

4000円を切る価格(楽天ポイントで400点ほど使ったが)で購入したHP製プリンター「B110a」。

2営業日をまたいで、無事に届いた。

開墾して驚いたのは、電源とUSBケーブルを入れるための不織布ケースが付属していた。
更にプリンター本体を持ち歩く(移動する?)ための同じ不織布製の手提げバッグに包まれてプリンター本体が現れた。
不織布と言っても、黒を基調とした褐色のデザインを施した少しリッチなものだ。
こういうのは初めてで、結構いい感じ。

プリンター本体の質感は、キャノンやエプソンと比べると・・・・でも、価格以上であることは確か。
なお、印刷物「説明書など」は質素なものだが、必要十分の内容で、PDFマニュアルがホームページからしっかりダウンロード出来るので同梱不要。

さて、移送用テープや、インクホルダー内の不要物を取り外し、電源を入れる。
カバーをあげて、インクをセットする。
インクなどの初期ウォーミングアップが、小さいが十分な大きさのモニターに残り時間と共にアナウンスされる。

準備が出来たら、最初にテスト印刷が自動的に行われ、更にスキャナーのキャリブレーションを行うため、排出された印刷物をガラス面に載せてOKボタンを押す。
そして使用できる準備が整ったと表示される。

箱から取り出してここまで、約10分。

次にネットワークの設定。
無線LANなので、SSIDを検索させる。
WPS設定も出来るのだが、通常の方法でパスフレーズを打ち込む。
何のトラブルも無くセットアップ完了。

早速iPodTouchからAirPrintを利用して印刷を行ってみた。
いい感じ・・・・ただ、全体的に写真画質は暗めに出る・・・ハイライトが弱いのかな。

次にMacOSX10.7「Lion」の設定。

iMacのシステム環境設定からプリントとスキャンを選択し、プリンターの追加を行うと、自動的にHPプリンターが現れるので、それを選択してクリック一発。

OSのアップデートで既に該当プリンターのドライバーがセットされているため、スキャナーも同時に組み込まれる。
実に楽ちんだ。
仮にOSに無くても勝手にダウンロードして組み込んでくれる。
付属のCDにもMacOSX10.7のドライバーは無いので、上記方法で全て行う。

印刷速度も速い。
音はそれなりに・・・振動もそれなりに・・・でも、少し前のプリンターから比べればいい方だと思うので価格と照らし合わせ、それを上回る性能だと思う。

スキャナーはOS付属の「イメージキャプチャー」を利用する。
これは、ブラザー製マイミーヨと一緒。

さて、Windows7では付属のCDもいいのだろうけれど、HPのホームページから最新のものをダウンロードしてセットアップした。
途中USBか無線LANかの選択と、プリンターの選択があったが、それ以外は全て自動だ。

MacOSXと違いWindowsのユーティリティはバラエティだ。
エラーが出た場合は、Windows側で、キャリブレーションなどを行った方が楽そうだ。

さて、インクのフルセットがアマゾンで3100円ほどだ。
プリンター代とあまり変わらないので、使い捨てプリンターと揶揄されることがあるが、どっこい、結構いい線行っているプリンターと思う。
インクカートリッジにチップなどがないので、インク充填で済みそうなので、ここでも経済的かもしれない。

取りあえずは、壊れるまで使い続けよう。
故障した場合、保証期間を過ぎたら新しく買えば・・・・そうか、だから使い捨てと言われるのかも。

まぁ、とほほが発生したら改めてここに記したい。

|

« iMacと地デジチューナー | トップページ | ダンジョンシージ3 2周目も終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP製プリンター届く:

« iMacと地デジチューナー | トップページ | ダンジョンシージ3 2周目も終了 »