« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/29

鳩と雀

国際展示場、通称「東京ビッグサイト」は西展示場と東展示場があり、大規模な展示会がある場合は東側で行うことが多い。
そのため、駐車場も必然的に東展示場の方に集中する訳だが、癌研有明病院が開業し東京臨海広域防災公園が整備されたのを切っ掛けに、広域駐車場が無くなったために有名なイベント時には少し早めに出かけないと、駐車するのに苦労することが多くなった。

最近、利用することが多くなったのは、有明駅前から国際展示場駅のロータリーに入るための信号を曲がって直ぐ角の駐車場だ。
展示場までは一歩きあるので不便と感じる利用者が多いらしく、私的には結構穴場と思っている。

今日は天気がよかったので、国際展示場駅の脇にあるコンビニエンスストアでお弁当を購入し、駅から展示場まで一直線に続く「イーストプロムナード」という広い歩道の両脇に並ぶベンチに腰掛け、昼食をとった。

えさをもらい慣れている鳩が何十羽と集まってくる。
首を長くし、手の届く位置まで平気で寄ってくるのだ。

気を付けなければならないのは、鳩には病原菌を持っていることが多く、感染すると「オウム病」となり発病すると結構やっかいだ。

天気のよい日のベンチ弁当もいいかなと思って腰掛けたのだが、さすがに鳩のことは計算に入れていなかった。
仕方が無いので、弁当とは別に購入した菓子パンをかなり離れた場所に放り投げて、近くに寄らないようにした。

幸い、隣のベンチの方にすり寄ってひとかたまりになってくれたので、その隙に黙々と弁当を平らげた。

ふと見ると、群れから離れた二羽の鳩が近づかず離れずの位置でうろうろしている。
こっちに来られては困るので、パンを小さくして投げたところ、その鳩がついばもうとしたとたん、雀が一瞬のうちに持って行ってしまった。
まさに鳩のくちばしがパンに届くか届かないかの瞬間のことである。

鳩の要領が悪いのか、雀が賢いのか。
いや、だめ鳩なので群れでの闘いに敗れ、はぐれさまよう鳩になっているのだろう。

まさに人間社会をそこに見ているようで、少しその鳩に同情しそうになったので、雀にとられないようにその鳩のそばに残りにパンを投げた。

そして・・・・・・・雀が持って行ってしまった。

天気がよく、青い空と涼しい風、薄い木陰。

季節は秋だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/28

BUFFALO ノートPC用増設メモリ DDR3-1066 

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/Eというメモリーをオーダーした。

Mac対応と謳うバッファロー製メモリーは優に1万円を越えるが、この製品は5500円ほど。

念のため口コミを覗いてみると、そのほとんどがMac製システムに使用するために購入し、1件ほどが不具合が出ている以外は全て問題なく認識し使用できているという。

その1件も、二つのバンクの内、片方で認識しないと言うことのようだ。
まぁ、あくまでも自己責任となるが、私のMacBookPro(Core2Duo)用に購入した。
といっても、届くのは10月中旬とのこと、まだ先の話だ。

現在、4Gb(2Gb×2枚)の構成だが、これを8Gb構成に変更する。
そして、取り外したメモリーは、家内のMacminiにセットアップする。

家内のメモリーは、システム標準の2Gb(1Gb×2枚)のため、Windows7 32bitの動作が重い。
家内は、Macを使用せずWindowsオンリーであり、64bitでは起動しない愛用のアプリケーションもあるため32bitから変えられない。

そのため、4Gbなどにメモリーを増設しても1G bは無駄になるが、3Gb動作であっても2Gbよりはいいだろう。

と言う計算で、MacBookProを4Gbから8Gbにアップし、Mac純正のMacにセットしてある4Gbにメモリーを家内のMacMiniにセットするという計画を立て、購入に踏み切った。

二階にあるiMac(2007)は、同じCore2Duoでも初期型なので、メモリー規格はDDR2・・・しかも最大4Gbまでであり、すでにフルに装備してある。

MacBookProも8Gbが最高なので、フルになる予定だ。
いずれ、家内もMacOSX(こちらは既に64Bit)とWindows7共に64Bitになった場合は、メモリーの増設を再実行しよう。

さて、DDR3-10661Gb×2枚が余る。

情報では、現在私のメインマシンであるiMac(2011)はDDR3-1333だが、1066との混在も使用可能とあるらしい。
現在、4Gb×2枚だが、後2バンク空いているので、そこに増設してみようと考えている。

何ら問題が無ければそのまま使用して無駄をなくし、問題があれば倉庫に入れよう。
現時点で、8Gbメモリーで困ることは少ない。
でも、大きな画面に画像を多く並べると時折スワップが発生する。

滅多にそのような作業は行わないが、メモリーは目一杯ある方がいい。
高速にするにはSSDがいいのだが、iMacの換装は無理なので、メモリーで多少カバーするしか方法が無い。

ま、2Gbがだめならば、DDR3-1333はバッファロー製4Gb×2枚組でMac対応とある製品がこちらはなぜか5000円ほどでアマゾンにあるので、改めてそれを購入しようかと狙っている。

いずれにせよ、メモリーが届き次第、体験を記したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/27

ダンジョンシージ3 2周目も終了

Photo

比較的ゆったりと攻略できた。

内容を把握しているからだが、このゲームはそれほど難しいものではないし、チームが全滅することはまず無い。

つまり、自分が気絶しても連れが助けてくれるので、安心して攻撃と守備をこなせばいい。


Photo_2

最後のボスも、攻略方法を把握してしまえば、簡単に終えてしまう。
途中の老紳士との闘いのほうがむしろ大変だった。


さて、3週目には今度は飛び道具では無く、剣士で行こうと意気込んだが、序盤に潜る洞窟の奥にいる、魔法使いの婆(最初のボス)が倒せない。

雑魚に囲まれて、直ぐにステータスを食われてしまう。
なんとか乖離で逃げ回り、婆に近づいて攻撃を加えるのだが、ワープなどするのでなかなか攻撃できない。

そうこうするうちにやられてしまう。

この時点ではまだ連れがいないので、倒れても助けてくれるわけではないから、気絶ではなく死である。

10回くらいチャレンジしたが、いい加減嫌気がさしたので、ここはスパッと初期化してしまった。
やはり、ゲームはスカッとしないといけない。

・・・・・・というよりも2周も回ると飽きが来るからね。

3周目は、どうやら落としているサイドクエストを探さないいけないし、本は60冊以上を見つけたようだが、まだありそうだし・・・・・

と言う大義があるので、もたもたしたくは無い。

再びアンジャラに乗り移り、三週目に入った。
まぁ、ぽちぽち行きますか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/26

HP製プリンター届く

4000円を切る価格(楽天ポイントで400点ほど使ったが)で購入したHP製プリンター「B110a」。

2営業日をまたいで、無事に届いた。

開墾して驚いたのは、電源とUSBケーブルを入れるための不織布ケースが付属していた。
更にプリンター本体を持ち歩く(移動する?)ための同じ不織布製の手提げバッグに包まれてプリンター本体が現れた。
不織布と言っても、黒を基調とした褐色のデザインを施した少しリッチなものだ。
こういうのは初めてで、結構いい感じ。

プリンター本体の質感は、キャノンやエプソンと比べると・・・・でも、価格以上であることは確か。
なお、印刷物「説明書など」は質素なものだが、必要十分の内容で、PDFマニュアルがホームページからしっかりダウンロード出来るので同梱不要。

さて、移送用テープや、インクホルダー内の不要物を取り外し、電源を入れる。
カバーをあげて、インクをセットする。
インクなどの初期ウォーミングアップが、小さいが十分な大きさのモニターに残り時間と共にアナウンスされる。

準備が出来たら、最初にテスト印刷が自動的に行われ、更にスキャナーのキャリブレーションを行うため、排出された印刷物をガラス面に載せてOKボタンを押す。
そして使用できる準備が整ったと表示される。

箱から取り出してここまで、約10分。

次にネットワークの設定。
無線LANなので、SSIDを検索させる。
WPS設定も出来るのだが、通常の方法でパスフレーズを打ち込む。
何のトラブルも無くセットアップ完了。

早速iPodTouchからAirPrintを利用して印刷を行ってみた。
いい感じ・・・・ただ、全体的に写真画質は暗めに出る・・・ハイライトが弱いのかな。

次にMacOSX10.7「Lion」の設定。

iMacのシステム環境設定からプリントとスキャンを選択し、プリンターの追加を行うと、自動的にHPプリンターが現れるので、それを選択してクリック一発。

OSのアップデートで既に該当プリンターのドライバーがセットされているため、スキャナーも同時に組み込まれる。
実に楽ちんだ。
仮にOSに無くても勝手にダウンロードして組み込んでくれる。
付属のCDにもMacOSX10.7のドライバーは無いので、上記方法で全て行う。

印刷速度も速い。
音はそれなりに・・・振動もそれなりに・・・でも、少し前のプリンターから比べればいい方だと思うので価格と照らし合わせ、それを上回る性能だと思う。

スキャナーはOS付属の「イメージキャプチャー」を利用する。
これは、ブラザー製マイミーヨと一緒。

さて、Windows7では付属のCDもいいのだろうけれど、HPのホームページから最新のものをダウンロードしてセットアップした。
途中USBか無線LANかの選択と、プリンターの選択があったが、それ以外は全て自動だ。

MacOSXと違いWindowsのユーティリティはバラエティだ。
エラーが出た場合は、Windows側で、キャリブレーションなどを行った方が楽そうだ。

さて、インクのフルセットがアマゾンで3100円ほどだ。
プリンター代とあまり変わらないので、使い捨てプリンターと揶揄されることがあるが、どっこい、結構いい線行っているプリンターと思う。
インクカートリッジにチップなどがないので、インク充填で済みそうなので、ここでも経済的かもしれない。

取りあえずは、壊れるまで使い続けよう。
故障した場合、保証期間を過ぎたら新しく買えば・・・・そうか、だから使い捨てと言われるのかも。

まぁ、とほほが発生したら改めてここに記したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/25

iMacと地デジチューナー

地デジチューナーで格闘した話の続き・・・・・・

iMac(2011)のBootCamp環境下のWindows7で、地デジチューナーが使用できなくなったので、それじゃとMacOSX用のはどうかと調べてみたところ、アイオーデータとピクセラというメーカー製とあとは不思議なメーカー製位しか無かった。

いずれもWindows向けとは機能的に大きな違いがあり、金額も高い。

パソコンショップでアイオーデータのMVPシリーズはATI Radeon4000〜6000番台(iMac2001はATI RadeonHD6770M)の一部で未対応なので注意!1と言う張り紙を観て、スコン・・・とあきらめてしまったのだが、つい先ほどまでそう思い込んでいた。

ところが、どうやらそうでは無いような情報が入ってきた!!

Mac用が無ければやはりWindows用でどうだろうかと思い、口コミでiMac2011 のBootCamp環境下でも使えそうなUSB接続地デジチューナーをググってみたら・・・・・・

http://d.hatena.ne.jp/z3100/20110821/1313899100

上記では、私と同じ問題を抱えているようで・・・その答えらしき情報が

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10094988?start=0&tstart=0

にあった。

つまり、BootCampの仕様に問題があるらしく、アップルでは早急に改善すると回答を行っているようだ。
まぁ、気長に待つことにしよう。
それに、慌てて地デジチューナーを新しく購入しなくてよかった。

再びとほほになるところだった(ほ!

・・・・・・・ちなみに不思議なメーカー製は、HDCPをスキップするらしい、つまりこれは視聴が可能だという。
なお、B-CASカードは付属しないのと、それなりに上級者的な部分もあるので、私的には対象外としている。
ご興味のある方はググられたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/24

ポケット無線ルーター

プラネックス製のポケットルーターは結構重宝していた。

娘も北海道の普通免許取得のための自動車学校合宿ではホテルで活躍したのだが、電源の差し込み口が緩くなり直ぐに抜けてしまうようになった。

そんな時、親戚でネットワークを無線化したいと言う話を聞いていて、簡単に設定できると言うことを見せるために持って行ったのだが、設置して・・・・・そのまま居着いてしまったようだ。

といっても、電源が抜けやすいのでセロファンテープでしっかりと固定しておいたのだが・・・・。

今回、長期出張を目前とし、更にホテルにiMacなどを持ち込むことにしていることから、改めてポケットルーターを買い求めた。

今回はロジテック製「LAN-W150N/PRシリーズのうち、USBケーブルで給電するタイプを求めた。
専用のコンセントなどに接続する電源ケーブルは無く、パソコンのUSBポートに接続して給電するのだが、USBポートが付いているコンセントタップでも使用できる。

iPodTouchなどを充電するときに使用する電源ももちろん使用できるので、余分な電源ケーブルを持たなくてすむ設計となっている。

ルーターモードとAPモードはルーターにパソコンからアクセスして切り替えるタイプなので、最初は戸惑うかもしれないが、出来れば外部切り替えスイッチはほしいかな・・・。

なお、プラネックス製と違い、最初からWPAが標準であり、製品に接続キーが記載されているから説明書なしで直ぐに使用できる。
なお、私は私風に直ぐに設定を変えたが。
特にルータのアクセスパスワードは必ず変更しておきたい。

製品を知っている方が、SSIDを見れば直ぐに初期パスワードを見破る可能性があるので、出来れば初期設定を全く違うように変更した方が安全であろう。

この製品には専用のポーチが付属されていて、その中に本体とミニUSB端子で接続するUSBケーブルを入れるようになっている。
このケーブルは、一般に市販されているか、他の小型の機器にセットされているケーブルと同じなので、仮に無くしても他を代用できる安心設計となっている。

さて、今回の出張ではホテルでiMac以外にMacBookProとiPodTouch、そして無線プリンターも持ち込むことにしている。
実験で得たデータなどを紙に出力する必要がある。
現場にまとめを報告するのは取りあえず紙なのである。

後日まとめたものは、映像や画像と一緒にデジタルファイルでいいのだが、取りあえずは紙が指定されているので、今回はプリンターを持って行く。

・・・・と言うこともあり、急遽購入した。

わが家のプリンターはCanon製が壊れ、ブラザー製が1台でがんばっているのだが、現在Canon、Epson、そしてブラザー製のどれかで検討をしている最中だ。
わが家の標準として使用する予定のプリンターなのでCDレーベル印刷が必須だ。

だが、それ以外で、私専用のプリンターもほしいと思っていたのでこの際と思い・・・・思うほどの製品ではないが、巷で使い捨てプリンターと言われている割に評価の高いHP製B110aを手配した。
アップルサイトで10000円だが、楽天で5000円を割っていた。
昨年8月リリース品で楽天ポイントを使って3900円(送料込み)ほどで購入した。

なお、アマゾンでプリンターのインクが3200円ほどだった。
なるほど、使い捨てプリンターと言われるのはこのことからなのかもしれない。

だが、無線LAN機能(もちろんUSB接続も出来る)、スキャナーとコピー機能、そしてAirPrint機能に対応しているので、iPodTouchなどから直接印刷を行うことが出来るなど実に多彩なプリンターなのである。
なにせ、アップスがサイトで販売していることもあり、Macとの相性もいいに違いない。

話はプリンターに行ってしまったが、この様に今回は無線で接続する機器が多い。
と言うことで、ポケットルーターが今回は大活躍しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/23

BootCamp

アイオーデータ製USB接続式の地デジチューナーが、新しいiMacでは起動しない話をしばらく前に記したことがある。
結局、旧iMacにセットアップしたが、こちらでは問題なく起動していた。

ところが最近、どうも具合がよくない。
視聴や録画に問題は無いが、iPodTouchのムーブがうまくいかない。
二階に設置しているために無線LAN環境が悪いのかと思ったが、元々は問題が無かったし、Windowsのアップデートを行ってからとしか、思い当たらない。

そこで潔く、一階に設置してあるWindowsXPマシンに接続した。
結果的には何ら問題なく、本来の転送速度でiPodTouchにムーブできた。

さて、ここからが今回のポイント。

このWindowsXPマシンこと夏子1号には、バッファロー製の少し古いが一応Windows7(32ビット)対応のドライバーなどがリリースされた地デジチューナーをセットしていた。
Windows7がリリースされた当時は、もちろん対応していなかったし64ビットには対応しないとアナウンスされていたので、速やかに今のアイオーデータ製を購入したいきさつがある。

今回、アイオー製を夏子に設置したので、二階にあるiMacに取り付けるべく、段取りとしてWindows7(64ビット)をiMacから削除してWindows7(32ビット)をインストールし直した。

Mac側で一旦ブートキャンプユーティリティを使用してBootCamp領域を削除し、改めてセットし直す。
今回は、単純にテレビ視聴と一時的にテレビ録画が出来ればいいので40Gbを割り当てWindows7のインストールを行った。
簡単な作業故、ただ時間に任せるだけ。

Windowsを立ち上げBootCamp設定を行ってWindowsのアップデートを終えたのち、バッファロー製地デジチューナーをセットアップし、アンテナ受信状態などチャネル設定を終えてチューナーを起動した。
・・・・・・・・ファイルが壊れて起動できないというアナウンス・・・・・
ベータ版のアップデートも出ていたのでそれも試したが結果は同じ・・・・・

もともとこのチューナーはWindows7環境下で一度も使用したことが無い。
そこで、ここはWindows7はさっさとあきらめ、本来WindowsVistaでは使用できていた訳なのでと言うことで、再びブートキャンプユーティリティを使用してWindowsを削除し、今度はWindowsVista(32ビット)をセットアップすることにした。

さて、Mac側はMacOSX10.7「Lion」である。
多くの雑誌では、Lion環境ではWindows7以外、BootCamp領域にインストールが出来ないと言っている。
実際、確かにその通りだ。
Lionからブートキャンプユーティリティを使用してBootCamp設定用プログラムをダウンロードしてDVD-RやCD-Rに焼き込んだものを、Windowsセットアップ後にそれを使用してドライバーなどを組み込むわけだが、これはWindows7専用であり、そのほかのバージョンでは組み込めない。

アップルのサイトにアップされているプログラムは全てアップデートなので、メディアやUSBメモリーに組み込んだ元のプログラムが既にインストールされていないとインストール時点ではねられる。

私の場合、最初のiMacの初期OSはMacOSX10.4だった。
直ぐにMacOSX10.5(レパード)にアップグレードしたが、確かこのバージョンからだったか次のMacOSX10.6(スノーレパード)から正式にBootCampがOSでサポートされたと記憶している。

いずれにしても歴代のOSを購入しているので、今回はMacOSX10.6(スノーレパード)のパッケージ版を使用してBootCamp設定を行うことにした。

少しお遊びで、WindowsVistaをインストールする前にWindowsXPを試してみたのだが、Windowsファイルのインストール途中で強制終了してしまう。
何度か試してみたが、結局インストール出来なかったのでこれはあきらめた。

・・・・バッファロー製地デジチューナーが販売された当時、WindowsXP用としてリリースされたいきさつがあり、これが一番安定していると踏んで無事にWindowsXPがセットアップできればなぁと思ったのだけれどね・・・・・

さて、WindowsVistaのインストールが終わり、BootCamp設定前にWindowsアップデートを済ませようと始めたのだが、考えたら今回使用したOSは初期バージョンなのでサービスパック1さえ適応されていない。
そのため、延々4時間のアップデート・・・・・・・・

もう、面倒なのでチューナーなんていいや・・・と思い始めた頃、何とか終了し、MacOSX10.6(スノーレパード)のインストールメディアをドライブに挿入すると、ちゃんとBootCampセットアップがは始まり、無事にBootCamp設定も終えて・・・これでようやくテレビチューナーに郁蔵・・いや行くぞう(へろへろ)と意気込んでセットアップしたのだが・・・・・。

結果。

TVが認識されません。
ベータ版のアップデータを当ててみたら・・・ファイルが壊れて起動できないとWindows7時点と同じ。

まぁいいや。
でも折角苦労してインストールしたWindowsVistaなので、これはこれでそのままにしておこう。

何のためにもならない一日だった。

バッファロー製の地デジチューナーはもういいや・・・・・。ふぅ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/19

プリンター

我が家では2台のプリンターが稼働している・・・していた。

1台は、ブラザーのマイミーヨと言う機種で、これ1台で子機付き電話、FAX、プリンター&スキャナー、無線LAN機能、インクジェットプリンターと言う非常に多機能なプリンターだ。
Windowsパソコン(Macでは機能制限がある)であれば、パソコンでFAXの送受が可能であり、プリンターの内部設定をパソコン側で管理することも出来て、印刷スピードなどを除けば業務用プリンターに決して負けない機能を有する。

現在我が家では、電話回線場所までLANケーブルを壁内を通して用意してあるので、有線LANで接続してあるが、CDーROM一枚でネットワーク設定も全て行ってくれる簡易さから(Windows/Mac共に)、もう1台ほしいなと思うくらい多機能な割に低価格で優秀なプリンターだと思っている。
強いて問題を言えば、セットできるコピー用紙の枚数がキヤノン製などに比べれば少ないという点かもしれない。
でも、一般家庭ではそれほど多い枚数を消費しないだろうから、十分と言えば十分だろうけれどね。

さて、もう1台のプリンターはキヤノン製のMP600と言う数年前に購入した製品だ。
我が家はDVDなどの制作が結構多い方だと思うので、レーベル印刷は欠かせない機能だ。
娘の受験時にこのプリンターから印刷排出された印刷物の枚数は、数千枚に及ぶ。

大学の過去問題などを本で購入すれば目の玉が飛び出るほどの金額だし、手に入りにくい本もある。
そこで、インターネットで合法的に手に入るPDFファイルを印刷することになる。

時間は掛かるが、結果的に本を購入するよりは遙かに安いが、それよりもプリンターがよくぞ耐えてくれたと思う。
購入時に5年保証を付けていたおかげで3年目くらいに発生したCDレーベル印刷不具合を無料修理してもらったが、それ以外は故障など一切しなかった。

紙詰まりも最近は数えることが出来る程度で発生したが、過去に裏面の排紙カバーを開けたことがなかった。
印刷かすれも不満など出ないレベルで、いいプリンターに当たったと思っていた。
しかし、ついにある日突然電源ボタンを入れてもうんともすんとも言わなくなった。

分解して、基盤やら電源周辺やら見てみたが、原因は分からない。
長年愛用した機種だが、逝くときはあっけなかった。
本当にありがとう・・・・・・・。

我が家にマイミーヨが来る前は、FAXはカーボン印刷タイプだった。
今時珍しいくらい長く使っていた。
ロール状のカーボンインクも入手が難しく、たまにしか使用しないからとロールが無くなると巻き直して、もう一度使うということを繰り返していた。
その頃、長年愛用していたエプソン製プリンターがいよいよ不調期を迎えていた。

このエプソン製プリンターは、インクかすれ、紙詰まりは年中行事で数日間使用しなかった場合、まずクリーニングが初期儀式として待っていた。
だが、印刷発色はキャノンより遙かに美しく、その点はすごく気に入っていたので、ごまかしながらも愛用し続けていた。

だが、ついにご臨終となったので、買い換え時にFAXも同時に行うのも大変なことからマイミーヨを選んだいきさつがある。

プリンターはいろいろな面から欠かせないアイテムだと思う。
そのため、必ず2台体制をとってきたが、キャノンが飛んだ以上、早急に手当をしなければならない。
ちょうど時期は2011年秋モデルが各社から販売されたばかり。

キヤノン製を見てみれば、形こそ四角くなったが構造や使い勝手は今までのプリンターとそれほど変わらない。
無線LAN対応なので場所も選ばないと思うし・・・・
エプソン製は昔の記憶があり、一種のトラウマになっている。
私はいいが、家族が使うとなれば、面倒な儀式は困る。

キャノンとエプソンを比べた場合、質感はキャノンに軍配が上がる。
ただし、給紙が全面背面のキヤノン製と二段全面式のエプソンでは全面のみの方が格段に使い勝手はいい。

そんな時に、ブラザー製マイミーヨの新機種にCDレーベル印刷機能が付加されたタイプが販売されたという。
現在我が家に設置されている機種から、FAXと電話機能を省き、CDレーベル印刷できるようにしただけのタイプだが、またまた20000円(現在価格ドットコムでの最安値販売価格)程で入手できるようだ。

ブラザー初のCDレーベル印刷機能と言うことで、他社に比べてどれほどのものかは気になるが、検討の対象にしている。
なお、情報ではCDレーベル印刷用のトレーが、印刷時に一部背面に飛び出るため、同機能を使用する場合は背面と壁面に多少の空間を空けておこなければならないらしい。
この点は、将来的な課題となるだろう。

だが、ブラザーのプリンターは結構高評価を受けているし、実際我が家でも困ったことはない。
紙詰まりが一度あったことくらい。

なお、キヤノン製に比べるとA4テキスト印刷の速度は遅い。
私は気にならないが、娘は変なところでせっかちらしく、その点をぶつぶつ言っている。

今日、プリンターの下見に行ったが、ブラザーのみヤマダ電機や小島電気にはなかった。
ブラザーのコーナーはあるが、まだ新機種が届いていないのだろう。

いずれにしても、現物を見ないことには・・・と言うのが私の主義なので、購入は早めがいいと思っていても慌てないことにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/18

出張近し

予定では、9月30日に出発し、10月16日に帰宅の予定だった。
もちろん、宿泊もそのつもりで予約を取ってある。

これは、Eディフェンス耐震実験という、国家プロジェクトの一つで、首都圏直下地震被害の予防を目的とした、大がかりな事業だ。

実験に際し、前準備があり、設置された試験体などが予定通り施工されているかどうかの点検日が定かではなかった。
ようやく日程が固まり、その結果出発が10月2日、帰宅が10月14日と4日間ほど短縮できたと内心喜んでいた。

ところが、機器の実験担当である大学教授から事務局側とは別に設置状況点検を行うためと言うことで、それを10月2日に行うという連絡が翌日に入った。

ホテルには既に宿泊日を短縮する旨、通知を入れたばかりだったので、慌ててメール連絡ではなく、電話で変更をさせてもらった。

更に、実験終了後に速やかに機器点検(実験後の損傷具合など)レポートの提出も求められた。
従って、最終日をもう一度伸ばし、(当初は16日帰宅予定だったが14日に変更して・・・)15日に帰宅することにした。

3連休が終わり、3日間仕事の後再び3連休だ。
そお連休中に出張準備を行うのだが、今回は結果的に同じホテルで連泊のため、我が家のメインマシン「iMac」を持って行くことにしている。

耐震実験では、フルハイビジョンで撮影するため、それを編集するのにMacBookProでは能力的にストレスがたまる。
大きな画面で細かく編集したいのとやはり処理速度を鑑みれば「iMac」と言うことに落ち着く。

インサイトのブレーキパッドなども走行距離45000kmになり、交換した。
エンジンオイルももちろん、交換して長距離走行の準備も終わっている。

あとは、健康に注意し当日を迎えなければ。

今回の実験のデータは、速やかに利用してもいいということになっている。
と言うことで、データの編集が出来たらその一部をここにアップするつもりなのでこうご期待を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/10

ダンジョンシージ3 2周目も後半

8月、9月と立て続けに関係者が亡くなった。

学校長に始まり、従兄弟の奥さんが若くしてこの世を去った。
これはさすがに家族全員で落ち込んだ。

しばらく前からガンと闘っていた。
具合が芳しくない・・・転移したガンが刻々と本人を蝕む。
亡くなるしばらく前は、仕事をしていても気になって仕方が無かったし、再入院した連絡からはパソコンもまともに見ていない日々が続いた。

結局、残念な結果になってしまった。

そして、今度は私がPTA会長を勤めた次の会長をされた方が亡くなった。
残念ながら私用で、ご葬儀に参列できない。

心よりご冥福を祈りたい。

__________________________________________

と言うことで、メールを見たりネットサーフィン程度しかここのところパソコンをいじっていなかったので、ダンジョンシージ3の2周目も全く進んでいない状態だった。

終盤、西の棟と東の棟の魔女を攻略し、「ジェイン・カシンダー」との闘いを控えた場所と言えばだいたい分かると思う。
現在そこで止まっている。

ぼちぼち・・・先に進もうか。

__________________________________________

会社の健康診断の結果、昨年よりかなり問題点が改善された。
メタボにはほど遠い体型なのだが、中性脂肪が多めで典型的な運動不足。

あれやこれやと考えていても、亡くなった方は帰ってはこない。
生きている私たちが、楽しい人生を送れば他界した方もうかばれる。

運動をして、ゲームを楽しんで・・・・仕事にがんばって、そして家族を大切にして・・・

よっしゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/09

記録

今年、二件目の特許を取得した。

振り返ってみれば、社の販売している建設資材の大半は私が開発したものだ。
どれも、現在会社の屋台骨を支える重要な販売製品となり、国内のみならず海外からも引き合いがある。

だが、新しい製品がヒットする最初の内は、それらの開発までに至るプロセス・・・・大変さを十分に理解してもらい、それらの功績に多少なりとも評価をもらい、多少照れくささがあっても気分的によいことは正直なことである。

しかし、時が過ぎるとたとえそれが社の収益の中心であっても、それらの開発秘話はあっちに行ってしまい、仕舞いには開発者が目の前にいても、誰が設計したのですかと言われることに多少悲しい心が芽生えるのも事実。

製品の一つ一つに生まれたときの歴史がある。

どの製品も、決して簡単に生まれると言うことはまず無いのである。

忘れ去られてしまう・・・・少し寂しい気持ちが芽生え始めてきたこの頃。

そこで、今が旬の製品も、既に過去に消えてしまったものも含めて、それぞれの開発秘話を記録に残そうと、自伝風にしたためるべく筆を持ち上げた。

どれほど掛かるか、どこからどこまで書き綴るか・・・・・・・。

取りあえず、書き始めた。

内容をこのブログで公表することはないが、機会があればその一部くらいはさりげなく載せることがあるかもしれない。

気分だけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/08

おひさま

ゲゲゲの女房も欠かさず観ていた。

自分が育った時代と重なると言うこともあり、当時を懐かしむと同時に今の時代と重ねて、ものが無くてもなぜか幸せだった子供の頃を思い浮かべていた。

決して、朝の連続ドラマのファンと言うことではない証拠に、その次の連ドラはほとんど観なかった。
今回の「おひさま」も最初の内は観ていない。

しかし、何かの切っ掛けでよくよく観ると、朝の時間にふさわしくさわやかな気分にしてくれることに気がついた。
家内や娘は、少しその優しさが大げさではないかというのだが、私の育った時代は番組より10年も後の時代だと言っても、戦争直後の再興に沸き立つ時代の「がんばれば必ず夢が叶う」という希望が色濃く残っていた時代だった。

その後、高度成長時代の反動で、一旦オイルショック問題から景気の後退はあったが、一生懸命働けば働くほど、少しでもいい生活が保障されていたといっても過言ではない雰囲気の中だった。

決してものが潤沢にある訳ではなかった。
だが、それを手に入れるために努力し、報われる喜びを常に感じることが出来るということは、生きていく上でとても大切な向上心を多くの人々が自然に感じていた。

何よりも周りの人々は生きていく喜びを感じる時代だったのだ。

今はどうなのだろう。

必死にもっと幸せになろう、もっと裕福になろうと突っ走ってきたが、少し振り返ってみて唖然としている。
そう、あの頃に感じていたものが何もなくなっている。

ものがあふれている。
お金を出せば、確実に手に入る。

・・・・・・そう、物欲が消えてしまっているのだ。
人々の優しさも消えている。

同時に、それらの氾濫する多くのものに使われてしまっていて、人間らしさを失ってしまっている感すらある。

何もなかったが、笑顔と優しさにあふれていた時代。

何でもあるのだが、人間味を失ってしまった時代。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おひさまの中によき時代を重ねてしまい、ついつい毎日観てしまうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/04

黒いネクタイ

何事も永遠と言うことはない。
どのようなことも必ず終わりがくる。

それが早いか遅いかの違いだけ・・・・・

しかし、分かってはいても自分より若い方がなくなるというのは・・・・・・・

仕事の絡みで年に決して少なくないご葬儀に参列する。
悲しみの場に居合わせることが多いので、心得てはいるのだが、決して慣れることではない。

親戚ではあっても、私は血がつながっている立場ではないこともあり、場慣れしているからと言うことも手伝って、受付の仕切りを頼まれた。

喪主のお友達が幾人かきていたが、不慣れな方もいてそれらをリードするのが私の役目。
・・・・・結局泣く時間を与えられなかった分だけ、よかったかもしれない。

買い改めた白いハンカチを一度も使うこと無く、無事に受け付け業務は終わった。

明日は、告別式・・・出棺の儀の時は受付業務は終わっている。

それこそ洪水になりそうで、どうしようかと思っている。

・・・・・・・・・・・・・・故人のご冥福を祈りたい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/02

Mac Book Air

我が社の社長が、13インチを購入した。

私が、会社でMacBookProを使用し、BootCampを利用してWindows7を問題なく使用しているからと言うことも多分にあるが、Airを購入する前に使用していたSony製のいわゆるネットブックという類いの製品を軽いからと言う理由で手にし、その操作性の悪さでさんざん懲りたことが大きい。

しばらく前からどうしようかと悩んでいて、ことあるごとにProの状態を聞いてくる。
しかし、私が今しばらく待つ方がいいと、新型Airが出るまで待たせていた。

さて、サンデーブリッジとSSDの速度は驚異で、MacOSXの起動と終了の速さに驚嘆の声を上げていた。
まぁ、Windowsにならされた・・・あきらめていた方からすれば、まるでWindowsのスタンバイモードから起動したと同じくらいの起動時間に驚かれるだろう。

だが、アップルのホームページからアップルIDを使用しての購入はちゃんとIDが通るのに、App StoreやMacApp Storeにアクセスすると、使用されたことの無いIDですと返され、結果的に本来無償でダウンロードやアップデートが出来るはずのiPhotoなどの更新が出来ず、アップルのカスタマーに連絡を入れ調査を行っているところだという。
どうやらアップルの登録用サーバーあたりのエラーらしく、アップルも上級の担当に変わり親切に対応してもらっているとのことで、不具合でも満足をしている様子。

さて、購入して2週間ほどがたち、MacOSXの操作にある程度慣れた段階でいよいよWindowsをインストールしたいので手伝ってくれと要求がきた。

事前に、私のiMacで作製しておいたWindowsサポートソフトウェアVer4.0のCDを使うことにした。
従って、Mac側からにBootCampユーティリティを使用して、サポートソフトウェアの作成を割愛し、Windows7をインストールして再起動後の最初にこのソフトウェアを用いてアップデートしようとしたのだが、システムが違いますとはねられてしまった。

私が作ったCDで、他のiMac やMacBookProもBootCamp4.0にアップデートしているのでAirでも大丈夫と思っていたのだが、どうやらAirではだめなようだ。

仕方が無いのでMacOSXで起動をし直し、BootCampユーティリティを使って、サポートソフトウェアを作成しようとしたら今度は、Windows7のisoファイルを指定しろと出てくる。

ユーティリティをダウンロードという項目を選択してもうまくいかない。
仕方が無いので、折角インストールしたWindows7だが、一旦削除して全く新規で、サポートソフトウェアを作成してからもう一度Windowsのインストールにチェレンジしてみたら、何のことは無くUSBメモリーにサポートソフトウェアが出来上がり、スムーズにWindows7のインストールも終了、USB内のユーティリティを使用してのBootCampもセットが終わり、何ら問題の無いWindows7環境の構築が完了した。

ちなみに私のBootCamp4.0よりもカンマ以降のバージョンがAirの場合違っているような気がした。
このユーティリティはアップルサイトからダウンロードしているようだが、アップルのHPにアップされているBootCamp3.2とは異なる。
Lion+Windows7専用となっていて、両OS環境でのみ、更にはBootCampユーティリティを用いて初めて手にすることが出来るバージョンである。

まぁ、どちらにしてもAirはAirの環境があり、iMac(同じサンデーブリッジ仲間でも)とは異なるものと言うことが分かった。

会社のスタッフが、Air11インチを狙っているが、そのためのいい勉強が出来たと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/01

長野出張

台風が来ているとテレビやラジオが言っている。

だが、材料の高騰に伴う製品の値上げは避けられず、本来ならば今日から実行する予定だった製品の価格変更もユーザーや競合メーカーの動きを望みつつ、ようやく今月中旬より行うための地方行脚活動に入った。

中には、製品改良に伴い全く違う材料に変わったものもあり、それらを主に使用されるユーザーには特に直接訪問は欠かせない。

従って、アポイントを取っている以上は、よほどのことがない限り予定の変更は許されない・・・たとえ嵐が来ようとも。

早朝に家を出てしばらくは中央道も順調だった。
雨も小降りで、ワイパーも間欠モードでOKだった。

しかし、大月あたりから雨脚が強くなり、勝沼あたりでは前車が全く見えないほどの土砂降り。
正直、Uターンすべきか・・・と、心の何処かで不安がよぎる。

しかし、心配はここまで。

甲府市内に入るほとんどワイパーを動かすことなく諏訪に入り、そのまま塩尻インターを降りた。

約束の時間まで相当ある。
雨模様を考慮し相当早めに家を出たためだ。

国道19号線沿いにマクドナルドを見つけ、コーヒーをもらって、時間調整に入る・・・・・・・・。

明日は、宇都宮まで出かける。
来週は千葉、埼玉の鴻巣、そして御殿場と東京を中心として四方八方にインサイトを飛ばすことになる。

そこでようやく値上げ交渉営業が終わり、社内的行事・・・価格表の交換作業にはいる。

社内的には今月より二つあった業務が一つに統合され、一部のシステムに変更があり、営業部にも大きな変革があった。
それらと組み合わせ、リードするのが私の役目となっている。

インサイトも購入して丸2年になろうとしている。
走行距離も5万キロに達しようとしているので、営業行脚の翌週はブレーキパッドの交換を予定している。

その後、いよいよEディフェンス耐震実験長期出張の準備だ。
それは、兵庫県で実施される。
移動にはインサイトが欠かせない。
だから、足回りをちゃんとしておかなければならないから・・・・

昨今、NHKなどでもスペシャルを組むことが多い「首都直下地震」特集。
消防庁も先の震災時に高層ビルの居室内の被災に相当強い関心を示し、それらの実情を検証して来年度にハ発表すると言う。

今回の耐震実験はまさにそれらを検証するための実験である。
そしてそれらによって得られたデータが来年の公表する検証データのおおかたを担うことになっている。

今回、まさに最先端を行く実験に参加できることを楽しみにしている。

心に余裕を持って参加するためにも、今の目の前の仕事を確実に全て終わらせておかなければならない。
約一ヶ月もの間、家を空けるためにも。

さて、今日の出張も訪問先ではそれらの内容に興味を持っておられるので、新製品の話題よりもそちらの方で盛り上がりそうだ。

しかし、相変わらず忙しい9月になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »